寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【乱交・王様ゲーム】新島(補足事項) 【体験談】

懐かしい30年前の新島

夜の砂浜やボートの陰、浜茶屋、ありとあらゆるところで

セクスしまくったな。天の川が仰ぎながら腰振っていた。

毎晩相手は違うのよね。楽しかったな

あのころは矢沢永吉のアルバムが車からも店からも

流れていたなぁ。。・

まだリーゼントにアロハってなヤンキーが全盛期。



今こんなおばさんが浜でやっていたら

きしょいよね ワラ





なつかしいー

おっちゃんがちょっと懐かし話するよ〜

サーフィンしにダチ3人とよく行ってたんだけど(マジで目的はサーフィンだった)


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び2 【体験談】

麻由香は、夫に抱いてもらえない欲求不満を”大人のおもちゃ”という、はしたないまがい物の淫棒で解消した。それは、夫しか知らない麻由香にとって、セックスへの固定概念を覆されてしまうほどの衝撃的なものだった。



それがもたらすあまりの快感に、麻由香は夫への罪悪感を覚えるほどだった。そして、純真で貞操観念の強い麻由香は、そのまがい物の淫棒を包丁で輪切りにして処分した。





麻由香は、晴れ晴れとした表情で夕食の準備を始めていた。まがい物の淫棒とはいえ、それにより欲求不満をある程度解消された麻由香は、今まで何をクヨクヨ悩んでいたのだろう? と思うほどに気持ちがリフレッシュされていた。





(今日は、私の方から抱いてもらおう。私が襲っちゃえば良いんだわ)

麻由香は、そんな風にある意味で開き直るように考えることが出来るようになっていた。

(あんなはしたないおもちゃでも、役に立ったわね)

麻由香は、キッチンの隅に置かれたビニールを見て笑った。あの中には、無惨に輪切りにされたまがい物の淫棒が収っている。もし、誰かが袋を開けたら、一瞬猟奇事件か? と、勘違いするかもしれない。



麻由香は鼻歌を歌いながら、楽しそうに夕食の下ごしらえを終えると、着替えを始めた。

(もっと、浩介さんに興奮してもらわないと)


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2015年3月15日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】女子大生 果歩 11 【体験談】

51



果歩 「ァ・・・ハァァ・・・」



クチュゥゥ・・・



冨田の巨根をゆっくりと呑み込んでいく果歩の蜜壷。



膣が今まで経験した事がない程大きく拡げられていく。



冨田 「あ〜入ってく入ってく・・・。」



果歩 「ん・・・ハァァ・・。」



冨田 「果歩ちゃん、痛くないか?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年5月12日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】ランチ合コンでセレブ妻とのなり染め【体験談】

その日友達3人と人妻3人とのランチ合コン



俺達はナンパや出会い系そしてジムや教室など



ありとあらえる手段を使ってネタをまわしていた



熟女バー、人妻サークル、人妻クローバー、若妻快楽世界など



人妻や熟女の溜まり場をあさりまくっていた



若い女に飽きた俺達は人妻や熟女がはやっていて



やっと都合が会う機会ができたので



念願の合コンを迎える事ができた


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年4月9日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った【体験談】

妻の由紀恵を、他人に抱かせたいという妄想にとりつかれて以来、寝ても覚めてもそればかり考える毎日だった。



私が30歳の時に、まだ学生だった18歳の由紀恵を妊娠させて、できちゃった婚をして以来、自営の仕事も安定して、子供もさらに一人出来て、家族4人で楽しく過ごしていた。



美しく貞淑で、良き母であり、良き妻だった由紀恵。

なんの不満もなかった。



子供が二人とも家を出たのをきっかけに、昔のようにセックスも増えた。

だが、由紀恵を他人に抱かせたいという歪んだ願望が抑えきれなくなってしまった。





そして、私の会社の社員で、学校の後輩でもある松田に、こんなとんでもないお願いを聞いてもらった。





寝取られセックスは大成功で、結果的に嫁と私のセックスも今まで以上に充実したものになった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月1日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】おおわらわ【体験談】

わらわ…当時27歳、会社員

彼…バツイチ、子持ち

息子…そのまま、彼の息子、小学5年生、彼と二人暮らし。



彼と付き合いだして1年、息子君ともだいぶ打ち解けてきた。

周りには大反対されていたんだけど、反対されればされるほど燃えると言うか、

息子君はこんなにかわいいし、何があっても大丈夫!と確信していて

リクエストに応じていろんな物を作って食べさせてあげていた。



忘れもしないカレーを作った日、3人で楽しくご飯を食べていたら

ベランダのドアをガンガンたたく音がする。

皆固まってしまったんだが、彼が「何だ!」とカーテンを開けると

そこには髪の毛をふり乱した女が…

あまりの異様さに言葉を無くしたが、息子君が「あ、お母さん!」

彼がドアを開けると、仲に土足で入って来て


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年3月12日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_8【体験談】

「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」

 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。

「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」

「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」

「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」

 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。

 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。

「おまたせ。あ、家に電話した?」

「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」

「康二くんも?」

 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。

「おれも言われたぜ。お礼しとけって」

「あはは、どこの親も言うことは同じだね」

 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。

「朱美さんもお腹空いたでしょ?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_7【体験談】

「……朱美、汚れてるぞ」

 それまで見物に回っていた邦夫がぽつりと言った。

「え? あっ……」

 たっぷり注ぎ込まれた精液が、淫裂からしとどに垂れている。朱美は精液と汗にぬめる太腿を閉じ、慌ててティッシュを探した。

「口でやればいいだろ」

「え?」

「自分のまん汁なら、舐めるのも平気だよな」

 つまりは康二の男根を舐めろと言っているのだ。

(じょ、冗談でしょう! ビデオの見過ぎじゃないの!)

 そう口に出せないのが辛いところだ。前戯としてのフェラチオは夫にも施すが、後戯となれば話は違ってくる。情交の後の男根は膣内の分泌物や精液でどろどろに汚れているのだ。

 断腸の思いで羞恥のハードルを越えても、またすぐに次のハードルが立ちはだかる──。まるで肉色の無間地獄だった。

「……きみだって汚れてるわよ。きれいにしてあげましょうか?」

「おれは後でいいよ。もう乾いちまったしな。おい、せっかくだから雄太もベッドの上に座れよ。朱美が舐めやすいようにな」

「う、うん」

「へへっ、頼むぜ、朱美」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年3月9日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】超ウルトラスーパースペシャルDQN【体験談】

終わりっぽいので書く。



付き合って1年ほどの彼と結婚の話になった。

彼はバツイチで前妻が浮気して出て行き、子供はいない。

彼の両親もとても控え目でおとなしくて優しい方々、

常々「前妻さんがあんな事になったから、息子は女性に対して警戒しちゃって…

それでもあなたと結婚したいと言う位だから、あなたは本当に良い方なのね」

と言ってくれる。



家の両親はバツイチと言う事と、年が離れている事で反対はしていたが、

彼はとても優しく、家の父と趣味が合い、母をいたわるので結局は許された。

では結納を…となり、それに先だって両家集まっての話しあいの場に彼妹が来た。

彼妹はDQNで彼両親の悩みの種だと言う。

学生の頃から家にも寄りつかず、虚言癖があり、金遣いが荒く、23なのにまだ反抗期の様な人。

でも彼はそんな彼妹から守ってくれると宣言していた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2014年3月5日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【修羅場】洗脳されている両親【体験談】

A家はうちから歩いて1分かからない距離にあった。

うちの家族構成は父・母・姉・俺。

父が亭主関白の暴力オヤジで、子供のころから親父絶対王制な家庭だった。

稼ぎは母の方が良かったのにとにかく親父が威張っていて俺たちは絶対服従だった。



A家母は、うちの親父と知人&母の上司。

A父は女房にまったく逆らえないヘタレ。

そしてA母はモンペ気質で、Aはワガママほーだい甘やかされたガキ。

A母とうちの親父の繋がりにより、うちはまるでA家の占有領土状態になっていた。

Aが俺と同い年なのも運が悪かった。

俺は生後すぐAの遊び相手として認定され、物心ついたときからAのしりぬぐいをさせられてきた。





<>908:本当にあった怖い名無し:2012/02/04(土)19:08:01.47ID:pLa/D9i+0<>

A母とうちの親父は母・姉・俺をまるっきり下僕扱いだし


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年3月4日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ