寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】他の男とするのが嫌というのとは違う意味でした。【体験談】

妻が3Pは絶対に嫌と言ってたのは、他の男とするのが嫌というのとは違う意味でした。襖一枚隔てた向こうで私以外の男と布団に入ったとたん

妻のあえぎ声は普段以上でした。

今、男の舌は妻のどの部分を舐めているんだろう?

今の大きな声は男の指が侵入した声だろう。

モゴモゴしながらあえぎ声を出すということは

男のペニスを咥えているはずだ。「だめぇーっそんなに吸ったら変になるぅぅーっ」実際に見るよりも襖の向こうで聞くほうが興奮するのでは?

そう思いました。

しかし、手足を柱に縛りつけられて動けない私はただただ静かに耳を

すますだけです。

太股のあたりにガマン汁がダラダラ流れているのがわかりました。男はわざと聞こえるように

「奥さん、旦那さん以外のチンポを入れられる気持ちはどうですか」と聞きました。

妻は何か返事をしましたが聞こえませんでした。「ほーら、ゆっくり入れるよ、ひゃぁー奥さんのは狭いな

奥さん痛くないかい?」挿入の瞬間です。「はぁぁ~~ん」私の目の前で聞きなれた妻の挿入時の声です。

とたんに妻のあの時の気持ち良さそうな顔とペニスが

プルッと入るときの感触を思い出しました。「○○さん、とうとう入れました。奥さんすばらしいです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】単身赴任中に開発され尽くした妻【体験談】

自宅の妻 投稿者:GAT 投稿日:2001/02/23(Fri) 02:39

単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと2年前転勤しました。

表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には

現場採用の男女が二人づつ、それも妻帯者なので、時間になるとかっきり

と退社、とはいえ、別に残業も無いのですが。私もプロジェクトの終了と

共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で、予定が大幅に変わ

り、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長

となってしまいました。私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、

事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。

田舎の事とて、夜は何もなく、飲みに出るにも遠すぎてついつい出不精に

なりがちなのですが、唯一、使い放題のインターネットが社会への窓口に

なってしまいました。

そんな中、ある写真サイトで、気にかかる写真を見つけました。

体の特徴が妻に似ているのです。特にどこがどうとは決めつけられないの

ですが、気になってしまったのです。私は投稿者に応援に似せたメールを


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年5月10日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】単身赴任中に開発され尽くした妻【体験談】

自宅の妻 投稿者:GAT 投稿日:2001/02/23(Fri) 02:39

単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと2年前転勤しました。

表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には

現場採用の男女が二人づつ、それも妻帯者なので、時間になるとかっきり

と退社、とはいえ、別に残業も無いのですが。私もプロジェクトの終了と

共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で、予定が大幅に変わ

り、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長

となってしまいました。私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、

事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。

田舎の事とて、夜は何もなく、飲みに出るにも遠すぎてついつい出不精に

なりがちなのですが、唯一、使い放題のインターネットが社会への窓口に

なってしまいました。

そんな中、ある写真サイトで、気にかかる写真を見つけました。

体の特徴が妻に似ているのです。特にどこがどうとは決めつけられないの

ですが、気になってしまったのです。私は投稿者に応援に似せたメールを


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年4月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】凄い動画を見てしまった!【体験談】

体験談では無いのですが最近FC2アダルトで凄い動画を見てしまった・・・

其の動画のタイトルは「女性器で遊んでいる」で〇イニーで

流出している動画らしい内容は男がセフレの人妻37歳

の女性器に悪戯して玩具にしてる物でした解説文が有り

人妻は男と不倫するまでは旦那のチンポしか知らない筈の

締まりの良いアソコだったらしいそれをガバマンコに調教

してしまうというのだ・・・

行き成りオマンコが大アップに成り小陰唇が拡げられて中身が鮮明な画像で見れてしまいました男が指で膣口を拡張したりしていて内臓までクッキリ見えています・・・

膣口をビローンと伸ばしたりしていますペンライトで照らされ子宮口の穴まで見えていますこんな事を200回以上していたらしく人妻の膣口は穴がポッカリと開いているじょうたいに成っていました・・・

次は指クスコと称してガバァと思い切り左右に拡げられていて中身モロ見えだし膣のピンクのヒダヒダ肉が体外に引っ張られ外に出ているしまるで焼肉のモツみたいでした

膣肉のピンク色とは明らかに違う紫色している物が見えていました膣口辺りまで下げられた内臓の塊(子宮頸部)

本来ならクスコ等の器具を使わないと見えない内臓です

女性器の中の奥に有る筈のそれが拡げられた膣口付近まで

降りていて完全に見えていましたそれだけでも凄いのに更に男は指で子宮頸部を穿っていましたそんな事内臓にすれば

病気に成りそうですが・・・平気でしていました


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年4月10日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】超敏感女と友達【体験談】

女と同棲してるんですが、異常なまでの敏感な体の持ち主で

キスだけで崩れ落ち、乳首いじるだけで逝ってしまう

顔もきれいだし、セックスも面白いし、そこそこ家事もする

そんなある夜、女の友達がお酒をもって俺のアパートにやってきたんです

俺の女はお酒はまったく飲めない。

ビール一杯で寝てしまう・・・

嫉妬深い女でもあるので、きやすくその友達とも話せない

邪魔者は寝てもらおうとビール一杯ぐらいのめやと飲めないお酒をすすめて

気が進まない顔をしながら、腹をくくったのか・・・

ビール2杯飲んだら案の定ダウン。。。

その友達と色々と話してて、二人とも少しまわってきたのかエッチな会話へ・・・

「ここだけの話にしといてや。こいつ乳首だけでも逝くんやで」と俺がいうと

「それは嘘やわ。ありえない」と反論

「まじだって」といっても信用してもらえず

「みとけよ」横で寝ている女の乳首をぎゅーーーー


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年4月1日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】従兄弟に触られ【体験談】

私が小学6年の夏休みに、

父方の祖母が亡くなりました。

祖父母の家は田舎で、

店なども少ないところでした。

なので、長女家族(叔母家族)、

長男家族(うち)、次女家族(伯母家族)、

全てが祖父母宅に数日間宿泊しました。

叔母には、私の2つ上の長男Hと、

私と同い年の長女Rがいます。

Rは性への関心があったらしく、

二人きりになったときに

「ねぇ、A(私)ってさぁ、

大人になったら男の人と

エッチしたいと思う?

気持ち良いらしいけどさぁ、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年3月27日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】妻の生脚に・・・男たちが・・【体験談】

妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です

私が言うのも何ですが・・少し大柄な体系ですがメリハリが有り

そそられます何時も街中でおじさんにナンパされるそうです

妻は自分の脚に少しコンプレックスが有り何時もズボンやジーパンです・・・

家ではホットパンツでうろうろしています其の白い生足を見るだけで私は勃起してしまいます

僕は妻にミニスカート姿で出かけたいと申し出ましたが妻が・・・「嫌よ脚太いし」

と言うので「全然太くないよ綺麗な足だよもうビンビンだよ」と勃起したチンポ

を妻に見せると嬉しそうな顔をして今回だけということでOKして貰いました

〇ixiのさーくるの集まりに妻を連れて行きました殆どが男ばかりの飲み会サークルですが・・・

僕の友人たちがビックリしていました綺麗な奥さんだと皆言っていました

妻も私も調子よく飲んでいました私は酒に弱く直寝てしまいました・・・

後から〇ixiの友人の一人に妻の痴態を聞いたのです

私が店の隅のソファで寝ていたときの事ですが・・・

妻も相当飲んでいてフラフラだったそうです椅子に座っている時足が少し開き気味に成ってたらしく

男たちが妻の股間辺りをガン見していて大胆にも携帯で写真を撮られてたそうです


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年3月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】自宅接待で妻が上司に【体験談】

一度専務を連れてきたいんだけどいいかな。

その問いに妻は二つ返事でOKしてくれました。

私は42歳、妻は今年30歳になり、子供はいません。

専務の接待は毎週なのですが、今回はねた不足もあり、自宅で済ませようと思い、妻にお願いしました。

当日がき、夜の8時頃に自宅に専務を招きました、玄関を開けると妻が出迎え、丁寧に専務に挨拶をし、奥のキッチンへと招きいれ、早速食事を開始しました。専務は妻を気に入ったらしく、酔いも手伝ってか横に座るようしつこく言い出し、妻も困ってましたが、私の立場を考えてか、同意してくれ、横に座りビールの酌をしはじめました。

妻はB85W56H81で身長は147しかなく、小柄なトランジスターグラマーで巣。玄関を開けた時点で、専務が妻に対していやらしく見ていたのは感じていましたが、それ以上の警戒心も持たず、逆に妻を視姦され、喜んでいる自分がいたのが現状でした。

グラマーなスタイルに輪をかけるように露出度の高い服装に、専務も理性を失いかけていっるようで、叙序にタッチが頻繁に行われるようになりました。妻の服装は、上はピンクの胸元の開いたTシャツでブラのシルエットが胸元から見えるスタイルの形をしており、下はミニのフリフリのスカートで、角度によるとパンティが見えてしまうような代物でした。

対面に座った私に妻が目で訴えてきますので、テーブルの下を覗くと専務が妻の股間に手をおき擦っているのが見えました。

その光景はいやらしく、妻のミニのスカートの内部のピンクのパンティがいやらしくくい込んでいるのが見えています。

私は目線を上に戻し、妻にビールを持ってくるように頼み、席を立たせました、するとキッチンのから妻が声をかけてきて、私にどうにかしてくれとお願いしてきたのです。

私は妻をなだめるように軽くキスをし股間をまさぐり、少し辛抱してくれ、今日だけだから、そういい妻を言い聞かせ席に戻りました。

妻も納得し、席に戻ったのですが、私はひとつ不可解な点がありました。さっきの行為の時妻の股間が湿っていたのです。

言葉と裏腹に、妻も実は感じているのでは、そう思い、もっと妻と専務の接点を深くし、展開を見てみたくなりました。

そのような感覚で、またテーブルの下を覗くと、先ほどと同じく、妻の股間に専務の手があり、、今度はパンティごしに中心部をなぞる光景に変わっていました私は興奮を覚え、妻の顔を見ると、妻も何食わぬ顔をし、じっと耐えていました。この先どうなるのか?また報告します。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年3月16日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】姉の双子の子供が【体験談】

私も妻も同じ歳で30歳になり、子供はまだいません。

妻は背は小さいのですが、伊藤由奈に似た感じで可愛い顔立ちをしていて、スタイルも申し分ありません。

先日の日曜日の朝、妻の姉夫婦が所用の為に小学4年生になる双子の男の子達を預かる事になりました。

ちょくちょく遊びに来ては、家の中でケンカをしたりやたらと暴れ回る子供達なので、

こりゃ大変だなぁっと思いながらも、いつも仕方なく預かって一緒に遊んであげています。

いつもは夕方頃に姉夫婦が迎えに来てくるのですが、この日は迎えに来るのが夜の10時位になってしまうと電話が入り

子供達に夕食を食べさせ、お風呂も入らせて、ようやく妻と2人で晩酌の時間に。

ほろ酔いで気持ちよくなった頃、子供達がバタバタとお風呂から出てきて、私の所にやってくると

『ねえ プロレスごっこして遊んでよ』とねだってきたんですが、私はお酒も入ってるし面倒臭いから少しだけ相手をしてあげては、すぐに休憩しながらお酒を飲んでいました。

妻は『ほらっもっと蹴っちゃえ』などと言いながら悠々とお酒を飲んでいました。

しばらく相手をしていましたが、眠気でかったるくなってきて、『俺もお風呂に入らなくちゃ』と理由を付けて

そそくさとお風呂場に非難して、のんびりお風呂に入る事に。

わざと時間を掛け湯船に浸かっていると、子供達の暴れている声がまだ聞こえました。

まだ遊び終えないのか~って思っていると、何やら妻の声も聞こえてきました。

とうとう妻に叱られたかなと思いましたが、叱っているのとは少し違う様子。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年3月13日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】親友の彼女に【体験談】

さきの連休期間中、親友の草津とその彼女が俺の家にきた。

草津の彼女は27歳のOLで、AV女優の大堀K奈に激似の女だ。

草津には申し訳ないとは思うのだが、オナペットにさせてもらっている。

この日のきっかけは、まあよくある話なんだが、3人で行楽地に行った帰りに駅近くの

俺の家で飲み明かしているうちに全員が寝入ってしまったというパターンだ。

そもそも、その行楽地に行こうという事になったのは、俺には彼女ができず、連休期間中

もどこへも行く予定すらないという、俺の愚痴を草津が真に受けてくれたことから始まった

ものだ。

現地では何かと草津が気を使ってくれ、例えば乗り物に乗るときでさえ、彼女と俺を座らせ 

てくれたりなど、かえって恐縮するくらいだった。

そんな彼女、仮に大堀とするがこれがまた、俺好みの肉感で、隣に座って楽しんだ絶叫系

ライドでも身体を寄せてくるので、正直勃起してしまい、しかも俺の大好きな「黒系タイツ」着用ときては、興奮するなというほうが無理な相談だった。

この日は、閉園近くまで3人でわいわいと楽しんだわけだが、大堀がたまには3人で居酒屋

でも行きたいねと言い出したことから、繁華街に居酒屋のある俺の家近くに下車する事とな

ったことから、この話は始まる。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年3月2日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ