寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【修羅場】修羅場_鬼畜_実況 【体験談】

95:恋人は名無しさん:2006/04/22(土)18:38:11

彼女が浮気つうか不倫してました、相手は会社の人間だった

しかも今日会うみたいだ、彼女とは別れると決めたので最後に

修羅場起こしてこようと思います。





103:95:2006/04/22(土)18:48:14

簡単に説明しとくと



俺(24)社会人  彼女(26)社会人  男(26〜8?)既婚者で彼女の上司?



予定では20時に待ち合わせ、その後食事に行った後にラブホ行くと

思うんで入る前に止める予定、既に関係は2〜3度ある




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2013年1月11日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】明後日も弁当はいらないよ 【体験談】

810明後日も弁当はいらないよsage04/06/2606:51ID:M0euLJ+i

妻(由美子)と生活をしていると、いつも一緒に居るのが当たり前となり、なにかこう、恋人気分は無くなり兄弟のような、親類のようなそんな感覚になっていた。

もちろん今も妻を愛している。生活する上でなくてはならない存在だ。

しかしそれは家政婦としてであって女性としては見れていなかったのだろう。



妻が最近浮気をしているのはなんとなく気付いていました。

ここ2年以上も妻を抱いていないので無理もないのだろうか。。。

(こちらから迫っても断られていたが)

当然怒りの感情が湧き上がってくるのだが、自分でも驚いたことに

それ以上に、寝取られてしまったことにかなりの興奮を覚えていた。



バイト先の歓迎会があるから、、今日だけ遅番を頼まれた、、、

その都度、私は激しい嫉妬と興奮を覚え、ひとりオナニーをしていました。



妻が遅くなる日は、仕事を早々に切り上げ妻の後をつけてみたり
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2013年1月7日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】僕の人妻日記…恵美編【体験談】

ピンポーン…玄関のチャイムが鳴りドアを開けると恵美が立っていた。「やぁ

よく来たね!待っていたよ」大きなボストンバッグを持っている恵美の後ろには

娘の昌代が立っていた。恵美は32歳の人妻で半年前からメールを続けていた。

恵美の娘の昌代は14歳の中学2年生だった。





恵美は旦那と長く別居していた。そしてつい最近離婚して家を出たのだが実家に

帰ることができずに困っていた。それで親父が単身赴任で留守の俺のマンションに

アパートと仕事が見つかるまで住むことになっていた。

「遠慮しなくていいよ!」俺は二人を中へ入れるとソファに案内した。そして

「大変だったね…でもよく来てくれたね嬉しいよ」俺は恵美の横に座り手を握り

締めた。「突然すみません…せめてアパートが見つかるまで」恵美は握り締めた

俺の手の上にそっと手をかぶせてきた。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2013年1月6日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】新婚夫婦が引っ越してきた【体験談】

まだ厨房の頃の話。

同じ並びに新婚夫婦が引っ越してきた。年は大体20代後半といったところで、

子供はまだなし。厨房になりたてのおれは激しく女を意識し始めた頃で、

当時はやったダンクとかボムとかの雑誌を見てはオナニーに興ずる毎日を

おくっていた頃・・・(年がばれるなぁ・・・)

その人妻は今で言うと酒井真紀風な顔立ちで明るく活動的な感じでした。

いわゆる健康的なおとなの女性といった感じで、その人妻とエレベーターで

会い挨拶するだけで、興奮しておかずにしていた。





あるとき学校帰りのエレベーターでその人妻と偶然会った。

人妻はベージュのコートにブーツを履いていた。ショートカットによく似合って

いる。帰ったらおかずだな・・・

『こんにちは』

『あら、こんにちは。今日部活は?』
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年1月5日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】山梨旅館 【体験談】

4年前の話。



おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。

まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。

顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。

特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。



当然彼女はチヤホヤされた。

競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。

その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。



ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。

というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。

本人も「飲むとHな気分になる」と言っていた。

初めて由紀子を抱いた時も、二人で飲みに行った帰りだった。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年1月4日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】山道のトイレ【体験談】

体験談検索タグ

||||

1970年1月1日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
123 / 123« 先頭...102030...119120121122123

このページの先頭へ