寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】セクハラに堕ちた妻【体験談】

果帆が27歳になった時

勤めていた商社から転職してインポート物を扱うアパレル会社に転職しました。

果帆はおしゃれで服が好きということもあり、

念願の業界だねって

しかも2人の結婚も控えていたので色々お祝いしました。



しかしいざ勤め始めると、

果帆の事業部は色々大変そうでした。

大変な要素は幾つか有って、

まず会社的に業績不振という事で仕事が無駄に手広く忙しく



もう一つは

セクハラ系の悩み事、果帆は店舗勤務では無く、本社採用だったのですが

派手で軽い業界というか、その会社独特の空気に、

のんびりしているようでしっかり者の果帆が


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年4月18日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】春休みに2週間位実家に帰ったんだけど【体験談】

春休みに2週間位実家に帰ったんだけど、

彼女の電話での様子がいつもと違うのに気づき、

内緒で実家から戻ることにした。

夜9時頃自分の家に到着し、すぐ彼女に電話してみると

「これからバイト先から家に帰る」とのこと。

俺の家から彼女の家は自転車で20分位の距離なので、

何も言わず、急いで彼女の家まで行き、合鍵使って

部屋の中で待つことにした。

万が一の事に備え、靴をベランダに隠し、

テレビだけつけて彼女の帰りを待った。

この時点で「もし何かあったら…」とすでに興奮しまくって

いたが、これまで浮気した形跡もつかんだ事も無いので、

どうせとりこし苦労に終わるだろうと思っていた。

しかし、バイト先からは10分程度の距離なのに

彼女は一向に帰って来ない。2時間後にしびれを切らし、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年4月17日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】旅館の奥さん 【体験談】

自分の実家はスーパーをやっています。私はここの2代目(26歳)です。もう

20年以上もひいきにしてもらっている旅館の奥さん(令子さん47歳)と5ヶ月

ほど前から深い関係になりました。

 令子さんは毎朝仕入れに来てくれるのですが、買った品物が多くて持って帰れな

い時は、私がいつもあとから配達しています。前々から令子さんのことが好きだっ

たのでダメもとで告白しました。そうするとあっさりOKでした。あとから聞いた

のですが、令子さんも私の頑丈な体に抱かれたいと思っていたみたいです。

 それからは、月に10回ぐらい会ってセックスをしています。セックスをする日

には合図があって、買った品物の量に関係なく令子さんが私に配達を頼む事になっ

ています。その日は令子さんの主人が留守をする日なのです。

 私が配達に行くといつも令子さんは、オナニーをしながら待っています。私が品

物を運んでいる最中から、私のチンポをズボンの上からさわっています。そして品

物を運び終えると、私のズボンとトランクスを一気に下ろしてむしゃぶりついてき

ます。令子さんのフェラは最高です。舌使いはもちろんですが、唇の使い方と、下

から見上げてくる目がとても刺激的でいいです。いつも最初はフェラでいかしても


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2014年4月16日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】寝取り【体験談】

くだらない事をしなければよかった。

飲み友達とお互いの嫁を寝とってみないかと言ったのは俺だが、

自分の嫁が簡単に落ちるとは思ってもいなかったし、

酒の席での話しだったし、もう3ヶ月前の話だったのでKさんも

忘れているのだと思っていた。

いつもの様に、一緒に酒を飲みその帰り間際に、

Kさんから1枚のDVDを貰い「一人で見るんだぞ」と

言われ自宅で見てみるとそこには、

妻とKさんのセックスしているDVDだったのだ。

酔いも吹っ飛び、驚きよりも、

私は恥ずかしい位かじりつく様に見入ってしまった。

ラブホテルであろう、ベッドに向けて

ビデオカメラを用意しているKさん、

その後ろにはバスタオル一枚を身体に巻いている妻が座っている。

シャワーの後だと解る艶やかな髪としっとりとした身体、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年4月14日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】美和子物語 佐藤さんとのデート【体験談】

美和子物語 佐藤さんとのデート佐藤さんが岡山へ来られて仲良し会をしました。

佐藤さんが美和子のベビーをキスされていましたら、突然に生理が始まりました。

理由を言ってキスをやめてくださるようにお願いしましたが・・・。佐藤さんは構わないからと言われて美和子のクリを吸引されていました。

先端部分が敏感ですから気絶する様でした。

美和子はベッドの上でM字開脚をしています。腰を浮かしながら佐藤さんとのタイミングを合わせています。

佐藤さんが体を移動されて69の体型になりました。

美和子のお口には佐藤さんのジュニアがいます。両手でジュニアを持ってお口に含んでいました。

ジュニアは美和子の口紅が移ってピンク色です。

佐藤さんの袋の下側を強く圧迫しますと導管が膨れています。お口では亀頭部分を含んでいます。カリの段差の部分が堅くなっています。

先端を舌でさすったり吸ったりです。佐藤さんが射精の気分になり始めますと中断です。

このような状態で2時間以上を過ごしました。突然、彼が離れて体位を入れ替えて美和子に挿入されました。

美和子は長時間の愛撫を受けていますから、愛液でベタベテです。

彼が毎週でも岡山に来るから会いたいとのお申し出です。

繋がった儘では返事もできません。

けれども、体が承知しています。彼が絶頂に達して大量のザーメンが美和子の中に流れ込みます。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月13日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】妻と田舎へ旅行【体験談】

妻との結婚式を終え、僕らは2人で北海道内のド田舎へ温泉旅行へ行きました。

とにかく美味しいご飯と、気持ちのいい温泉という条件で選んだため、まわりに観光名所など皆無の山の中です。

何もする事がなく、僕らは晩ご飯の時間までSEXしまくりました。

けっこう肉付きがよく、ムチムチの太ももやEカップのおっぱいをはだけた浴衣から覗かせる妻はとても色っぽく、僕はふだんよりも燃えました。

僕らは結婚前から常にコンドームは使っておらず、その日ももちろん生挿入です。

まだ仲居さんが布団を敷いてくれるような時間ではなく、自分達で敷くと仲居さんが敷きに来てくれた時に「自分達で敷いちゃって、SEXでもしてたのかな」と思われるのも恥ずかしいので、小さな座布団を何枚か並べました。

もちろん、セックスが始まってしまえば座布団など吹っ飛んでしまうのですが…

妻を正上位やバックで突きまくり、僕がそろそろ出そうになると、妻の反撃が始まりました。

僕を仰向けに寝かせると、ちんちんの上に自ら腰を沈め、ヌルンっという感触と共に僕のちんちんは妻のおまんこに咥えられました。

その時点で僕は出そうだったのですが、妻はM字開脚の体制になって、ちんちんがおまんこに入っているのを僕に見せつけるのです。

この体制の時の妻の動き方は腰を使うような動きではなく、膝を使ってお尻を上げたり下げたりして、ちんちんの根元から先っちょまで深くちんちんを咥えこむのです。この体制だと妻の体と僕の体が触れている箇所はちんちんとおまんこだけなので、意識がちんちんに集中して、とても気持ちいいのです。

この時の妻の格好をわかりやすく例えるなら、カエルのような体制と言えばわかりやすいでしょうか。

僕が「だめ、出そう。このままだと中に出ちゃうよ」と言うと、

「まだいっちゃだめ」と微笑みながら言い、下半身の動きを止めるのです。

僕が寸前で止められてハァハァ言うのを見ると、またすぐに下半身を動かして、浅く深くちんちんを咥えこむのです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年4月12日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻と若い男の情事(歳の差16歳)【体験談】

自分はいわゆる「妻に他人棒」という欲望が数年前から湧き上がってきていて、昨年の1回だけですが一応成功しました。

凛太郎(仮名・21)という男の子がいて、彼は私たち夫婦が住む某市内の簿記専門学校に通うために、2年ほどに隣県から来て一人暮らししています。

市が定期的に開催する市民交流の場で、1年半ほど前に私たちと知り合い、それからはそこでよく出会うようになりました。

妻(37)は短大生時代に取得した簿記1級を活かし今でもOLをしていますが、凛太郎が簿記合格を目指しているということで、たまに夕食を兼ねて自宅に呼んでは簿記の問題を解いて教えたりもしていました。

凛太郎も解らない箇所があれば直ぐに電話してくるようになりました。

解らなければ学校で講師に聞けば?そのために学校に通ってるんじゃないの?なんて思ったりもしましたが、凛太郎もまんざら妻に会いたかったのだと思います。

妻は妻で、自分に頼ってくる今風の可愛いカッコいい凛太郎がとってもお気に入りでした。

「そんな先生の教え方じゃダメよ、あたしに聞いてね!!」なんてよく言ってましたので。

その甲斐あってか、まずは2級に合格しました。

ある日、凛太郎が、「お世話になってるし、合格もしたのでお二人にお礼がしたいです。」と言ってきたので、自分はこれを利用出来るかも!!とすぐに考えました。

自分は、妻に内緒で、先に男同士でお祝いだと凛太郎を誘い居酒屋へ行き、彼を結構酔わせて胸の内を聞き出すと、案の定、妻が気になって仕方ない、結婚するなら奥さんみたいな女性がいいです、などと勝手に熱く語り始めました。

「妻みたいな女性か・・・。例えばだけど、シテみたいとか思ったことある?」と聞くと、照れながら「奥さんとですか!?う~ん、無いと言ったらウソになりますけど…少し思いましたよ、だって美人だし大人の女性の色気があるから…アハッ」と誘導尋問に段々と引っ掛かってきました。

そこでズバリ、「口説いてみる?もし嫁がOKしたら一晩限りということで。」と切り出し、「奥さんに叱られそうだし、嫌われそうだけど…、好きって言われて嫌な女性はいないですかね!!」と無理やり言わせました。

そして、あらかじめ紙にメモっておいた手順をバッグから出して凛太郎に見せました。

◎お礼したいと2人を食事に誘うが、自分は直前に出張で行けなくなる。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月11日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】兄の子供を孕む彼女【体験談】

———

高校二年生にしてようやく出来た彼女の名前はチサト。

まだあどけなさの残る童顔と、そこからは想像も出来ないほどに成長した胸が特徴だった。

“ロリ巨乳”という形容がこれほど当てはまる彼女のほかにいないのでは無いだろうか、と思うほどだ。

チサトを狙う男は後を絶たなかったが、猛烈なアプローチの末に俺がゲットした。

そこからは普通のデートを繰り返すだけの日々だったが、交際期間三ヶ月を経て、先日、遂にキスをした。

最近は手を繋いで街を歩く事も恥ずかしくなくなったし、周りの奴らにも「ラブラブだな」とよく言われる。

未だにチサトに交際を迫る男もいたようだが、彼女はそれを断り続けていた。

お互いに浮気なんてしなかったし、俺はチサトとの結婚まで本気で想像していた・・・・。

———

そんなある日、ついにチサトの家に招かれる事になった。

その時の俺の興奮ぷりと言ったら、相当なものだった。

隣にチサトがいたから落ち着いたふりをしていたが、下半身は爆発寸前だった。

こんなに可愛い彼女の家に行ってすることと言ったら一つだろう、と、当時まだ童貞だった俺はセックスのことばかり考えていた。

学年、いや、学校の中でさえ敵うものはいないと思われるあの巨乳を、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年4月11日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ? 【体験談】

嫁がお父さんの入院の関係で2週間実家へ帰っている最中、結ばれてしまった。



きっかけはこうだった。



仕事が終わり家に帰りスーツを脱いで着替えている時、チャイムが鳴りパンツ一丁で出ると、隣の奥さんだった。



俺『こんな格好ですみません。どうかしました?』



奥さん『夕食作ったんですけど、旦那が急遽出張になったので食べませんか。奥さんから実家に帰ると聞いていたので…不自由かと思い…』



俺『いいんですか?喜んで頂きます。』



奥さん『じゃあ着替えたら家に来てください』



何も考えず隣宅へ行った。すると奥さんはエプロン姿で用意をしていた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年4月10日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】サッカー少年団【体験談】

あれは4/9の土曜日でした。子供が入れて貰っている、サッカー少年団の保護

者会で飲み会がありました。私は酒が呑めず、又、車で来ていたため、一次

会だけ参加し帰ろうとした時、二人の奥さんが「私たちも帰るので送って頂

けませんか?」と聞いてきた。その奥さんの一人、伊藤さんは美人でスタイ

ルもよく、そして朗らか。この会のマドンナ的存在で私も以前から気に入っ

ていた。私は快くOKした。私は当然、もう一人の山口さんを先に送り届け

た。二人っきりになり、何かを期待しながら伊藤さんの家に向かった。

途中、「すみません、コンビニに寄って頂いてもいいですか?」と聞く。私

はコンビニの駐車場に車を止め彼女を待った。3分程で戻ってきた。

すると、「どうも、すみません。あの〜三輪さん、前に座ってもいいです

か?」と聞く。「いいですよ」と返事をし、彼女は隣に座った。

道中、世間話をし会話を弾ませた。彼女の自宅が近くなった頃、彼女は「三

輪さん、お時間有ります?宜しければドライブして頂けませんか?」と言

う、私は更に期待を膨らませた。車を方向転換させ、高速道路に向かった。

「ご主人、大丈夫なんですか?」と尋ねると旦那は旅行で子供らは実家に行


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月9日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ