寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】俺の誕生日に妻を剃毛【体験談】

俺が25歳妻28歳で結婚した。結婚して半年ほどして俺の26歳の誕生日、その日は平日で会社から帰るといつもになく夕食が豪華だった。ところが俺はその日が自分の誕生日であることをすっかり忘れていた。妻もなにも言わない。夕食を済ませ、風呂に入っていると妻が入って来た。新婚とは言え、一緒に風呂に入るのは初めてだった。俺はいつもになく興奮した。身体は正直で俺のペニスはあっというまに勃起した。妻は身体を洗ってあげると背中から洗い始め、終わるとこっちを向いてと対面状態になった。妻は俺の前にしゃがむと片手でペニスを握り一杯のソープをつけ洗ってくれた。終わると「サービスしてあげる」と俺のペニスを咥えてくれた。俺は黙って上から妻のフェラを気持ちよくなりながら見ていた。そして、彼女は「して・・」と言って

壁に両手を付け、お尻を突きだした。いきり立っていた俺はペニスをあてがうとずぶりと根元まで挿入した。そして射精。

先にお風呂から上がった俺は居間でビールを飲んでいた。なんと妻は全裸のまま居間に入って来て、「今日は貴方の誕生日よ。

お祝いに私の身体を好きなようにして・・・」と言って俺の穿いているパジャマの上からペニスを握った。俺はその場で全裸になって、妻を長椅子に寝かせまんぐり返しにして妻のあそこを舐めた。いつも思っていたことだけどあそこを舐める時妻の陰毛が口に入り邪魔になっていることを思い、「よし、今日はお前の陰毛をきれいに剃ってあげる」と言って、風呂場に行き、T字剃刀とお湯と、シェービングクリームを持って来て妻を仰向けに寝かせた。妻は黙って脚を開き、上に持ち上げた。かなり時間はかかったけどツルツルに剃りあがった。其の後濡れたタオルで拭いた後、再度そこを長い時間かけてなめてやった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】去り行く先輩と【体験談】

 忘年会の帰り道、一年先輩と歩いていて女房の話になった。結婚は俺の方が早かったのでその点では

俺の方が先輩だったんだけど。その先輩が新婚にもかかわらず、俺の嫁のことをあれこれ羨ましがるんで

「そんなに言うんならとっかえましょか」と言ってやった。

 すると「え?ホントにいいの?マジ?マジ?」って、真顔で言ってる。俺も酔った勢いで「いいですよ。てか

先輩はいいんすか?」と返すと「ぜーったい、Kの嫁さんの方がいいわ」だって。

 これにはかなり引いたが自分の女房を褒められて悪い気はせんかった。

 とここまでは、酔っ払いのたわ言だったのだが、数日後、俺がしでかした㌧でもない失敗で

先輩に大きな借りをつくってしまった。へたすりゃ、即クビもやむを得ない状況だった。

 それを先輩が盾になってかばってくれたのだ。俺にはそんな先輩に返せるものなど何もな

かった。せめてもの償いのつもりで、先輩とその夜飲みに行った。先輩は俺に気をつかって

いたが、やはりかなり上から絞られたらしく酒を煽るように飲んでいた。

 口数がだんだん少なくなる先輩に別の話をしようと先輩の新婚生活のことを聞いた。

 やぶへびだった。奥さんとは最初からギクシャクしてたらしく、余計に先輩はブルーになった。

セックスレスって、新婚なのに。もう殊更にそのことを聞く気にはなれなかった。

 俺は忘年会の帰り道での話を思い出した。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年3月7日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】ヤリマンのセフレのお姉ちゃんを雑に犯して中出し【体験談】

この前も少し話した、元カノのヤリマンセフレ「優子」とそのおねーちゃんのお話です。

優子はお姉さんと一緒に住んでいて、私は普段、優子の家に行く事は有りませんでした。

この前話は、お姉さんが旅行中に内緒で忍び込んだのですが、今回はお姉さん公認で泊まる事が出来たのです。

なぜかと言いますと、私が優子の家の近くで友人と飲んでいて、帰るのが面倒になって泊めてもらおうと考えたのですが、「ねーちゃんが許さないよなー」と思い、終電が無くなるまで飲み続けて、「泊まる所が有りません!」って事で、半ば強引に泊めてもらったのです。

優子の家に行くと二人ともパジャマ姿で迎えてくれました。

ねーちゃんも「今回だけ!」と言う事で気持ちを切り替えて、すごく優しく接してくれました。

ただ、気になったのは、ねーちゃんのパジャマが、下はグレーのスウェットで、上はピッチピチのミッキーマウスのノースリーブだったのですが、推定Fカップはありそうなおっぱいが、完全にノーブラでぶら下がっていました。

釣り鐘型のおっぱいは、ノースリーブとミッキーマウスがはち切れんばかりに膨らんでいました。

優子と同じくデカ乳首なのか、乳首の形はクッキリ出ていました。

すごくサバサバした感じのねーちゃんは、そんなエロい格好をあまり気にしていませんでした。

泊めてくれと頼んだ時は全然考えてなかったが、「この姉貴をゼッテー犯してやる」と思いました。

ねーちゃんは名前が「宏子」で当時29才でした。

優子の話によると、年上の彼氏がいて、付き合いがかなり長いようでセックスもほとんどしていないらしい。

姉貴も優子に負けず、昔はケッコー遊んでいたらしいので、今は物足りないのか、電マをこっそり買ってオナニーにふけっていると優子からちょくちょく聞いていた。

私は姉貴の方とはほとんど面識もなく、挨拶程度の関係だったが、この話を聞いて、「いつでもやれるな」と勝手に思っていたのは事実でした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月5日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】家庭教師と怪しい嫁【体験談】

嫁の優子は35歳で、俺は37歳、結婚して12年経つ。

明るい性格で、可愛らしい顔の優子は俺の自慢の嫁だ。



150cmと小柄だが、カップで言うとFもある胸は、どんな服を着ていても主張しすぎていて、他の男が見ているんじゃないかと気になって仕方ない。



ルックスは、芸能人で言うと安めぐみを少し痩せさせた感じだ。





小学生の息子が受験をすることになったので、家庭教師をつけることになった。

最初は女性の家庭教師にしようと思っていたのだが、専業主婦で俺以外との男性との接点が全くない嫁に、多少は刺激になるかと思って男子大学生にしようと思った。



嫁は、普段家にいるときはメイクもほとんどせずに、ジャージみたいな部屋着を着ている。髪も自分で切ったりするくらい、おしゃれというか、女らしさと縁遠くなっていた。

週に2日も男子大学生が自宅に来るならば、そういったところも改善されると思ったのもある。






この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月5日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻と同僚【体験談】

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。

久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。

妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。

早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。

隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?

のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。

階段の途中で、妻の声が聞こえた。

「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」

明らかに嬌声とわかる。同僚が妻を犯しているのだろうか?

鼓動が早くなる。ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。

耳を澄ませて中を伺う。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ

時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。

僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年3月2日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】姉さん女房を寝取らせて2【体験談】

嫁の瞳と、後輩のアキラとのセックスを見た俺は、自分の寝取られ性癖が想像以上に重傷だった気がついた。



あの時の、目の前で他の男にキスをして、セックスをして、おそらくは何度もイカされた瞳、、、 嫉妬で狂いそうな気持ちになりながら、頭に雷が落ちたような強烈な興奮があった。そして、抱かれている瞳のことが、何よりとても美しく思えた。





瞳は、また次もアキラとしてくれると言っている。

ただし、アキラとそういうことをする期間は、俺は瞳とのセックスを禁じられた。

瞳とは、結婚後も週に最低一回はセックスをしていたので、セックスを禁じられるのは相当こたえるのだが、寝取られセックスには替えられない、、、





そして、次の日会社でアキラと話をすると、早速金曜日に第2回のプレイを行うことになった。

「マジですか!先輩!いや、お兄さん!どこまでもついて行きます!!」

確かに、兄弟になったが、、、  このノリはマネできないから、ある意味うらやましい。



それからの毎日は、家では嫁に色々と誘惑されていじめられた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年3月1日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】同居のトメコトメに散々苛められてました【体験談】

138:名無しさん@HOME:2007/06/30(土)22:12:05ID:0



同居のトメコトメに散々苛められてました。

で、とんでもないDQN返しをしてしまったのですが、

ここはどんなDQN返しでも、叩かれませんか?





139:名無しさん@HOME:2007/06/30(土)22:14:58ID:0



人を殺したや、食事中に脱糞したじゃなければ良いんじゃない?





140:名無しさん@HOME:2007/06/30(土)22:17:08ID:0



そうですか、ではメモに書いてからうpします。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年2月28日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【浮気・不倫】55歳の生理【体験談】

私は熊本県八代市に住む主婦55歳です。主人はここにある製紙会社の支社長で、59歳です。

子供は32歳の長女は結婚して、福岡県に住んでいます。孫は2名います。

長男は30歳で鹿児島で結婚して矢張り孫は2名です。

最後に26歳の次女がいるのですが、熊本の会社に専門学校を出て就職。そこの部長と不倫していて、東京に転勤になった時についていって、今も音信不通です。

さて子供も私の手を離れて、夫と二人だけが残りました。

何時までも家庭に浸かっていても、仕様が無いので、カラオケを13年前から始めました。

近所のカラオケ教室へ通い、大学時代に合唱部にいた所為か、直ぐに上手になり、八代でのカラオケ大会で何回も優勝しました。

NHKの「素人のど自慢大会」にも出場して、熊本代表に選ばれて、福岡の九州大会に出ました。

その時に一人の男性と知り合いました。

別に不倫には何の興味も無かったのに、50歳で同い年の彼をいつの間にか好きになっていたのです。

主人が工場長になって、物凄く忙しくなり、家庭はほったらかしで仕事一筋。モチロンSEXは殆ど年に1,2回でした。

ですがこの歳になっても生理が月に1回4週周期であるのです。

もう出血の量は少ないのですが、生理タンポンを入れています。

なのにセックスしない、この不満も少しはありました。

九州大会でその大分県の代表の人と知り合いました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年2月27日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】姫初め【体験談】

今年の姫初は正月三日だった。江口洋介、松嶋菜々子主演のテレビドラマ「救命病院24時」が終わったのは午後十一時三十分。睦巳がテレビを消すと部屋は真っ暗闇となった。新年を迎えた新しい気持ちで昂ぶり、手を差し伸べると睦巳は拒まなかった。新年ともあって誘われるのを意識していたのかも知れない。睦巳の豊満な乳房をゆっくりと愛撫する。やがてその手はパジャマのズボンを脱がしにかかった。それをずらすと睦巳は腰を持ち上げて脱がし安くしてくれた。ショーツの上から股間を愛撫する。ショーツの中に手を潜らせ陰毛の丘を通り抜けると、そこは軟らかい肉襞の谷間だった。そこはまだ微かに潤んでいる程度だった。ゆっくりと時間を掛けて愛撫し続ける。

その夜の私には企みがあった。それは年末の忘年会で景品としてもらったペンライトで睦巳のあそこを眺めようとする企みだった。私は睦巳のアソコをあからさまに見たことがない。結婚して以来、私が睦巳を求めると、睦巳は必ず「明かりを消して…」と要求する。

貞淑な睦巳、潔癖性の強い睦巳は、けっして恥部を見せてくれることはしなかった。仕方なく暗闇でごそごそと済ませていく。そんな単純で淡泊な睦巳とのセックスが続いていた。まあ、それが多くの夫婦のセックスかも知れない。

これまでも布団に潜って睦巳のあそこに口淫することはあったが、暗闇なのでその形状や蠢く変化は想像するほかにはなかった。見たいという男の欲望は、女の性器を単に触って、その想像力だけではとうてい満足できるものではない。そんな時、忘年会の余興の景品としてもらった豆電池。それを秘かに利用することを考えた。それは布団に潜って、睦巳にわからぬようにして豆電池で照らしてみることだった。姫初の今夜はそれを実行しようと、豆電池を敷布団の下に隠して、テレビドラマが終わるのを待った。

私は横たわる睦巳の太腿に手を伸ばし、睦巳の腰を抱き寄せて足を絡ませ、薄いパンティの上から花園を柔らかくまさぐり続けた。愛撫を続けているうちに、そこは湿りかけ、潤み始めた。やがて、もう、入れてしてもよいと思われるほどに濡れてきて、睦巳も新年の性の欲情に昂ぶり、羞恥は次第に薄らいでいると感じた。

そろそろ…と思った私は、布団の中に潜り込んだ。暗闇で見えないが、睦巳の大きな太腿がやや開き加減になって仰向けに横たわったいる。あらかじめ隠しておいた豆電池を取り出して、睦巳に気づかれぬようにスイッチをひねると、そこには、豆電池の灯りに照らされた睦巳の太腿が、ピンク色に染まって見えた。

パンティの上から亀裂をなぞりながら、その薄い布を少しづつずり下げると、そこには、黒い陰毛に覆われた恥部が顕れ、灯りに照らされたそこは、ピンク色に艶濃く浮かび上がってきた。

パンティを睦巳の両脚から抜き取った。

女の秘部が赤くピンク色に染まり、潤みに輝く秘部が鮮明に照らし出された。

四十二歳の睦巳のあそこが、はっきりと明瞭に映し出された。

初めて睦巳の恥部を鮮明に見た瞬間だった。

この歳になって、初めて、女の秘部の全部を、はっきりと眺めることができたのである。

そこは赤貝が閉じているようにピタリと閉じていた

初めて豆電池の灯りで見る女の性器、何か黒ずんでいたが、

愛撫に刺激された睦巳のその周辺一帯は、赤みを帯びて充血していた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年2月26日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】忘れられないこと【体験談】

今から三十数年前の話です

長男が生まれて1年くらい、私が26歳の時でした

子供が生まれて働くこともできす、主人の安い給料では生活ができません

ちょうどその時、少し遠いのですが学生アパートの住み込み管理人の仕事を紹介されました

主人勤め先はずいぶんと遠いのですが、通勤費も出るし、家賃は不要、多くはないですが管理手当も出ます

背に腹は代えられずに管理人になることにしました

学生さん達は全員男性ですが、いい方ばかりでちょっと安心しました

毎日の育児と家事にいい加減うんざりしていましたが、自分よりも若い学生達を見ていると少し気が紛れて

若返るような気がしました

アパートの学生に4年生のS君がいました。S君は私のことが気になるのか、いつも視線を感じていました

S君は端正な感じの顔立ちでいかにも頭がいいような学生さんでした

自分の学生時代にこんな人と出会えたら、違った人生だったかもねなんて思いそうな男性です

そのS君と思いがけないことで親しくなることになりました。

トイレは共同トイレだったのですが、私が用を足していると隣でおう吐している人がいます

ひどいおう吐なので、恥ずあしかったのですが、ドアを開けて外に出るとS君が真っ青な顔をしておう吐していました


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年2月25日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

このページの先頭へ