寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】今、木田と妻がホテル情愛に陥っている。【体験談】

今、木田と妻がホテル情愛に陥っている。

私は木田が今どんな事をしているのだろうと、、、、、、、、、嫉妬し、、、、、、、、、

散々弄ばれ、、、、、、、、、、、、、、、

妻は何度も絶頂を木田に告げ、、、、、、、、、、、、、、、、

木田の射精を膣内に欲して、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

懇願しつづけているのか、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

私は1人自宅で嫉妬と興奮で、自虐的な雰囲気の中で40男の手淫をしている。

私は色々な想像で頭がおかしなって、興奮で手が震え、この年の自慰にもかかわらずすぐに絶頂近くにまで到達してしまう。

こんな嫉妬と興奮でする時は、自分で自分を焦らしながらする自慰は異常に興奮します。

しかし、耐え切れず、妻のショーツの中へピューッピューツと精を放ったのです。

私はその晩、興奮がおさまらず、妻が帰宅する朝まで3回も自慰をしてしまいました。こんな事になったのは、私と妻との再婚に起因しているのです。

妻は離婚暦4回と言うつわもので、離婚原因はすべて妻の浮気だったそうです。

他方、私は40過ぎまで独身で、ひたすら自慰による性欲処理をしてきた男です。

さらに仮性包茎でセックスには自信がなく、長い間自慰のみで生活していると自慰でないと立たなくなってしまう傾向があります。

ソープランドへ行き、どうしても立たないので自慰をさせてもらった事もあります。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2017年12月25日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻の浮気~公認するまで【体験談】

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。

14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。

と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。かくいう私も浮気相手の1人だった。

私の友人の彼女だったのだ。

初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、

帰りに私が彼女を送ることになったその日、「N君、最近いつエッチした?」「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、

セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」「せんずりしてるの?」「はっきりいうなぁ~、まあそうだけど」「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」「あははは」「中に出させてあげようか?」「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」「内緒でエッチしようよ」「ほんとに?」「N君のエッチどんなのかなぁ~?」「普通だと思うよ」

そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。「一緒にお風呂入る?」「いいの?」「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」

彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。

こんなに乱れる女は初めて見た。

キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め

ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、

射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から

アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を

トロトロと流し込んだ。それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】彼女との合コン【体験談】

【スペック】

真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン

まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。

一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。

セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする

ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ

てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら

回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし

なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって

いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを

彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き

合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが

たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして

まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為

     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】昔のセフレ 智嘉2【体験談】

閉店時間のため、

カラオケをあとにした俺と智嘉は、店のとなりにあったラブホテルに入った。

明け方でもあったので、お互いにシャワーも浴びず、そのままベットになだれ込むように向かった。

智嘉はさっきの高ぶった興奮はそのままに、俺の性欲を全て受け入れてくれた。

カラオケで脱がせた、パンティー以外はまだ身につけたままだったので、一枚づつ、楽しむように脱がしていったら、背中には描かれたものを見つけた。

よく見るとそれは刺青だった。絵がら的にタトゥーでは無く、和風な感じの。過去の旦那がそのスジの人だって聞いてたので、驚きはしたものの、萎えるほどドン引きする事はなかった。

それを上回る気持ち

「智嘉とやりたいっ!!」て感情に支配されてた。

智嘉も俺のジーンズを脱がして下着ごしに俺のいきり立つ性欲のシンボルを弄る手つきがいやらしく、そして夢中だった。

下着も脱がして、喰われるかと思ほど激しく吸い込む様にしてチンポにむしゃぶりつく。

俺も智嘉の形のいいお尻を開いてメスのいい匂いを堪能しながら、おまんこを舐めはじめた、入り口をなぞるように舐めながら、クリの突起をさぐるように舌で刺激した。

「あぁ、、、、久しぶり、、、、」

智嘉はモノから口を離して声を漏らしていた。

お互いに向き合い、キスをしながら智嘉の胸を揉みしだきつつ、硬くそそり立ったモノを、焦らすように智嘉の秘部の入り口で擦り付けて刺激した。

「もう、欲しくて堪らない、、、お願い!もういい加減に入れてぇ〜」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年3月29日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】チャットで知り合った大阪の人妻【体験談】

5年くらい前、チャットで知り合った人妻さんとの話なんだけど

オレは東京で人妻さん(Rさん)は大阪の人。

会話のテンポとかノリが合うからすっかり仲良くなった。

お互いの旦那や嫁さんへの不満とかシモネタも話すようになった。

とはいえ出会い系のチャットじゃなかったし

距離もあったんで実際に会う事はないだろうと思ってたんだけど

半年くらいしてオレは大阪への単身赴任が決まった。

そのことを告げるとRさんは飲みに行こうと携帯番号を教えてくれた。

話も合うしノリもいいRさんの事は気になっていて

そんなRさんから携帯教えてもらったから舞い上がった。

それからはチャット以外にも電話でも話しをするようになった。

Rさんは少し鼻にかかってハスキーでその声だけで抜けると思えるほど

色っぽい声の持ち主だった。

当時オレは31歳、Rさんは35歳。

たまに少しお姉さんぶった態度を取ることがあって


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月16日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】淫乱な奥さん会2【体験談】

今しがた、奥さん会の一人とセックスしてきた。

私は営業職のため外回りで殆ど会社には居ない。

今日も営業先へ出向き、用事が早めに済んだので近くのコーヒーショップに立ち寄った。

そこに例の奥さん会の1人が本を読みながらお茶をしていた。

私が近くに行き「どうも」と話しかけると、「ああ、どうも」と驚いた様子なので、

「仕事の合間の息抜きです」と説明すると、「じゃあ、一緒にお茶しましょ」ということで

同じ机の向かい側に座った。

最初の5分程たわいもない話をしていたのだが、例の話になり、「最近、私はお相手してもらってないな」と

甘えて言ってくるので、私はコーヒーを飲みながら何食わぬ顔で机の下の太ももや陰部を弄ってやった。

負けじと向こうもコーヒーを飲みながら何食わぬ顔で耐えている。

そんな状況にどうにも我慢が効かなくなり、ホテルに誘った。

近くのホテルに移動し、部屋に入るなり激しくキスをした。

そのまま首胸お腹と順に舐め回していくと「先にシャワーを」と言ってきた。

しかし、次の営業先へのアポもあったので、無視してスカートをまくり上げパンティーの隙間から陰部を舐め始めた。

暑かったせいか、少し汗も混ざって味は塩っぱくヌルヌルがすごかった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年3月13日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】女友達のお願い 完結【体験談】

あの事以来、俺はA美の事で頭の中が一杯だった。

日曜日はA美を送り仕事場に行き書類の整理をしていた。

しかし全く集中なんか出来ない。

2chに投稿すればだいぶ気が紛れるのではないかと思い、

事実を少しずつ書き始めて行った。

そしてその日の夜は妻と電話で普通の会話をし、

映画を観ながら大量の酒を飲み寝てしまった。

月曜日は書き貯めておいたものを2chに投稿しながら

仕事を何とかやりこなしていく。

しかしやはりA美の事ばかり思ってしまう。

俺はこのままじゃいけない、ある意味結論を出したい。

A美と直接会って話をしたいと思っていたのだ。

その夜、連絡をしようとしていた矢先にA美からの着信メール。

「こんばんは。調子はどう?この間はありがとう。

約束の食事を御馳走したいので会えないかな?」という内容。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】人妻調教【体験談】

19で学生してた時に38の人妻と掲示板経由で知り合う。

年上だったけど失恋直後だったのもあり、特に会うつもりなくメールしてた。

色々話しているうちに、旦那の浮気で酒浸りということが判明。

冷やかしがてらちょこちょこ話を聞いていたら、

男は上司のエリート写真の旦那しか知らない、30の頃まで痴漢にあっていた、ということがわかった。

程良く良い女の気配がしたから、つかず離れずで彼女が出来てもなんとなくメールを続ける。

そのうち一度会ってみたいという連絡があったので「セックス無しでわざわざ遠くに会いに行くなんて無理」

とふざけて言ってみた。

本人まさか年下男に実際にセックスの相手にされるなんて思ってなかったようで

「どうせ会ったらセックスしたくなくなるだろう」とたかをくくって会ってみる事にしたそうな。

待ち合わせの場所に先回りして、遠くから容姿を確認してみたら

細身で清楚なまずまずな主婦登場。

チンコに相談してみたところOKだったので、会うなりタクシー呼んで乗り込む。

訝しがる運ちゃんに「一番近くのラブホテルまで」と人妻さんにメモ渡して言わせる。

真っ赤な表情で、うつむいて。パニック顔のままホテルに到着。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年3月6日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】悩みだったんだけど・・・【体験談】

ある事情で離婚寸前まで行って、それ以来レス状態。

嫁のほうから離婚を切り出した。俺が悪いのは明白で、とにかく謝り倒し

た。そのうちギクシャクしながらだったけどなんとなく普通の生活に戻っ

た。

最後にしたのは2年前の正月。それ以来俺は週に1度ペースでオナに耽った。

そしてやっとこの間、許しを得て久々の合体!2年と3ヶ月ぶり!

彼女の濡れ様といったら凄まじかった。やはり我慢してたんだと思った。コ

リコリに硬くなった乳首、何度も噴き出す潮。

以前のように生でやる主義の俺は、びっくりする程大量の精液を彼女の腹に

吐き出した。

そして今日、

「今度はパート休むから、昼間にラブホでしてあげる」

と言われた。やっぱり夫婦は体でも結ばれてたほうがいいに決まってる。

俺はバイア○ラを注文した。効き目は以前に試用済だ。

ここではレスに悩んでる人たちも多いけど、なんとか改善して仲良くやって


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年2月16日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】罪な悪趣味教員【体験談】

某中学校の教頭でほどなく校長になる教員です。

これまでの悪行を考慮すると教師とは言い難い悪教員でした。

赴任した中学校の母親や同僚教員との淫行は日常茶飯事でした。

いい思いもしましたが世の中に生まれず闇に葬った子供は数人います。

生徒の母親、同僚、同僚の奥さんとの淫靡な思い出回想です。中学生の父兄は子供のより良い進学を望み教員にいろいろな接触をしてきます。

贈り物や飲食会を開催し教員との接触を図ってきました。

美味しそうな母親は成績の手心や内申書のことを話すとほとんど股を広げ生膣深く私の

精液を受け入れてくれました。

男子生徒の母親で30代半ばの良美がいました。

父親は近くの大手工場勤務のブルーカラーでした。

美味しそうな色気のある肢体で美人な母親なのでいつものように子供の成績を話題に良美に

近づきました。

隣町のカラオケで良美に成績や内申書は教師しだいと話すと少し考えて

「分かりました」と私の陰茎を引き出し即フェラを始めてくれた。

良美の下着を剥ぎ取り生膣を舐め回すと艶声を出し始めたので


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2013年10月25日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ