寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【浮気・不倫】新婚だったけど遊びまくった私 【体験談】

スペック

26歳 既婚

156cm 42kg

関西在住



小野真弓に似てるってよく言われる



結婚したのは6年前、ハタチのころ





わずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、



でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて



ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年6月18日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】セックスレスの人妻は簡単 【体験談】

セックスレスの人妻というとそれなりの年齢を連想するだろうが、



「まい」はまだ22歳の若妻だった。





高校を卒業してスグ、18歳でデキ婚。相手は同級生だそうだ。



翌年には子供が生まれ、保育園に預けながら某洋服販売店でパートしていたらしい。



結婚は早かったが決してスレてるわけではなく、普通にマジメで純朴な子。



街中でキャッチセールスに捕まると、延々と話を聞いてしまうタイプだ。



純粋で、他人を疑うことを知らないお人好しかもしれない。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年6月11日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】嫁が俺の寝てる横で巨根の友人と 【体験談】

親友のトオルに、俺の自慢の嫁キョウコを寝取られてしまった、、、

あいつが遊びに来たときに、ちょっと飲み過ぎて寝てしまったのが運の尽きだった。



だけど、俺は途中でしっかりと目が覚めていた。

止めようと思えば止められるのに、結局キョウコが生ハメされて、中出しされるまで止めることもなく最後まで見てしまった、、、

寝たふりをしながら、嫁がやられてしまうのを見て、怒りではなく興奮があった。





トオルが帰った後、すぐにキョウコを問いただした。

すると、キョウコは俺が見ているのをわかった上で、トオルとセックスをしたらしい、、、



小悪魔のように微笑むキョウコに、完全に転がされていることに気がついた。

だけど、どこまでも転がされてみたいと、新しく発動した寝取られ性癖がうずいた。






この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年5月31日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】女子大生 果歩 7 【体験談】

43



冨田 「果歩ちゃん・・・指の動き、もっと激しくしてほしいか?」



冨田はゆっくりとした動きで果歩の秘部を愛撫していた手を止めて果歩に問うた。



果歩 「・・・・・・。」



顔を上気させたまま何も答えない果歩。



いや、今の自分の欲求を口にするなんて事は、恥ずかしがり屋の果歩にはできなかった。



秋絵 「フフ・・・いいのよ果歩ちゃん、もうここまで来ちゃったら何も恥ずかしがらなくっても。激しくしてほしいならそう言えば、冨田さんはやってくれるわ。」



冨田 「まぁ果歩ちゃんの上の口が答えなくても、下の口は随分正直だぜ?いっぱい涎垂らして激しくしてぇ〜ってな。」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年5月11日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】単身赴任中に開発され尽くした妻【体験談】

自宅の妻 投稿者:GAT 投稿日:2001/02/23(Fri) 02:39

単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと2年前転勤しました。

表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には

現場採用の男女が二人づつ、それも妻帯者なので、時間になるとかっきり

と退社、とはいえ、別に残業も無いのですが。私もプロジェクトの終了と

共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で、予定が大幅に変わ

り、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長

となってしまいました。私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、

事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。

田舎の事とて、夜は何もなく、飲みに出るにも遠すぎてついつい出不精に

なりがちなのですが、唯一、使い放題のインターネットが社会への窓口に

なってしまいました。

そんな中、ある写真サイトで、気にかかる写真を見つけました。

体の特徴が妻に似ているのです。特にどこがどうとは決めつけられないの

ですが、気になってしまったのです。私は投稿者に応援に似せたメールを


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年5月10日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】居酒屋でナンパした美巨乳新人OL菜摘と。朝っぱらから中に… 【体験談】

ケータイのバイブ音で目が覚めた。

一瞬でハッキリと頭が働くんだけど体がどうしても重たい。仰向けに寝ていた俺の左傍らで、背中を向けて身を屈めるようにして眠っている菜摘のキレイな髪の毛を見つめる。ええぇ、と。合計何回だっけ?頭のなかで昨夜の出来事を振り返る。

仕事上の飲みを早々に切り上げた後に居酒屋で菜摘に声をかけて連絡先を交換した。次に行ったダーツバーでマリエと知り合い、そのまま非常階段で1回、そうだ、マリエとは明日ランチ行く約束してたっけ。その後終電に乗り遅れた菜摘と落ちあい、一軒寄ったあとにうちに連れ込んで…、2回、バスルームでは口でイかされたなぁ…。

充電のケーブルに刺さった菜摘のスマホは未だ断続的な振動を送っているけど菜摘一向に起きる気配を見せない、小さな寝息とともに微かに肩が上下してるだけだ。



後ろから覆いかぶさるように菜摘を抱きしめる。

「菜摘ちゃん、おはよう。電話鳴ってるみたいだよ」大方鳴らし続ける人物は見当がつく

「うぅん、おはよう。今、何時ですか?」菜摘は殆ど動かないまま、こちらも見ずに尋ねた。

「えっとー、まだ八時だね」

「土曜の八時とか…きっと彼氏なんで、電話ほっといても大丈夫です」そうこう言ってる間にバイブがピタリと止んだ。

俺は菜摘の腰元に置かれた右手でゆっくりと菜摘の体のラインをなぞる、昨日夢中になった身体はやっぱり抜きん出てきれいな曲線となめらかな肌を持っている。そのままその豊かな胸に手を伸ばしその柔らかな弾力を楽しむ。起きた時からすでに膨張していた俺のその部分が菜摘の尻の割れ目に押し付けれるかたちになっている。

「あっ、はぁん、隆さん、朝から元気過ぎぃ」半分眠ったままのような声だ。

特に返答することもなく、うなじから肩甲骨のあたりに唇を這わすと左手も菜摘の体の下を潜して空いていたもう一方の乳房を鷲掴んだ。両手の指先で先端の敏感な部分を刺激する。

「あぁっ、んっ」切なそうな吐息に俺のそこも硬度を増す。半分寝息のようだったその声は次第にしっかりとした喘ぎに変わっていく。菜摘が当たっているモノから逃れるためか、もしくはより敏感な部分に触れさせるためか、腰をくねくねと揺すった。肉感豊かで大きめの尻に刺激されてほぼフルの状態まで目を覚ます俺のティン◯に菜摘は後ろ手に触れてくる。

「昨日3回も出したのに、もうこんなになっちゃってるんですね」昨日と同じ、少しイタズラっぽい声のトーンだ。後ろでとは言え菜摘の手指の使い方は巧みだ。肩と首を回してこちらを見る菜摘。新社会人らしいナチュラルなメイクはすでに落とされていたけど、そのしっかりとした目鼻立ちは昨夜と何ら劣るところはない。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年4月22日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】1/2)彼女を目の前で後輩の元彼に寝取らせた【体験談】

彼女と元カレHが別れてから2ヶ月くらいして、

俺と彼女は付き合うようになりました。

俺の変態クソ野郎性欲の発現のきっかけはこれまた飲み会での出来事です。

彼女の元彼Hと俺と彼女は元々知り合いだったので、3人プラス

その他2・3人で飲む機会がありました。

飲み会の場所は大学の部室で、最初は彼女と元カレHは

離れて座っていて、彼女は俺の隣で飲んでいました。



しばらく飲んでると、彼女がトイレに行くために部室を出て行きました。

その後、俺は気がつきませんでしたがHが彼女を追いかけていったようです。

彼女の帰りが遅いので、酔っ払って倒れてるのでは?と心配になり

トイレのある場所まで探しに行きました。

すると、部室棟をでた木の陰の辺りで彼女とHを発見!

この頃から俺は変態だったのでしょうか?

すぐに彼女とHの間に割って入ることもなく、しばらく様子を伺うことにしました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2014年4月21日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】女子大生 果歩 4 【体験談】

31







山井 「よ〜し!それじゃ練習には俺の使っていいからさ!」



山井はそう言って立ち上がりズボンのベルトに手を掛けようとする。



果歩 「ちょ、ちょっと!待ってください!・・・あの・・・。」



山井 「おいおい、そんなに引かないでよ果歩ちゃん。」



急な展開に果歩のアルコールの回った頭は混乱するばかりだった。



秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん何事も経験よ、大丈夫、やり方は私が教えてあげるから・・・。」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年4月19日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】単身赴任中に開発され尽くした妻【体験談】

自宅の妻 投稿者:GAT 投稿日:2001/02/23(Fri) 02:39

単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと2年前転勤しました。

表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には

現場採用の男女が二人づつ、それも妻帯者なので、時間になるとかっきり

と退社、とはいえ、別に残業も無いのですが。私もプロジェクトの終了と

共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で、予定が大幅に変わ

り、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長

となってしまいました。私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、

事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。

田舎の事とて、夜は何もなく、飲みに出るにも遠すぎてついつい出不精に

なりがちなのですが、唯一、使い放題のインターネットが社会への窓口に

なってしまいました。

そんな中、ある写真サイトで、気にかかる写真を見つけました。

体の特徴が妻に似ているのです。特にどこがどうとは決めつけられないの

ですが、気になってしまったのです。私は投稿者に応援に似せたメールを


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年4月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】良く行く店の奥さんと【体験談】

私の住む地方の小都市でいつも行く散髪屋が有る、

夫婦でやっていてまあいつも当たり障りのない世間話をしていたが

どちらかと言うと奥さんの方が解放的というか早い話助平と言ったが早い?

散髪屋と言うのは大体三面記事や近所の噂話など情報収集場所になっているのが普通で

良い事も悪い事も、特に下ネタには事欠かないもので、そういうのを聞きたくて

お客も集まるのかもしれなかった?ただご主人の方が少し堅く、奥さんが調子に乗って

微に入り細に渡って、呻き声が大きいだの家が揺れただのと、あまりな事を言うと

たしなめる方で、まあそれで夫婦で釣り合いが取れていたのかもしれない。

この奥さん、話もかなりどぎつい話を平気でしていたが、態度もかなりきつかった

特に髭剃りの時など覆いかぶさるように胸を押し付けてきて丁寧に時間をかけて剃ってくれる?

私にだけと言う訳でもなかっただろうが、大体他人に顔を剃られればくすぐったいのに

その上そんな事をされれば息子も大きくなってもしょうがない、シートをかぶせられ

仰向けになっていればまさにテントを張ったと言う言葉通りになるので手で隠すが

見慣れてる奥さんはそこをパシッとたたいて「またテント立てて!」なんてごまかしてしまう、

客も見慣れた光景で笑い話で済んでいたが、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月14日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ