寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】妻と友人の整体師【体験談】

以前から寝取られ願望を持っており色々考えていましたが先日実行に移すことができました。

妻は42歳、色白でスレンダー、胸は小さいけど乳首も小さくキレイなほうだと思います。

いつも10歳以上若く見られます。

私の友人が自宅で整体やマッサージをやっているので、無料でやってもらえるという話を妻に持ちかけると

立ち仕事をしている妻は最近腰が痛いらしく、喜んで話に乗っかってきました。

友人Aには先に話をしておき、マッサージの経過でセックスできそうならしてもいいと、伝えおきました。

驚いていたけど、ある程度長い付き合いの友達なのでまぁまぁ話はわかってもらえた。笑

この日のために妻とのセックスは少しだけセーブしておいた。

友人宅に到着すると、少し大きめの自宅の一回を診療所に改築したもの、内装はそこそこ立派。

Aはマッサージ師だけど、そんなに体格は良くなく、まぁそれでも筋肉はついてるなという感じ。

見た目は爽やかで妻も好印象な感じ。

施術のためにバスローブにみたいな薄手のガウンを羽織って用意をする妻。

私も施術の説明を一緒に聞きながら、最初はマッサージを見学していたが、

一時間くらいゆっくりしてくれるみたいなので、近くのカフェでお茶したりして時間をつぶすといい部屋をでた。

もちろん、そんなとこに行くはずは無く待合室待つが、廊下からベッドが丸見えなので、そこで待機。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2013年7月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻を貫いた他人棒 その2【体験談】

以前、「妻を貫いた他人棒」を投稿した者です。あれから、妻の理香との毎日は、とても細やかなものになり、2人で過ごすひとときがとても充実しているように思えるようになりました。夜の営みも、若いときほどではありませんが、前よりは頻繁になり、濃密度を増してきました。もちろん、精力回復という訳ではありませんが、思いの方向が相手の方に向き、パートナーの喜びが自分の喜びと思えるようになってきたのです。

複数の人と交わることはアレ以来しばらく遠ざかりました。あんなに凄いことを体験したのだからアレ以上のものは無いだろうって、お互い満足感でいっぱいだったのです。でも、あの時からしばらくして、再びめくるめく喜びを私にもたらしてくれる機会がある日突然に訪れました。今回は、そのときのことをお話します。

それは、桜の花が咲き誇る頃、二人でとある観光地へ旅行に行ったときのことです。この頃になると、私たちは都合をつけて二人で旅行に出かけることを慣例にしています。今回は、どこか田舎の鄙びた所でのんびりしたいと思って、民宿を選びました。2泊3日の予定です。

1日目は、市内観光でたくさんのお寺を見て歩きました。春の陽射しを浴びながら、妻と手を繋いで歩くのもまた格別なものです。長い道のりを歩いたので、民宿へたどり着いたときはとても疲れており、旅館の人の勧めで先ずお風呂に入ることにしました。脱衣場がとても狭い上、湯場も男女の別がなく、二人が入るので精一杯です。妻といっしょに入り、旅の垢を落とし、着衣し始めた時でした。突然、二人の男性客がドアを開けて入ってきました。

「アッ!ごめんなさい。女性がいるとは知らなかったものですから・・・」

二人は一瞬、妻の方へ目をやり、慌ててドアを閉めました。

「いいですよ。こんな小さなお風呂場ですから無理もありません。さあ、どうぞ。」

そそくさと私たちは身支度を急ぎながら、男性客に背を向けて着替えを済ませました。私たちが、浴室のドアを閉めたとき、後ろから小声が聞こえました。

「いいなあ−っ!あの女、あんなのとヤリてえなあ・・・」

私は、その声を後ろに聞きながら妻に、

「おい、おい・・あんなこと言ってるぞ。お前もまんざら見捨てたもんじゃないなあ。」

「うふっ、ちょっと嬉しいな。こんな昔のお姉さんでも、まだその目で見てもらえるんだ。」

一息入れているうちに夕食の時間になりました。食事は飯台を二つ連ねて、都合6人が相向かいに座りました。食卓の上には、お家の方が作ってくださった心づくしの手料理が並んでいます。席を共にすることになった相客さんは、私と同じ40代と見える方がお独り、後の3人は20代後半か30代前半のように見えました。私が、一番年配に見られたのでしょうか、妻を傍にして上座を勧められ、おまけに「旅のご縁で・・出会いを記念して・・・」と乾杯の音頭までお願いされ恐縮しました。

「小野(仮名)と申します。今回は妻と二人でささやかな旅行を、と思ってやって来ました。」

「そうですか。私は山本(仮名)という者です。こちらで、若い者と一緒に仕事をさせていただいているのです。」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2013年7月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】続・餓鬼がプールで③【体験談】

(5)

先ほどの正座は、岡島君にも身体を見せるようにとのお願いだったのでしょう。

そして、欲求不満の妻はその要望にこたえてしまった。

30代の熟れた人妻の身体は、童貞の少年には過ぎた刺激のはず、直ぐに二人は若い肉茎をはじけさせます。

執拗に妻の乳房に吸い付く岡島君は二人に促され、入浴後に着た私のパジャマを脱ぎ始めます。

仰向けに横たわる妻の傍で立ちあがりトランクスを脱ぐ彼の姿は

痩せた二人とはまったく雰囲気が違います。

そして、違和感を感じるほどの屹立が目に飛び込んできます。

後日聞いたところによれば、岡島君のペニスの大きさはクラスの中でも有名なことらしいのです。

実は彼も妻の側にいたかったようなのですが、大きくなった膨らみを気づかれるのが恥ずかしくて

プールでは近寄らなかったようなのです。

おそらく20センチ近くはありそうです。

また太さもかなりのもの、私の3倍くらいはありそうな。

妻は私と結婚するまでは処女だったので、こんな大きさのものと結合は初めてのはず。

鈴木君が妻の口を使っているので全く気付かないまま、岡島君は身体を近づけていきます。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2013年7月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の性欲【体験談】

私32歳、妻36歳。結婚して1年足らずです。妻はバツ一で、私は初婚です。妻は25歳で結婚して4年間の結婚生活を送ったものの30歳を前にして離婚。子供はありませんでした。私と結婚する前1年間程男性とお付き合いをしていたそうですが、彼女が出来てから会えなくなってしまったそうです。私はどちらかというとむっつり助平で、妻はあっけらかんとしたタイプです。二人でちいさなマンションに住んでおり、共働きです。身長は私が1m70cm、妻は1m65cmであまり変わりません。昨年の夏の暑かったこと。妻の意見でその間夜はお互い全裸で敷き布団のみで寝ていました。セックスする日もしない日もずっと寝ている間は全裸です。妻が朝目を覚ますと私のペニスが朝立ちしているのを見ると握ったり、口に咥えたりします。時には私の身体の上に乗って、自分で私のペニスを妻のあそこに当てて身体を沈ませ挿入したりします。

夜息苦しいので目を覚ますと妻のあそこが私の口の上にありました。「舐めて・・・」と言うのです。妻が生理の時は決まって妻の方から私のペニスを握りしごいて射精してくれます。ある日妻が私のペニスを咥え、私が妻のあそこを舐めていた時妻が言いました。「雅君(俺の名前)、私のあそこ、剃ってもいいよ。口に毛が入って舐めにくいでしょう。前の彼、そういって私のあそこをツルツルにしていたことがあるのよ。」とか、正上位でセックスしていたら、ワンワンでする?

そしたらあそこが丸見えで興奮するんじゃない?とか以前の旦那や付き合っていたころの男性とのセックス体位を言います。時には妻が一人でエッチビデオを借りて来て一緒に見ていると俺のペニスを握って来たり咥えて来ます。

妻が言います。「私毎日エッチしたいの。前の旦那ともそうだったのよ。ね。いいでしょう?」と。

妻とワンワンでする時かならず、アナルを舐めてほしいと腰を左右に動かすんです。性感帯があるようです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2013年7月17日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】セクハラに堕ちた妻 【体験談】

果帆が27歳になった時

勤めていた商社から転職してインポート物を扱うアパレル会社に転職しました。

果帆はおしゃれで服が好きということもあり、

念願の業界だねって

しかも2人の結婚も控えていたので色々お祝いしました。



しかしいざ勤め始めると、

果帆の事業部は色々大変そうでした。

大変な要素は幾つか有って、

まず会社的に業績不振という事で仕事が無駄に手広く忙しく



もう一つは

セクハラ系の悩み事、果帆は店舗勤務では無く、本社採用だったのですが

派手で軽い業界というか、その会社独特の空気に、

のんびりしているようでしっかり者の果帆が


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2013年7月16日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】ヤンキー人妻ナツコ【前編】 【体験談】

28:なまえを挿れて。[sage]:2009/07/02(木)11:37:16ID:f6TixOCG0

元カノは職場で知り合った25歳の人妻でした。いわゆる不倫というやつ。

名前はナツコ。中卒のヤンキー上がり。

ただ、人なつっこくマジメに仕事はする。顔は中の上くらい。

少し仲良くなってきたところで、いわゆる「性生活の不満」という愚痴を聞かされた。

(軽そうなので、ヤレそうだな)と思い、食事に誘うとホイホイ着いてきた。

当然その夜にはもう身体の関係に。



一緒にシャワー。オッパイは小振りながら張りがあるお椀型。

相当チンポに飢えてたみたいで、シャワー後はむしゃぶりついてきた。

これがまたメッチャ上手い。

さらに「オレの我慢できる限界をなぜ知ってる?」と思わせるほどギリギリの寸止めフェラ。

もうチンポはギンギンで我慢汁はダラダラ。

オレも長時間舐めさせるのは好きなので放っておいたら1時間寸止めフェラ。

正直、これほど気持ちいいフェラは初めてでした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2013年7月16日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】家庭教師と私【体験談】

受験に向け友人に子供の家庭教師を頼んだ。

有名私立大学のバイト学生で良平と言い週1回教えに来る。子供も良平になつき成績も順調に良くなってきた。

旦那は仕事が忙しいと朝早く出掛け帰宅はいつも遅い。携帯に浮気の痕跡を見つけてしまった。

夫婦の夜の会話は3ヵ月に1回程度で義理みたいである。

夏休みになり子供と旦那は運動クラブ合宿に出掛け家には私ひとりだけ。

良平から夕方夏休みの宿題教材を届けくると連絡が来た。

ミニとブラが透けて見えるブラウスで良平を待った。

ひとりの夕食も寂しいと良平を誘い冷えたビールで乾杯し他愛の無い会話を若い青年と楽しんだ。

「就活はどうなの?」

「厳しいですね 旦那さんが羨ましいですよ」

「そんなことないのよ 夜もいつも遅いし 彼女はできたの?」

「時間もないし出会う機会もなくて」

お互いに酔いに任せ際どい会話になった。

「帰宅が遅いと夜のほうはどうしてるんですか?」

「ときどきね レスに近いわ」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年7月15日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】俺 当時20【体験談】

俺 当時20 大学生

細身。女友達数人いわく可愛い系元カノ(M) 当時20 大学生

有名人とか知らんから誰に似てるとかは分からない

見た目はそれなりに可愛いが、頭が悪くて喋るとただの馬鹿高校時代の同級生で、当時の他の友達にもさっさと付き合え、と言われ続け、大学2年の時に付き合い始めた。

きっかけは別々の大学に行ってほとんど会う機会が無くなって寂しさを互いに感じてたから。

基本的に俺の方が授業終わるのが早かったため、Mの大学の方まで足を運び、向こうの友達数人と一緒に飯食いにいったりして遊んでいた。

2人きりで会ってたのは日曜と祝日くらいだったかな。

付き合い始めて半年くらい経った頃に、Mの大学の学祭があり、高校時代の友達と5人で遊びに行った。

他の4人はさっさと帰ったが、俺はMが帰れるまで近所で時間を潰して待っていたのが学祭1日目。

2日目は終わったあとに打ち上げがある、とのことで待ってても無意味だろうと思い昼間に会いに行っただけだった。

後から後悔したんだが、この選択が間違いだった。風呂から上がった後、Mの大学の友達のAからメールが入っていることに気付いた。

ちょうど風呂に入ってる頃にメールが来たようで、内容は

「電車無くなりそうだから酔い潰れたMをS(Mの大学の男友達)に預けたから迎えにいってあげて」

とのこと。Aを含む俺の知ってる人数人は全員Mとは逆方向に帰り、Sだけ同じ方向なのは知っていた。

「とりあえずSの連絡先知らないからメアドだけでいいから教えて」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2013年7月15日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】通販のオペレータ【体験談】

「はい!XXXX製薬の担当XXXです」

○○新聞のXXXの広告を見まして・・・「○○新聞ですね、サンプルのご注文ですか?」

その前に、少しお話を聞いて頂いて・・・相談したいんですが・・・「ご相談ですね」

昨年の秋に少し早く退職しまして、58歳になります。「58歳ですね」

仕事の呪縛から解放されたのを期に、環境をがらりと変えたんです。

それまで寂しい思いをさせた妻と向き合おうと・・・妻との時間を大切にして、それまでなおざりにしていたSkin Shipも増やして・・・ 2nd Lifeを楽しもうと・・・

「それは素敵な事ですね、奥様もお喜びでしょうね」

それで、GOLF、テニス、ボーリング、温泉巡り等をいっしょに。

体を動かすと体調がすこぶる良くなりまして、何か若返ったような気がして・・・

「それは、やはりお仕事から解放されて・・・精神的にもですね」

それが少し調子に乗ってしまったのか・・・先月頃から朝起きると腰に痛みが走ったり、少し重苦しくなったりしてきて・・・まだ、妻には話してません。体を動かし始めると

気にならないんですが・・・「そうですか、それではまだそれ程ひどい状態では・・・・

いつ頃からその症状が?」ひと月前頃からだと思います。

きっかけは・・・

恥ずかしい話ですが・・・退職前のSkin Shipは月に1回あるかないか・・・ですからSexlessぎりぎり状態だったんです。「・・・お仕事がお忙しかったのですね」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2013年7月15日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】我が妻の性態【体験談】

私30歳、妻32歳。結婚して2年が過ぎようとしています。私はサラリーマン、妻は有名国立大学の教育学部を卒業して中学の英語の教師をしています。私は婿養子です。妻の母と私達夫婦の3人暮らしです。身長も妻は1m65cm私は168cmです。

妻は近所の人たちからすごく美人で頭の良い人、男性からはお酒の席などでは男の性欲をそそると言われています。

確かに胸も89cmお尻は90cmあり、休日ジーンズなど穿いている姿は大きなお尻にジーンズが食い込んでおり、胸も揺れる位あります。私はというとやや細身で草食系の体型です。私だけが知っている妻は・・・実は私が初めての男性であるのですが、学校で教えている妻はどうだか分りませんが、夜の生活は妻主導なんです。私は夜お酒を飲むとすぐ眠くなり先に寝てしまうのですが、お風呂から上がった妻は寝ている私の顔の前にしゃがむようにして大股開きで私の口の前に彼女のあそこを広げて腰を下ろすんです。もちろん其の時はパンティーは穿いていません。というより彼女は結婚してからお風呂からあがるとブラもパンティーも付けません。セックスしようと思った夜は必ず全裸で私が寝ているベットに入って来ます。

布団に入るとそんな時はまず私のあそこを触って来ます。そして大きな胸を私の口元に持って来て舐めてくれと言うんです。

その後自分から身体を反転して69の体位になり私のペニスを口に含み、彼女の下半身を私に摺りつけます。すなわち彼女のあそこを舐めてほしいということなんです。妻の陰毛はおへその下の縦に幅2cm位で縦長に少しあるだけです。妻がお風呂で処理しているんです。というのは中学へ行く時には先生らしい服装で出かけるのですが、下着は純色の赤や黄色紫と言ったTバックか、ナイロンの薄い透けて見える小さなパンティーを穿いています。誰も信じられないでしょうね。

セックスの時も卑猥な言葉の連続です。自分からよつんばになったり、夏の暑い夜など、今夜はベランダでしてと全裸になって外ですることもしばしばです。婚約した後ドライブをしていた時にも運転している私の股間をずっと触っていました。

途中わき道に逸れ、空き地でカーセックスを要求されたことや、昼間車の中でフェラをされたことなど数えきれません。

妻がいいました。少なくても週に3回はエッチしてと。その上、彼女は私が知らないと思っているのか、セックスしない日の夜中、自慰行為を何度もしているのを知っています。一緒にレンタルビデオ屋さんに行って妻が選んだエッチビデオを私がカウンターでお金を払って家に帰ると一緒に見ようと言って見ています。時には興奮したのか「私にも同じようなことをして」と自分で全裸になって腰を突きだすこともあります。先日はネットで購入したといって箱に入ったバイブレーターを2本私の前に差し出し、「これを使ってして・・・」という有様です。妻が生理の日はゆっくりと眠れると思っていたら、私のペニスを口に含み射精した精液を飲みます。夜義母さんを含めて食事をしている時にでも「貴方、食事が終わったら、お風呂に入ってね。今夜は早く寝ましょう」と義母のいる前で言うんですから。休みの日などベットを出るのが昼前になったことも再々です。それに洗濯したのを見た義母も透け透けのパンティーや純色のTバックを見てなんと思っているのかひやひやものです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2013年7月14日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ