寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【浮気・不倫】妻がバイト先で…。 【体験談】

妻が喫茶店のバイトをはじめてからポニーテールの髪型に変えた。

まるで、大学生の頃に戻ったようなかわいさだ。

何度か喫茶店に行ってみたが、妻のバツグンのプロポーションに

短めの黒のタイトスカートはHIPが際立ち、制服姿がたまらなくいい。

そんな妻が、最近の大学生の男の子っておもしろいね。と、

同じバイトに来ているの子の事を話す機会が増えた。

マスターは妻が言うには×イチらしい。でも、とっても楽しい人らしい。

何気なく聞き流してるが…やはり気になる。仕事中近くに車を止め、

歩いて、喫茶店の道を挟んだ反対側から、そっと喫茶店の中を見てみた。

お客さんはいなかった。妻は何かを話してるのだろう

バイトの子と談笑していた。急に妻が身体を半分ひねりうつむいてしまった。

目をこらして見てみると、ヤツが妻の腰に手を廻している。妻の腰に手を廻し

そのままカウンターの中に移動しようとしているのが分かった。

カウンターは高めだ。中に入ってしまうと上半身しか見えなってしまう。

入り口付近で、やっと妻は向きを変えヤツと向き合ってすり抜けようとしたが
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年1月25日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】友達夫婦と【体験談】

僕達は30代前半の夫婦です。結婚して2年近く経つがそろそろ新しい刺激がほしかった頃の出来事。その日、嫁さん(=K美)が学生時代からの付き合いだった女友達(=E子)とその旦那さんが家に遊びにきていたのだ。お酒を飲んで4人とも程よく酔っ払っていた時にこれまでに一番すごかった性体験を語り合う事になった。じゃんけんの結果、最初にK美が話す事に。これまで僕自身あまりK美の過去の話は聞いておらずかなりどきどきしていた。内容は以下だった。

「大学時代、当時付き合っていた彼氏とある日ふたりで彼の家で夜を過ごしていたら、彼氏の先輩がふと遊びに来た。先輩は既に酔っていたので早々にいびきをかいて寝始めてしまった。私達はその頃忙しくてなかなか会えなかったので久しぶりのエッチを楽しむ予定だったから、先輩が寝ている横でエッチを始めてしまった。そしたら私達二人の声が漏れていたのか先輩が起きてしまい、「俺も参加させてくれ」と言う。もうエッチな気分でいっぱいになっていた彼氏は「K美しだいだ」と言う。実は当時の彼氏と付き合う前に私はその先輩が好きだった事もありOKをしてしまい3Pをする事に。彼氏以外の人、しかも自分が好きだった先輩にあそこを舐められて気持ちよくなっている所を彼氏に見られるのは少し罪悪感があったけどすごく気持ちよかった。しかもその彼氏も夢中で私のおっぱいを舐めていた。二つの舌が違う所で同時に私を気持ちよくするなんて最高だったし、気持ちよくて頭の中は真っ白だった。それにおちんちんが2本あってどっちも大きく固くなってて夢中で気持ちよくもさせてあげた。」という体験談だった。

僕はその内容にかなり興奮してしまい既にあそこはかちんかちんになっていた。よく見ればK美は過去の気持ちよかった事を思い出してすでに自分のズボンの上から右手があそこに伸びていたのだ。そこで僕は「少し気持ちよくしてあげる」と言い、彼女のおっぱいを触り始めた所、吐息が漏れ出したのだった。その時、K美の友達夫婦も既に寄り添って二人でキスをしつつおっぱいを触っていたのだった。なので僕らはそのままエッチを始めてしまった。

K美は予想通り既にかなり濡れており僕の右手を自分のあそこに誘導してくるのだ。僕はK美を下着だけにさせてE子夫婦によく見えるようにK美を四つん這いにさせK美のあそこを触り始めたのだ。そのK美の姿がとてもエッチであった事は間違いなくE子夫婦もエッチをしながらしばしばK美の様子をちらちらと見ていた。K美はどうやらE子の旦那さんと目があう時、更なる快感を感じているようだった。そこで僕はK美に「また3Pをしてみたい?」と聞くと、気持ちよくなりながら目を輝かせて「うん、してみたい。」と言うので、E子の旦那さんが参戦することに。K美はそれまで僕が聞いた事のないようなよがり声をだして気持ちよくなっていたのだった。あそこをE子の旦那さんに舐められたり、指を入れられたりしてかなり気持ちいいらしく、何度となくK美は「ごめんね。でも気持ちいいの。上も下も気持ちいいわ。」と甘えた声で言うのであったが僕はそれに興奮して必死にK美のおっぱいを舐めるのであった。そしていよいよE子の旦那さんがK美のあそこにおちんちんを挿入した時、K美は全身を伸ばして、手も上に伸ばして至福の表情をしていた。僕はそのK美を見てK美の顔の前で自分のおちんちんを必死にしごいてしまった。

するとK美とは別の喘ぎ声が聞こえてきた。そう、E子はオナニーをしていたのだ。E子もK美と同じぐらいスタイルがよく、おっぱいも大きく僕は夢中でくらいついてしまった。そして既にびしょびしょになったあそこに指を入れると腰をぐいぐいと動かし始めるのだった。それを見ていたE子の旦那さんとK美はより一層激しいセックスをしていた。そしてK美が上になり騎乗位となって激しく下から突かれている時、K美が僕を呼ぶのである。「私におちんちんを咥えさせて」。E子の旦那さんの上で下から突かれながら立っている僕のおちんちんを舐める。そう彼女はこの状態が今までで一番すごかったエッチだったというのだ。

その後、K美とE子の旦那さんはいってしまったので、僕はE子と夢中でセックスをした。そしてそばでは二人が鑑賞していたのだ。K美が言うように僕も見られる事に興奮を覚え、K美とE子の顔を代わる代わる見ながらE子を激しく突いた。するとK美はオナニーを始めるではないか。無理もない。自分の旦那が他の女性とのセックス中なのだから。E子の旦那さんも二人の女性のいやらしい姿を見ているとまたすぐに大きくなってきたので、E子との3Pを楽しんだ。その後、朝までスワップ、3P、4Pを続けたのは言うまでもない。その後はE子夫婦と月に1度程度、エッチを楽しんでいる。これが僕達夫婦にいいように作用しているから不思議だ。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2013年1月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】親友とS里、と俺 【体験談】

これは約10年前大学時代に体験した忘れられない出来事。

忘れたい出来事でもあるけど。今でもたまに現実だったか迷う事がある。

でも消せない事実。



当時20歳ちょっとの大学3年生だった自分と、同学年の親友のT。

高校時代から友達で、恥ずかしながらまだお互い童貞だった。

俺はどこにでもいる普通の大学生で、顔も何もかも普通で、ただ恋愛には奥手だった。

でも友人Tは高校のミスターコンテストで他薦で優勝する位顔が綺麗で、

正直なんで童貞やってるのか不思議な位だった。

あ、不思議な位だったなんて書いたけど、その理由は分かってた。

Tが高望みで、しかも俺と同じ恋愛に奥手な一面を持っているからだった。

そんなTとは価値観も凄く合うし、性格も良い奴だったから、普段からつるんでた。

高校時代と同じで、大学に入ってからもTは女性に告白され続けた。

妬ましい部分も多々あったけど、Tの性格の良さがそれを打ち消してた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年1月18日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】人妻になる1ヶ月前の女の話 【体験談】

130えっちな21禁さんsageNew!04/02/2623:26ID:GmT5Zi3L

このスレは人妻がらみの話じゃないといかんの?

人妻になる1ヶ月前の女の話なら

書きかけのがあるんだけど。



133えっちな21禁さんsageNew!04/02/2700:12ID:87yjn8Rh

じゃあ、書きかけなので途中までだけど

暇な人はちょっと付き合ってくだされ。



数年前の夏、当時俺は会社で借上げて貰った1K・ロフトつきの

アパートの1階に住んでいた。

そのアパートには俺以外に社員はいなくて、他の部屋は普通に借

りて入居している人ばかり。そこに住み始めてからしばらくは、

朝早く出勤し帰りも遅い上に休日が不規則だったので、俺は隣の

住人がどんな人かも知らなかった。ただ、時々隣からかすかに聞
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2013年1月15日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】スカートのすそ【体験談】

職場の後輩の主婦28歳のSとの先週金曜日の出来事。

ちなみに彼女は子供二人アリ、ショートカットのスレンダー系。

年末のこの時期、忙しくて二人で残業をしていた。

息抜きに雑談をしていたとき、ちょうどK大学の痴漢事件の話題になった。

男としては、みんなしたいという欲望はあるが、理性で抑えている。

彼女としては、それはわかるが、男のひとは大変ですね。

そんな話題だった。





S:もしかして先輩もそういうことしたいという欲望はあるの?私に対しても?

俺:ないといったらうそになる。でも仕事中だしそんなことはありえないけど。

S:こんなおばさんでも?

俺:ぜんぜんまだ十分女性としての魅力は備えているよ。誘惑されたらどうなるかわからないよ。

こんな会話が続いた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2013年1月11日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】強く、儚いもの 【体験談】

515:えっちな21禁さん:04/11/1814:55:55ID:NQYfnUvJ

強く、儚いもの◆vQUJY3VeQY





ロンブーの番組で『オレの彼女をナンパしてくれ』みたいな企画ありましたよね?お持ち帰りされるか試すやつ。

あれまだやってんでしょうか。





高校卒業して上京、っつっても実家埼玉なもんで東上線に揺られて南下、数10分てとこですが。一人暮らしをはじめた

おれは某区の映像系専門学校に通ってました。実家からも通える距離ではあんですが、当然大学に進学するもんだと

思ってた両親との関係もぎくしゃくしてたしね。中学高校とずっと内気だったおれには友達と呼べる奴もいなく、

地元に未練はなかったんです。とにかく家を出たかった。誰もおれを知らない場所でなんたらって、まぁよくある話。





516:えっちな21禁さん:04/11/1814:56:12ID:NQYfnUvJ
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2013年1月10日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】合い鍵【体験談】

 頼子が久しぶりに深酒した。午後六時に始まった小学校の同窓会が二次会に流れ、三次会に付き合ったところまでは憶えている。でも、その後、どうやって家までたどり着いたのか殆ど憶えていなかった。それでも酒には強い方なので足取りはしっかりしている。





 玄関で鍵を差し込もうとするのだが、何度やっても上手く入らない。おかしいな、と思いながら別の鍵を差し込むと今度はすんなり入った。





 「何だ、こっちの鍵だったの。」





 深くは考えず、玄関に転がり込んだ。男物の靴が目にとまった。





 「あら、やだ。帰ってるわ。泊まりだって言ってたのに。」




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||

2013年1月10日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】山梨旅館 【体験談】

4年前の話。



おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。

まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。

顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。

特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。



当然彼女はチヤホヤされた。

競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。

その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。



ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。

というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。

本人も「飲むとHな気分になる」と言っていた。

初めて由紀子を抱いた時も、二人で飲みに行った帰りだった。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年1月4日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】会社の上司と【体験談】

会社の上司とセックスして帰ってきました。お互い既婚、私24、彼は40。





上司とは去年の秋辺りからちょっとずつ親密になってました。

きっかけは二人きりの日帰り出張。

そのときはエロ話に花が咲いて、お互い若干興奮気味の状態で「今度時間が会ったら会いましょう」

と約束しました。仕事が終わったのが遅かったこともあってその日は何もせず終わり。





それから、年末に初めてデート>エッチして、今回が二回目のデート。





頭からつま先まで服も下着も新調して、準備万端で仕事後に待ち合わせ場所へ。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2013年1月4日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】婚約者M子 【体験談】

ちょっと長くなりますが、おれもひとつ。

ほとんどエロく無いと思いますが、どうしても吐き出しておきたい事なんで、

スレ汚しスマソ。

もう2年も前の話です。俺には婚約者がいました。

就職後に飲み会で知り合った女の子で、会った当時はお互い24歳でした。初めから可愛いなって思ってて,席が隣同士だったのがきっかけで仲良くなり、付き合い始めました。



彼女を仮にM子とします。M子は、性格はおとなしめで、色白のやや小柄な体格をしていました。バストはかなり大きい方で巨乳の部類に入り、ウエストは細くヒップはやや大きめで俗に言う\\\えっちなからだ\\\でした。

俺が残業から疲れて帰ってくると、料理を作って待っててくれてるような、優しくて気立てのいい女の子でした。

お互い酒が好きなほうで,デートの時にはよく居酒屋やBarに行き、楽しく飲んでたものでした。



セックスはお互い初めてではありませんでしたが、体の相性は良く、M子は俺とするようになってから初めてイクようになったと言ってました。

付き合って2年半の後、俺に異動の話があり2年ほど地方の支社に行くことが決まったんですが、

「離れるのは辛くて嫌だ、そんな辛い想いをするなら別れる方がいい」

と、M子が泣いていた時に、プロポーズをしました。

帰ってきたら必ず結婚しようと話した時の、M子の泣いたような笑ったような顔を今でも覚えてます。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2013年1月1日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談
158 / 158« 先頭...102030...154155156157158

このページの先頭へ