寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた5 【体験談】

僕は、とうとう涼子が先輩とセックスするところまで見てしまった。見たといっても、直接ではないが、アレは逆に直接見るより堪えた。



でも、希望がわいた。涼子は、僕のことを好きだと思っている。それに確信が持てた。それ以上に、先輩がクズだということも確信した。



その翌日から、僕は先輩の後をつけるようになった。尾行すれば絶対にボロを出すと思ったからだ。



と言っても、学校帰りに制服のまま尾行したところでバレバレなので、こっそりと着替えを学校に持ち込むようになった。



そして、学校が終わると速攻で公園のトイレで着替え、正門が見えるところで隠れて先輩を待つようになった。



でも、実際にやってみた尾行は、ドラマみたいに簡単ではなかった。いつ出てくるかもわからない相手を待つのは、本当に気が抜けなくて疲れた。実際、初日は先輩を見つけることすら出来なかった。そもそも、その日は学校に来ていなかったのかもしれないし、他の人に紛れて出ていったのかもしれない。もしかしたら、裏から帰ったかもしれないし、とにかく徒労に終わった。



たけど、あきらめずに毎日繰り返した。次の日は先輩の後をつけることは出来たが、男友達3人とファストフード店に入り、長い時間出てこなかった。待つのがこんなにもしんどいとは、夢にも思っていなかった。

何よりも、ただ待つだけなら本でも読んでいればいいと思うけど、ずっと出入り口から目を離せないのが辛い。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】凍った時間の中で寝取ってみた 【体験談】

最近ハマってるセックスの仕方がある。

医学部でそれなりに頑張ってる俺が、ある方法でラリホーを身につけたw 友人カップルの家に遊びに行き、それを使って、彼氏の前で彼女と遊ばせてもらうというやり方だ。



こうやって書くと、凄く酷いことみたいだし、犯罪じゃないのか? と思われると思うけど、実際その通りだw

まぁ、中学の頃からとにかく勉強勉強で、ろくに遊べなかった俺なので、これくらいはご褒美だと思っている。





今でこそ、鼻歌交じりで、眠りの深さまである程度コントロールできるようになったが、最初は正直かなりビビった。





――いつもみたいに、適当に酒を買ってタクミの家に遊びに行った。タクミは高校の時の同級生で、今は違う大学に通っている。医学部の俺に対して、法学部のタクミは、何かと話や考え方が合う。学歴コンプもなく、バカじゃないので話もかみ合う。



ただ、俺がタクミの家によく行くのは、それだけが理由ではない。タクミの彼女のさとみちゃんは、少し厚めの唇がたまらなくセクシーな、清楚系の美少女だ。

タクミは、父親が有名な弁護士事務所グループの代表で、とにかく金持ちだ。母親も実家が昔で言ったら財閥と言われるくらいの規模の金持ちらしく、タクミは一人暮らしのくせに、渋谷のタワーマンションのファミリータイプの大きな部屋に住んでいる。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年10月3日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】同僚が遠距離の彼女の近くに転勤【体験談】

俺には学生時代から付き合っている彼女がいました

遠距離だけど結構うまくいってました

…うまくいってると思ってましたかな

つきあって5年目になるけど、特に問題もなかったし

俺も浮気することも無く過ごしてました

忙しくなってきて月に2,3回しか会えないのが辛いけど

お互い鬱陶しく無い程度に電話やらメールを交わしてた

ま、遠距離って行っても高速使えば2時間ちょいだったしね

もうちょっとしたら、こっちに呼んで結婚したいなあって思ってた

問題らしい問題は、彼女が一人っ子って事くらいかな

でも彼女の両親は嫁にやってもいいって思ってるみたいだったし、

俺が勝手に「娘さんを取っちゃって悪いな」って感じる程度の問題だった

事態に変化があったのは、会社の転勤で彼女の住んでる辺りの支社に移ったことくらい

…移ったのは俺じゃなくて、同僚がですが…

仮に彼を仁司としますね、ついでに彼女も香織とします(仮名に意味はありません)


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年4月22日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】爆走温水【体験談】

プチ修羅場。もう時効だしいいだろ。



A子…主役。温水をBMI30にしたような女。超自信家

B子…A子と同じクラス。広末系



A男…A子の標的

B男…B子狙いの男

俺…あんま関係ない



全員同じ大学の同じサークルで、1年生。

みな基本的に地味系な奴らばかりなのだが大学入学で浮かれて

彼女・彼氏欲しいな〜というモードになっていた。

んで俺らとまっさきに親しくなったB男がB子を好きになり

「B子と仲良くなるきっかけを作ってくれ」と言うので、よく上のメンバーで遊んでいた。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2014年3月31日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【修羅場】息子が近所のコンビニで万引きをして捕まり、こともあろうか同級生の名前を告げました 【体験談】

<>757名前:名無しの心子知らず:2014/01/12(日)12:32:19.99ID:UTgUjHwW<>



息子が近所のコンビニで万引きをしてつかまり、

ころもあろうか近所の同級生の名前を告げました。



月光からその同級生A君の家へ連絡、

Aママと先生ががあわてて店にかけつけたところ事務所にいたのは息子。











事情を聞いたAママが激怒し、主人の職業を暴露し、

「パクられたら父親の立場を守るために

他人の名前を語るように支持されたのか?どうなんだ?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年3月9日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】好きな女の子をバンドメンバーに寝取られた【体験談】

<>508:えっちな18禁さん[]:2012/07/19(木)08:39:30.97ID:8xek36ptO<>

青春時代は終わったから書いてみよう。

数年前の話、友達アキラと俺マサシはゆずのような二人組アーティストに憧れて素人音楽活動をしてみた

住まいは地方でアキラの家に大きな小屋がありその二階が練習部屋

周りに家も少ない所だったからギターガンガン歌声ガンガンで頑張っていた

ギターは少しずつ上達するアキラと俺

が…二人とも歌が上手く無い事に気づく

どんなに頑張っても、何度声を潰しても高い声が出ない、音をハズすと全くダメだった

夢は路上ライブで女の子にモテて、口コミでスカウト来てなんて練習の時に良く語ったが

俺達じゃ無理だなとあきらめてた時だった



アキラが勝手に共通の女友達のユカにメインボーカルを依頼した

ユカは確かにカラオケで歌ウマと評判だった

が、俺は嬉しさ半分、嫌さ半分

何故なら俺はユカに惚れていたから


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2014年2月20日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【乱交・王様ゲーム】好きな人が変態だった。これ以上の変態があるなら知りたい【体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2013/03/08(金) 00:24:07.18 ID:GbA2R8xL0<>

これ以上の変態があるなら知りたい まずスペック

私 22歳 プー太郎 経験人数は三桁に満たないビッチ

変態(ひろ君とする) 30?才ぐらい 童顔 金持ち 変態私とひろ君が出会ったのは合コンみたいな飲み会だった。

4対4だけどひろ君は私より若いギャルのアドレスを聞くのに

必死だったので関心がないのだと思い、空気になる修行をした。飲み会は午前3時くらいまで続いた。

私は一人女の子を誘っていて彼女が朝8時に出社しなければならない

ということでこの後どうするか(帰れない場所だったので)悩んでいると

ひろくんが二人で俺の家に泊まりにきなよ、と言い出した二人なら危ないこともないだろうと、

ひろくんの家に二人でお邪魔することにした。

ひろくんの家はタワーマンションだった。タワーマンション自体が始めてだったので受付に

コンシェルジュが居るだけで驚きが隠せない状態だった

部屋に案内されたが部屋も驚くほど綺麗だった

映画の撮影用の部屋かと思った 私がひろくん金持ちだなぁと考えている間

ひろ君はずっと私の連れて来た女の子にアタックしていた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【寝取られ】好きな女の子をバンドメンバーに寝取られた【体験談】

508:えっちな18禁さん[]:2012/07/19(木) 08:39:30.97 ID:8xek36ptO

青春時代は終わったから書いてみよう。

数年前の話、友達アキラと俺マサシはゆずのような二人組アーティストに憧れて素人音楽活動をしてみた

住まいは地方でアキラの家に大きな小屋がありその二階が練習部屋

周りに家も少ない所だったからギターガンガン歌声ガンガンで頑張っていた

ギターは少しずつ上達するアキラと俺

が… 二人とも歌が上手く無い事に気づく

どんなに頑張っても、何度声を潰しても高い声が出ない、音をハズすと全くダメだった

夢は路上ライブで女の子にモテて、口コミでスカウト来てなんて練習の時に良く語ったが

俺達じゃ無理だな とあきらめてた時だった アキラが勝手に共通の女友達のユカにメインボーカルを依頼した

ユカは確かにカラオケで歌ウマと評判だった

が、俺は嬉しさ半分、嫌さ半分

何故なら俺はユカに惚れていたから

アキラはその時、きちんと彼女が居た

ただ遠距離でもう別れなきゃと毎回言ってたのでユカ狙い?と焦りを感じたのだ


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2014年1月28日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【乱交・王様ゲーム】ほのぼのレイプ【体験談】

俺が高坊だったころ、チームの先輩達に誘われて溜まり場の廃ビルの

地下1Fにある元事務所らしき部屋に行った。

そこには、付き合いのある別のチーム(女)のメンバーがいた。

なにが始まるのか先輩に聞いたが、面白いことが始まるとだけしか

教えてくれなかった。



そのチームのリーダーのA子の前に二人の女が呼び出された。

T美とK子だった。T美はそのチームの中でかなりかわいくて、

狙ってるヤツはいっぱいいたが、特定のヤツと付き合っているという

話はなぜかなかった。T美は特攻にありがちな化粧もしてなくて、

チームの中で、ゴマキ的な雰囲気がある娘だった。

A子の前に二人が立たされたあと、A子がチームメンバーに向かって言った。

「これから、罰と卒業式を行う。罰はK子。卒業するヤツはT美だ」

K子がビクっとなった。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月27日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【人妻】海外単身赴任中の夫を持つ美人妻(4)【体験談】

理知的で美人でスタイルの良い海外単身赴任中の美人人妻。僕は本当にこの女をモノにしたのか。夢ではないのか?いや夢では無いのだ。昨日土曜日、いつもの様に待ち合わせて僕の車でドライブ。陽気が良いので少し遠出となった。今日は少し短か目のスカウトにブラウス。スラリとした美脚が目に染みる。こんな人妻との恋に僕の胸は躍る。湘南の海岸をドライブ。もう僕も美脚を見て我慢が出来ない。海岸にほど近いラブホテルにインした。ちょうど正午過ぎの事。部屋に入って彼女を抱きしめて激しい抱擁とキス。「好きだよ」「私もよ。貴方とのセックスに溺れそうよ」ベランダのカーテンを開けて波の打ち寄せる海岸を見下ろす。彼女を抱き寄せてブラウスから乳房に手を入れて揉む。豊かな乳房がはみ出して僕の肉棒がピンピン。「あら元気が良いのね。お風呂に入りましょ」お風呂の中で彼女は口に咥えてくれた。二人で全裸でベットイン。絡み合った。カーテンを開けてベランダも開けたまま。太陽の日差しが部屋に差し込む。「上に乗っていい?」彼女は騎乗位になって僕を求めてきた。挿入した時の彼女の甲高い喘ぎ声と相まって全裸の体が艶めかしく動く。突然僕の胸に倒れ掛かって果て捲る事数回。彼女は僕の唇を求め続ける。入れ込んだまま離さない。10分位たってやっと離れる。太陽の日差しを全身に受け、彼女と抱き合う。またしても僕の下半身が元気になる。今度は僕の正常位とバック。理知的な彼女の顔が快楽に溺れてゆく。僕の脚に美脚を絡ませて締め捲る。彼女のスレンダー体が海老のように絡み動く。こんないい女が人妻だって。僕には信じられない。某大商社のエリートを夫に持ち、彼女はその会社の秘書室にいたそうな。その女と僕は今。激しく中出ししてから彼女は僕の片手に抱かれ体を寄せ合う。「もう君とは4回目だけど、これからもいいかい?」「良いわよ。どうせ主人は暫く海外でしょ。私その間男無しなんて考えられないわ。子供の為とはいえ。たとえ主人が帰国したとしても時折、私を満足させてよ。主人も結婚した当初は毎晩だったけど、忙しくなってからは一か月に一回程度よ。何も無いときは玩具を使ったわよ。味気ないわ。今私は貴方とのセックスに満足してるし、これからもよ」僕はつい彼女をキツク抱きしめた。彼女はしっかりと僕の胸に顔を埋めて三度の行為に及んだんです。彼女は気持ち良さそうに全身を使い締め付け、汗をかいて僕を抱きかかえるんです。三回戦が終わり一緒にお風呂に入り、彼女が僕の全身を洗ってくれて握ってくれた。僕は彼女の全裸を抱きしめて抱えた。「帰りましょ。来週も宜しくよ」僕の車は湘南海岸を抜けて第三京浜国道を走り東京へ戻ったんです。こんな理知的で上品で美人でスタイルの良い彼女と。僕は有頂天になりながら彼女を送ってから帰ったんです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年10月13日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ