寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【浮気・不倫】絶倫禿げ社長と妻【体験談】

俺が再就職した工務店の社長は、年齢の割りに押しが強くていかにも好色そうな

禿男だ。こういう男に妻がどうにかされてしまうことを想像して楽しんでいた。

いや、実際にどうにかされた妻を見てみたいとさえ思うようになった。

 社長はY談が大好きで、酒が入ると俄然エロ自慢をする。愛人もいるらしいが、

「人妻」が一番燃えるんだとか言っていた。相当アコギなこともしてきたらしい。

そんな社長におれは女房のことを吹聴した。どんなことをしたら悦ぶとか、どん

な声で喘ぐとか、たわいもない話だが、社長はすぐに食いついてきた。



 夏休みにとった水着の写真があるというと、見せろ見せろとしつこく要求する。

しまいには俺の胸ポケットに万札をねじ込んできやがった。妻も30半ばでしっ

かり肉付きも良くなってはいるが、社長から見ればおいしい年代らしい。

食入るように写真を見ている社長に、俺は耳打ちをした。

「今度の日曜日、うちのやつに届け物をさせますから、、」

社長は、ウンウンと大きく頷いて、俺に握手してきた。分厚い大きな掌は心持ち

脂ぎっていて気持ちが悪かった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年3月17日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】ヒトメボレ 【体験談】

恋なんて、幻みたいなもんだと思ってた。

帰り道でいつもすれ違う同じ学校の制服を着た女の子……彼女を、気にし始めるまでは。

授業中、食事中、果ては寝る前までも。彼女の事ばかりを考えてしまう日々が続き、僕は確信した。

これは俗に言う一目惚れというやつだと。それも、かなりの重症だ。

きっと、僕が生まれて初めて体験した恋愛感情だったんだと思う。

動悸がおさまらなくて、頭の中は真っ白で……すれ違う一瞬が永遠のように長い時間に感じられた。

好きだ、と言いたかった。

何度か話しかけようとはしたのだが、無理だった。僕は毎日、口を貝のように閉ざしたまま彼女の後姿を見送っていた。

直接言うなんて出来やしない。古典的な方法だが、彼女の家を突き止めて手紙で告白しよう。

そう決めた僕はある日、彼女に感付かれないように、一定の距離を保ちながら後をつけることにした。

ストーカーの真似事みたいで、躊躇う気持ちも多少あった。

が、彼女の家を知るためだけであって、他意はないと自分に言い聞かせ、尾行を続ける。

彼女は学校に逆戻りし、誰もいない校庭を横切り――入って行った先は、旧校舎だった。

そこで僕は、ようやくおかしな点に気付いた。

そう、彼女とはいつも『帰り道』で『すれ違う』のだ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2013年6月3日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【乱交・王様ゲーム】ヒトメボレ 【体験談】

恋なんて、幻みたいなもんだと思ってた。

帰り道でいつもすれ違う同じ学校の制服を着た女の子……彼女を、気にし始めるまでは。

授業中、食事中、果ては寝る前までも。彼女の事ばかりを考えてしまう日々が続き、僕は確信した。

これは俗に言う一目惚れというやつだと。それも、かなりの重症だ。

きっと、僕が生まれて初めて体験した恋愛感情だったんだと思う。

動悸がおさまらなくて、頭の中は真っ白で……すれ違う一瞬が永遠のように長い時間に感じられた。

好きだ、と言いたかった。

何度か話しかけようとはしたのだが、無理だった。僕は毎日、口を貝のように閉ざしたまま彼女の後姿を見送っていた。

直接言うなんて出来やしない。古典的な方法だが、彼女の家を突き止めて手紙で告白しよう。

そう決めた僕はある日、彼女に感付かれないように、一定の距離を保ちながら後をつけることにした。

ストーカーの真似事みたいで、躊躇う気持ちも多少あった。

が、彼女の家を知るためだけであって、他意はないと自分に言い聞かせ、尾行を続ける。

彼女は学校に逆戻りし、誰もいない校庭を横切り――入って行った先は、旧校舎だった。

そこで僕は、ようやくおかしな点に気付いた。

そう、彼女とはいつも『帰り道』で『すれ違う』のだ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2013年6月3日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【寝取られ】ヒトメボレ 【体験談】

恋なんて、幻みたいなもんだと思ってた。

帰り道でいつもすれ違う同じ学校の制服を着た女の子……彼女を、気にし始めるまでは。

授業中、食事中、果ては寝る前までも。彼女の事ばかりを考えてしまう日々が続き、僕は確信した。

これは俗に言う一目惚れというやつだと。それも、かなりの重症だ。

きっと、僕が生まれて初めて体験した恋愛感情だったんだと思う。

動悸がおさまらなくて、頭の中は真っ白で……すれ違う一瞬が永遠のように長い時間に感じられた。

好きだ、と言いたかった。

何度か話しかけようとはしたのだが、無理だった。僕は毎日、口を貝のように閉ざしたまま彼女の後姿を見送っていた。

直接言うなんて出来やしない。古典的な方法だが、彼女の家を突き止めて手紙で告白しよう。

そう決めた僕はある日、彼女に感付かれないように、一定の距離を保ちながら後をつけることにした。

ストーカーの真似事みたいで、躊躇う気持ちも多少あった。

が、彼女の家を知るためだけであって、他意はないと自分に言い聞かせ、尾行を続ける。

彼女は学校に逆戻りし、誰もいない校庭を横切り――入って行った先は、旧校舎だった。

そこで僕は、ようやくおかしな点に気付いた。

そう、彼女とはいつも『帰り道』で『すれ違う』のだ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2013年6月2日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】ヒトメボレ 【体験談】

恋なんて、幻みたいなもんだと思ってた。

帰り道でいつもすれ違う同じ学校の制服を着た女の子……彼女を、気にし始めるまでは。

授業中、食事中、果ては寝る前までも。彼女の事ばかりを考えてしまう日々が続き、僕は確信した。

これは俗に言う一目惚れというやつだと。それも、かなりの重症だ。

きっと、僕が生まれて初めて体験した恋愛感情だったんだと思う。

動悸がおさまらなくて、頭の中は真っ白で……すれ違う一瞬が永遠のように長い時間に感じられた。

好きだ、と言いたかった。

何度か話しかけようとはしたのだが、無理だった。僕は毎日、口を貝のように閉ざしたまま彼女の後姿を見送っていた。

直接言うなんて出来やしない。古典的な方法だが、彼女の家を突き止めて手紙で告白しよう。

そう決めた僕はある日、彼女に感付かれないように、一定の距離を保ちながら後をつけることにした。

ストーカーの真似事みたいで、躊躇う気持ちも多少あった。

が、彼女の家を知るためだけであって、他意はないと自分に言い聞かせ、尾行を続ける。

彼女は学校に逆戻りし、誰もいない校庭を横切り――入って行った先は、旧校舎だった。

そこで僕は、ようやくおかしな点に気付いた。

そう、彼女とはいつも『帰り道』で『すれ違う』のだ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2013年6月2日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】未明に愛された過ぎし思い【体験談】

過ぎ去ったあの夜明が懐かしく思い出される。結婚してまだ二ヶ月しか経っていなかった八月四日未明、出張から二週間ぶりに主人が帰る日がやってきた。この日が待ち遠しく、前夜から嬉しくて心が弾んでうとうとと眠りは浅かった。主人は、前日の午後四時、東京駅発、特急寝台列車「西海」に乗って、その朝四時三十九分、駅に着いて、そのままタクシーをとばせ、夜が明けようとする四時五十分、玄関の扉を叩いた。その音を聞いた私は浴衣姿のまま跳び起きて玄関で迎えた。私は主人が帰った嬉しさに素肌も見えるほどに着衣は乱れ乱れていた。私が主人の帰りを待ちわびていたその様子は、すべて私の態度に表れていたらしい。主人は私にキスして抱きしめながら、私がそれまで寝ていた寝床に倒れ込んで激しく抱いてくれた。私の浴衣の紐が緩められた。裾が拡げられると、弾ける二十三歳新妻の太腿が露わになって乱れた。主人は、その太腿に脚を絡ませ、硬いものを押し当てて抱きしめ、下着を剥ぎとり、私を真っ裸にさせて挑んできた。私も激しく抱きついた。これほど激しく抱きついてきたことは後にも先にもなかった。新婚の激しく燃える男と女であった。主人は、二週間ぶりに見る私の全裸を、明るくなる夜明けとともにくまなく見つめ、愛してくれた。その柔肌に、硬い鋼鉄のような男が貫き通された。待ちに待った硬くて逞しい男塊だった。主人は私のからだに入ったかと思うと呆気なく果ててしまた。私も何も分からぬままに主人のすべてを子宮の中に吸い取って果てていた。主人は休む間もなくそのまま二度目に挑戦してきた。私のからだもすぐに回復し、主人の挑戦を受けた。最初は、アッという間だったが、二度目は私のからだも快感の宙を彷徨い続け、女の悦びを噛みしめて、いつの間にか安らかな眠りについていた。夜がすっかり明けて、障子には夏の暑い陽が差して、すっかり明るくなっていた。目が覚めたとき時計は十時を指していた。目が覚めると再び主人の静かに抱擁に包まれ、またも愛の波間を漂った。岩に砕けるような大波はこないが、波の上をふわりふわりと静かな快楽の波に浮き沈み流されているようだった。小高い丘にふわりと押し上げられたかと思うと、すっと谷底に滑り落ちて沈んでいく。その浮き沈みの中に泳がされているようだった。山並みのような快感とその繰り返しが続いて、結婚した女の幸せをひしひしと噛みしめていた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年5月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】た・ね・う・ま 【体験談】

むか〜し昔のことじゃった…

あまりに昔すぎて、覚えてないことや記憶違いもたくさんあると思う。





俺の出身地は古い街だが、かなりの田舎。

親父はちょっとした土地持ちで、祖父から引き継いだ会社を経営してた。

いわゆる「田舎の名士」の端くれだったんだろう。



田舎の秀才だった俺は、東京にある某「ものすごく有名な大学」に進学したんだが、

合格発表の翌日には「△△家の息子が×大に現役合格した」と集落中が知ってる。

それくらい地縁・血縁の濃い土地柄だった。



地元一帯は某保守政党の金城湯池で、両親とも某2世議員の熱心な支持者。

祖父と先代議員の時代からの付き合いで、後援会じゃそこそこ偉かったらしい。

俺も子供時代、何度か選挙集会に連れて行かれた。今じゃ黒歴史だけどな。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年4月15日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】妻が眼前で… 【体験談】

妻の不倫相手は、ごみ収集車の運転手でした。

別段、妻の行動に疑念を抱き、興信所に調べさせたり、携帯を盗み見た訳ではありません。

発覚は、妻自身による告白でした。

私が出張から帰宅した夜、唐突に、妻の口から浮気の事実を切り出されたのです。

話を聞かされても、私にはとても現実のこととは思えず、妻、と、不貞、という言葉を即座に頭の中で結びつけることができませんでした。

元々、妻は家庭的で、浮気などできるタイプの人間ではなかったのです。

色白の、均整のとれた身体つきだけが取り柄の、何処にでもいるような目立たない専業主婦でした。

けっして、美人でもなければ身につけるものや、立ち振る舞いにしても、いっこうに、華やいだところがなく、見た目も、性格そのものも、地味な女だったのです。

「離婚するか、しないかは、相手の方と話し合って、貴方が決めて下さい…私は貴方の決断に従います…」

顔面蒼白の妻が、そう言って、土下座をしたとき、私は、初めて事の重大さに気づきました。

見合い結婚をして八年、いつか、こういう日の来ることを予感できない訳でもなかったのです。

夫として不甲斐ないのですが、新婚初夜の無惨な失敗以来、私には、夫婦生活に際して、妻を歓喜の絶頂へ導いたという実感が、一度たりともありませんでした。

病的な早漏を気にするあまり、ベッドの中で、妻の身体を大胆に扱うことができなかったのです。

射精を早めないように、刺激的な体位は避けたとしても、力強いピストン運動など望むべきもありません。

挿入後は、下腹を密着させたまま、ゆるやかな円運動を描き、お互いの恥骨を押しつけ合うばかりの交合でした…
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2013年4月6日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】絶倫禿げ社長と妻 【体験談】

俺が再就職した工務店の社長は、年齢の割りに押しが強くていかにも好色そうな

禿男だ。こういう男に妻がどうにかされてしまうことを想像して楽しんでいた。

いや、実際にどうにかされた妻を見てみたいとさえ思うようになった。

 社長はY談が大好きで、酒が入ると俄然エロ自慢をする。愛人もいるらしいが、

「人妻」が一番燃えるんだとか言っていた。相当アコギなこともしてきたらしい。

そんな社長におれは女房のことを吹聴した。どんなことをしたら悦ぶとか、どん

な声で喘ぐとか、たわいもない話だが、社長はすぐに食いついてきた。



 夏休みにとった水着の写真があるというと、見せろ見せろとしつこく要求する。

しまいには俺の胸ポケットに万札をねじ込んできやがった。妻も30半ばでしっ

かり肉付きも良くなってはいるが、社長から見ればおいしい年代らしい。

食入るように写真を見ている社長に、俺は耳打ちをした。

「今度の日曜日、うちのやつに届け物をさせますから、、」

社長は、ウンウンと大きく頷いて、俺に握手してきた。分厚い大きな掌は心持ち

脂ぎっていて気持ちが悪かった。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2013年3月3日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

このページの先頭へ