寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【乱交・王様ゲーム】リーマンショックで、真面目な主婦が何人も股を開いたわけだが 【体験談】

848名前:Trader@Live![]投稿日:2011/04/24(日)20:47:57.87ID:Kdo+hXEc

ユーロ終わった



シュタルク理事:ユーロ圏で債務再編ならリーマン上回る悪影響の恐れ







↑↑↑



どうやら、リーマン上回る最悪の事態になる可能性もあるらしい。

リーマンショックの時は、生意気だったパートの美形主婦が

涙ながらに、我々社員のモノを頬張ったが、

今度は、それ以上になるかもしれない。



近所の清楚な感じの奥さんが、股を開く日がくると思うと、興奮しちまう
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】精液便所記録 【体験談】

開店直後のデパートの最上階、15階男子トイレに駆け込んで、個室に立て篭もってオーガズムに達するまで、15分ぐらいローターを使ってオナニーをしてから誰かに見つかる前にトイレを出ました。でも…その日はいつもと違って…。平日の午前10時台だったし、客もまばらだったから…私は下着を全て外してバッグの中にしまい、アソコにローターを入れたままトイレを後にしました。誰かに見つかるとは思わなかったし、もっと強い刺激が欲しくなったから…。

空っぽのエレベーターに乗り込むとすぐ次の階、14階でエレベーターは止まって4人の男の人達が談笑しながらエレベーターに乗り込んできて、一番奥の壁に寄りかかりました。このエレベーターという密室の中で下着を身に着けずにアソコにローターを入れている事を悟られて輪姦されたら…。そんな事を考えているうちに私のアソコはどんどん愛液を溢れさせて、膝ががくがくと震え始めました。ローターのレベルは最弱に設定してあったから音は響かないけど、膝ががくがくと震え始めているのは私の後ろに立っていた男の人達にも判るようで私を対象にひそひそと話し始め、男の人の一人が私の肩を掴みました。その時です。突然大きな衝撃と共にエレベーターが止まって、私はその衝撃に耐えられるはずもなく短く叫んでその場に座り込んでしまいました。膣の、オーガズムの時の痙攣でローターは外に弾き出されて、座り込んだ私の膝の前に転がりました。私は慌ててそれを仕舞ったけど一足遅かったようで、ニヤニヤと笑った男の人達が座り込んだ私を取り囲みました。緊急放送が流れて、ケーブルの断裂で一時的に止まっている事が判ると男の人達は私を背後から羽交い絞めにして破かないように、けれど荒々しく服を脱がせました。服の下には下着を着けていなくてその上アソコは愛液を溢れさせていて…男の人達は露出狂の私を携帯のカメラで撮影しました。

暫くしてからやっとエレベーターが動いて、デパートからお詫び代わりの商品を受け取ると男の人達の車に乗り込まされました。ボックスカーで、座席を倒した後部で縛り上げられるとバッグが取り上げられ、手帳と財布から住所も氏名も電話番号も全てを調べられて…。一時間近く車を走らせて、人気がない川沿いの廃工場に連れ込まれました。もう誰も使っていないはずなのに廃工場の窓の無い地下室には大きなベッドが置かれていて…私は男の人達に突き倒されてベッドに横にさせられました。男の人達は私を取り囲んで…。着ていた服を、今度は乱暴にびりびりに破かれて、ベッドの上に縛り付けられながら私は泣き叫びました。

「いやっ!やめてっ!」

そうすると今度は男の人の一人が全裸にされた私の上に馬乗りになって…泣き叫ぶ私の顔を続けざまに平手打ちしました。

「痛いっ!!やっ、やめっ…!!」

予想外に強い力でビンタが繰り返されたから私は口の中を切り、口の中いっぱいに血の味が広がりました。

「下着を着けないでマンコにローターを入れて外を歩いているような変態の露出狂が、今更何を言っているんだよ」

私に馬乗りになった人が他の人に向かって、笑いながら言いました。

「この変態は、有罪か無罪か?」

他の人達は一斉に有罪と叫んで、罰として早くアソコにチンポを突っ込め、と囃し立てます。私の上に馬乗りになった人は愛液で十分に濡れたアソコに激しく指を出し入れして…。怖くて泣いているはずなのに私のアソコは男の人の指の動きに合わせて、溢れ出た愛液が濡れたいやらしい音を立てて…。

「これからチンポをぶち込まれるって判っているのに、こんなにマンコを濡らしやがって」「犯し甲斐のあるメス豚だな」

私のアソコに激しく指を出し入れしていた男の人は指を抜いて、私の愛液で汚れた指を今度は私の口に…。仄(ほの)かな抵抗として噛んでやろうかと思ったけど、気が付いたら舌を絡めていて…。気が付くと、他の男の人達はそれぞれにマイクやカメラを構えてベッドの周りを取り囲んでいました。

「今このマンコに本物のチンポの味を教えてやるからな」

男の人はアソコを指で開いて…生のチンポを一気に奥まで突き立てました。アソコの肉を切り裂く痛みと一緒に、私は泣き叫びました。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】ガメラちんちんVSぎゃーす 【体験談】

妹の部屋がうるさかったんだ。

たまに学校帰りに友達連れて来てるんですけど。

 

俺は夜勤もある仕事してるから、昼間家にいることはよくある。寝てたりする。

2つ下の高2の妹はお構いなく隣の部屋で騒ぐ。

 

注意しに行こうと思ったのさ。

妹の部屋はドアが半開きだった。

閉まってたらもちろん、ノックはするが、開いてたから。

ドアから顔だけ、部屋に入れて覗き込む感じで。

 

「うるさいよ〜」

 

「ひいー!ぎゃーす!兄ちゃん起きてたのぎゃーす、ぎゃーす!」

 
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】家庭教師で中学生に 【体験談】

私は大学生の頃家庭教師のアルバイトをしていました。

その時受け持ったのは中学3年生の男子(M君)でした。



M君の家はかなり裕福な家庭のようで、大きな母屋の隣に

新しい2階建ての離れがあり、その1階におばあちゃんらしき人の

部屋があり、2階にM君の部屋がありました。



第1印象は、背が高く太っていて、見た目は根暗な感じで

一人っ子とのことで、わがままに育ってる感じを受けました。



家庭教師は週2日で、英語と数学を教えていました。

英語はあまり得意ではないようでしたが、そこそこの学力があり、

数学にいたってはかなりすらすら問題を解いている印象でした。



最初こそまじめにやっていたのですが、1ヶ月が経った頃から
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】母が女になる日 【体験談】

 僕が高校1年生、母が43歳の時の話だ。僕の母はとても真面目で勤勉な人で、父親の給料ではとても生活できない家庭を助けるためにパートに出て働いていた。当時、性に関する関心がどんどん高まっていた僕はそんな母が女になる瞬間を見たい、そしてそんな母を犯してみたいと密かに思い始めるようになった。高校に入っての初めての夏休みに転機は当然やってきた。僕が近所をぶらついていると、急に後ろから声をかけられた。振り返ってみるとAだった。小学校まではたまに遊んだりする仲であったが、中学校に入ってからはグレはじめ、今で暴力団にも入っていると噂されるワルである。内心そんなやつとしゃべりたくもなかったのだがAは僕に向かって勝手にしゃべり始めた。Aはしばらく一方的に話し、僕はただ相槌を打つだけであったのだが、話の所々でなにやら暴力団やらレイプなど気になる単語が僕の耳に入ってきた。その言葉に僕はただならぬ興奮を感じ、Aに尋ねてみた。

「ねぇ、お前って暴力団入ってんのか?それにレイプって」

「俺は入ってねえけど、入ってる先輩はいるぜ そいつらとよくつるんで女をパクって犯ってんだよ」と自慢げにAは語った。そのとき、僕の頭の中にA達に犯され、喘ぐ母の姿が浮かんだ。母をコイツらに犯させたい、そんなどす黒い願望が僕の頭を支配した。

「じゃあな」とAが去ろうとしたとき、僕は思わずAを呼び止めた。

「なんだよ」Aは怪訝な顔で僕を見た。

「実は頼みたいことがあるんだ、母さんを犯ってほしい」

断られること覚悟で言ってみた、案の定Aはそれを相手にしなかったし、まさか僕が本気でそれを言ってるとも思っていないようであった。しかし僕が本気だとわかると、Aは金を要求することで僕の頼みを聞いてもいいと言ってきた。

「こっちだって相当のリスクを背負うんだからそれなりの金は用意しとけよ。後のことはこっちで計画してまた連絡する」とAは言い僕の前から立ち去った。僕はとんでもない約束をしてしまったのではないかという後悔と、もしかしたら母が犯されるのを見ることができるのではないかという興奮が僕の頭を渦巻いていた。

 あれから一週間、Aから「計画が決まった。おまえのお袋と車の写真、それから約束の金をもってこい」というメールが送られてきた。母の写真はともかく車の写真を何に使うのかこの時わからなかったが、言われたことはすべて用意しAのもとへ向かった。

Aがいる所へ行くとそこにはもう二人、人相の悪いイカツイ男たちがいた。Aによればこの二人がAの暴力団の先輩である、BとCであった。Aは僕から金を巻き上げるとB,Cに渡し、ドスのきいた声で計画を話し始めた。それは母がパートから帰るときにBとCが母の車にわざとぶつかり、いちゃもんをつけて脅し、母を人のいない場所に連れ出しそこで犯すというものだった。実際、母は工業地帯にある工場でパートをしているので人のいない使われていない場所は探せばいくらでもあるようだった。母がこんな方法でうまく引っかかるかは怪しかったが、人前で騒ぎを大きくしたくないと母に思わせればひょっとして連れ出せるかもしれなかった。何よりもここまで来た以上引き返すのは不可能だったし、僕自身、引き返そうとは思わなかった。計画の実行は五日後と決まった。

あっという間に五日後の朝になった。僕を学校送り出す母を見て、本当にこの母が今日、見ず知らずの男たちに犯されると思うと何か不思議な気がするとともに、猛烈な興奮が僕を襲ってきた。 学校が終わると僕はAに呼ばれて、母が連れられて来ることになっている倉庫に行った。そこは母が勤めている工場の近くにある倉庫で在庫品らしきものの段ボールが無造作に大量に置かれてあった。僕とAはこの段ボールの壁に隠れてその隙間から様子をうかがうということらしかった。AによればBとCは別の場所で待機しているという。母の仕事は五時に終わる。そこからすぐにBとCが行動に移せば五時半くらいには母ここへ現れる。果たして本当に来るのだろうか、そして母は痴態をさらすのか、僕はあの二人に毅然とした態度で対抗する強い母の姿を思い浮かべ、そうであってほしいと思いながらも、もしかしたら… などと妄想を膨らましていた。

 そして運命の五時になった。これから母の身に起こることを思うといてもたってもいられなくなり、時が止まっているように感じた。もうすぐ母が現れる…この興奮はもう抑えることができなかった。突然入口のほうで男の声が聞こえ、倉庫のドアが開いた。BとCに挟まれるようにして入ってきたのは間違いなく母であった。

 Bは倉庫に入るなり僕らに聞こえるように大きな声で「奥さん、あんたがいきなり出てきたから俺らのベンツがぶつかってへこんじゃったわけよ。この責任どうとってくれるわけよ」と言った。どうやら事故の代償として母の体を要求しようとしているらしい。

「だから保険会社を通じてお支払いしますって言ってるじゃない…、それにあなたたちが勝手に当たりに来たんでしょ…」母も負けじと応戦している。

「だからさぁ、奥さんも物分り悪いなぁ、あのベンツはそんじょそこらの代物じゃないんだよぉ〜、奥さん、そこんとこわかる?直そうと思ったら二千万以上かかるって言ってんだよ!そんな金奥さん出せんのかって聞いてんだよ!」Bの理屈はメチャクチャだったが、この柄の悪い男二人を前にした母にとってはかなりの威嚇だったのだろう。母は困惑して言い返せなくなった。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】乱交 【体験談】

乱交パーティーに行ってきました。



今までかなり興味があったものの、どうすれば参加できるのかも解らなかった。

しかしある日、俺が良く行く風俗店の店長にさりげなく聞いてみると、知り合いが主催者をやっているとの事。

早速連絡とってもらって、参加させてもらえる事になった。

しかし参加費50000円。ちょっと痛かった。

前日は興奮してあまり眠れなかった。



そして当日、教えられたマンションの1室に行くとそこには男性6名・女性4名の姿があった。



男:禿げたオッサン(40代)・デブ(30代)・手毛の濃いチビ(30代)・白髪の初老(50代)・人の良さそうな中年(40代)・銀縁メガネ(20代)。



女:髪が傷みまくり不細工(30代)・自意識過剰ぽっちゃり不細工(20代後半)・天然真面目不細工(20代?)ガリガリ刺青不細工(30代)



「やっちゃった・・・。」それが第一印象。どいつもこいつも風俗でも雇ってもらえないレベル。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】霊感女と娘-ミサとユリナ 【体験談】

霊感女‐ミサの続き



その後、何度かミサさんとホテルで一夜を共にしました。

ミサさんは恋人同士の様な雰囲気を出してきているので、それとなく聞いてみると

「私、恋人以外の人とホテルに入った事無いし…」

だ、そうです。



ソレはソレで良いんですが、娘に話されると「親子丼」が食べれなくなりそうなので、少々策を弄しながら頑張ってみました。

俺「娘さんって学生なの?」

ミサ「そうだけど、なんで?」

俺「いや…、微妙な年頃だし、母親に恋人ができたって知ったら何かと不便なんじゃないかなってね…」

ミサ「…。そうだよね。私も恋人が出来たって言うのはマズイ気がするんだけど、最近夜はどこに出かけてるの?とか色々聞いてくるんだよね。毎回毎回残業って言うのもね…」

俺「じゃあさ、不思議現象を研究するサークルに入ったって事にしておけば?」



こんな感じの会話で納得させておきました。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】未知の体験 【体験談】

この前ある乱○パーティに参加して時のほんとの話です。

女性4人男性2人とめずらしく男性の少ない状態でした。

3時間の間で男性の途中参加も可能性少ないし、開催中止かなっと思ってたら少し高めの料金でしたが開催されることになりました。



自己紹介の時にもう一人の男性は1対1で楽しみたいとのことだったのですが、僕はめっちゃ感じやすい体質なんですがって話したら、女性陣から「じゃあ今日は集団逆レイプごっこしよっか?」って言われて女性陣はやる気満万で3人がかりで僕を襲いにきました。

あまりに強烈な快感のため迂闊に女の子みたいな声を上げて感じてしまったら女性陣はますますエキサイトして目隠しをつけられて、両手両足をベッドに大の字に括り付けて僕が抵抗できないようにしてあそこや顔に跨りまた胸とかをぺろぺろしたりして気失いそうになるぐらい感じさせられました。

もう一人の男性も集団で襲ってあげたらって思ってたのですが1回戦が終ったら仕事の電話がかかってきたみたいで帰られたようで結局男性は僕だけになってしまいました。

女性陣は4人ですし、時間はまだ2時間近くも残っててそれからが強烈でした。

男性が僕だけとなったため、女性の方達はもう何も気を使うことなく逆レイプを楽しめるねって雰囲気になってしまいました。

「みんな満足させてもらうからね」ってことになり、主催者の方(この方もなぜか女性)は面白がってこれ飲んでびんびんになってねって多分バイ○グラを渡されて飲まされました。

ラブホでの開催だったのですが、そこはどういうわけかソープランド用のマットが置いてありました。

んでみんなで一度これを使ってみたいってことになりローションでぬるぬるにして僕はマットに仰向けに寝かされましたって言うより押し倒されました。

女性たちはみんな自分のおっぱいや下腹部にローションを塗って全身で僕に体をこすり付けてきました。

「気持ちいい?」って聞かれましたがそんなの超気持ちいいに決まってます。

んでとりあえず4人は僕を囲んで一人は跨って僕のあそこにはめてもう一人は僕の顔に跨ってぺろぺろさせられて後の二人は僕の乳首を舐めにきました。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】催眠 【体験談】

972名前:私の催眠奴隷体験(1)投稿日:03/02/1322:21ID:ItwrTE2C



私(男です)以外にも、催眠術を使って美味しい思いをしている人がいると知っ

て、私の体験も書きたいと思います。

私と催眠術の出会いは、中学2年生の時でした。クラスメートA子ちゃんの従姉

のお姉さん(大学生)が、通学の為に近所に越してきたのが発端でした。

お姉さんは、心理学か何かを専攻していて、中学生同士で催眠術を掛け合えばど

うなるかを研究テーマに選んでいたらしいです(A子ちゃん経由で聞いたので少

しあいまい)。

お姉さんはまず、従妹のA子ちゃんを含め、数名の女の子に催眠術を教えていた

のですが、1ヶ月経ってもマスターできたのは、A子ちゃんの他もう1人しかい

ませんでした。






この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】550 【体験談】

544:なまえを挿れて。:2009/10/06(火)10:34:51ID:g+bYtCyH0

俺、ここんとこ2人の子とほぼ常時3Pなんだが

たまには2人きりでしたいと思う・・・。



540

俺の場合は、女性側に主導権を渡してるんだけど

もう2人を満足させるためにひたすら全身を使うという感じ・・・。





545:なまえを挿れて。:2009/10/06(火)11:15:10ID:ukRNP8ei0

544

>常時3Pなんだが

って、♀とどういう関係なんだ?




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年3月25日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

このページの先頭へ