寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】ネットで知り合った高校生に妻を抱かせて  Ⅱ【体験談】

妻:「高校生に抱かれるなんて・・・」

私:「そうだな!でも凄い物持ってたな」

妻:「え~あんな大きさ初めてだわ」

私が物凄く興奮した事を言うと、妻はクスクスと笑い”本当おかしな人”と言った。

”お前はどうなんだ!”と聞くと”私も凄く興奮したし、あんなに感じた事無いかも・・”とご満悦。高校生の彼は、その後も何度もメールをくれ、ヤリたいアピールだった。

童顔な妻は31・2歳に見える位(実際は40歳)で、大人の女性としても魅力的だったんでしょう!

そんな顔からは想像もつかない淫乱な女性を経験した彼は、今後普通のSEXでは満足出来る筈もありません。

そんな訳で、月日が過ぎ学生の夏がやって来たんです。

夏休みに入って間もなく、彼がメールをくれました。

家族が8月初旬に海外旅行に行くと言うのです。

折角の海外旅行を棒に振って待つ彼に、行けないとは言えなかった私達は、彼の家に向かう事になったんです。

薄い半そでブラウスにタイトスカートを履き、大人の女性を演じている。透けたブラウスからは黄色いブラジャも

見える。それだけでも色気が漂っているが、タイトスカートから伸びるムチムチの太腿がエッチな女性を感じさせていた。

今日の妻は黄色い透け透けTバックパンティ。きっと彼も喜ぶと思い私が購入した物だった。

本当は、エッチな道具を装着し彼の目の前で披露と行きたかったが、何せ遠い事もあり、それは断念したのだ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年10月10日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】自分の趣味で妻を他人に・・・【体験談】

私にはちょっと変わった性癖があります。

妻と結婚し、3年が過ぎますが、まだ子供がいません。

30後半の晩婚(妻36歳・私40歳)だったので、半分諦めています。

お互い夜の営みも人並みにしている方だと思っていますし、

まぁそれなりに満足していましたが、それ以上に興奮する事を知ったんです。以前から、レイプとか他人妻といった名目のDVDに興味があった私は、結婚と同時に

妻が他人に・・・何て考える事もあったんです。

そんな願望も年々増し、妻を道具や色んな体位で弄ぶ様になり始めました。

エッチが嫌いではない妻も、そんな私のお遊びに付き合ってくれていました。ある日、妻が同級会に参加すると言う事で、参加する時の服を選んでいました。

「久々の同級会何だから、大人っぽい(色っぽい)服装で行って見たら・・・」

「そうかな?変に見られないかな?」

「そんな事無いよ、綺麗だねって羨ましがられるかもよ」

「そう~ぉ?・・・」

そう言って妻が選んだ服装は薄緑のワンピースで丈も短めで、胸元も開いた感じの物だった。

学生時代は、痩せていてショートヘヤーだったので、今とは別人・・・。

今は、大人っぽく肉付きが良くなって、胸も大きくDカップ、ストレートのロングヘヤーだ。同級会当日、妻は念入りに化粧をし、ワンピースを着ていたが10歳は若く見え、しかも色っぽい。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2013年10月8日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】義母との一線【体験談】

1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。

私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。

その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。

一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。

雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程、暑くなります。

下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。

中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。

53歳の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。

人気に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。

”あら!ごめんなさい・・・”照れながら義母がドアを閉めたんです。それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。

何かと義母の体をジロジロ見ていたり、洗濯機の洗う前の下着を見つけては匂いを嗅いだりと

変態行為がエスカレートする様になってしまいました。

ある日、義母とTVを見ていると、いつの間にか義母はコタツの中で寝ていました。

何だかドキドキして、思わずコタツの中を覗いて見ると、義母のロングスカートが捲れ上がり太腿まで見えているでは

ありませんか?ムッチリした白い太腿の奥が見たくなり、そっと足でスカートを捲って行くと


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2013年10月8日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻のストリップ【体験談】

この話はもうかなり前の話で恐縮ですが、書いてみたいと思います。 私達夫婦は独身時代から、当時のテレクラで知り合った単独男性と3Pを楽しんだり、

あるマンションのカップルラウンジ等で遊んでいました。 その後、結婚をしましたが、当時まだ子供の居なかった私達は二人で温泉旅行に行き、

混浴温泉等で刺激を楽しんでいました。 その日も休みを利用して、ある九州の小さな温泉に行きました。

食事の後二人でぶらぶらと温泉街を探索していると、

50歳位のオバサンが呼び込みをしている小さなストリップ小屋がありました。

何となく刺激を求めて二人で入りました。

キャパ20席位の小屋の中には、九州の他県から地域の旅行で来たらしい、

年配の温泉客7~8人のグループ一組だけが居ました。ショーが始まって驚いたのは、

呼び込みをしながら入場料を集めていたオバサンが舞台に立ったことです。

先客のグループ客も苦笑していました。 そこで、変態旦那の私の頭の中にパチンと弾けたようにある考えがよぎりました。「妻を舞台に立たせて曝したい!」私はその考えを妻の耳元で打ち明け、説得しました。

妻は私の申し出に多少驚いた様子でしたが、

元々、露出癖もありM性質の妻は、

お酒の勢いも手伝ってか、

以外とすんなり私の思いを受け入れてくれました。 早速、私達は客席後方にある機械室のような部屋に行き、

小屋主と思われる親父さんに私達の趣味の事を話して、お願いをしました。小屋主は照明のスイッチを触りながら、少し考え込んでいましたが、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2013年10月7日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】近所の夫婦と露出プレーにハマってしまった私達【体験談】

深夜のアダルトショップ。

「あっ、どうも」

見慣れた顔・・・近所に住む加藤さんだった。

こんな所で会うなんて・・・私はついていない!

妻が実家に帰省したので、暇潰しで来たのだが、知り合いに会うとは!「こんな所で、奥さんに怒られませんか?」 

「いえ、今日は妻は居ないんですよ」

「そうでしたか?そんな時でないと中々こんな所来れませんよね」

「え~まぁ」   恥ずかしかった。

「私もね、好きなんですよ。こっちの方が・・・」全く照れる事も無く、加藤さんは話しかけてくる。

「奥さん、大丈夫なんですか?」

「あ~家は全然OK!向こうに居るんです」

「えっ・・・一緒に?」

「そうなんです。お互い好き者で・・・」

「羨ましいですね」加藤さんの奥さん(33歳)は、凄く美人なのだ。胸は・・・A?Bカップといった感じで、スリムで背が高い。

良い所のお嬢様育ちって感じだったが、見た目とはだいぶ違うんだと思った。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2013年10月4日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の授乳【体験談】

この間の話です。

妻の友人が遊びに来ている時、友人の携帯電話が鳴った。

夫からで、忘れ物を会社に届けてくれって電話だったのだ。

子供はぐっすりお昼寝中で、起こすの可愛そうだからと預かる事にしたのだ。

「ごめん!お願いするわ」と言い、急いで彼女は車で出て行った。

「可愛いわね」 まだ子供が居なかった私達には羨ましい存在!

2歳前の一番可愛い時、寝顔も凄く可愛かった。

間もなく、彼が目を覚まし辺りを見渡している。多分母を探したんだと思う。

居ない事に気づくと、大泣きが始まったんです。

慣れない妻は、抱っこして”よしよし”と声を掛けるが、なかなか泣き止まない。

困っていると、子供が妻の胸を触っているのが分かったのだ。

「おっぱい欲しいんじゃないか?」

「えっ」

「ほら!ずっと胸触っているし・・・」

「どうしよう?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2013年10月4日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】誠実な人【体験談】

私達夫婦(40代)が、権藤さんに出会ったのは一昨年の秋のことでした。

町内会での廃品回収で、一際熱心に働かれていたのが権藤さんだったのです。

年齢は40代、実直そうな男性で人柄も良く、それは廃品回収での働き振りからも察することが出来ました。

廃品回収後、缶コーヒーを飲みながらの一服中に交わした会話、権藤さんが実は近所に住んでいるといことをきっかけに、私達夫婦と権藤さんの交流が始まります。

料理が得意だという権藤さん。

そう遅くない時期に、互いの家を行き来し、ホームパーティを開くようになりました。

私達は、その交流を通じて、権藤さんの多くを知りました。

早くに奥様を亡くされていること、一人息子は今東京の大学に進学していること等。

もっとも、実感されたのは、その人柄の優しさでした。

その優しさに私たち夫婦は癒され、ますます権藤さんとの距離が近くなり、妻と二人で日曜の夕食の買い物に行くことも珍しくなくなりました・・・。そんなある日、終業時刻に近い頃、権藤さんから電話が携帯に掛かってきました。

話したいことがあるとのこと・・・。

私達は駅前で落ち合い、駅の近くの喫茶店に入りました。

深刻そうな権藤さんの顔・・・。

唐突に切り出した言葉・・・。

「奥様を抱きたいんです・・・。」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2013年10月4日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】堅物の妻【体験談】

実話です。私 39歳 妻 44歳。年齢だけを見れば妻は熟女です。しかしいまはやりの美魔女。体型も若い時のまま。10歳以上若く見られています。妻を見た私の友人達は、いずれも「羨ましい」とか「抱きたい」「奥さんを想像で抱いている』とか言われるのですが、そのことを妻に伝えても、にやりともせず「フン」といって相手にしません。堅物で、貞操観念の強い女性だな といつも思っていました。寝取られ系サイトを見てる内に、自分も愛する妻を他人に抱かせてみたいという願望が湧き起こり、思いきって何度か妻にその願望を伝えてみましたが、当然の様に断られ、というよりいつもまともに聞いてももらえず終わっていました。そんな妻が、珍しく酔っぱらってかなりテンションの高い日があり、いつもは聞いてもくれない私のそんな願望の話を 真剣に耳を傾けて聞いてくれました。『貴方はどうして私にそんな事させたいの?』『私がどこの誰とも分からない人に抱かれてもいい訳?』『病気もらうかもしれないじゃない

貴方は私がエイズにかかって死んでもいい訳?』でも結果はこんな感じで、とても応じてくれる様な雰囲気はなく、諦め半分で私が妻に、サイトで探した相手とかじゃなく、知り合いの中から相手を探すというのはどうかと聞き、

例えばという感じで夫婦共有のスキー仲間の名前を何人か出し聞いてみたところ、意外にも全く聞く耳持たずという感じではありませんでした。ただその場合は友達を3Pに誘うという事は出来ないので、妻の浮気という形で単独で抱かれてくる事になり、妻が他人に抱かれてる姿をこの目で見る事は出来ません。そんな話から妻の浮気願望について正直な意見を妻に求めてみたところ、これまで全く浮気願望が無かっとは言えないと、ちょっとショッキングな本音を妻から聞きました。『やっぱり女も素敵な人を見たらトキメク時もあるよ

だからと言ってそれで即浮気に繋がらないのは、やっぱり道徳心からかな』そう言った妻に、スキー仲間の中で素敵に思う男はいるかと尋ねてみると、素敵とまではいかないけど、親切でいい人だなと思う人はいると言いました。それは誰?と妻に聞いてみると、裕也と悟のふたりを挙げました。二人とも、まだ30歳前後。妻よりも一回り以上若いです。

確かにこのふたりは前から妻に親切で、妻の事を美人だとかタイプだとかよく言ってたので、妻もそれには気を良くしていたみたいでした。

尤も、彼らに限らず、美人とかタイプだとかは親しくなった男性は皆、言って来るのですが・・・・。『このふたりと浮気してみたいって一瞬でも思った事ある?』って聞いてみると、一瞬溜めてから妻は

ないよ と返事をしたので、あるんだ

と私は思いました。『このふたりのどちらかと浮気してみない?』と私が言うと、『そんな事マジで言ってるの?』と驚いた顔をして妻が私に言い、私は、俺が公認だから浮気にはならないし、平凡な人生より少しくらい刺激があった方が人生愉しいんじゃないかとそんな話をし、お前も俺ひとりで終わるより、人生愉めるなら愉しんだ方がいいんじゃないかと話すと、妻は、

どうしてそこまでして、私と他の人をエッチさせたいの?と

最後に私に聞きました。私はその答えとして妻に、刺激的な体験を一杯して、もっと魅力的な女になって欲しいからと言いました。他の人とエッチな事したら魅力的な女になるの?と聞いた妻に、今よりエッチな女になったらなれると思うと言いました。『でも浮気するって

どうやってするの?

私から誘う訳?

そんなの絶対ムリだし、かといって相手からも絶対誘ってなんか来ないよ』『それは俺が何か作戦を考えるよ』そうは言いながらそんな作戦なかなか浮かんでは来ませんでしたが、とりあえずは妻が裕也と悟とならば浮気も考える気配なのでそれが聞けただけでも私にはかなりの進展でした。

その後、私が妻とのエッチの最中に、悟や裕也の話をすると、妻は異常に興奮する様になり、終いには

早くふたりに抱かれたい


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2013年10月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】私の性癖【体験談】

私は男性38歳既婚者です。

私の性癖…趣味…それは妻を始め、今までお付き合いした多くの女性、

体だけの関係を持った女性達、人妻達、ほぼ全ての女性が身に付けていた

パンティを頂きコレクションにしている事です。通常の男性ならば女性の体が目当てで口説いたりすると思うのですが

私の場合は女性の体(SEX )が目的で口説いたりお付き合いするのでは無く

その女性が身に付けているパンティをモノにする目的で近づきます。

私はいつもSEX をする前に、まずその女性がどんなパンティを穿いているのかを必ずチェックします。何故チェックするのかと言えば、私好みの下着

(紐パン.極小パンティ.極小Tバック.サイド部分が1㎝以下の細いパンティ.)

を穿いているかどうかを確認したいが為にチェックしているのですが

女性が自ら衣服を脱ぎ自動的に下着姿を確認ができる場合と

衣服を着たまま抱き合ってキスをしたりという状態の時に

お尻を何気なく撫でてパンティの形を確認したりしています。確認の結果その女性がどんなに美人であろうと、おばさんパンツ

少しでも大きいパンツを穿いていた場合はモノにはしません。

只淡々とSEXをして終了…即サヨナラします。しかしその女性が私好みのパンティを身に付けていた場合には

前戯で女性と絡み合っている最中でも、私の頭の中では


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2013年10月1日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】夫の悪戯(続)【体験談】

あの恥ずかしい夏の体験から5ヵ月が過ぎました。

季節も変わり冬本番、雪が舞う季節になったある日、夫からクリスマスを

友人達と一緒に過ごさないかと相談されたんです。

その友人と言うのは、夫の学生時代の後輩2人らしく、会社の忘年会の時に

偶然同じ店で鉢合わせになった様です。

何年ぶりの再会に、途中忘年会を抜け出して3人で飲み直し、今回の話に

なったと言うんです。断る理由も無く了承したんですが、何か夫の企みがある様な気がして快く受け入れる事が

出来ませんでした。

クリスマスの数日前、夫が紙袋を手に帰って来ました。

「何?それ・・・」

「あ~クリスマスの衣装!」

「衣装?」

中身を確認すると、サンタの服が2着(男性用と女性用)入っていました。

「え~もしかして、これ着るの?」

「ん~その方が気分出るし・・・後輩も着て来るから・・・」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2013年9月30日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ