寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】弱みを握られた絶世の美女2 【体験談】

続き



伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が





堪らない。







自らスカートをたくし上げて



太腿も露わに、下着を晒す



ゆずりさん。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2015年5月19日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】歪んだ純愛 【体験談】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。

俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。

スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り返ると、女が立っていた。

目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。

俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2015年4月8日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】首筋にあてたナイフを思い切り押し込みました。 【体験談】

私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。

妻は31歳。学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。

妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。

アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。

工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが、

当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。



先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。

そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。

妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。

妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。

私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。

しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、

また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、

何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2015年3月18日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】セレブ向け離婚経験者のお見合いパーティで恋をした。 【体験談】

私はバツ一の45歳。



子供は二人いて、20歳の娘と18歳の息子がいます。



そしてある×一同士の離婚経験者のお見合いパーティに行きました。



彼女とそこで知り合ったのです。



当然彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。



40代の男性と40以上の女性が12吊で集まって

お見合いパーティーをしたのです。



全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年12月20日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】真面目な人妻の公開マン開き 【体験談】

あんな最低な男に身体を好きなようにされてしまった。



口惜しくて、惨めで、

とにかく夫に申し訳なくて、涙が止まらなかった



私は泣きながら身体中にお湯を掛け、肌が擦り切れるくらい

ゴシゴシ洗った。

どんな高級な石鹸を使っても、どんなに力強く擦っても

汚された身体は元には戻らない。

そんなことは分かっていた。

それでも私は、ただひたすら身体を洗い続けるしかなかった。



どれくらいそうしていただろうか。

かなり長い時間バスルームに籠っていた。

急に村松から渡された封筒のことが気になりだした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2014年10月28日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】旦那を守りのために【体験談】

<>311:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:34:13.55ID:q1SMdRJP0<>

12月に転職したばかりなんですが、本日職場の方々を自宅に招待しているのです。

1か月経っても、なんとなく職場に溶け込めてなくて、思い切って上司や同僚を招待して軽く飲もうという企画を立てました。

今から緊張しています。

転職サロンの先輩方、何かアドバイスなどあればお教えくださいませ。



<>316:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:46:07.31ID:q1SMdRJP0<>

314

確かに、そうなのですが

実は今までは仕事が終わった後で思い切って飲みに誘ったこともあったのですが断られていまして

本日、やっと誘いにのってもらったのですよ^^

やっぱり職場の人間関係は大切なので、うまく仲良くなれたらいいなと

312さんのおっしゃるように、飲み二ケーションで乗り切ろうと思っていま。

休みなのに、今から心臓バクバクで、他人には馬鹿みたいかもしれませんが

ちょっと妻とデパートへ買い出しに行ってきます。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年4月12日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】FXで失敗したエリート女の屈辱 【体験談】

いい年をして恥ずかしい話だが、俺には長年思い続けている女がいた。

その女は俺が思いを打ち明けられないうちに、他人の女になり、他人の妻になった。

俺は、そんな女をいつまでも思い続けていた、とんだ純情物語だ。



その女、中澤麻里子に出会ったのは入社式だった。もう8年も前になるだろうか。

初めて中澤を目にした時、清楚な美しさが神々しくさえ感じて、思わず見惚れてしまった。

すれ違う度に、長い黒髪から漂うシャンプーの香りにドキドキさせられた。

気が付いた時には、惚れていた。中澤以外の世界中の女が全て陳腐に思えるほど惚れていた。



社内外を通じて中澤の人気は凄まじかった。上司にも人気があったので、出世も早かった。

2年目にして、会社から表彰され金一封を貰っていた。

8年目の現在は、同期の俺はまだ主任なのに、中澤は既に課長補佐だった。

「美人ってだけで出世しやがって」と、同期の間で影口を言う者もいた。俺も酒が入るとよく同調していたものだ。



そんな嫉妬や羨望を受けながらも、毅然と、そして颯爽と仕事をしていた中澤だったが、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年4月6日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】祭りで【体験談】

こんにちは。『Yu男』という者です。

一夫一妻制は、つい最近出来上がった夫婦の形で、昔は契りあうのは必ずしも生涯1人と言う事は無く、いろいろな夫婦の形があったようです。そんな男女の出会いの場と農村の楽しみの一つとして、祭りが有り、その時は無礼講となって未婚・既婚に関わらず性欲が欲するままに活動をしていました。

そんな訳で古来祭礼には、性的な部分が含まれ、明治時代に入っても一部の地域では、性的祭礼が行われていたようです。

そうは言っても昔は子供の生存率が極端に低くて、生む事が大切だった事もあるのかもしれませんね。ここも、近年まで、そんな慣習がまだ残っていました。

去年の夏、私達夫婦がはまってしまった・・はめられた・・そんな祭りでの話です。私の祖父の田舎から少し離れたある地域では、毎年、夏祭が行われます。神輿を担いだり、露天が出ていたり、一見普通のどこにでもあるような祭りです。

その祭りは、私が学生の頃、たまたま祖父の家に行った時、その地区の遠縁の親戚に臨時で神輿の担ぎ手をしてくれないかと、頼まれた事が始まりでした。実はこの祭りこそ、私が童貞を卒業した思い出がある物でした。この地区の祭り衣装は、キリリと締め込んだ褌姿と決まっていました。私も当然のことですが、褌にさせられました。

都会育ちの私の事、長くて白い布を渡され、どうするのか判らず、年配者から褌を締める指導を受けて自分も全裸になってから褌を締めましたのですがその時は、ユルフンだったようで、揉み合っている最中に褌が解けてしまい、全裸になってしまった経験があります。

お尻は丸見えですし、前袋もかろうじて局部を覆うだけで、毛深くない私の陰毛もはみ出し、全裸に近い状態で、恥ずかしかったのですが今は、幅を半分にしてよじる様に巻いていくと褌の出来上がり、この姿が一番格良く見えると思ってます。ハレの舞台・・神様の前では、何も着けない姿での奉仕が必要でした。昔は男も女もそうだったのでしょう。

だからこの日だけは特別。普通だったら猥褻物陳列罪なんて罰則があるのでしょうが、こんな姿で町中のうろうろしていてもOKなのです。暑い盛り、裸のほうがとても気持ちよく、また肛門にくい込む締め込んだ褌が男の機能を高めている様にも思います。

祭りの興奮も重なり、力水をかけられ、濡れて透けた褌の布越しに勃起しているのが丸分かり状態となっていました。

この祭りでは、そんな男衆が名物なのか、町内以外の人達も見に来ていて、女性達も男のそんな姿形を見るのが楽しみのようでした。

そんな訳かどうか、この祭りは女に許された男のストリップと言ってもいいのかも知れません。そんな状況なので、いったん外に出てから帰るまで褌姿です。2回目か3回目かの祭りの時、御神酒の酔いも手伝い、町中を抜けておじさんの家に帰ろうと歩いていたときでした。「あっ、Yu男ちゃん・・よね〜」と言う女の声でした。

年齢が近く、おじさんの家で遊んだ記憶がある女の子がいました。その声は、すっかり大きくなったその子でした。

大人の女に変身し、浴衣姿の彼女は、ほんのりと石鹸の良い香りがしています。その時も濡れた褌に亀頭の形を浮かび上がらせている状態でした。そんな私の股間をちらちら見ながら

「帰るの〜」と言う彼女に「うん」と頷く私でした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月30日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】償い【体験談】

「それにしても、すっげえ美人だな」

「足とか細くてめちゃ綺麗じゃなかった?顔も小さかったよね」

「でも、胸も小さくないか?w」

「ばか、それがいいんだよ」

「シャツの張り具合から、乳の無さが分かりすぎて、逆にエロかったよな」



これは僕がとある卸売り会社の営業部に配属された日、同期と交わした会話の一部です。

僕は同族経営のショボイ卸売り会社に入社しました。

会社にも自分の人生にも、何も期待していなかったのですが、

同期の渡辺、庄司と3人で営業第二課に配属され、はじめて自分の席に案内された時、

大きな衝撃を受けました。

部長から僕達の教育担当として、隣の席の女性を紹介されたのです。

その女性こそが、主任として僕達の面倒を見ることになった若葉さんでした。

僕は若葉さんの可憐で凛とした美しさに目を奪われ、すぐに心まで奪われていました。

若葉さんは少し舌足らずの優しい声で一生懸命説明しながら、各部署を案内してくれましたが、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年3月29日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ