寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された完 【体験談】

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。



でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。





#8212;#8212;僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。



「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」

僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。

僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。



胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。

一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。



そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた 【体験談】

今年で29歳になるが、ここ2年ほどで、まったく女性に興味を持てなくなってしまった。理由は、アナニーにハマったからだ。

そこそこイケメンだった俺は、10代の頃から結構女とやりまくっていて、二十歳になる前までに色々な経験をした。

何人かいた人妻のセフレが、ほぼ全員アナルセックスが好きだったこともあり、俺もアナルの快感に興味は持っていた。



でも、セフレに舐めてもらったり、アナルに指を入れてもらっても、少しも気持ち良くなれなかった。人妻のセフレの中には、アナル責めが得意な淫乱ビッチもいたけど、なんか大きいのが出そうな感じになるだけで、気持ち良くも何ともなかった。



なので、興味を持っては色々試し、気持ち良くなくてやめる。そんな事を繰り返しながら二十代後半になった。



そんな中、サイトを参考にエネマグラとかいうグッズを試してみた。太さも全然なくて、不思議な形状をしているそれを、サイトのチュートリアルに従って、ある程度お腹の中をスッキリさせてから挿入してみた。



すると、ほぼ抵抗感なくアナルに入っていき、ある程度の所まで行くと、勝手に吸い込まれていった。その時に、一瞬だけどゾクッとした。今まで、なにをしても気持ち良くなれなかったのに、一瞬とは言え快感が走り、テンションが上がった。





だけど、そこからが長かった。一瞬気持ち良くなっても、すぐに何ともなくなる。気持ち良いポイントを探り探り、催眠オナニーなんかも取り入れたりして、なんとか感じるようになってきた。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】不妊に悩んだ末の、究極の選択6 【体験談】

結婚後、不妊に悩んだ末にとんでもない選択をした私とみな実でしたが、ハワイでの絶望的な章雄とみな実との結婚式後、本当にあっけなく授かることが出来ました。

病院で検査し、妊娠が確定したときのみな実の嬉しそうな顔は、辛かった日々を忘れさせてくれました。





そして、その件を章雄にも電話で報告すると、

「マジか! やったじゃん! 頑張った甲斐があったな! おめでとう!」

と、本当に心から祝福してくれる感じでした。色々と迷惑かけてゴメンということと、本当にありがとうということを告げると、

「え? なにが? お前とみな実ちゃんが頑張って子作りして、赤ちゃんが出来たって報告だろ? 俺は関係ないじゃんw 俺は別になにもしてないしw」

と、とぼけたように言いました。本当に、章雄は良いヤツなんだと今さら実感しました。



あくまで授かった赤ちゃんは、私とみな実の赤ちゃんで、章雄とのことは無かった事にしようという、章雄なりの意思表示だと思うと泣けてきました。

私は、こんなに良いヤツを疑っていました。子供を作るためと言うよりは、みな実とのセックスをただ単に楽しんでいるように思っていました。

そんな疑いを持っていた自分を恥ずかしいと思いました。






この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年7月30日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】誠実な彼女の変わりよう【体験談】

彼女とは付き合って約3年。21なんだけど見た目はかなりロリで、高校生みたいな感じです。

なかなか可愛い清純派な子で、最初は彼女が俺以外の男に抱かれる想像もできなかった。

なんかそういう世界とはかけ離れたキャラだったんですよね。

でもだんだん、俺の中で変な妄想が膨らんできて、

そんな彼女が他の男にヤラれるところを想像して興奮するようになってしまった。

で、とうとう彼女に「浮気してみたくない?K(彼女)が他の男としちゃった話聞きたいなぁ」

などと打診してみたところ…

根がまじめで、3年間一度も浮気なしの子だったから、最初はやっぱり断固拒否で

「絶対いや」の一点張り。

でもいざセックスが始まったらやっぱり女の子も興奮しますよね?

だからそういう時を狙って集中的にその話題をふってみることにした。

挿入中、彼女がもうわけわかんなくなるくらい感じちゃってる時をみはからって、

催眠術のように繰り返し繰り返し誘惑しました

それをしばらく続けてたら、次第に彼女の態度が変化してきた。

いつもならはっきり「いや」と言う彼女がその日はもじもじして口ごもってる。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月8日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】お隣と嫁を交換してみたら2【体験談】

突然後ろから奈保子さんにチンポを握られて、

「あれ?真美ちゃんがやられちゃってるのに、こんなにしてるの?」

こう言われて、自分が限界まで勃起していることに気が付いた。嫁が、隣の家で正人さんにやられてイかされてしまったかもしれない状況だというのに、血管が切れるほど勃起している自分に驚いた。



「ねぇ・・・ さっきの声って、やってる声だよね・・・  真美ちゃんがやられちゃうなんて、意外だったなぁ・・・」



正人さんが浮気をしたかもしれないということはどうでも良いのかな?と思ったが、それよりも真美だ・・・

本当に正人さんにやられてしまったのだろうか?しかし、あの声はどう考えてもセックスしている声だ。



そんな俺の戸惑いなど関係ないように、奈保子さんは俺のチンポを握り続け、後ろから耳を舐めたりしてくる。

そして、パジャマから手を突っ込んで、俺の乳首をつまんだりさすったりしてくる。

思わず吐息を漏らしながら、

「奈保子さん・・・ダメです・・・ 真美が・・・  正人さんが・・・」

「なに言ってんの、3回も出しといて今更それはないんじゃない?」

そう言いながら俺のズボンを脱がし始める。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年2月9日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優2/8 【体験談】

妻はしばらく固まっていましたが、やがて下を向きながらもゆっくり手を動かし始めました。

すると男優はすごく気持ちよさそうな声をだして

「ああ、奥さんの手マジで気持いいよー、マジでいい」

と言っています。

百戦錬磨のAV男優に気持ちいいと連呼されたら、妻が勘違いして気分良くなって、サービス精神が出てしまわないか心配でした。

するとやはり妻はさっきよりも丁寧にシゴくようになっていました。



「奥さん、ちょっともう一回唾たらして」

「え?はい」

「あー、気持ちいい、女優なんかよりずっと気持ちいいよ、奥さんの手はすごいよマジで」

「・・・そんなことないですよ・・・普通ですよ・・・」



妻は時々腕が疲れてしまうのか、反対の手で交代してシゴいていました。

僕は撮影してるわけではないんだから、疲れたならやめればいいのにと思っていたのですが、妻は何故かわがままを言わずにやっていました。

そしていつの間にか両手でアソコを掴んで、一生懸命シゴくようになりました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2013年12月30日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻がこうなるとは…..。【体験談】

「それでは、ご主人出かけます。泊まりになるかは、後ほど。」

そう言われて妻を、西本さんに貸し出しました。

妻:由梨絵45才160cm 50kg スレンダー体型。

西本さん:58才177cm 痩せ型 筋肉質。

二人が、乗った白い乗用車を不思議な気持ちで見送りました。

西本さんは、私達夫婦が、自営する店のお客様でありまた、西本さんの仕事が、

保険関係ということで日頃から、親しくさせてもらってました。

とはいえこのようになるとは、想像にもしてなかったです。

二人を送り出し仕事をしながらも、複雑な気持ちですごしました。

夕飯の材料を近くのスーパーで買い、自宅に戻る時携帯が、鳴りました。

西本「ご主人ですか。西本です」歯切れの良い声が聞こえました。

私「どうも....」

西本「今、奥さんと食事をしています。出来れば今晩は泊まりで御願いします。」

私「うちのは何といってるのですか?」

西本「ええ、了解していただきました。奥さんとかわります。」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月27日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の裏切り(4)【体験談】

僕は自分のことをサド気味の性格だと思っていたが、実はマゾだったのかも知れない。

妻の裏切りを察知してショックを受けながらも興奮している自分を不思議に思っていたが、妻の口から出た現実が想像以上のものだったことに、今まで感じたことのない感覚に囚われてしまった。

いわゆる「寝取られマゾ」だったようだ。

妻が不倫ゴルフから戻ったのは月曜日の夜だった。

私がホテルに電話したことで、妻は浮気の発覚を感じていたようだ。

妻の方から「話があるんでしょ…」と切り出してきた。

僕は「△山△彦って誰だ」と単刀直入に切り出した。

妻は観念したように話し始めた。

彼と知り合ったのは3年前。

お客さんとして店に来たのがキッカケだった。

時々、店が終わってから食事に誘われていたが「家族の待つ家に帰らないといけない」という意識があり、いつも断っていたそうだ。

そんな時に僕が単身赴任したため、週末だけ子供たちを実家に預け「これも仕事のうち」とアフターにつき合うようになったようだ。

彼は幼稚園から大学までエスカレーターで過ごし、今は父親の会社で役員を務め「ライオンズクラブ」のメンバーでもある上流階級の男。

都立高校から大学に進んだ一般人の僕とは育ちが違う!

一介のサラリーマンである僕が都会の好立地のマンションを購入した時点で、僕たちの生活は「倹約精神」の上に成り立つようになってしまった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年7月10日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】妻の浮気【体験談】

妻は浮気をしたことがあります

というか、そもそもそういうことではルーズなところがあって

結婚前なんかは会社の上司やら近くのおっさんやらとやってたんじゃないかと思う

妻の実家の周辺はそういうことが、たぶんルーズなんですね

田舎の子はそういう面では奥手だろうなんていう人もいますが

実際は逆じゃないかと思いますね

相当早い時期から経験してるような気がします

妻の浮気の相手は、妻の会社の同僚、上司などです

要は、自分が大事にされるように媚を売るのでしょう

自分の仲間を増やすために体を提供するのでしょう

子供のころからそういう生き方をしてきた女性は多いです

夫である私は、実生活上、妻に対して厳しくもあるので、

気に入らなかったのかもしれません

妻がおかしくなったのは、パートに出始めてからです

5時過ぎに一度帰ってきてから、残業があると言っては


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2013年5月17日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】全然望んでなかったのに【体験談】

その1

 はじめて投稿します。

 28歳、結婚3年目の主婦です。

 去年の秋に夫が突然の転勤で仙台に転勤になりました。

 子供もまだなので一緒に行こうとも思ったのですが新居を建てたばかりなのと、転勤といっても1年間の研修みたいなものだから

ということで夫は単身赴任することになりました。

 私たちは自分で言うのも何ですが仲が良く、旅立つときにはお互い本当につらくて泣いてしまったくらいです。

 やさしい夫は、なるべくたくさん帰るからということで、最初のうちは頻繁に帰っていたのですが、やっぱり無理があったようでひと月半ほどで過労でダウンしてしまいました。

 そんなことがあってから私も責任を感じて

「私の方は大丈夫だから、気を遣わなくていいよ。」

 と帰ることを断るようになりました。

 しかし、愛し合っていた二人が何週間も会えなくなると、時間をなんともどかしく感じるものか。

 最初の頃は学生の頃から好きだった英会話やパソコンにのめり込んで気を紛らわせていましたが、一人の時間をもてあますようになりました。

 特に夜。

 私にとって夫は初めての、そして唯一の男でした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2013年5月15日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ