寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】再婚相手の今の妻みどり【体験談】

再婚相手の今の妻はみどりが結婚後も続けていた仕事を辞めたのは職場の上司に言い寄られたからでした。

割とおとなしい性格のみどりはバンと跳ねつける事が出来ないでそれとなく私に相談してきました。

その時はその上司に腹が立って会社に行くといきまいていたのですがみどりにどうしてもやめて欲しいといわれてとどまりました。

それから時間がたつほどに「本当に言い寄られただけで、何もなかったのか?」という疑惑が湧いて来てそれが抑えれなくなってきました。

ただ、依然みどりと夜のHのさなかに冗談で「みどりは結婚してから浮気はしてないの?」

と聞いたときに「なにそれ!」ととてもきつくしかられたことがあり冗談でも聞きにくい状態でした。

そのイライラが溜まっていたときに友人の東に東の奥さんの浮気話をされました。

東の奥さんはみどりと違いとても肉感的でHは雰囲気を常にかもしだす大人の女のと言う感じなので

東に「浮気をされてまいったよ」と言われた時も浮気が似合うよなっと思ったくらいでした。

東は奥さんの浮気に悩んでいる様子もなく「浮気してからやけに夜も激しくなった」

「知らん振りしてるのも主導権を握っているようでいいぞ」などと言っていました。

理解できない内容だったのですがその話をきっかけに自分の疑惑を東に話しました。

「みどりちゃんはうちのと違って浮気するタイプには見えないけど」

と東も笑っていうのですがどうしてもその疑念が解けない私は東にいろいろと小さな気になることを話しました。

私があまりに熱心に訴えるので「じゃ、みどりちゃんが浮気をするかどうか俺がためしてやろうか?」と東が言い出しました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年2月25日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の治療 [ver2.0]【体験談】

私40歳妻38歳そろそろ倦怠期で夜の夫婦生活も年1回有るか無いか位です。

妻は腰痛持ちですので余りSEXは好きでは無いみたいです。

妻とのSEXの内容は何時も直ぐ挿入して出して終わりみたいなパターンでした。

それに私も早漏気味ですし妻を満足させていないと思います。

私にテクニックが無いのが悪いのでしょうね…

話は変わりますが、私の古い友人にKという鍼灸院を経営してる男がいましてアンマ師をしているそうです。

以前一緒にお酒を飲んだ時「俺は人体の色んなツボを知っているので」

「女性の股のツボさえ触らしてくれればどんな女でも逝かせる事が出来る」Kは自慢げに話していました。

Kに妻の腰痛の事を話すと骨盤矯正してあげるから一度 店に妻を連れて来たら良いと言ってくれました。

私はKに妻の骨盤を診て貰った後に性感マッサージをしてとお願いしました。

どんな道具を使用しても良いから妻を逝かして欲しいとお願いしました。

序に其の光景をカメラで盗撮もして 欲しいとも願いしました。

Kは少し間をおいて返事して来ました。

K「もし奥さんが求めれば俺のチンポ挿入しても良いか?」とか「俺だって危険を犯すのだからそれぐらいの事良いよな?」

です私は少し悩みましたがSEXに淡白な妻が欲しがるわけ無いとタカをくくってOKしてしまいました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年2月24日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】一番大切な人【体験談】

私は40歳の専業主婦です。

10年前にホルモン分泌異常の病気になりました

女性の十数人に一人、男性の二十数人に一人はなるありふれたものです

私の場合は、白癜病というものになっていました

そんな病気のことをいろいろ相談に乗ってくれたのが健康食品のアフターの社員でした

彼の名前を大矢さんとしておきます

夫に話しても、まともに取り合ってくれず、セックスも嫌がるようになたり

ちょうど病気のことで悩んでいたときに、大矢さんに病気のことを訊いてみました

死に至る病でもないし、森光子さんも同じような病気だったんじゃないかなとか励ましてくれました

大矢さんの話では、白癜はある程度決まったところに出てくるものだと言われました

もしかしたら、夫はそのことでセックスを嫌がるようになったのかもしれません

もしそうだとしたら、これからどうなるのだろうと心配になってきました

私は大矢さんに一度見てもらいたいと思って、「自分では程度が分からないので、

あなたはそういうことにも詳しいようだから、見てもらえませんか?」と言ってしまいました

ホルモン分泌異常でそういうことを藁にもすがる気持ちで言ったのかもしれません


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年2月24日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】彼女の友達と協力して・・・【体験談】

自分は浩二27歳で、付き合って1年になる彼女がいます。

名前は直緒、自分と同い年です。身長は160ちょっとあっ

て胸やお尻が大きくて良いスタイルをしていました。

自分は自分の彼女が他の男性に抱かれるのを想像する

と興奮してしまう寝取られ好きの性癖を持っています。

付き合って少し経って彼女にそのことを伝えると、不思議

がっていましたが嫌悪感は持っている感じではありませんで

した。

ある日、直緒の友達のるり子というコと街で偶然会いまし

た。自分に話したいことがあるから今晩電話してと言われ

訳も分からずその夜に電話を掛けました。

「もしもし」

「あ、浩二、こんばんは」

一体何の話だろうと思っているとるり子ちゃんは早速本題

の話をしてきました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年2月23日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】お酒に飲まれた妻2【体験談】

今回はAさんに聞いた妻の痴態の内容を抜かずに詳しく書きます基本的な事は同じですが宜しく御願いします。

結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。



私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。



顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市内に一人で買い物に行くと何時も街中で「中年や初老風な男」に

ナンパされると言っています。



そんな文句の付け所の無い妻ですが…正直言うと妻のアソコは緩めの感じです。

…私の物が悪いと思いますが…日本人平均サイズだと思います。

妻はアソコが緩いとは気が付いていませんそれより自分の脚が太いと少し「コンプレックス?」が有ります。

外出時は何時もズボンやジーパンを履いて出かけています。



逆に家の中ではホットパンツ姿やパンティのみの生脚姿でうろうろしています。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月23日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】今考えてみるとすげーバカな女だった【体験談】

4ヶ月ほど前の話。

当時ひとめぼれしたコがいた。彼女は病院勤務で俺とタメの24歳。

冷めてる奴だと言われる事の多い自分なんだが、今考えると笑っちゃうくらい

好きになって、3ヶ月以上口説きまくった。

脈がなければとっととあきらめてたんだが、携帯や自分のプライベートな事も

色々教えてくれるようになり、3ヶ月ほどで自然と付き合おうということになった。

しかし何か彼女の挙動が変だと思い(家を教えてくれなかったり、携帯をバイブにしてたり)

聞いてみると前カレとはっきり切れてないことが判明。

二股は嫌なのでどっちかを取ってよと話した所、俺の方というので向こうにはっきり

別れを告げてくれと言った。元カレは1コ下で一浪して大学入っているので就職試験を控えて

いてすれちがいになっていた模様。

彼女が言うには「嫌いで別れるわけじゃないからイイ友達でいたい。

私がすぐに付き合い始めると彼がショック受けて就職に影響するかもしれない

からしばらくあなたと付き合うことは彼に内緒にしたい」

俺は彼女とようやく付き合えるといううれしさが先に立っていてOKした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年2月23日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【乱交・王様ゲーム】俺のおっかさんシリーズver3 【体験談】

「ただいま、あらアキラ君いらっしゃい」

「あっ…おじゃましています」

普通に母と挨拶を交わしたアキラ君は僕を見て少し微笑んだ

「まずいなんか変に意識しちゃうな、さっきまでエロい事を話してたから…」

「いいんじゃないすか…ストレス解消だと思えば、別に迷惑かけてるわけじゃないし」

本当はドキドキしているのは僕も同じだがあくまで冷静を装った

「どうぞ飲んでください」

母がソファに座る僕達へジュースを持ってきた、微かに女性特有の甘い香りを感じた

帰宅したばかりの母はスーツを着たまま

おぼんからジュースをテーブルに置く母をアキラ君はまた先日のような鋭い目で見つめている、今度は僕が見ているのを承知のうえで

「ありがとうございます」

そう一言つげるとアキラ君の視線は母の全身からすぐに下半身へと移った

母の腰まわり、特に正面近くから見てスラックスの上からだが股関の辺りをじっと見ている

母は視線に気づいていない、僕は母の股関を見つめるアキラ君の真剣な表情にゾクゾクした

やがて母は着替えて食事の支度を始めたため僕達はまた部屋に戻った


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年2月23日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【浮気・不倫】浮気相手は33歳の人妻デリ嬢【体験談】

自分:24歳



女性経験:2人





今までに彼女がいたこともあるし、セックスも何回かしたことはあった。



けれど今のようにAVや無修正動画が横行している時代に、普通のセックスでは物足りないと感じる人間は多いはず…



彼女とセックスするときには、雰囲気作りに始まり、電気も消さねばならないし、もちろんゴムも付けるしいろいろ相手をいたわってやらなければならない。



それに彼女がそんなにセックスに対して積極的な性格でなければ向こうから愛撫などはまずしてくれない。



そういうわけで俺は今までフェラもされたことは無かったし、正直明るいところでマンコも見た事は無かった。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月22日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【乱交・王様ゲーム】俺のおっかさんシリーズver2 【体験談】

のつづき

家では母と普段通りに生活して会話もしているが心の中では常にもやもやした状態だった

母が後かたづけなどで後ろを向けると僕はすかさず母のお尻をがん見

触ってみたい…あの尻の間に顔を埋めてみたい

そんな卑猥な事ばかり考えている

もちろん母はそんな僕の卑猥な考えなど気づいていない、全く想定外の事なのだろう

それもそのはず、僕は優等生であり母が私生活でも僕を信頼しているのがよくわかる

僕は基本的には母を悲しませたくない、だから間違っても母には僕のこんな危ない欲望を知られたくない

ショックで悲しませたくないからだ

母の性格からみて、もし僕が万が一母に肉体関係迫ったとしても母は絶対に受け入れてはくれないだろう

だからいくらすぐ近くで母が無防備な姿をしていても絶対何もできないのだ

これは辛い現実だった

何度無防備な母に抱きつこうと思った事か、ギリギリのところで理性がはたらき堪えてはいるが正直辛い

毎日オナ二ーをして欲望を解消させているが性欲が強過ぎるのかすぐにまたむらむらしてくる

何度母の下着を盗み欲望を発散させた事か


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年2月22日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【人妻】母親と電話中のウ妻にいたずらを【体験談】

先日の日曜日、早めに夕食を済ませ、お風呂に入り、ベットに入っているとベット脇の電話が鳴った。出ると妻の母親からだった。俺は27歳、妻は24歳、結婚して9か月。母親の住む町と俺達の住む所とはかなり離れており、お互いに結構電話連絡をしている様子。たわいもない話をしている様子。その時俺は妻にいたずらをしたくなって、電話をしている妻の胸を触ったり、舐めたり、幸いにも俺達夫婦はベットに入った時というより

お風呂からあがってから朝起きるまでは下着はつけないことにしているので、電話をしている妻の後ろから、妻に挿入した。妻は電話相手の母親に気つかれないように、必至で絶えているのがみてとれる。それが愉快でますます妻を気持ちよくさせてやりたくなった。夫婦生活の時、戯れで使うバイブレーターをベットの宮から取り出して、ペニスを抜いてバイブを差し入れた。もちろんバイブの振動音がする。電話機から「なにか音がするよ。なに?」と母親が聞いている。妻はなんでもないと答えている。再度俺は妻にペニスを挿入して、思いきり腰を動かせた。ベットのきしむ音も次第に大きくなり、妻も我慢できなくなっ手、母親との会話もすくなくなっている。もう妻も我慢の限界が来ているのがわかる。俺は射精した。妻の口からついに漏れた「ああ・・いい」と。

母親は「なにしているの?どうしたの?」と言っている。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年2月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ