寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【乱交・王様ゲーム】【海外で本当にあったエロい話】インド バラナシでまさかの4P 【体験談】

海外だからといって外人としか仲良くなれないわけではない。



同じ日本人同士でも旅先で出会えば自然と仲良くなれるものだ。





特に発展途上国などや僻地で出会うと効果は高くなる。



要は吊り橋効果だ。



今回の話はインドであったお話。



インドは非常に刺激的な国なので



常に吊り橋の上と変わらないということなのだろう。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2015年6月22日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【浮気・不倫】母が不倫相手と激しくセックスをするのを見た記憶 【体験談】

智恵 「ちょっと康介、お母さん夜ご飯の仕度してるんだからあっちで絵本でも読んでなさい。」





キッチンに立つ母・智恵の脚に後ろから抱き付いている康介は、まだまだ甘えたがりの5歳の子供であった。





康介 「・・・・・・。」





康介はそう言われてもなかなか母・智恵の脚から離れようとしなかった。目に涙を溜めて、何も言わずに智恵のエプロンに顔を埋めている。





智恵 「なぁに?また幼稚園でイジメられちゃったの?」






この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年12月21日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【乱交・王様ゲーム】すごいSEX 【体験談】

ソース元:=



友達の敏から「また乱交したいので、セッティングしてくれ。」と頼まれていたので、何とかみんなと連絡を取り合って、僕の家で昨日6Pを楽しみました。本当は11時に僕の家に集合だったのですが、敏はこの間の乱交のビデオを何度も見て、オナニーをしていたらしく、8時ごろにはもう僕とさくらの待つ家にやってきて、

「俺、もう待てないよ。頼む・・・先にやらせてくれ・・・」

と言うので、とりあえずさくらとSEXすることになりました。さくらがシャワーを浴びたいというのに、それさえ許さない勢いで、迫るので、結局根負けしたさくらは敏のズボンを下げ、フェラをすることになりました。

 確かに、仁王立ちの敏の立派なチンコはもうすでにビンビンに反り返っており、パチン、とはじけるように飛び出したかと思うと、先っぽからは大量のカウパー液が出ていました。玉袋が勃起に吊り上げられるように上を向くほどで、真っ赤に膨れ上がった亀頭は、今にも爆発しそうな勢いです。

 パンティ1枚になったさくらは、そのあまりにも硬い勃起を口に含み、亀頭を吸いたて、裏筋から先まで舐めあげると、カウパー液が極太の糸を引き、なんともいえないくらいエロっぽかったです。敏もさくらのパンティの中に手を入れると、マンコをまさぐり始め、さくらのフェラもだんだん熱っぽくなってきました。僕はただただ見ているのが勿体無いと感じ、ビデオを回し始めました。

 感じてきたのか、さくらはすすんでパンティを脱ぎ、スッポンポンになると、

「あはああ・・・・・ん・・・」

とアエぎながら、敏と重なり合い、強烈なバキュームフェラを始めました。ジュポッ、ジュポッと唾を溜め込んだ口で音を立てながら舐めすするのがなんとも言えず卑猥です。玉袋をほおばりスポンと音をたてて放すと、まるで何かの生き物の皮膚のように袋が流動します。ケツ毛に覆われた敏の肛門もモロ見えで、たまにヒクヒクしているのさえ見えました。

 今度はさくらに覆い被さるようにして、敏がクンニしはじめました。

「あは・・・嗚呼嗚呼・・・イイ・・・–」

さくらは咥えたチンコを外し、手で掴みながら、自分が感じることに集中しはじめました。剥き出しのマンコはすでにうるうるなくらいに濡れ、陰毛までぐっしょりでした。乳首はピンと立っていたので相当感じているようです。敏のなすがままに四つん這いになったさくらは、尻を真上に持ち上げた格好で、すべてを敏の眼下に晒しています。肉の塊のようなさくらの尻たぶをさらに両手で思い切り割り開き、丸見えのマンコを味わうように吸い尽くすと、今度は、右手の指を4本とも突っ込み、中をかき回すように愛撫しました。これにはさくらも感じすぎてしまったのか、恥ずかしすぎるほど声をあげ、中からは白くなったラブジュースがあふれてきました。よっぽど力が入っているのか、括約筋のくっきりと浮かび上がった肛門がケツ毛の中から見てくれと言わんばかりに顔を出します。さっき見た敏の肛門に比べると、シワが長く、大き目のケツ穴です。敏はさくらのケツの穴だけを舐めあげ、今度は尻の割れ目全体に広がるふさふさと生い茂った陰毛(ケツ毛?)を唾液でべとべとになるくらいまで濡らした後、ズッポリとバックで串刺しにしました。

「あん!」

急な挿入に体全体をビクンと震わせ、そのまま、バックでつながりました。パコンパコンと音をたて突かれる度に、さくらの声がうわずります。これからさくらがどんな感じ方をするのか楽しみだったのですが、敏の方が相当たまっていたらしく、本当に20秒ほどで、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月17日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【浮気・不倫】頼まれて人妻と不倫した話【体験談】

サヤさんは33歳。専業主婦で1児のママだ。

170センチ近い長身のスラリとした美人。明るく気さくな性格で友達も多い。

ただ、話し好きが高じ「お喋り」の域に入ってるのが玉にキズ。

噂話にも目がない。学校や職場にいたら「人間拡声器」と言われるタイプだ。



確かに話は面白いんだが、1の話を10どころか30くらいに膨らませるのが得意。

例えば主婦仲間のAさんが姑さんにキツく文句を言われて友達に愚痴ったら、

いつの間にか「A家で嫁姑の仁義なき抗争勃発!」として近所に広まるし、

Bさんがキャバクラ通いしてる旦那と口喧嘩したと聞きつけたら、

翌日には「B夫婦、破局秒読み? 放蕩夫に妻号泣!」と伝わる…って感じ。

なんか週刊誌の吊り広告とかテレビ欄のワイドショーみたいだな。



あと、本人にどこまで悪気があるか分からないが、少し意地悪な所もあった。

一般的に女3人が集まったら「そこにいない人」が話題になるわけだが、

サヤさんは「いない人」のことをかなり辛辣に論評したりする。まあ悪口だな。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年4月5日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】同級生トモ(その後…)【体験談】

今回はその後、一度だけトモと会った時の話。

オレは成人後に地元で就職した。

人づてに聞いたところトモは東京で1人暮らしをしているらしかった。

思い切ってトモの実家に電話して彼女のことを聞くと「年末に帰省する」とのことだった。

彼女の親に東京での連絡先を聞いて連絡してみた。

電話口のトモとはあの頃と同じように普通に話すことができ年末に地元で会う約束をした。

年末に地元に帰ってきたトモを駅まで迎えに行った。

会ったのは学生のとき以来だが少し大人びた以外あの頃とは変わらないトモがいた。

世間話をするうちに「今、付き合っているヤツがいること」「そいつと結婚を考えていること」そんな話を聞いた。

あの頃、男とも付き合ったことがなかったトモが今そんなことを考えていることが妙に苛立たしく思えた。

オレは思い切って「最後の思い出に一度だけ一緒にトモを抱きたい」と言った。(今、思い出してもかなり恥ずかしいセリフだが)

トモはかなり戸惑っていたが次の日の夜、彼女はオレの部屋に来た。

部屋に入ってスグ、オレは彼女を抱きしめた。

冬だったのでトモは厚着をしていたが服の上からも風呂上りのいい匂いがした。

「トモもセックスをするつもりで風呂に入ってきたんだ」と思うとスゲー興奮して彼女の服を乱暴に脱がした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年4月5日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】「初夜 Ⅱ‥(裸擁の初夜①)」【体験談】

尾瀬への一泊旅行は 当時の‥耳年増の処女と童貞の性体験としては画期的なことでした。尾瀬行は初夏でしたから 秋の結婚式までには3ヶ月ほどあったのですが、その後の彼女(結婚前の女房)は 明らかに‥私と云うより周りの人にも、変わった態度を見せるようになりました。それはやはり‥輪郭だけでも 男のモノを知ったからでしょうか。(続く)

(承前)

彼女は尾瀬以来‥メッキリ女らしくなり 清楚な無垢の生娘の初々しさが薄れ、何か尻の坐った 女の覚悟みたいなものを見せ始めたのです。私などは 彼女の母親がどう思うかとハラハラしていたのですが、母親は私に会うと 「アナタ‥ もう婚約したんだから構わないけど、早々と‥ 尾瀬でヤッチャッタのね!‥」と云わんばかりの目付きです。

そして当のご本人は 私が遊びに行って二人切りになると、キスをし舌を絡めながら 片方の手で、私のマラを握って 勃っているかどうかを確かめて来るのです。そして今までと‥違って来たのは 男を見る目です。父親や男兄弟を見る目が‥ アナタ方も子種が溜まると、夜‥布団の中でコソコソと 隠れて出しているねぇ!‥と云う目なのです。

そう云う彼女自身も‥女らしくなったのは良いのですが、唇も赤く化粧が濃くなり 明らかに処女と云うより「女」の色気が出て来ました。私はこれは‥明らかに 尾瀬の夜にアクメを経験した彼女が、あの快感が忘れられず 密かに自分でクリを弄り始めたのでしょう。まぁ‥これで少なくとも‥本番のときの 精神的な抵抗は無くなった訳ですが‥。

彼女のマスは いずれその内に白状させようと思いますが、アレは一度経験したら‥普通の人なら ツイもう一度‥ってなりますよね‥。それからの私は‥前に覗き見た隣家の娘のマスを思い出し 夜な々々それに彼女のイメージを重ねて、マスを掻き捲りました。そんなことで初心な童貞と処女は マスを掻き々々結婚式の当日を迎えたのです。

10月中旬に 早稲田の大隈会館で結婚式を終えた夕方、上野から夜行で 北海道への新婚旅行に発ちました。最初の晩は女房が寝台車の下段 私が中段に寝て、お休みのキスで マラを握ってもらうのが精一杯でした。翌朝は早くに青森に着き 小走りで連絡船に乗り換え、6時頃に出航して‥二人は大部屋で ゴロ寝で手を繋いでいました。

函館に着く前には 進行方向に駒ケ岳の吊り尾根が見えました。駒ケ岳の山容の変化を見ながら やがて札幌に着き、昼過ぎには 旧北海道庁の脇にあった和風旅館のF屋に入りました。宿に荷物を置き 札幌の街の見物に出ました。街では本屋で 前には買い悪かったヴァン・デ・ヴェルデの「完全なる結婚」を見付け、晴れて 買いました。

夕方‥宿に戻って夕食が済ませ 仲居さんに明日の予定を告げると、後はすることも無く 早速に布団が二組‥敷かれます。別々に風呂に行き寝巻の浴衣に着替えると イヨイヨお床入りです。私が寝床に胡坐を掻き 手を拡げると、女房は躊躇いも無く そこに横坐りになりシッカリと抱き付いて来ます。二人は唇を寄せ合い 深く舌を絡めました。

柔らかな女房の舌に 舌を絡めると、〝もうナンにも 気にするコトは無いんだ!…〟の思いで 胸が一杯です。「ヤット 二人キリだね…」「エェ…」と 二人は暫くそのままで居ました。しかし‥少しすると 何だか締め括りが付きません。普通ならココで 本番になるのですが、前から「身体のことは 一番遠くの摩周湖でね‥」と 云っていたのです。

彼女も今晩は そのつもりですが、私のマラはもう彼女の尻の下で硬く勃ち 彼女もそれを尻に感じている筈です。今なら成り行きで押し倒して マラを挿入しても、恐らく彼女は〝しょうが無いわねぇ…〟と それを受け入れるでしょう。でもその時は 何故かそれは出来ません。取り敢えず灯りを消すと 窓のから澄んだ月の光が射し込んで来ました。

月光の中で 抱き合った二人は、「ネェ‥ 二人だけの初めての夜なんだから、‥身体のコトは摩周にするけど‥ 何かシタイねぇ‥」‥ 「エェ…」‥。「ねぇ‥ もう夫婦なんだから…、全部脱いで 裸で抱き合ってみようか?‥」‥ 一寸間があって女房が「イイワ…」と応じました。お互いに立ち上がり 後ろ向きになって浴衣を脱ぎ捨てます。

「イイィ?… 向くよ…」‥「ハイ…」で向かい合うと 闇に女房の裸身が白く立ち、手を添えている股間に 陰毛が薄く見えて居ます。私のマラも陰毛の中にソソリ勃ち ヒクヒク脈打つのが女房にもハッキリと見えて居る筈です。窓辺に行きカーテンを開けると 折からの名月の光が、耿々と部屋の中の寝床の上まで射し込み ロマンチックです。

それからの二人はもう できるだけ多くの部分を触れ合いたくて、手足の総てを使って 触り捲くることに夢中でした。素肌の抱き合いは 尾瀬でのトレ・パン越しの感触とは全く別で、新鮮な温かい快感で 気が遠くなりそうです。暫くは眼を瞑って 全身を触感にして揺蕩(たゆた)ってましたが、その内に私は ジックリ女房の身体を見たくなりました。

少し抱く腕を弛めて 「身体を見ても イイィ?…」と云うと 「ウン…」と応じて呉れます。 私が女房から離れると 女房は仰向きに手を伸ばしました。私が上体を起こして見ると 始めて見る女房の裸体は、もう覚悟したのか 前を隠すことも無く陰毛まで露わに、両手を白い身体の両脇に伸ばしています。それは思わず息を呑む 何とも美しい姿でした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年3月17日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】友達の彼女をみんなでマワして【体験談】

数年前の話です。

俺の友達にガンちゃんってスゴい不細工な男がいたんだけど、そいつに産まれて始めてできた彼女のノンちゃんがビックリするほどのカワイ子ちゃん!

俺は素直に「ガンちゃん、よかったなぁ~」って思ってたんだけど、俺らの先輩で極悪人と評判のトモさんが嫉妬して、「あいつの彼女マワしたろうぜ」とか言い出しやがった。

「そんなムチャな」と思ったけど、極悪トモさんの命令は絶対。

そんで合コンを装って「女の子の数が足りないから参加してよ」ってノンちゃんを誘って、ベロンベロンに酔わせてやった。

他の女二人、ジュンとケイコは俺らの公衆便所になってるヤリマン女。

そのままトモさんのマンションに連れ込んで、男五人女三人で乱交開始。

トモさんは最初からノンちゃん狙いで、いきなりチンボ丸出しで彼女に襲いかかって、「ガンみたいな不細工にヤラせんならワシにもヤラせろや~」とか言って、ズボズボハメ始めちゃった。

俺もジュンのマンコにズボりながら、ノンちゃんがトモさんの極悪チンボに犯されるのを眺めてた。

そんでトモさんは「鼻の穴に出したるで!鼻の穴に!」とか言って、ノンちゃんに顔面シャワーしてしまった。

しかも見事に鼻の穴に精子を命中させてた。

「うわぁ~!ノンちゃん、かわいそぉ~」って思ったけど、ノンちゃんのドロドロのハナタレ顔を見てるとメチャメチャ興奮しちゃって、俺もジュンの顔面にチンボの汁をぶっかけちゃった。

もちろん全部鼻の穴にね!ふふっ!

トモさんはニヤニヤ笑いながら、デジカメでノンちゃんのハナタレ顔を何枚も撮影してた。

「ガンにこのアホヅラ見せてやったらどう思うやろな」とか言って、悪魔のように口元を吊り上げて残酷な笑みを浮かべてた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年1月31日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【修羅場】教科書を返してください【体験談】

<>406:おさかなくわえた名無しさん:2012/04/22(日)23:22:29.50ID:SbpHy/Ur<>

自分的修羅場。だいぶ昔のお話。

小学校三年くらいから虐められてた。あまりお風呂にも入れなくて臭かったし、

持ち物はボロッボロだったんでまあ標的になりやすい子だった。

無視されたり悪口言われたり。

それはまあ寂しかったけど耐えられた。

がこれが仇になり、イジメがエスカレート。物を壊されたり隠されたり捨てられるようになった。

これは私にとって生命に関わる問題だった。

特に教科書は破られたりしても使ってはいたんだけど、ある時まるっとなくなった。

必死でいじめっ子に縋って返してと伝えたが逆に「なにこいつキメェw急に必死になりやがったw」と逆効果。



<>407:おさかなくわえた名無しさん:2012/04/22(日)23:23:44.24ID:SbpHy/Ur<>

物が無くなるのは怖かった。

上履きとかはまだ裸足でいればいいが教科書とかとなるとそうはいかない。

買ってもらわないといけなくなるがそれを頼む両親は私にとっては恐怖そのものの存在だった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||

2014年1月30日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【乱交・王様ゲーム】悪夢の日々【体験談】

5年前、私が大学時代に母校の教育実習に行っていた時、男子生徒達に学校で

犯されました。

そして、それが毎日のように続き、後数日で実習期間が終わりを迎えようとする

ある日の夕方、彼らはとうとう私の家までやって来たのです。

しかし、その日は実家から小学生の妹が家に泊まりに来ていて………。

その時のことを話したいと思います。



玄関先でチャイムが数回鳴り、私は不用心にも誰かを確認しないで扉を開けました。」すると、いつも私を犯しているリーダー格の加藤君が一人で立っており、何も言わ

ずいきなり私が犯されている写真を見せ付けたのです。



私はその写真と加藤君の姿に頭の中は完全にパニックになりました。

「なぜ、ここにいるの?……いや、どうやって、私の住所を知ったのか……」

頭の中では疑問符がめまぐるしくかけめぐり、しかし、恐怖のあまり何も言えず

ただ呆然と立ちつくす私の姿に加藤君はニヤニヤといやらしい笑みを浮かべて立っ

ています。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年1月29日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【寝取られ】彼女が友人に抱かれてしまった、その様子をこっそり覗いた 【体験談】

720:姫5奔4信5:賜2012/08/03(金税)22:11:35.41ID:Zrm+pC440

議論閉スレから枠



彼女は翌真理恒ってい塗うん傘だ竹け凹ど付き伝合状いは高湿校から

高校三年間諮ず餓っ僕と酬仲欄良恵い友達ひだっ礁た

正公直そ副んな囲可ヌ愛澄くな陣い

女性スポ事ー田ツ叙選魔手でお世辞で可愛いっ予て残言詩わ触れる泉人創いる速じゃない隔?飢

なんか貢そん末な感却じ



ち脹ょいぶ働さ鉢可愛い橋という湿か愛獲嬌膨が凝あ貝るみ京たいな突





721:545:2012/08/03(金)22:16:34.01ID:Zrm+pC440

真理は結構ノリが良くて男友達も多い

服装とか雰囲気はどっちかっていうと地味っていうか男っぽい


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2013年12月15日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 3123

このページの先頭へ