寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】お向かいの影絵の人妻 3【体験談】

明美の車に乗り旦那が仕事から帰ってきた。

少し飲んでいるようで明美がシャワ−を使うように言いながら家に入った。

故意か偶然なのかレ−スだけ閉めた部屋の常夜灯とテレビと枕元のスタンドの灯りの下で蠢く2人の裸体が見えた。

急ぎ小型双眼鏡を探して・・・影絵ではなくモロ見えである。

仰向けの旦那に明美が指を沿え頭を上下に動かしながら一心不乱でフェラを始めていた。

旦那のそそり起った陰茎から明美が淫唇を離しゴムを用意した時、旦那は明美を仰向けにしM字開脚させて生膣に顔を近づけた。

旦那に生膣を舐められながら張りのある乳房を揉まれ明美は口を開け艶声を出し始めているようだ。

上体を起こした旦那が生膣に腰を押し付けると明美が胸板を押し何か言っているようでだが旦那が強引に明美の腕を取り払い

覆い被さると腰を明美に押し付け動かし始めた。

旦那は生で明美に挿入したようだ。

明美が正常位で足を広げ旦那を生膣深く奥に受け入れやすくすると旦那の腰の動きが激しくなった。

旦那が仰向けになると明美は旦那を跨ぎ陰茎を握り生膣に全てを咥え込むように腰をしずめていった。

旦那の胸板に手をつき明美が腰を動かすと僅かに乳房も揺れていた。

旦那が明美の腰を掴み下から生膣を突き上げ始めた。明美は口を開けそして旦那の上に倒れこんだ。

仰向けになった明美の両脚を持ち広げ旦那が屈曲位で明美の生膣を突き始めた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年2月20日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】ともだちに妻を【体験談】

俺31 妻27 俺の妻は顔は普通だかスタイルはよく、後ろからくる男は絶対に振り返るほどのプロポ−ションをしている。俺もそれにだまされた!?。俺の友達(親友)も妻の前でよく「スタイルがよくて羨ましいな〜」と誉めちぎっていた。



俺とその親友♂男(仮名)は独身時代よく遊び女関係も共通で!?3P、4Pはざらにあった。今は超美人の彼女と結婚し半年経つ先日、俺の嫁○美が所用で実家に帰る事になり、晩飯に呼ばれ、久しぶりに遊びに行った。飯も食べ終わり♂男の嫁にワイン凝っていて3人で呑んでいた時



♂男「おまえの奥さんほんとスタイルいいよな〜」

俺「♀子ちゃんみたいな美人の奥さんもらっといて贅沢言うなよ!」と話してると、

♀子「どうせ私はスタイルよくないわよ!わるかったわね!」と、怒りだし、

俺「そんなことないよ!美人だし、モデルもしてたんでしょ?たしかに胸は小振りだけど(笑)」

と、ジョウダンぽく言うと、

「もう知らない!勝手にしてっ!」と、隣の部屋に行ってしまいました。



二人で笑っていてしばらくしてまた、「ほんと、いいよな〜!」とぶつぶつ呟くので、酔った勢いもあり、「じゃ、○美とやるんだったらどんな体位がいい?」と聞くと、やっぱバックだろう!あの細いウエストを持ちながらおもいっきりつきまくりたいねー」と、興奮し、鼻息を荒くしました。



たしかにやつはバックが好きで独身時代いく時はバックでいくのがほとんどでした。ちなみにやつのモノは大きく顔もいいのでよくもてました。俺の妻もやつにかなり好感をもっており、ちょっとMな妻は、やつの昔話をしながら激しく突くとすぐいってしまい、それをネタに何度もいかしてました。それもあり、つい口がすべり「やってみるか?」と、言ってしまい、言い直す暇もなく、「いいのか?よっしゃー!」と、大喜びしてました。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年2月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻を露出Ⅲ【体験談】

月日がたつのは・・早いもんですね! あれから二ヶ月もすぎてしまいました、今週やっと帰国できました。

二ヶ月ぶりの妻は、いちだんとエロい女に! 私自身、男として興奮させられました・・・その前に前回書けなかった続きを

あの夏、ドライブ中の幸美の露出、サービスエリアに着くと、お盆でエリア内も渋滞でその中なんとか車を止め幸美を起こす

幸美は熟睡していた様で、「もう着いたの?」て感じで私に聞いて来た、「降りるよ」と幸美のおまんこにソフトタッチ、濡れている・・まだまだこれから、幸美あわててスカートのボタンを止めはじめる、そのまま降りると透けたパンティーが丸見え

さすがに「だめか」と思いながら、3つ4つだけ止めたころで「もういいだろ」と私は車の外に出て助手席のドアを開ける

幸美「あなた、待ってブラ付けないと・・」そんなの付けさせる訳には、と私は幸美の手をとり車外に、キャミから乳首まで胸元が丸見え、しかたなく降りた幸美に回りの車の男達の視線が、立ってしまえば胸元はそれほど露出していない、でも背中が透けた生地のためノーブラだとわかるし、よく見ると乳首が立っている「感じている・・」と思った、少しかがむだけで乳首がチラチラと視界に飛び込んでくる、エロ妻最高!いつもと違って、手をつながず二・三歩前を歩く後ろの幸美に前から来る男の視線がエロく見える、さてこの人ごみの中、私の計画は、トイレに行っている間に妻に買い物をたのみ、前のテーブルで待つように・・幸美に手短に用件を伝えトイレに、幸美は はずかしそうだがしかたなくエリア内の売店に消えて行く、トイレから出て幸美にみつからないように、幸美をさがす・・いた!売店の前で買い物中、品物を取るたびに胸元が露出し回りに男がだんだん増えてくる、「見られている」私自身も興奮してくる、妻を他人の前で露出させてこれほど満足感がある私は?でもだれしもこんな気持ちは、大なり小なりお持ちかと?かってに創造ですが・・・そん事を考えながら幸美の行動を人影から見ていました 買い物も終わったみたいで、待ち合わせの外のテーブルの方に歩き出しました、一瞬私の方に振り向き(気がつかず)その瞬間、私は幸美の服装におどろきました、先ほど降りる前にあわてて止めたスカートのボタンが一つずれて止めてあるでわないですか? それも歩くだびにタイトなスカートのため、中のパンティーが見える、幸美は買い物中 かがんだりするだびに、胸元を露出しおまけに透けたおまんこまで・・・男達にサービスしていたのである、この混雑の中、何人の男が幸美に目を止めたのだろうか? ほどよく回り込んで幸美の居るテーブルに「ごめん、遅くなって、電話が入って」 幸美「人が多すぎて・・じろじろ見られるし・・・」と話し出す、スカートに目をやる、足を組んでいる幸美はパンティーが丸見え、おまけに日差しで中まで透けて見える 胸元は透けて乳首が見える、逆光で幸美は気がついてない、テーブルの前を何度も通る男達の視線に幸美は気がつかず私に話しかけてくる、なんてエロい光景か、そんな中三人組みの男達が相席をお願いしてきた、私は男達の見えすぎた下心を思いながら 幸美の前の席にまねいた、どちらともなく旅行の話で 会話が幸美と私と男達の間で始まった、男達は、幸美をなめる様に話かけてくる、私はこの時、もう一つの計画を考え実行にうつすことにした、男達との話の中で目的地が同じ方向である事を確認し私達は、席をたち車に乗り込んだ、男達も車の方にむかったのを確認、車に乗ると幸美に 今気がついた様な顔で、スカートのボタンのかけちがいを口にした、幸美はおどろいた顔をして、「皆に見られてたの?」といいながら顔を赤くした、私は「だいじょうぶ」と一言いって車を動かしながら、幸美のスカートのボタンをはずし手で濡れ具合を確認する、グローボッスから太めのこけしを取り出し幸美に手渡す、「こんなの持ってきて車の中で、どうするの?」とわかっていても聞いてくる 私は、ストレートに「皆に見せたんだろ だったら私にはそれ以上の幸美を見せてくれるか?」と問いかけ「オナニーを強要した」何度か同じことを聞きなおす幸美に私は怒った不利をして、高速道路の脇に車を急停車させ幸美のパンチィーを無理やりはぎとり こけしのスイッチを最大に入れ おまんこに突っ込んだ 幸美も私の一瞬の行動に逆らえず 太ももをだいたんに広げ こけしを受け入れよがりだす 車をスタートさせ私は ズボンから硬くなった ペニスをくわえさせながらスピードを上げた・・最高だ妻は、私の中では まだ計画が残っている もっと幸美を淫乱女にして露出させたい気持ちが 20分ほどで次の計画が始まった 幸美は こけしを抜き差ししながらオナニーを私を見ながら続けている 何度もいきそうになり 私にスイッチを切られまた繰り返す キャミソールからは胸が露出され 車のシートには幸美の万汁がしたたり 誰かに早く見せた気持ちが先立つ・・・渋滞だ!車線をかえる三台前方に先ほどの男達の車 実行にうつす さどかし男達の興奮した顔が見れるにちがいない こけしのスイッチをまた入れる 幸美が渋滞に気がつく「貴方!いや 見られる・・やめて」 私「幸美を見せたい他人に いいよね!」幸美は私の言葉を聴きなおし確認する 答えは同じ 私は右手でこけしを幸美のおまんこの奥にねじ込む よがり けいれんし のけぞる幸美は いまさら抵抗はしてこない それ以上に異常なぐらい だいたんに又を開き右あしをドアのポケットにかけ出す 両方の乳首は完全に露出され よがり声がだんだん大きくなって来た 幸美の中でなにかスイッチが入った様な気がした 男達の車だ まちがいないと確信した私は車のスピードをゆるめ センターラインに近づく 車はワンボックス 男達と一瞬目が合う次の瞬間男達の車が私の車に近づき窓を開け 幸美をなめまわす様に見ている 幸美にさっきの男達だよと伝え こけしのボリュームを最大に よがり悲鳴の様な声をだす幸美の顔を見ながら車の窓を開ける 男達は幸美を見ながらオナニーをしている様だ 数分で幸美も最高潮に達した 私自身満足した 男達に手を上げ路側帯を走り 次のインターで降り帰途についた。

次回 また書きます 実は幸美を美容整形へ 行かせました 今まで異常に 淫乱な妻に・・・


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年2月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】田舎で嫁が【体験談】

妻を連れて田舎に帰りました。着いた時には九時すぎ。私は24妻の有希20。有希は田舎好きで、父や母にも好かれ誰にも好かれる妻です。私と父と母で畑にでて、妻は家で昼ご飯の用意をしてるとのこと、畑仕事をしていると「淳くん、帰って来たかい」と近所のおじさん。多分60前後。野菜がとれたから持って行こうとした所らしい。「家に嫁がいるから」と言うと、「家においとくよ」と行きました。田舎なので、和気あいあいと付き合ってました。私は喉が渇き、お茶を飲みに帰りました。畑から10分弱です。家に着くと、まだ、おじさんがいるはずなのに、静かで、あれ?と思い玄関に入ると、奥から「やめてー」と聞こえ、声の方へ行くと、おじさんが、有希を押し倒し、馬乗りになってました。おじさんは必死で暴れる有希を押さえ付け「静かにしろ」と服を捲りあげ、乳に吸い付き「いやー」と叫ぶ有希の口を塞ぎ、強引にパンティーをはぎ取り、足の間に入ると、素早くズボンを降ろし、「いくぞ」と挿入した。まだ濡れてなかったのか?「いた・・んーんっ」一瞬叫ぶが、すぐに塞がれた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年2月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】小さなプライド【体験談】

結婚7年目になる夫婦です。私40歳、妻は37歳、子供はいません。。

妻は性欲は特に強いわけでは、ないのですがアルコールが入るとどの男性に対しても

オープンになってしまう癖がありましたが、5年前に知り合いの結婚式の2次会パーティーで

乾杯した後、普段なかなか会えない懐かしい顔と話に花が咲き、妻も女性の友人たちの

輪の中にいたので安心していました。

私が気分が悪くなりトイレに行って帰ってきたら、ミラーボールの回る中チークタイムが

始まっていて女癖が悪いので有名な男と嬉しそうにディープキスしながら踊る妻が人垣の

向こうに見えました。実際はそうでもないのですが、とても遠くに見えました。

暗かったのですが片方の手は腰のあたりにもう片方の手は、多分胸をまさぐっていたのが

なんとなく確認できました。

私の知り合いが多くいたので虚勢をはって妻の方は見てないフリをして

「自分は知らないから、妻をつれもどさないんだよ」的な演技をしていました。

本当は気になって仕方がないのに

妻ひとりすら御せない男と思われたくないという小さなプライドです。

まわりはそんな妻の様子を知ってか知らずか再び昔話で盛り上がり始めました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年2月17日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】彼と初めて【体験談】

今日は彼、河村さんと初めてSEXした時のことを書きたいと思います。

「飲みに行かない?」と彼から誘われて、何度かケータイでやりとりして、次の日の仕事を気にせず飲めるよう、お互いの休みを合わせて、その前日の夜に飲むことにしました。

 そして当日の夜。

 家でお迎えの電話を待っていると、「下に着いたよ」と彼からのTEL。急いで外へ出ると、向こうの通りから彼が私に手を振っているのが見えました。

 車の通りの合間を縫って、私も向かい側へ・・・

「遅くなってごめんね。お腹すいたでしょ?」

「うん、もうぺこぺこ。早く行きましょ」

と、彼の車に乗り込みました。

「今日、すっごく楽しみにしてたんだよ」と河村さん。

「私もですよー」とおしゃべりしながら、一軒目は居酒屋へ・・・そこでは仕事のこと、お互いの家庭のことなどを話しました。

「もう一軒行こうよ」と誘われ、今度はバーへ。

 ところが居酒屋では口数の多かった彼が、バーでは一転無口に・・・

 そしてバーを出ると、彼が「夜景でも見に行く?」と聞いてきました。

「・・・はい」と頷く私。

 車を数分走らせ、目的地について、車を降りて二人で歩き始めたところ、「暗くて危ないから」と、彼が手を出してきました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年2月17日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】バージンだったギャル系の彼女が痴漢グループに寝取られた【体験談】

私の彼女が痴漢グループに寝取られた話しをします。



彼女(K)

ショップ店員

当時18歳

B90のFカップ

ミクロでムチムチのエロギャル系



出会いはKが田舎から出て来たばかりの時、勤め先である○宿で仕事帰りの時ナンパして家が同じ方向で乗る電車も同じなのが切っ掛けで意気投合し携帯番号とアドを交換して付き合う事に。

ナンパした時も東口の喫煙所で無意識にしゃがみパンチラしていたKは何人かにナンパされていました。

Kはギャル服のショップ店員だったからいつもエロい格好していて見た目ヤリマン女で男性経験も多そうに見えましたが、付き合って少ししてKの部屋に遊びに行って初エッチしたら驚く事にバージンでした。



この話し全ては後日Kの告白で知った話しです。



《スカートに付いた染み》


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年2月16日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】婚約寸前の彼女が…【体験談】

ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。

私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。

彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。

付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。

こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし

実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。

彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。

私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。

そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみき(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー、他の男はほっておかないのに」と、言ってきました。私は絶対しないよて」言い返しました。

そこでその友人から本当に浮気しないか提案をしてきたのです。

私は少し戸惑いましたが、彼女のこと信じているし、少し興味もあったのでどんな提案か聞いてみました。

その提案とは

私が彼女とデートをする時に直前で用事ができてドタキャンをする。そこでその友人が彼女に声をかけてご飯に誘ってみるということでした。条件として彼女との行動は逐次メールで報告する。彼女との会話は携帯の会話状態にする。彼女に強引に口説かない。などなどです。

隠れてこそこそするわけでもないし、その会話から私がどうしても我慢できない場合は連絡するものでしたので安心かなということもあり了承してしまいました。

そして、ある夏休みの日に彼女と待ち合わせをしてドライブに行く予定を立てました。彼女がいつもの待ち合わせ場所で待っているときに電話をして「ごめん、、急に実家に帰らないといけなくなった、、もう来てるよね?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年2月16日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻のパート本当は・・・現実ver【体験談】

大人の文章で書き換え頂ければと思いますが…これは創作や妄想では有りません!

僕は40歳、妻は37歳、子供は1人12歳、妻とは大学時代に知り合いそのまま結婚しました

妻は美人でしかも処女でした妻は淡白でSEXはあまり好きでは無いほうだと僕は思っていました

夜の夫婦生活は月に1回有るか無いかぐらいでした

去年から会社が業績不振に成りボーナスカット、残業無しになり年収が減りました今から3ヶ月位前の事です

妻が僕に夜8時から夜中の2時ごろまで工場のパートに行きたいと言われました僕は

少しでも家計の足しに成るなら良いよと言いましたなぜ夜なの?と言うと

妻は時給が昼の倍近く有るから、だから夜の部に行くと言いました

僕は何の疑いも無くOKしました、僕は妻が1日おきに夜工場のパートに行ってるとばかり思っていました

それは間違いでした本当は夜の11時か12時まで大阪の日本橋の人妻デリバリーヘルスで働いている様です

本当ですその根拠は 今日妻が家に携帯電話忘れて行きました僕の知らない機種でした

いけない事ですが何となくメール履歴を見てしまいました…

ここ2ヶ月の間300件ぐらい有り、相手は複数の指名してくれる男の人からみたいです

「客丸川」「タクさん」とか「お客清水」とか「池田さん」「彰浩君」と有りましたその内容は

「この店質が悪いから良いお店紹介してあげるよ」とか


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月15日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】妻の欲望【体験談】

妻の尻は本当に魅力的で、ミニスカートを穿いたときなどは、どんなパンティを穿いているのだろう。あの下着のままの尻を見てみたいと、後ろから見ていると、自分の妻でもそう思ってしまうほどだ。小柄で、顔も童顔で男好きのする妻である。

この妻の、裸体を、何らかの形で、他の男に見せてみたい。ごく自然なシチュエーションで。と考えるようになっていた。

妻は、普段は、貞淑な妻を演じているが、ご無沙汰したあとの夜などは、激しく燃える。

セックスなどしたことありません。Hな事など私はした事がありません。といったように装っていますが、感じているときは、桃尻を激しく振ってもだえています。

この妻にも、男に対する欲望は強いものがあると思います。特に、普段は、男性の前では、恥ずかしそうに、上品に振舞っていますが、妻は、イケメンには弱いので、イケメンの男には、少々のことは許すのではないかと思っていました。

ある日、居酒屋に二人で飲みに行ったとき、そこに飲みにきていた、男2人(そのうちの1人が、かなりのイケメン)が、私たちに話しかけてきました。妻は、Tシャツにミニのスカートで、かなりの色香をかもし出してきていました。その男たちは、明らかに妻が目当てで近づいてきているのは見え見えでした。

だんだんと話が弾むにつれて、男たちは、Hな話もしてきましたが、妻は恥ずかしそうな顔はしますが、いやな顔など一切しません。

それどころか、イケメンの男に、色々と話しかけているではないですか。そのイケメンの男も、妻が自分に気があると感じ始めたのか、徐々に言動から、行動まで大胆になってきました。

私に遠慮してか、伺いを立てるように私の顔をチラチラみながら、「奥さんは、本当に魅力的ですね。一度で良いからこんなきれいな奥さんのおっぱいや、お尻に触れてみたいですね。なあ、B君」と隣の友達に話しかけています。私は、このような成り行きをひそかに期待していましたので、真面目で弱気な主人を演じて、普段の願望が、現実になる事を期待していましたので、妻に、「なあ、お前、こんなに褒めてもらって嬉しいだろう。横に座ってもらって、もっとお前の魅力を見せてあげたら」と、言ってしまったのです。

妻は、恥ずかしそうに顔を赤らめながら、「はずかしいわ。初めての男性だし。でも、横に座るぐらいなら良いですけど」と、言って、OKしたのです。すると、イケメンとB君は、私のほうを見て、「奥さんの了解が出ましたので、奥さんの隣に座っても良いですか。」と言うなり、わたしと妻の間に割り込み、妻は、2人の男に、挟まれてしまいました。そして、楽しそうに話に応じている妻を見ていると、普段は、貞淑そうな妻を演じていても、やはり1人の女だ、他の男に対する興味やら、ひそかな欲望を持っていたんだな。と思った。

そして、時間と共に酒を勧められ、妻もふらふらの状態になってきていた。妻は、イケメンのほうに顔を向け、寄りかかりそうな程になっていた。それとも酔ったふりをしているのか。

そして、妻が、トイレに行きたいといって立とうとしたとき、イケメンの男の前で、倒れてしまい、ちょうど、イケメンの男に抱きかかえられるような形となり、ミニスカートの尻が、突き出すような状態になり、清楚な、しかし、小さな花柄のパンティがあらわになってしまったのです。

妻は、ふらふらで、自分で立てる状態ではありません。男たちは、「どうしましょう」とわたしの顔を見ましたが、わたしも酔っていたので、「妻が少し歩けるようになるまで、そのままにしておいてやってください。」というと、男たちは、妻の尻をみたり触ったりすることに許可を得たと解釈したのでしょう。

男たちは、妻のミニスカートを尻が丸出しになるまでめくり上げ、小さな花柄のパンティを尻の割れ目に食い込ませ、2人で妻のプリンプリンとした、身体の割に豊満な尻をじかに撫で回しています。

わたしたちの席は、衝立で、他のお客からは、はっきりとは見えない席でしたが、他のお客がトイレなどで通路を移動するときには、はっきりと見えてしまうのです。トイレに行くほかの男が、うらやましそうにこの光景をじろじろと見て通りました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年2月15日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ