寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び 【体験談】

「気がついてもらえなかったな……」

月曜日の朝、夫の浩介を送り出した後、玄関の姿見鏡を見ながら麻由香はため息を吐く。麻由香は姿見鏡の前でクルッと半周周り、自らの後ろ姿を確認する。うなじが隠れる程度のショートカットの黒髪が、一瞬ふわっと乱れた後、綺麗にまとまった。昨日美容室で10cm近くカットしたのに、結局夫は気がついてくれなかった……。

(もう、私に興味なくなっちゃったのかな?)

麻由香はその優しげな美しい顔に、憂いの色を漂わせている。いつもは菩薩のような穏やかな笑みを浮かべている彼女だが、今は眉間に軽くしわを寄せ、泣き出しそうな表情をしている。





宮島麻由香は、先月35歳になったばかりの専業主婦だ。6つ年上の夫と大学在学中に知り合い、交際を始め、すぐに妊娠をしてしまった。予期せぬ妊娠に、当時は親族も含めて大騒動になったが、夫が当時すでに独立開業していたことと、収入的にも恵まれていたこともあり、結局麻由香は大学を中退して結婚する道を選んだ。それは、正解だったと言い切れると麻由香は今も考えている。息子の雅治は、すくすくと素直に伸びやかに育ってくれて、夫の仕事もますます順調で、夏休みと正月休みには家族3人で海外に行くのが恒例行事になっていた。



だが、今年の夏休みは息子の雅治が短期留学に行ってしまい、夫と二人の生活を送っていた。

(もう、半年は経つわよね……)

麻由香は、とっくに出て行ってしまった夫の名残を探すように、玄関のドアを見ながらそう思った。夫とは、交際が始まってすぐに妊娠してしまったため、出産して子育てが落ち着くまでの2年ほどセックスレスだった。その後は、週に1回程度は愛し合う時間を持てていたが、息子が育つにつれ、またセックスレスになって行った……。麻由香が最後に夫に抱いてもらったのは、まだ雪が降る夜だった。息子が実家に泊まりに行った夜、勇気を出して麻由香の方から夫のベッドに滑り込んだ。あの夜以来、一度も夫のぬくもりを知らずにそろそろ残暑と言われる時期まで来てしまった……。



麻由香は、身長162センチで体重は最近計ってはいないが、35歳にしては頑張っている方だと思う。二十代の頃と比べて、間違いなく脂は乗ってしまったが、肉感的でセクシーな身体になったと自負していた。



サマーニットを押し上げているその豊かな胸は、出産を経てEカップにまで成長していた。乳首や乳輪こそ、妊娠前と比べて多少色づいてしまったが、もともと色白で限りなくピンク色だったためか、今でも充分に綺麗だと思う。麻由香とすれ違う男は、誰でも麻由香の抱き心地の良さそうな身体を目で追ってしまうはずだ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||

2015年2月27日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】秘密の逢瀬 【体験談】

嫁さんが修羅場だっただろう時のお話。



もう10年以上前になる。

当時俺と小学生の子供2人の間に、奥さんには秘密の楽しみ(?)が

あった。

近くの多種多頭飼いの家に遊びに行くこと。



奥さんは犬嫌いなので、犬が大好きな俺と子供たちの内緒の行動だった

んだ。もともとその多種多頭飼いの家さんが俺の友人だったというのも

よく遊びに行く理由だった。(その友人も既婚)



犬たちの中でも、とても仲のいい犬が「かなえ」ちゃん(仮名)という

メスの子だったんだが、家でも子供たちが「今日かなえちゃん優しかった

ね」とか「楽しかったね」とかひそひそばなしで話しちゃってたらしい。

基本、奥さんには秘密なもんで奥さんが「なになに?」と聞いても子


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|

2014年10月11日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【浮気・不倫】ギターの先生との思い出【体験談】

ギターの先生との思い出。投稿者、聖子、49歳。

あれは今から23年も前の事です。京都府の阪急沿線の某駅近くにギター教室がありました。その先生との、2度だけの愛の記録です。

彼には別居中の奥様と7歳になる娘さんがいました。そうです、先生と私は許されぬ関係だったのです。

ギターを習っていた私にとって、彼は私の全てでした。彼も私に好意を寄せてくれていました。

二人で食事をしたり、コンサートに出かけたりと、楽しい日々は、駆け足のように過ぎていきました。

彼は私より13歳も年上でしたが、私にとって初めから、たった一人の男性でした。

あれほど燃え尽きた恋は、もう二度とないでしょう。彼の6月の誕生日には、40本の赤いバラを抱いて教室を訪れました。

恋に恋をしていたのかも知れません。いや私もそのとき、すでに27歳でしたから、愛に恋をしていたのでしょう。

あんな愛は一生に一度で充分です。そう、多分私は燃え尽きてしまったのでしょう。

彼と肉体的に結ばれる前ですら、そんな状態だったのです。ある日、二人で梅田に出かけ、少しお酒を飲みました。夜の8時ごろでした。

陸橋の上で彼は私に迫りました。「僕は、今、とてもあなたが欲しい。」と。

私は戸惑いました。でも内心とても嬉しかったのです。それでも彼の思いを拒否しました。

別居中とはいえ彼には奥様がいました。私のために奥さまと別れてくださったとしても、私の両親を説得する自信はありませんでした。

第一、彼の心の中が読めなかったのです。嘘でもいいから「妻と別れて、君と一緒になるよ。」といって欲しかった。

きっと彼には複雑な思いがあったのでしょう。奥様と娘さんに対する思い、そして私への思い。私の父は病院の院長をしていて、厳格な家庭でした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月22日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_8【体験談】

「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」

 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。

「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」

「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」

「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」

 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。

 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。

「おまたせ。あ、家に電話した?」

「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」

「康二くんも?」

 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。

「おれも言われたぜ。お礼しとけって」

「あはは、どこの親も言うことは同じだね」

 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。

「朱美さんもお腹空いたでしょ?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】親友の彼女に【体験談】

さきの連休期間中、親友の草津とその彼女が俺の家にきた。

草津の彼女は27歳のOLで、AV女優の大堀K奈に激似の女だ。

草津には申し訳ないとは思うのだが、オナペットにさせてもらっている。

この日のきっかけは、まあよくある話なんだが、3人で行楽地に行った帰りに駅近くの

俺の家で飲み明かしているうちに全員が寝入ってしまったというパターンだ。

そもそも、その行楽地に行こうという事になったのは、俺には彼女ができず、連休期間中

もどこへも行く予定すらないという、俺の愚痴を草津が真に受けてくれたことから始まった

ものだ。

現地では何かと草津が気を使ってくれ、例えば乗り物に乗るときでさえ、彼女と俺を座らせ 

てくれたりなど、かえって恐縮するくらいだった。

そんな彼女、仮に大堀とするがこれがまた、俺好みの肉感で、隣に座って楽しんだ絶叫系

ライドでも身体を寄せてくるので、正直勃起してしまい、しかも俺の大好きな「黒系タイツ」着用ときては、興奮するなというほうが無理な相談だった。

この日は、閉園近くまで3人でわいわいと楽しんだわけだが、大堀がたまには3人で居酒屋

でも行きたいねと言い出したことから、繁華街に居酒屋のある俺の家近くに下車する事とな

ったことから、この話は始まる。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年3月2日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】先週、妻を友人に抱かせた。1【体験談】

先週、妻を友人に抱かせた。

投稿者:人間逮捕。



2011/05/1001:50:29(AnP982pj)

願ってもない稀有な体験をしたので此処に告白す。

しばしのお目汚し失礼。



兼ねてから私は寝取られ、寝取らせに対して強い願望/欲望があり、結婚する以前に付き合っていた女をどうにかやり込めて他人や知人に紹介して抱かせる、なんて事も一度や二度、いや本当は結構な数有ったのだが、現在の妻・香菜に出会い、付き合ってからと言うもの、余りにもこの香菜が無垢な娘だった為、俺はもう駄目だって事になり、一切の変態的性癖を封印。真面目一本で妻に接してきたのであった。

が、そう簡単に人間の性癖が変わる訳ではなく、可愛い可愛い妻を眺めては「誰かに犯されないかしら」と一人悶々、勿論妻の事は命よりも大切なので、そんな私の哀れで残念な頭の中身を露出して見せる訳にもいかず、一人虚脱感にまみれながら自分を慰めていた。

私は官能作品に絵を挿すこと仕事にしているのだが、妻が見ず知らない人間に調教される姿を夢想し、そう言ったものを題材に絵を描くような最低な旦那であるが、妻は全く気付かずに「お仕事あまり無理しないでね」などと云うてくる。なめた話である。



そろそろと本題に移る前に妻のディテールを詳細とはいかないが説明したい。

香菜、24歳。身長は150程度、知り合い達には「昔のYUKIに似ている」と言われるそうだ。髪は赤みの掛かったショートボブ、童顔に良く似合う。

中学あがってすぐに胸の成長が止まったと言う彼女は、バストがA+しかない(本人は仕事中Bのブラを愛用している)。凄く痩せている訳ではないため、まあ言わば幼児体型。メイク無しで私の煙草を買いに行かせると必ず断られる。風呂上がりで化粧気の無い香菜を抱くときは、体毛が薄く陰毛もさほど無いため、犯罪を犯しているような感覚に多々陥る。初めての晩は田舎の妹を思い出した。つまり私には勿体無い程理想であったと言おう。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年2月7日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】3.11の日にSEXしたせいで2年後の昨日えらい目にあった話する【体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:05:22.26 ID:lVxDz0ik0<>

スペック

俺:当時32歳、今34歳

身長175程度

IT会社勤務後輩ちゃん:当時23歳、今25歳

155cm程度ちっちゃい

胸でかい うちの会社は所謂二昔前ベンチャー上がり、現在東証一部の会社。

そこに中途入社で入った俺は判りやすい肩書きで言えば係長?プロジェクトリーダー?

のような仕事をやっているのね。社内ではそこそこ出力の高いチームだと自負している。

2年前までチームのメンバーと役割は以下のような感じだった。俺:社外とのやり取りとか上司とのやり取りとか、部下への指示とかが仕事

デブ:38歳位、割と優秀なプログラマでうちのチームの出力源。対人関係能力は低い。会社のPCのデスクトップがエヴァの壁紙だったりするような奴

ジジイ:50歳位、役に立たないけどデブのフォローが上手く、困った時に役に立つ

バカ:28歳位、俺の後釜要因だが、どうしても雑用係から抜け出せない 基本デブの出力を俺が取ってくる案件で回すというスタイルだが、

デブに基本構造を作らせ、ジジイの下に派遣を付けて回すというスタイルで

年に2度は大きな案件をこなしていて社内では「俺チーム」と呼ばれ、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】S大学同期の妻【体験談】

妻と出会ってからもう20年近い歳月が過ぎた。

S大学の某学部の同期で、一浪した私より1歳年下ではあったが、出会いの時から私は妻が好きで、オナペットにし

ていたほどだった。

私と妻そして私の予備校からの友達HとIの4人は、そろって同じサークルに所属した。

男3人に女1人の友達関係が、恋愛関係になるのに時間はさほどかからなかった。

Iと妻が付き合いだしたとHから聞いたときは、正直ショックのあまりアパートに帰って泣いたほどだった。

Iは口も達者な奴で、女に好かれるつぼをよく心得た奴だったので、妻を取られそうな気は早くからしていたのだが、

それが現実のものとなるとやはり辛いものがあった。

私は(当時の)妻を愛しているという事をHやIに隠していたので、Iは妻とのセックスの詳細を男だけの酒席時によ

く話してくれた。

妻の性感帯やIのモノを咥える時のしぐさ、口癖や絶頂時の叫び声など、その場では周囲にあわせ、エロ談義に加わり、

妻を「エロ女」扱いしてはいたのだが、心中は穏やかならないものがあった。

しかしながら、夜布団に包まるとその談義の内容を思い返しては、一人妻の写真を見ながらオナニーに興じてしまう

のでした。

Iと妻が二人で軽井沢に出かけた時なども「今頃Iとセックスしているのか!」と嫉妬ともつかない激しい感情の波に


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2013年9月12日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】親友の彼女に【体験談】

さきの連休期間中、親友の草津とその彼女が俺の家にきた。

草津の彼女は27歳のOLで、AV女優の大堀K奈に激似の女だ。

草津には申し訳ないとは思うのだが、オナペットにさせてもらっている。

この日のきっかけは、まあよくある話なんだが、3人で行楽地に行った帰りに駅近くの

俺の家で飲み明かしているうちに全員が寝入ってしまったというパターンだ。

そもそも、その行楽地に行こうという事になったのは、俺には彼女ができず、連休期間中

もどこへも行く予定すらないという、俺の愚痴を草津が真に受けてくれたことから始まった

ものだ。

現地では何かと草津が気を使ってくれ、例えば乗り物に乗るときでさえ、彼女と俺を座らせ 

てくれたりなど、かえって恐縮するくらいだった。

そんな彼女、仮に大堀とするがこれがまた、俺好みの肉感で、隣に座って楽しんだ絶叫系

ライドでも身体を寄せてくるので、正直勃起してしまい、しかも俺の大好きな「黒系タイツ」着用ときては、興奮するなというほうが無理な相談だった。

この日は、閉園近くまで3人でわいわいと楽しんだわけだが、大堀がたまには3人で居酒屋

でも行きたいねと言い出したことから、繁華街に居酒屋のある俺の家近くに下車する事とな

ったことから、この話は始まる。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2013年7月29日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】実父に妻を寝取られる。【体験談】

真偽の判断は皆様にお任せします。

私は37歳のサラリーマンで、妻は32歳の専業主婦でした。子供はいません。

賃貸マンション暮らしをしていましたが、突然の単身赴任で九州に2年ほど出向することになり、

昨年春に赴任しました。

妻の元へは月に1度ほど戻り、その夜は互いにむさぼるように身体を求めていたのでしたが、

半年ほど過ぎた辺りから「生理だ。」とか「風邪気味で体調がよくない。」とかとセックスを

拒否されるようになり、私はなにげなく「浮気でもしているのか?」と聞いてみましたが、

軽くいなされ、悶々とした夜を過ごしたものでした。

今年の二月、出向先の子会社の経営が先行き不透明になりだしました。

二月某日、いつものように出勤すると本社から急ぎ関係書類を持って戻れとの社命があり、数時間後には

羽田空港に降り立っていました。

タクシーで本社に向かうさなか、某歓楽街ちかくにあるラブホテルに入ろうとしていた初老の男と

若い女性が目に入りました。

彼らの近くまで来た刹那、それが私の父と妻であることがわかり、強い衝撃を受けました。

足早にホテルの中に入り込む二人を唖然と眺めているだけでしたが、強い動機と信じられない光景に


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2013年7月2日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ