寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【浮気・不倫】クラブで出会った29歳Fカップ人妻が一週間部屋に居着いた 【体験談】

クラブでナンパした32歳Fカップ人妻が一週間居着いた



週末の名古屋は熱い。

元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。



そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。

27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。

変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。



その店は雑居ビルの2階にある、ダーツとビリヤードが置いてあって、奥まった一角はダンス用のスペースがあるようなちょっと広だけどごく普通のありふれたバーだ。

雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張の角に位置していたため閉塞感はなく、ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男(いずれもビルの二階から見下ろした僕にはそう見えただけだけどそう外れてもいないだろう)の姿を観察できるような場所だった。



男ばかり13人というちょっとした大所帯で始まった今夜の集まりも、3軒目を終えた時点で終電で帰る奴もいて今は4人だ。

それぞれカウンターでドリンクを頼んで思いおもいにさり気なく同年代から上くらいの客で溢れる店内を見回している。男が飲み始めれば考えることは街角で必死に声を掛けている男とさ程変わらないんだろう。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年5月9日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】悠と佑子とあっちゃん その1【体験談】

「もしもし」

『あ……えっと』

「……もしもし?」

『あ、佑子さん、は?』

「は?」

『佑子さんは……ってか、キミ息子さん?』

「そう、ですけど」

 何だこいつ。

「あ!」

「あ、母さん」

「ちょっと待ってあっちゃん。電話、代わる」

「なんか変な電話だよ?」

「いいから。あ、じゃあ2階ので取るね。いいって言ったら、置いて」

 母さん? しばらくして。

「あっちゃん、いいよー」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2014年3月20日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】悪魔のような少年8【体験談】

「艶美、今日は舞台の日だね。準備はできていると思うけど頑張っ

て。」私は大雅君と一緒にストリップ劇場へ向いました。先月の

レッスンの後、家でも練習しましたが、プロには全然かなう状態

にはありません。それより、専業主婦で社会をあまり知らない私が

、多数の男性の前で踊り、脱ぎ、全裸にならなければいけない。も

し、主人や子供たちがこのことを、知ったらどう思うか。大雅君を

恨みました。だが同時に多数の男性が、私の裸を見つめると考える

と、淫らな心情が自分を襲いました。

 会場は超満員でした。「これから、露出大好き人妻の最初で最後

のストリップが始まります。ナイスボディをたっぷり堪能ください。

初めてのダンスですから、不手際もあると思いますが、ご勘弁願いま

す。」とアナウンスが行われた。

 私の衣装はおっぱいが半分以上露出しているブラジャーと細いヒモ

のパンティ。楽屋で着替えたときから、私の女陰はびっしょり濡れて

しまいました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年3月19日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】「初夜 Ⅱ‥(媾合の初夜①)」【体験談】

翌朝‥女房は爽やかに 明るく振る舞います。数日前まで他人だった男と 初めて丸裸で抱き合い、マラの裏筋でオメコのクリを擦られ気をヤッたことなど 忘れたかのようです。コソコソと隠れて処理するマスと違い 受身でイカされるのは、アクメで取り乱しても‥全く心の負担になら無いのでしょうか?。女の順応性には 驚かせられます。(続く)

(承前)

翌‥3ヶ日目は 午前中は支笏湖へ往復し、午後は バスで札幌市内の遊覧でした。支笏湖は天気が悪く 気温も下がり、樽前山も見えない位に 霧が掛かって残念でしたが、女房は湖畔で奇麗な落ち葉を拾って居ました。戻っての市内の遊覧はお極まりのコースで、まだ移設前の時計台では 油染みた黒い床に北海道の歴史を感じました。

 実際に北海道を旅してみると 北海道はこれまで(いわゆる 内地で)考えていたより遥かに広いのに驚きます。その日の夜に寝台で札幌を立ち、ユックリ寝て(四日目の)朝起きて窓の外を見ても、電柱が次々に後ろに飛び去って行くだけで いくら経っても同じ景色なのです。それに飽きた頃‥やっと釧路に着き バスで阿寒湖に向かいました。

暫く行く内に‥バスの車窓の右側に 鶴のダンス(求愛行動)を見ました。やがて左に活火山の雌阿寒岳が見え 阿寒湖に着くと、底に穴の開いた遊覧船で 「マリ藻」の見物をしました。阿寒湖では 間近い雄阿寒岳がそそり立ち、折からの紅葉が常緑の緑と混じって 目を瞠る美しさでした。阿寒湖からは 弟子屈経由で摩周湖に向かいます。

途中で左下に 阿寒湖の裏側が小さく雄阿寒岳を巻いて見えます。摩周湖は「霧の‥」と云うように 滅多に晴れないと聞いていたのに、空は底抜けに黒いまでに青く 対岸の摩周岳はそのまま鏡のような湖面に落ち込んで、湖面には夢のように カムイシュ島が浮かんでいました。摩周湖の展望台から‥宿の川湯温泉への道は 下り一方でした。

川湯温泉への下りの道で 陽が落ち掛けます。山の西の斜面なので 左の車窓に、少し掛かり始めた雲の間に 陽が落ちます。雲の隙間に覘く 真っ赤な太陽を見ていたら、フト「女房は今夜‥ 処女で無くなるんだ!‥〟と云う思いが胸を衝きました。カメラを構えながら 「ねぇ‥見てご覧 あの色…」「マァ… キレイ…」‥と感嘆し合いました。

川湯の宿は和風の旅館で 夕食が済むと早々に床を取って呉れます。一緒に風呂に行き 私が戻ると女房は先に戻っていて、宿の浴衣で無く 持って来た自前の薄いピンクのネグリジェに着換えていました。その頃の婦人雑誌などでの 新婚旅行の必需品は、粗相防止のタオル・ダンナに脱がさせるネグリジェ・そしてコンドームが‥お薦めでした。

ネグリジェは 和風旅館の敷布団には似合いませんが、女房の精一杯の「身体を交わす儀式」を感じて ふとイジラシクなります。私は宿の浴衣で そのまま床に這入ります。女房も素直に自分の床に就くと 私は直ぐ、「そこへ 行ってもイイぃ?…」と聞き 返事を待たず、左手に枕を持ち 右手で掛け布団を剥いで女房の布団に這入り込みました。

浴衣のまま ネグリジェの彼女に絡んだら、糊の利いた浴衣とネグリジェが擦れて サワサワしました。その中で 足を使って素肌を探し出し、膝を割って内腿を ヤット摺り合わせます。イイ気持ちです。手を首に回して抱き込み 右手で乳房を揉み乳首を摘まみ転がします。乳房は硬めでも感度は良く、触るとショーツは既に 濡れ始めていました。

私は片手でブリーフを外し 布団から蹴出し、彼女の手を取って 今日も一段と元気なマラに触らせます。彼女は逆手ながら 握り揉み扱いてくれます。私のマラも先走りでズルズルに潤った頃、彼女のショーツを脱がせに掛かります。彼女の首に回した手を抜いて 上半身を起こし、「それじゃぁ‥イイィ?‥」と 彼女のネグリジェの裾に手を掛けます。

彼女は「チョット 待って‥」と カバンから持参のバスタオルを出し、寝床の腰の辺りに敷いて 端を布団の下に折り込んで固定します。〝なるほど… 女の嗜みか…〟 出血やら分泌するものへの用意でしょうが、何か 私の気持ちもグッと引き締まります。女房は その上に寝ると、目を瞑り胸に手を当てて 下唇を噛んで私の行為を待ちます。

私は改めて 彼女に覆い被さり、肩を抱いて舌を絡め 右手をネグリジェの裾に遣り ソォッと胸の辺りまで捲くり上げます。そして掌で腹を撫で 更にその手をショーツの中に滑り込ませます。始めて触る彼女の陰毛に 胸がトキメキます。次に指先をクリに遣って 小さく回しイジリ転がすと、女房は眼を瞑り ただアソコに神経を集中しているようです。

まぁ‥ 尾瀬や一昨晩の経験があるとは云え、イヨイヨ男に 初めてオメコを触らせるのです。私がショーツに手を掛けても動か無い彼女が 両手をショーツに掛けると、始めて身体を動かし 私が脱がし易いように腰を浮かせます。私は 「ハハァ‥これを合意って云うんだな‥」と思います。私は‥取り敢えず浴衣の帯だけ解いて 前を肌蹴ます。

和風の床の間のある部屋での ネグリジェと浴衣‥。それは余所から見たら 時代錯誤で春画みたいな不思議な風景だったでしょう。私はキスをしている唇を離し 乳房に移って乳房を吸い乳首を舌で転がします。彼女は気持ち良いらしく ウットリとしゃぶるに任せています。私はそのまま 右手を股の間に滑らせ、指先で 淫裂を撫で探ります。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年3月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【修羅場】素敵なオジサン達【体験談】

93名前:愛と死の名無しさん[sage]投稿日:2011/01/05(水)21:55:32

「ようやくケリが着いた。」との連絡を受けたのでカキコ

12月の頭にあった従姉の結婚披露宴(の後が)不幸だった。

新婦である従姉は昨年春短大を卒業して、叔父に当たる人物が経営してる会社に就職

新郎は、其処に出入りしていたトラックの運転手【DQN】

因みに、社長である叔父さんと専務である叔父さんの弟叔父は

結婚には、大反対。理由は「馬鹿だから」



ハレの日、結婚式場には来るわ来るわ

新郎友人達のDQNカー軍団、そう新郎は今じゃ田舎物の代名詞みたいに

言われる、ドリフトチーム&腐れVipカーの出来損ない軍団のリーダー

お前等披露宴で酒呑んだら運転しちゃ駄目でしょ!

しかし、ど派手なドリ車&低車高の腐れVipを押しのけて

式場の真ん前にど〜んと鎮座するのは

叔父が乗ってきた日産GTRspecVの黒&弟叔父の乗ってきたランボルギーニ・ガヤルド外装黒内装赤の革張で


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年3月14日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【人妻】僕の初エッチ【体験談】

僕が小学校6年生のときでした。



いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。



母が’正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!’といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。



家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。



でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。



また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな、松嶋ななこのような背が高くて目が大きくて、本当によく覚えているのがシャツから零れ落ちそうなおっぱいでした。



90くらいはあって後にわかったのですが、Fカップでいつもどきどきしていました。



正樹君とは小学1年からの仲良しで家に遊びに行っておかあさんが写真を見せてくれながら、海外の特にエジプトの話を聞かせてくれたときのことをよく覚えています。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月8日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_4【体験談】

(この子も脅えているのね……)

 雄太の肌は青ざめており、薄い脂肪にあばら骨が浮き出ていた。朱美はその一本一本を確かめるように指先を滑らせてゆく。

「あっ……」

 雄太の背筋がしなり、衰えを知らない男根が大きく揺れた。朱美の乳房も腕の動きにつれてたぷたぷと震え、その先では乳首はゆっくり回っている。

「ね、ねえ……。雄太くんも触っていいのよ」

 揺れる男根を見据えたまま促すと、雄太は回る乳首を凝視して応えた。

「ど、どこを触ればいいの?」

「どこでもいいのよ。好きなところを……」

「ど、どこでも?」

「ええ、どこでも……」

 手を伸ばそうとして、雄太が目を瞬いた。眼前の乳首がぷくっとふくれたのだ。ほんのわずかな膨張だったが、瞬きを忘れるほど凝視していたので見間違いではない。

「あ、朱美さんも気持ちいいの?」

「え?」

「朱美さんの乳首、ふくらんだよ」

 朱美の頬が引きつった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年3月6日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】妻の親友とSEX【体験談】

僕は55歳妻は49歳です。27年前に結婚しました。結婚式で妻の同級生が大勢出席していて、その時に眼に入ったのが、

妻の親友で大宮のデパートを経営する大金持ちの娘でした。その子は物凄い巨乳で、真っ白い胸がドレスから零れ落ちるほどでした。

その時に最初に気に入りました。ハワイに新婚旅行に行ったのですが、飛行機の中でその子のことを聞きました。新婦は多分変な夫だと思ったでしょう。

その後彼女も結婚して、大宮に住んでいまして。、妻と僕は子供をつれて、新居を訪ねました。

僕らは東京で、借家住まいでしたが、彼女は大きな家に住んでいました。そのときは夏の前でしたが、タ

ンクトップで大きなオッパイが眩しいぐらいに突き出ていました。

それから約25年経ちました。彼女の夫が突然、肝臓癌で亡くなりました。お通夜にも葬式にも行きました。

彼女の喪服姿は物凄く奇麗でこの時に抱きたいと思いました。彼女は47歳でした。

僕も世田谷に家を新築して、彼女が植木を自分で車を運転して持ってきてくれました。その日は日曜日で妻はダンスに凝っていて朝の10時頃からダンスのレッスンで新宿の貸しホールに出かけていました。

「彼女が来たらお昼にお寿司でも取ってあげてね、1時半には帰るから」といって妻は出かけました。

親友は11時半ごろ来て、1mぐらいの植木を3本持ってきました。狭い庭ですが、手伝ってもらって植えました。

お昼にお寿司を取って二人で頂きました。身体が植木で汚れたので、シャワーをお互いに浴びまして、簡単なTシャツと短パンでいました。彼女にも妻のTシャツと短パンを貸しました。

相変わらず大きな乳房で眼のやり場に困りました。

ビールを飲んで少し調子に乗り「結婚式の時の貴女の胸の開いたドレス姿に惚れていたのです。僕の母親が巨乳で、昔から憧れていたのです。ウチの奥さんは貧乳でAカップしか無いのですよ。

一度貴女のオッパイに触りたい」と言いました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月4日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】1回も100回も罪は罪【体験談】

初めて投稿します。

去年の秋に起こった事件を書きたいと思います。(実話の為にハードな内容ではありません。)

私、山本順(仮名)29歳と妻、由里子29歳は結婚2年半の夫婦です。

同じメーカー勤務の同期で現在も共働きです。

由里子は超難関の国立大卒の才女で経営本部の課長補佐です。

私は中堅私大卒の営業部勤務で平社員です。

入社当時から、由里子は一目置かれる存在でした。

頭脳明晰で可愛く、私には高嶺の花でしたが、4年前の本店の同期会で偶然、私の席の隣に由里子が座り由里子が好きなサッカーの話題で盛り上がりました。

ダメ元で、今度一緒に見に行かない?と誘ったところ、以外にもokの返事が返って来ました。

由里子は才女ですがガリ勉タイプではなく、おしゃれやブランド物も普通に興味のある女性でした。

初めて私服を見た時、白いミニスカートにドキッとしました。

薄いストッキング越しに見える由里子の脚が気になりサッカーの試合に集中出来なかったのを覚えてます。

その後、何度かデートを重ね付き合うようになり、結婚しました。

社内では世紀の番狂わせと言われ有名になりました。

経営本部は将来の幹部候補生が集まる部署で由里子の方が、私より出世も早く、それに比例して年収も多い状態です。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年3月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】美和子物語 竹下さん大好き【体験談】

美和子物語 竹下さん大好き ! !

ある週末の事でした。竹下さんと約束の場所で落ち合いました。

夕食を摂ってからバーへ移動して軽くお酒をいただき二人ともほろ酔い気分でした。

竹下さんがダンスに誘ってくださいました。そこでカラオケスタジオへ出かける事になりました。

女性同士ではカラオケに出かけていましたので雰囲気のよいお店へ案内しました。

適当なアルコール類を注文してお好みの歌を歌いました。

私はビートルズの歌を英語とフランス語で交互に歌い続けました。

大学時代に歌ったものですから大いに楽しみました。

個室ですからカーテンが有りますがそれを閉じてドアーをロックしますと完全な密室です。

お酒の酔いに任せて野球拳をして負けた方が洋服を脱ぐゲームを始めました。

10分くらいで美和子はブラとショーツだけになりました。彼はランニングシャツだけです。トランクスは先に脱いでいましたので・・・。

このような状態でチークダンスを始めました。数分で彼のジュニアーが勃起して美和子のショーツにふれます。

じゃんけんをしないのに彼がショーツを下げます・・・。

二人は踊りながら合体です。交接する直前に彼の唇が私のベビーにキスしてくれました。

朦朧としていましたがたくさんのラブジュースが合体を容易にします。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年3月2日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ