寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】サウナで会いましょう【体験談】

私は28歳の会社役員です。妻は28歳大学生の時からの交際で結婚し

普通の生活を送っています。

最近同じマンションに引っ越してきた50歳の男性と意気統合し

よく近所のサウナに一緒に行くようになりました。ある日、その佐藤(仮名)さんから奥さんと浮気をしてみてくれないかと誘われました。

自分の妻の味を他の男性から聞いてみたいとの話でした。

私はドキドキしながら話を聞き、話を聞くうちに自分の妻が

佐藤さんに抱かれていることを想像したら興奮がピークに

達していることに気づきました。

二人で悪巧みを考えました。お互いの奥さんと浮気し合うことです。

もちろん妻達には内緒です。まずは佐藤さんからでした。

私の家に一度招待して食事をして、佐藤さんが帰った後

私は妻に「佐藤さんがお前のことを随分気に入っていたよ。

あんな奥さんをもらえてうらやましいと言っていた。

佐藤さんって50歳とは思えないほど精力的だよな。

サウナで見たんだけど、あそこもかなりでかいんだよ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月26日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】3年前に再婚しました。【体験談】

妻は29歳で巨乳のマゾです。

3年前に再婚しました。調教を重ねてきて更に何か刺激的なことは

ないかと考えていたのですが、1年前に思いつき今に至ってます。

 それは妻を43歳になる独身の兄やその独身仲間に精液処理の玩具

として提供すると言うことです。

 最初は兄を家に飲みに誘い、妻にはノーパン、ノーブラで薄地の

ニットピチピチワンピースなどを着させて兄に巨乳と異常にでかい

乳首の突起を晒しました。

 妻には兄の横へ行かせてお酌させたり、酔ってくると乳首やお尻を

触られても「あん、もう~」とかいっていましたが兄の横からは

離れませんでした。妻には説得し少しだけなら、と言う約束を取っています

 兄には事前に妻のSM変態ビデオを何本も見せています。兄に私の

変態な願望も話しています・・・兄が妻に「ビデオ見せてもらったよ

凄く変態な事が好きなんだね」と言うと妻は私をトロ~ンとした目で

見つめ、私が前もって命令した言葉を兄に言いました


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】思い出の中で・・・【体験談】

専門学校時代に付き合っていた彼女とクラス会で再開した。10年ぶりだった。今はお互い30代、彼女は結婚していた。

なぜかクラス会では、あまり話すことができず、周りとの会話で彼女の現状を知って、少しショックだった。2次会には行かず、帰ろうとしたとき、彼女が追いかけてきてくれた。「幸せそうだね。」二人で駅に向かう途中、僕は言葉をかけた。「そっちは?」僕の近況を心配して聞いてくれた。「最近、転職した。安月給なのに仕事に追われているよ」と、ありのままを話した。

別れ際、彼女の手をとった。「もう帰れらないとまずいかな・・」彼女はいった。「ならもう少しだけ一緒にいよう」と、もうずっと会えないかもしれないという同情が沸いたのか、僕たちは、駅のベンチに座り、30分程、手をつなぎ同じ時間をすごした。帰り際、メールアドレスのみ交換し、10年ぶりの再会を終えた。

10年ぶりとかゆう理由で、妻が同窓会に行った。久々の連休なのに、留守番になった。19時開始で、23時までには・・と言って昼過ぎに家をでたまま、まだ帰らない。23時45分を過ぎたところで、我慢できずに電話した。「おなかすいたから帰りなんか買ってきて」そう言うと、「遅くなってごめんね、わかった、もう駅ついたから・・」の明るい声が返ってきて、怒りが一気に治まった。

折り詰めの弁当を食べている途中、妻は疲れたぁ~とバスルームに向かった。シャワーの音を確認し、すぐ妻の携帯を手にとった。・・・怪しいのはなく、ホットした矢先、メールを受信した。見たのがばれるのも嫌なので、そっと携帯を返し、妻の反応をみることにした。

TVを見ているふりをして、動向をうかがっていると、今度は着信が入った。「あ、りょうこ~!うん、ついたよ~・・」どうやら友達からだったらしい。ホットしたが、私の胸はモヤモヤしてならなかった。妻が美容院にいき、お洒落をして出て行ったのだから。しかも、専門の時に付き合っていた人が一番長かったと言っていたのを何年か前に聞いていたからだ。今まで同窓会なんていったことなかったのに・・・。そんなことを思っていると、電話が終わった。が、そのまま携帯画面をみている。受信にきづいたようだ。横目で動向を伺った。・・・・・。妻は、そそくさと携帯をもったまま、トイレに行った。!!ふざけんなよ!誰からだよ!胸が熱くなり鼓動が激しくなった。

次の日、夕方外食する予定だったのに妻から「急用ができちゃった」と軽く言われ、夕方までに帰るからと、まだ布団にいる俺の枕元で言い残し、朝8時頃に家を出て行った。俺は飛び起きた。そのまま上着を着て帽子をかぶり、後をつけた。



「東京に帰ったら、もう会えないね・・・」そうメールをした。「ひろ、全然変わってなかったね、さびしいね」

といった内容のメールのやり取りができた。人妻になってしまったとはいえ、どうしてももう一回会いたくなり、「見送ってほしい」とメールをした。



夫とは、半年の付き合いで結婚しました。年齢的なものもあり、この人と結婚するんだろうな・・・と思いながら付き合っていましたので、「一緒に住もう」といわれたときは、すんなり了承しました。お互い共働きで、休みも合わず、子供にも恵まれていなかったので、結婚しているというより、同棲しているといった感じが続いていて、結婚5年目を迎える今年になってすぐに届いた同窓会のお知らせが、なぜか私を前向きにしていました。当時の親友で今回の幹事の一人になっている涼子からひろが来ることも聞いていたからかもしれません。



続く・・・


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年4月12日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】今まで一番興奮したオナニー【体験談】

真っ白のパンスト、今では滅多に穿いて街を歩いてる女の子は見ないし、病院の看護婦ですらあまり穿かなくなった色だが、俺は昔からパンストにそそられるところがあって、特に真っ白なパンストを穿いている女の子を見るだけで勃起するほどです。

これは俺が約20年前の大学の時に経験した、おそらく生涯で一番興奮しスリルのあったオナニーの話です。

俺が大学の頃はまだ白系のパンストを穿いてくる女子学生も少なくなかった。その頃俺はある一人の女子学生をオカズにオナニーしてた、その子は友達の彼女で真っ白なパンストを穿いていることが多かった。真っ白いパンストを穿いてると言っても、清楚でフォーマルな服装で講義を受けていたわけではなく、大学では上はトレーナーで下もキュロットなどのカジュアルな服装で、靴下でもよさそうなものなのにいつもパンストを穿いてスニーカーを穿いてた。なぜだかわからないが真っ白なパンストにスニーカーを穿いた姿にいつもムラムラしてた、たぶん俺はパンストだけでなくスニーカーフェチでもあるんだろう。

ある日その男友達が「今日彼女が実家に帰っていないから、久しぶりに俺の部屋で夜通し飲もうぜ」と誘ってきた、俺もたまには男同士で飲みながら語るのも悪くないと思いOKした。

友達と酒とつまみを調達してアパートに行った、学生向けアパートなのでリビング兼寝室になっていて、部屋の隅にベッドが置かれていた、友達はあそこでいつもあの子と・・・と考えるとすごくうらやましかった。

テーブルの上には彼女と食べたであろうスナック菓子の袋などが散乱してた、そこで飲むにはそれらを片づけなければならないのだが、友達が「俺タバコ切らしてるの忘れてたから買ってくる、悪いけどテーブル片づけといて、ゴミはキッチンの所にあるビニール袋に入れとけばいいから」と部屋を出て行った。仕方なく片づけをして菓子の空袋などを言われた通りキッチンの所にあるゴミ袋まで持って行った。

当時はまだゴミ袋と言えば中が見えない黒、俺が捨てようと開けると既に半分ぐらいゴミが入っていた。

前置きが長くなったが、俺はそのゴミの中に脱ぎ棄てたパンストを発見してしまったのだ、つま先の補強部分が見えてて一発でそれがパンストだとわかった、つま先が汚れた真っ白のパンスト、友達の彼女が穿いたパンストに間違いない。

『のどから手が出るほど欲しい』とはまさにこのことだ、でもタバコの自販機はアパートからほんの2~3分の所にある、しかもキッチンの横はアパートに入るドアがある、俺がもしここでパンストを取り出した瞬間に友達が帰ってきてドアが開いたら、そう思うとその場は何もできなかった。

飲んでる最中もずっと隣のキッチンのゴミ袋の中にあるパンストが気になった、しかしチャンスは案外簡単に訪れた、友達がかなり酔って寝てしまったからだ、酒の量もかなりのものだったから当然と言えば当然の現象なのだが、この時ばかりは酒に強い体質に産んでくれた両親をありがたく思った。

何度か友達の体をゆすって起きないのを確認してから、俺あキッチンに向かった、部屋とキッチンの間にあるドアを閉めゴミ袋を開けた、おもむろにパンストを取り出す、ただでさえ酒が入って脈拍が高くなってるのに、パンストを手にして心臓が爆発するんじゃないかと思うほど脈打ってた。

パンストは脱いだままの状態で捨ててあった、丸まった状態をそっとほどく、つま先が汚れてはいたが真っ白のパンストの全体が現れた、片足部分に伝線が走ってたがそれほどひどくない。

今まで眺めることしかできなかった友達の彼女のパンストが俺の手中にある、これと同じものを穿いた脚を目に焼き付けて幾度となくオナニーした、最近彼女が真っ白のパンストを穿いていたのは2日ほど前だったはず、このパンストはまさしくあの時のパンストかもしれない、ゴミ袋の上の方にあったということから考えればまず間違いないだろう、その時も俺は彼女の脚ばかり見ていた、そのパンストが目の前にあるなんて夢のようだった。

そんなことを考えながら匂いを嗅いだ、つま先の汚れ具合の割にはそれほど激臭ではなかった、もう我慢できない、部屋のドアを開け友達が熟睡してるのを確認、心の中で「ゴメン、お前の彼女のパンストで抜かせてもらうよ」と謝りながら再度ドアを閉めた。

キッチンの横にあるトイレからトイレットペーパーを持ってきて射精の準備をした、ジーンズを下げパンツも下げいきり立った肉棒を握った、片方の手でパンストを持ち丸めて鼻に押し付けるようにした、そして俺は激しく肉棒をしごいた、ドア一枚隔てて友達が寝てる、そして俺がオカズにしてるのはその友達の彼女が穿いたパンストだ、スリルと顔にあたるパンストの感触とその匂いで興奮し1分もしないうちに大量に射精した。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年3月24日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】素敵な奥さん【体験談】

 先日私の友達三人と妻の友達三人と一緒に飲みに行った。 

妻の連れてきた二人のうち一人がなかなかの美人で気に入りました。 しかし妻も同席しているので何も出来なかった。

 店を出たあと私は忘れ物をしたと言って、美人の奥さんの使ったグラスを舐めまわし吸ったタバコの吸殻をポッケにしまいこんだ。

 これからその吸殻を舐めてオナニーします。 携帯で写真撮っておけばよかったと後悔しています。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年3月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】マスターベーション【体験談】

俺32歳、妻28歳。妻は金融機関に勤めているので帰りがいつも遅い。俺は其の日仕事帰りに借りて来たアダルトビデオを見たくて、帰るや

エアコンを程良い温度に設定して見ていた。すぐにでもマスターベーションをしたかったのだが、少しでも我慢しようとペニスを握ることなく、ビデオを見ていた。当然もうペニスはピンピンで、ソファーに座り脚を机の上に乗せて見ていた。すっかり時間を気にするのを忘れてしまって、妻がドアを開けて初めて帰宅したのがわかったのだ。テレビには男女の交わりがアップで映り、俺は全裸で勃起したペニスがピクピク動き、先からは大量の液が竿を伝っていた。妻は「アラアラ、お楽しみね。未だ射精してないの?」と俺はなんて言っていいのか

セックスしている時、フェラをしてもらったりはしているのでペニスを見られるのが恥ずかしかったのではなく、全裸でペニスを勃起させアダルトを見ているのが恥ずかしかったのだ。「未だ、出してないよ」というと,妻は着ていたブラウスやスカートを脱ぎ、ブラとパンティーになったかと思うと、それをも一気に脱いで俺と同様全裸になった。「どうする?エッチする?それとも、手と口に射精させてあげようか?」と言うので、「じゃあ、一回目の射精は俺が自分で擦って抜くからお前はじっと目をそらさないで見ていてくれる。男のマスターベーションを見せてやるから」というと「えっ?折角脱いだのに・・・」といいながら真向かいのソファーに腰を下ろした。俺はビデオを止め。妻にあ大きく脚を開かせ、妻のあそこをみながら擦った。次第に射精感が近づいてくる。妻に「逝きそうだよ。もう駄目・・・咥えてくれ・・・」というと急いで俺のペニスを口に含むや何度も射精を繰り返した。それから一緒に風呂に入るや妻が言った「よく、マスターベーションをするの?」って聞くのでたまに・・ね」と答え、俺は「ところで俺と結婚してから、お前はどうなんだ?」と聞くと笑いながら「ときどき・・する」と。どこでしてるの?」と聞き返すと「お風呂で触ったり、時にはトイレで少し触ったりするかな???」と。

俺はまたも勃起してきて、妻を少し中腰にさせて、俺のペニスを握り、ゆっくりと湯船に腰を落とし妻の秘部に先をあてがい腰を下ろした。初めての湯船内での結合。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年3月1日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の告白【体験談】

妻が自分から過去の男性の事を話してくれたのは、結婚して子供も大学に進学し、二人きりの生活になってからでした。

ある夏の初めの日曜日、俺は一人でビデオを見ていると妻が俺の部屋に入って来て、「エッチビデオ、一緒に見よう」と。

私がそれを持っていることは知っていましたが、一度誘ったことがあるんですが、「そんなものみたくない」の一言でした。

見初めて30分位したころ、俺の股間に手を置いて「しようよ」と誘って来ました。俺は意地悪して「なにを?」と聞くと「これを入れて・・・」と言うので「なら、ここで、全裸になってくれよ」と言うと、以外にも素直に立ちあがり、スカートを下し、シャツを脱ぎ、ブラとパンティーだけになりました。俺は「全部脱いで、祐子(妻)のあそこを見せてくれよ」と言うと「だったら貴方も全部脱いで」と。俺は全裸になるともうすでに勃起していました。妻は俺に仰向けになるように言って、俺の上に乗り、勃起したペニスを握るとそれを妻のあそこにあてがうとゆっくり腰を下しました。ずぶりと入ると初めて妻は自分から腰を動かし始めました。俺は「初めてのわりにはうまいじゃないか」というと俺の目を見て「結婚前付き合っていた男性としたことあるから」と。それからいろいろ聞いていると「私ん字とって初めての男性で2年間近く付き合っている間に、コレを口に含むことや、四つんばになってのセックスや、男性がオナニーをする行為も見せてくれた」とのことでした。俺はチャンスだと思い「その他に何人の男性とセックスしたの?」と聞くと「他に2人だけだよ」と。都合俺以外の男性とは3人経験があるわけだと初めて知った。「どの男性が一番よかった?」と聞くと「よく判らないけど、一人の男性は挿入だけでなく、私の身体中を愛撫してくれたの。すごく恥ずかしかったけど、愛してくれているんだと思うとすごくうれしかった。」と。ついでに「結婚してからもオナニーはしているの?」と聞くと、「あまりしないよ。だってコレがあるから・・・」と握って来た。俺は「でもすることはあるんだろう?」とたたみかけると「月に2~3度」って言うから「どこでしているの?」と聞くと「居間のソファーに座って・・・」と。「昼間にか?」と問うと「なんだかむずむずしてきて、貴方が帰って来るまではまだしばらく時間があるし、

まちどうしかったから、少し触ったの」と言うので、「女性のオナニーってどうしてするの?一度見せてよ」と言うと妻は

「じゃあ、貴方がしているのも見せてくれる?」と言って来た。以来、布団を二つ並べて寝ているけど俺は自分でしたくなったら隣で妻が寝ていようと目がさめていようとしている。妻も2度ばかり俺が寝入っていると思ったかどうかわからないけど、

想像で、布団に入る前にパジャマのズボンとパンティーを脱ぎ、仰向けになって手を股間にはわし、エッチしているのを薄眼を開けてみたことがある。最後は枕元に置いてあるティッシュで拭いていた。朝目を合わせても知らん顔だった。

その後妻の整理たんすからパンティーを出して、妻が布団に入る前に顔にかぶりオナニーをしてその後、布団の下に隠しておいた、翌晩みるとそこにはパンティーはなかった。後日代わりのパンティーが置いてあった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年2月24日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】浮気している妻を思い・・・【体験談】

つきなみですが、パートをはじめた妻がそこの社員と不倫しています。

探偵を雇い、妻の素行調査を始めて数ヶ月目に不倫相手とホテルに入る現場写真を

撮影、その他様々な探偵からの調査報告で、妻の不倫はほぼ確実となりました。

離婚の訴訟を起こす証拠固めまで一応しておき、あとはその機会を待つのみの日々ですが、

私としては離婚する気も無いので、しばらくはこのまま「楽しもう」という気持ちでいっぱいです。

探偵の撮影したホテルに入る妻の写真を見ながら、けっして私とのセックスでは着けたことの無い

セクシーなパンティが衣装ケースの奥に隠されていたので、それを持ち出し、自ら身に付け、パート

先の社員と淫らな会話をしながらセックスしているであろう妻を思いながらのオナニーは格別です。

性感帯の首筋や脚部をなめられ、さわられすると身悶えて愛液を流す妻に不倫相手の男はどう対応

したのでしょう?

不倫相手とのセックスを終え、帰宅した後何食わぬ顔で家事にいそしむ妻のスカート姿をみて、

ポケットに手を入れながらオナニーする快感・・・。

このスカートをめくり上げ、パンストとパンティをずりさげると不倫相手に汚された妻のアソコが

あるのかと思うと興奮が収まりません。

セックスを求めても「疲れたから・・・」と言われ、拒否されます。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年2月10日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】「犯された妻の水着」を読み・・・【体験談】

この体験談中にある「犯された妻の水着」を読み、3~4年前に自分がしていた事を記したいと思いました。

私は関東にある某海水浴場付近に住む住人です。

実際、付近に住む住人は海水浴客を快く思っていない者が多く、私もその中の一人です。

騒音やゴミのポイ捨ては言うに及ばず、事件や事故も多く、そのたびに地域の住民が迷惑を被っております。

「海水浴客は貴重な収入の源だ。」という、一部有力者の圧力もあり、私どもも渋々ながらもその言に従って

おりました。

そんなある日、休日だと言うのに町内会からの呼び出しがあり、海水浴客の利用する駐車場の整理係をする

はめになりました。

せっかくの休日を潰された怒りを必死にこらえ、駐車場の整理をしていると地味ながらも楚々とした感じの

二十代後半から三十代前半といった年齢の人妻が目の前に立っていました。

Tシャツに短パン姿のその人妻は、今夜の宿泊先であろう民宿の位置を聞いてきました。

その場所を教えつつ、視線はそのムチムチとした太股やTシャツを盛り上げている乳房を自然と追っています。

「あんな女とセックスしてえなぁ」とその人妻の後姿を追いながら、下半身に熱いものがたぎって来るのが

わかりました。

もう数年、女とセックスしていなかった私は、その人妻がどうしても気になり、休憩時間に自宅に戻り、買った


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年1月30日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】元母と…【体験談】

最初に母を女として見たのは中学に入った頃。(母といっても小学4年で両親が離婚し私は父親に引取られ5年生で父が再婚した継母)

性に目覚め母の汚れた下着でちょくちょくオナニーしていた。

高校の頃押入れで探し物をしていた時に箱に入った黒いバイブ、大量のコンドーム、父と母の今で言ういわゆるハメ撮りのポラロイドが何十枚もあるのを発見してしまった。

正直ショックとスケベ心ではスケベ心が勝った。

この後からポラロイドのイヤラシイ母をオカズに汚れた下着に匂いを嗅いだり舐めたりして母とセックスしている妄想でオナニーをする事が増えた。

そんなオナニーもだんだんエスカレートし、最後に汚れたクロッチに発射して中出しした気分になっていた。

高校2年の5月くらいに突然「アンタ私の下着何かした?」と母に言われ、焦りながらも「何もしてないけど何で?」ととぼけた。

すると「そう、ならいいんだけど・・・」と言葉を濁して部屋を出て行った。

ある日学校から帰宅し母がパートで留守なのをいいことにまた汚れた下着でオナニーをし、やはり最後はクロッチに発射、綺麗にパンティーで拭き取った所に母がいきなり入ってきて、「アンタ何やってるの? こんな事して良いと思ってるの?」とすごい剣幕だった。

最近洗濯機に入れておいた下着に精液が付いているので先日わざと自分に揺さぶりをかけたらしく、今日は決定的瞬間を押さえられたとの事。

何も言い返せなかったので急いで両親の部屋まで母を引っ張って行き、例の箱を押入れから出し「こんなの見つけた。こんなの見たら俺だってこういう事したくなるじゃん」と訳の分からない逆切れをすると母は黙ってしまった。

こうなったらどうにでもなれと「俺だってお母さんとやりたい」と母をベッドに押し倒すと「親子でしょ!ダメ」と抵抗されたが、

箱からコンドームを出し、「これ着ければ他人だし、元々本当の親じゃないじゃん」と言い羽交い絞めにすると少し沈黙した後「今日だけにして」と諦めたようだった。

そのまま服を脱がせ無我夢中で挿入。

母は目を閉じて耐えている様子。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月25日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ