寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】「初夜 Ⅱ‥(媾合の初夜①)」【体験談】

翌朝‥女房は爽やかに 明るく振る舞います。数日前まで他人だった男と 初めて丸裸で抱き合い、マラの裏筋でオメコのクリを擦られ気をヤッたことなど 忘れたかのようです。コソコソと隠れて処理するマスと違い 受身でイカされるのは、アクメで取り乱しても‥全く心の負担になら無いのでしょうか?。女の順応性には 驚かせられます。(続く)

(承前)

翌‥3ヶ日目は 午前中は支笏湖へ往復し、午後は バスで札幌市内の遊覧でした。支笏湖は天気が悪く 気温も下がり、樽前山も見えない位に 霧が掛かって残念でしたが、女房は湖畔で奇麗な落ち葉を拾って居ました。戻っての市内の遊覧はお極まりのコースで、まだ移設前の時計台では 油染みた黒い床に北海道の歴史を感じました。

 実際に北海道を旅してみると 北海道はこれまで(いわゆる 内地で)考えていたより遥かに広いのに驚きます。その日の夜に寝台で札幌を立ち、ユックリ寝て(四日目の)朝起きて窓の外を見ても、電柱が次々に後ろに飛び去って行くだけで いくら経っても同じ景色なのです。それに飽きた頃‥やっと釧路に着き バスで阿寒湖に向かいました。

暫く行く内に‥バスの車窓の右側に 鶴のダンス(求愛行動)を見ました。やがて左に活火山の雌阿寒岳が見え 阿寒湖に着くと、底に穴の開いた遊覧船で 「マリ藻」の見物をしました。阿寒湖では 間近い雄阿寒岳がそそり立ち、折からの紅葉が常緑の緑と混じって 目を瞠る美しさでした。阿寒湖からは 弟子屈経由で摩周湖に向かいます。

途中で左下に 阿寒湖の裏側が小さく雄阿寒岳を巻いて見えます。摩周湖は「霧の‥」と云うように 滅多に晴れないと聞いていたのに、空は底抜けに黒いまでに青く 対岸の摩周岳はそのまま鏡のような湖面に落ち込んで、湖面には夢のように カムイシュ島が浮かんでいました。摩周湖の展望台から‥宿の川湯温泉への道は 下り一方でした。

川湯温泉への下りの道で 陽が落ち掛けます。山の西の斜面なので 左の車窓に、少し掛かり始めた雲の間に 陽が落ちます。雲の隙間に覘く 真っ赤な太陽を見ていたら、フト「女房は今夜‥ 処女で無くなるんだ!‥〟と云う思いが胸を衝きました。カメラを構えながら 「ねぇ‥見てご覧 あの色…」「マァ… キレイ…」‥と感嘆し合いました。

川湯の宿は和風の旅館で 夕食が済むと早々に床を取って呉れます。一緒に風呂に行き 私が戻ると女房は先に戻っていて、宿の浴衣で無く 持って来た自前の薄いピンクのネグリジェに着換えていました。その頃の婦人雑誌などでの 新婚旅行の必需品は、粗相防止のタオル・ダンナに脱がさせるネグリジェ・そしてコンドームが‥お薦めでした。

ネグリジェは 和風旅館の敷布団には似合いませんが、女房の精一杯の「身体を交わす儀式」を感じて ふとイジラシクなります。私は宿の浴衣で そのまま床に這入ります。女房も素直に自分の床に就くと 私は直ぐ、「そこへ 行ってもイイぃ?…」と聞き 返事を待たず、左手に枕を持ち 右手で掛け布団を剥いで女房の布団に這入り込みました。

浴衣のまま ネグリジェの彼女に絡んだら、糊の利いた浴衣とネグリジェが擦れて サワサワしました。その中で 足を使って素肌を探し出し、膝を割って内腿を ヤット摺り合わせます。イイ気持ちです。手を首に回して抱き込み 右手で乳房を揉み乳首を摘まみ転がします。乳房は硬めでも感度は良く、触るとショーツは既に 濡れ始めていました。

私は片手でブリーフを外し 布団から蹴出し、彼女の手を取って 今日も一段と元気なマラに触らせます。彼女は逆手ながら 握り揉み扱いてくれます。私のマラも先走りでズルズルに潤った頃、彼女のショーツを脱がせに掛かります。彼女の首に回した手を抜いて 上半身を起こし、「それじゃぁ‥イイィ?‥」と 彼女のネグリジェの裾に手を掛けます。

彼女は「チョット 待って‥」と カバンから持参のバスタオルを出し、寝床の腰の辺りに敷いて 端を布団の下に折り込んで固定します。〝なるほど… 女の嗜みか…〟 出血やら分泌するものへの用意でしょうが、何か 私の気持ちもグッと引き締まります。女房は その上に寝ると、目を瞑り胸に手を当てて 下唇を噛んで私の行為を待ちます。

私は改めて 彼女に覆い被さり、肩を抱いて舌を絡め 右手をネグリジェの裾に遣り ソォッと胸の辺りまで捲くり上げます。そして掌で腹を撫で 更にその手をショーツの中に滑り込ませます。始めて触る彼女の陰毛に 胸がトキメキます。次に指先をクリに遣って 小さく回しイジリ転がすと、女房は眼を瞑り ただアソコに神経を集中しているようです。

まぁ‥ 尾瀬や一昨晩の経験があるとは云え、イヨイヨ男に 初めてオメコを触らせるのです。私がショーツに手を掛けても動か無い彼女が 両手をショーツに掛けると、始めて身体を動かし 私が脱がし易いように腰を浮かせます。私は 「ハハァ‥これを合意って云うんだな‥」と思います。私は‥取り敢えず浴衣の帯だけ解いて 前を肌蹴ます。

和風の床の間のある部屋での ネグリジェと浴衣‥。それは余所から見たら 時代錯誤で春画みたいな不思議な風景だったでしょう。私はキスをしている唇を離し 乳房に移って乳房を吸い乳首を舌で転がします。彼女は気持ち良いらしく ウットリとしゃぶるに任せています。私はそのまま 右手を股の間に滑らせ、指先で 淫裂を撫で探ります。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年3月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】『お互い様だよ』 だってwww【体験談】

今日、夜から38歳の人妻とドライブデート行ってくるお〜(^^)

とりあえず、夜景見に行った後にやるつもり。



一応スペック

出会い系で、GET写メ交換後にTEL、第一印象まあまあ〜

TELにて、エロトーク炸裂www今日は、お気に入りの下着で来るとのこと。

顔:山瀬まみ風 既婚・小梨



俺:30歳・未婚・カノ有

顔:ねずみ系・小太り





待ち合わせは、国道沿いで車を止めて待っているとコンコンと窓をノックされて

山瀬まみ登場〜

写メよりかなり雰囲気イイ、とりあえず夜景見に行くってことでドライブに行く。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年3月18日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】夫フェチのS妻【体験談】

妻は、夫である僕を誘惑するのが趣味の様です。

妻は40歳で僕は29歳です。

僕にとって妻の魅力は、さりげないチラリズムです。僕も、わかってはいるものの、毎回興奮してしまいます。

ぼくは、自分から積極的に迫るタイプではないので、返って誘惑するのが楽しいのだろう。

僕にマッサージをしてほしいと言った時は、ノーブラにTバックだったり、



残業で帰りが遅くなった時は、ソファーで少し、はだけた格好で寝たふりをしてみたり、

分かってはいるのですが、毎回わくわくします。

自分で言うのも変ですが、すごく幸せな夫だと思います。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年3月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】ある意味オナニー?【体験談】

27歳 主婦 スタイルは普通だと思います。

結婚して3年くらいのダンナさんがいます。



最近の私はダンナさんの寝起きのオチンチンが大好きです。



朝立ちって とってもパンパンに張っていて、脈打っていて、逞しくって。いつもよりも大きく感じます。



先日の朝起きると隣で寝ているダンナさんのオチンチンは

下着の上からでもわかるくらい勃起しています。



前の晩はちょっと飲みすぎて エッチ無しだったのでちょっと欲求不満・・・

そっとダンナさんの下着をおろしてみると・・・・・・・



超 立ってます!




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年3月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】悪魔のような少年7【体験談】

「艶美、神社の時、何故あんなに濡れていたんだ。」「知らないわよ。あ

なたが変なことをするからでしょう。」「たぶん日中人が、集まる場所で

下着姿にされ、更に下着を脱がされ、全裸になったからじゃないか。艶美

はマゾで露出するのが好きなんじゃないか。」「違うわよ。」彼は携帯で

どこかに電話していた。そして「艶美行こう。」と言って私の手を引っ張

った。「あなた、どこに行くの。」「艶美の喜ぶ場所だよ。」

 着いた場所は盛り場のストリップ劇場だった。まだ、早い時間だったの

で、営業はしていなかった。彼は店の従業員と話をしていて終わると、彼

は「来月ここで踊ってもらうよ。艶美が出演するタイトルは、露出大好き

人妻の最初で最後のストリップ。まな板つき。だよ。これから店の担当者

が、踊りを教えてくれるからがんばって。僕は帰るから。」「何言ってる

の、あなた。そんなことできる訳ないでしょ。」「艶美は裸を見られるの

が、好きでしょ。当日は知らない人の前で踊るのだから、問題ないよ。と

にかく僕の命令は絶対だよ。逆らわないで。」私は黙るしかなかった。

 「じゃ、お嬢さんこっちへ来て。」と店の従業員が舞台へ呼んだ。すご


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年3月18日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】妻の肉声!【体験談】

妻美香37歳が不倫しているのは僕は携帯を見て知っていました・・

はじめは離婚とか慰謝料とか思っていましたが・・・

他の男にチンポ嵌められた妻はどんな感じ方をしてるんだろうか?とかどんなSEXをするんだろうとか

興味を持ち始めました・・・

不倫相手の男の携帯番号も知っているので僕は妻の不倫相手の男にTELをして有るお願いをしました、妻のSEXの最中の声をボイスレコーダーで録音して欲しいというお願いを

しました本当は動画を撮影して欲しかったのですが・・

準備不足な事も有り今回は音声のみと成りますが・・・

不倫相手の男は最初は困っている様子でしたが

妻との不倫に付いては責めないという約束でOKして貰いました妻はこの事は知りません男に妻に淫語を言わせるように誘導ももお願いしました!

男に早速ボイスレコーダーのデーターをメールで送って貰いました其の音声の通り書きたいと思います・・・

ホテルの一室のようです

男「今度何処行きたい?」

妻「温泉旅行とか」

男「泊まりで行くの?」

妻「うん・そう」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年3月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】「初夜 Ⅱ‥(裸擁の初夜①)」【体験談】

尾瀬への一泊旅行は 当時の‥耳年増の処女と童貞の性体験としては画期的なことでした。尾瀬行は初夏でしたから 秋の結婚式までには3ヶ月ほどあったのですが、その後の彼女(結婚前の女房)は 明らかに‥私と云うより周りの人にも、変わった態度を見せるようになりました。それはやはり‥輪郭だけでも 男のモノを知ったからでしょうか。(続く)

(承前)

彼女は尾瀬以来‥メッキリ女らしくなり 清楚な無垢の生娘の初々しさが薄れ、何か尻の坐った 女の覚悟みたいなものを見せ始めたのです。私などは 彼女の母親がどう思うかとハラハラしていたのですが、母親は私に会うと 「アナタ‥ もう婚約したんだから構わないけど、早々と‥ 尾瀬でヤッチャッタのね!‥」と云わんばかりの目付きです。

そして当のご本人は 私が遊びに行って二人切りになると、キスをし舌を絡めながら 片方の手で、私のマラを握って 勃っているかどうかを確かめて来るのです。そして今までと‥違って来たのは 男を見る目です。父親や男兄弟を見る目が‥ アナタ方も子種が溜まると、夜‥布団の中でコソコソと 隠れて出しているねぇ!‥と云う目なのです。

そう云う彼女自身も‥女らしくなったのは良いのですが、唇も赤く化粧が濃くなり 明らかに処女と云うより「女」の色気が出て来ました。私はこれは‥明らかに 尾瀬の夜にアクメを経験した彼女が、あの快感が忘れられず 密かに自分でクリを弄り始めたのでしょう。まぁ‥これで少なくとも‥本番のときの 精神的な抵抗は無くなった訳ですが‥。

彼女のマスは いずれその内に白状させようと思いますが、アレは一度経験したら‥普通の人なら ツイもう一度‥ってなりますよね‥。それからの私は‥前に覗き見た隣家の娘のマスを思い出し 夜な々々それに彼女のイメージを重ねて、マスを掻き捲りました。そんなことで初心な童貞と処女は マスを掻き々々結婚式の当日を迎えたのです。

10月中旬に 早稲田の大隈会館で結婚式を終えた夕方、上野から夜行で 北海道への新婚旅行に発ちました。最初の晩は女房が寝台車の下段 私が中段に寝て、お休みのキスで マラを握ってもらうのが精一杯でした。翌朝は早くに青森に着き 小走りで連絡船に乗り換え、6時頃に出航して‥二人は大部屋で ゴロ寝で手を繋いでいました。

函館に着く前には 進行方向に駒ケ岳の吊り尾根が見えました。駒ケ岳の山容の変化を見ながら やがて札幌に着き、昼過ぎには 旧北海道庁の脇にあった和風旅館のF屋に入りました。宿に荷物を置き 札幌の街の見物に出ました。街では本屋で 前には買い悪かったヴァン・デ・ヴェルデの「完全なる結婚」を見付け、晴れて 買いました。

夕方‥宿に戻って夕食が済ませ 仲居さんに明日の予定を告げると、後はすることも無く 早速に布団が二組‥敷かれます。別々に風呂に行き寝巻の浴衣に着替えると イヨイヨお床入りです。私が寝床に胡坐を掻き 手を拡げると、女房は躊躇いも無く そこに横坐りになりシッカリと抱き付いて来ます。二人は唇を寄せ合い 深く舌を絡めました。

柔らかな女房の舌に 舌を絡めると、〝もうナンにも 気にするコトは無いんだ!…〟の思いで 胸が一杯です。「ヤット 二人キリだね…」「エェ…」と 二人は暫くそのままで居ました。しかし‥少しすると 何だか締め括りが付きません。普通ならココで 本番になるのですが、前から「身体のことは 一番遠くの摩周湖でね‥」と 云っていたのです。

彼女も今晩は そのつもりですが、私のマラはもう彼女の尻の下で硬く勃ち 彼女もそれを尻に感じている筈です。今なら成り行きで押し倒して マラを挿入しても、恐らく彼女は〝しょうが無いわねぇ…〟と それを受け入れるでしょう。でもその時は 何故かそれは出来ません。取り敢えず灯りを消すと 窓のから澄んだ月の光が射し込んで来ました。

月光の中で 抱き合った二人は、「ネェ‥ 二人だけの初めての夜なんだから、‥身体のコトは摩周にするけど‥ 何かシタイねぇ‥」‥ 「エェ…」‥。「ねぇ‥ もう夫婦なんだから…、全部脱いで 裸で抱き合ってみようか?‥」‥ 一寸間があって女房が「イイワ…」と応じました。お互いに立ち上がり 後ろ向きになって浴衣を脱ぎ捨てます。

「イイィ?… 向くよ…」‥「ハイ…」で向かい合うと 闇に女房の裸身が白く立ち、手を添えている股間に 陰毛が薄く見えて居ます。私のマラも陰毛の中にソソリ勃ち ヒクヒク脈打つのが女房にもハッキリと見えて居る筈です。窓辺に行きカーテンを開けると 折からの名月の光が、耿々と部屋の中の寝床の上まで射し込み ロマンチックです。

それからの二人はもう できるだけ多くの部分を触れ合いたくて、手足の総てを使って 触り捲くることに夢中でした。素肌の抱き合いは 尾瀬でのトレ・パン越しの感触とは全く別で、新鮮な温かい快感で 気が遠くなりそうです。暫くは眼を瞑って 全身を触感にして揺蕩(たゆた)ってましたが、その内に私は ジックリ女房の身体を見たくなりました。

少し抱く腕を弛めて 「身体を見ても イイィ?…」と云うと 「ウン…」と応じて呉れます。 私が女房から離れると 女房は仰向きに手を伸ばしました。私が上体を起こして見ると 始めて見る女房の裸体は、もう覚悟したのか 前を隠すことも無く陰毛まで露わに、両手を白い身体の両脇に伸ばしています。それは思わず息を呑む 何とも美しい姿でした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年3月17日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】絶倫禿げ社長と妻【体験談】

俺が再就職した工務店の社長は、年齢の割りに押しが強くていかにも好色そうな

禿男だ。こういう男に妻がどうにかされてしまうことを想像して楽しんでいた。

いや、実際にどうにかされた妻を見てみたいとさえ思うようになった。

 社長はY談が大好きで、酒が入ると俄然エロ自慢をする。愛人もいるらしいが、

「人妻」が一番燃えるんだとか言っていた。相当アコギなこともしてきたらしい。

そんな社長におれは女房のことを吹聴した。どんなことをしたら悦ぶとか、どん

な声で喘ぐとか、たわいもない話だが、社長はすぐに食いついてきた。



 夏休みにとった水着の写真があるというと、見せろ見せろとしつこく要求する。

しまいには俺の胸ポケットに万札をねじ込んできやがった。妻も30半ばでしっ

かり肉付きも良くなってはいるが、社長から見ればおいしい年代らしい。

食入るように写真を見ている社長に、俺は耳打ちをした。

「今度の日曜日、うちのやつに届け物をさせますから、、」

社長は、ウンウンと大きく頷いて、俺に握手してきた。分厚い大きな掌は心持ち

脂ぎっていて気持ちが悪かった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年3月17日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】こんな奴に【体験談】

夏の、ものすごく暑い夜のことでした。

仕事で遅くなり、会社の後輩Bを連れて家に帰りました。

後輩の家は電車と徒歩で2時間近くかかるのです。

私の都合で遅くまで付き合わせてしまったので泊まってもらうことにしたのです。

翌日は休日でした。

 私は自宅にあらかじめ電話を入れておいたので妻が食事と酒を用意していまし

た。

 6畳の部屋に夏物の座布団が布かれBの座る所の風が良く行くように扇風機が回っ

ています。エアコンは不調で停まっていました。

この後輩Bはデブでガサツで使えない奴です、私は3才年下の27才になるこの男を

はっきり言って嫌いです。

「悪かったな」私は謝りながら食事とビールを勧めねぎらいました。

2dkの狭くて古い賃貸マンションです。妻が広々したいといって和室のふすまを

外して籐の衝立を仕切にしていました。部屋の奥の方まで丸見えになります。

 Bは無遠慮な目で家の中を見回していました「けっこう古い家ですね」とか「西向


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月17日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】嫁が入っていたサークルは、乱交サークルだった 【体験談】

今日は、嫁が遠い親戚の法事で、実家に泊まりで行っているので、久しぶりの独身気分で浮かれていた。



俺は28歳で普通の会社員。嫁の里香は26歳で、結婚してまだ2年だ。

付き合い始めて半年ほどで結婚したので、まだまだラブラブだ。

里香は155cmで、50kgを切る体重なので、小柄で可愛らしい感じだ。美人とは言えないかもしれないが、リスみたいでなんか愛嬌がある。

いまだに学生に間違えられることも多い里香だが、胸だけは爆乳だ。

見た目の幼さと爆乳はギャップがあり、そこが俺の好きなところでもある。





まだ子供作りは始めていないが、そろそろ作りたいなと話しているこの頃だ。



とくに倦怠期でもなんでもないのだが、久々の一人はちょっとウキウキする。



とは言っても、会社もあるし、とくにしたいこともないのがホントのところだ。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月17日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ