寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【浮気・不倫】タイ受付嬢【体験談】

タイに赴任している会社員です。まだ、こちらに来て半年ですが、

家族も来ている為、実はあまり遊べてません。

バンコクのど真ん中にある、とあるオフィスビルの受付嬢があまりにも可愛くて、

ダメもとで、メールアドレスを渡してみた。

当然、タイ語は、話せないので、英語で。。。

すると、すぐにメールが来た。

「忙しいから、食事とかは、いけません。BUT I miss you so much」

断られてるのか誘われてるのか?微妙な空気のまま、返事を打つと、

会いたい!と連発。

ある日、仕事が終わった後に、メール受信。

「仕事終わったよぉ~今、地下2階これる?」僕は、はやる気持ちを抑えて、

エレベータを乗り継いで、B2へ。

彼女は、受付で浮かべてる笑顔で、こっちと手招きする。

身長160cm タイ人には、珍しい巨乳で、Dぐらいはあるであろう。

制服のタイトミニから覗く細い少し黒い黒い最高の美脚に、カールでまきまきした髪型。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年3月29日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】償い【体験談】

「それにしても、すっげえ美人だな」

「足とか細くてめちゃ綺麗じゃなかった?顔も小さかったよね」

「でも、胸も小さくないか?w」

「ばか、それがいいんだよ」

「シャツの張り具合から、乳の無さが分かりすぎて、逆にエロかったよな」



これは僕がとある卸売り会社の営業部に配属された日、同期と交わした会話の一部です。

僕は同族経営のショボイ卸売り会社に入社しました。

会社にも自分の人生にも、何も期待していなかったのですが、

同期の渡辺、庄司と3人で営業第二課に配属され、はじめて自分の席に案内された時、

大きな衝撃を受けました。

部長から僕達の教育担当として、隣の席の女性を紹介されたのです。

その女性こそが、主任として僕達の面倒を見ることになった若葉さんでした。

僕は若葉さんの可憐で凛とした美しさに目を奪われ、すぐに心まで奪われていました。

若葉さんは少し舌足らずの優しい声で一生懸命説明しながら、各部署を案内してくれましたが、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年3月29日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】亜希とつき合ってた終わりの頃、亜希の浮気が発覚したのよ。【体験談】

彼女=亜希とつき合ってた終わりの頃、亜希の浮気が発覚したのよ。

実はオレも前に浮気がバレて平謝りしたこともあったんで、まあブチ切れはしなかった。

とゆーか驚いた。亜希が浮気とかしそうにないタイプだと思ってたんで。

まあ最近セクースの間隔も空いてたしな、とか思った。

亜希について説明すると、当時21才で、ルックスは贔屓目抜きでも多分並より上。

結構ファンが多かったんで可愛いほうだったんじゃないかと。

服のセンスが良くって、体形は細身。本人はCカップだと言っていた。

首都圏の大学の英文科3年。まじめにちゃんと学校通ってました。

このスレ読んでて、外見がイメージできる方が萌えるんで一応 (w

ちなみにオレは二つ上です。

で、一応それなりに怒った後、オレは相手の顔が見てみたいと思い、

そいつ=田中を亜希に呼びださせたわけです。

それまでに色々あったんだけどここでウダウダ書いても退屈なんで省略。

ファミレスで田中を待つ間、亜希との会話。

「しかしなー亜希が浮気するってのはやっぱ信じられんな、なんか」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月28日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】「家族が大事、墓場まで持って行くから別れる」 【体験談】

844:名無しさん@お腹いっぱい。2013/09/07(土)21:16:10.48



ここは相談も可能ですか?

今、浮気発見しました











          

845:名無しさん@お腹いっぱい。2013/09/07(土)21:22:18.60



2チャンネルは勉強してきました。



俺29歳


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年3月28日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【浮気・不倫】寄り道【体験談】

「あっ。お疲れさま。」

仕事場のビルを出て帰宅するため駅へ向かっていたボクは、曲がり角で突然声を掛けられて吃驚した。

それは同じフロアで働く娘だった。席は確か、ボクらの背中を見る位置にある隣のシマだったように思う。

「あれっ、お疲れさま。君も?珍しいねぇ。」

「ええ。ふふっ。ちょうどキリがよかったので。…いつも遅くまで、お仕事なさってますよね?」

そう言った彼女もほぼ毎日残業していた。夜遅くまで女の子を働かせて良いのかなと思いながら、別会社

という事もあり、余り深くは考えずにいた。同じフロアで働いてはいても様々な会社の集まりなのである。

「君こそ。いつも遅いようだけど、大丈夫なの?」

「わたしは、もう、慣れちゃいました。うふふっ。」

そういえば以前のトラブル対応時にも彼女はいた。徹夜作業メンバに紅一点だったので、よく憶えている。

噂話には疎いボクだったが、どうやら彼女が婚約したらしいという話しを小耳にはさんでいた。

「あのう。よろしかったら、ちょっと飲んでいきませんか?明日、お休みですよね?」

以前から話しをしてみたいと思っていたボクは 「いいですね。じゃあ、ちょっとだけ」 と応えていた。

後ろめたい気持ちなど一切なかったから、妻には 「会社の人と少し飲んで帰る」 と電話を入れておいた。

彼女に連れられて入った店は、ガード下の小さな居酒屋だった。間口が狭く奥へと細長い。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年3月27日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】友人が俺の母親とセックスしてた【体験談】

<>179名前:媚薬で母を寝取られる 1/7[sage]投稿日:2011/04/09(土)12:14:42.30ID:lXpf0yQa[1/8]<>

 中学生の隆志は母との二人暮らし。

 親子二人でつつましく暮らしていたが、隆志の友人である恒彦が家に遊びに来たことですべてが終わってしまう。

 恒彦は怪しげな通販で手に入れた媚薬を、美しい隆志の母に使ってしまったのだ――



   ●



 隆志が買い物から家に戻ると、リビングから女の喘ぎ声が聞こえた。

 まさか、と思いリビングをこっそり覗く。

 そこでは母と恒彦が濃密に絡み合っていた。



 ぐちゅ!ぐちゅ!ぐちゅ!



 いやらしい音を立てながら、母の秘肉を出入りする恒彦のペニス。

 隆志はその光景に釘付けになった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年3月27日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた 【体験談】

結婚してもう18年経った。俺はもう42歳になったし、嫁の加奈子も40歳になった。

子供も大学に通うようになり、月日の経つのが早いと思うこの頃だ。



俺と加奈子は、いわゆる出来ちゃった婚で、嫁は妊娠した当時はまだ大学生だった。

色々と風当たりもあったけど、いざ子供が生まれると、両方の両親共にとても喜んでくれた。



5年前に独立した仕事も順調で、なにも不満のない人生だと思っている。



嫁の加奈子は、40歳にしてはまだまだ若い見た目だと思う。

もともと童顔と言う事もあると思うが、肌に異常に張りがあり、しわ一つない。スキンケアに気を使っているのかと思うと、そんな事は全くなく、洗顔も薬局で売っている普通の固形の安い石けんでやっているくらいだ。

日焼けとかもそれほど気を使っていないし、もともと頑丈な皮膚なのだと思う。

それが結果的に、若々しさの源になっている感じだ。



しかし、見た目は若いが、美人というわけではない。

愛嬌がある顔というか、井上真央みたいな感じだと思う。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年3月26日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】メル友【体験談】

 3月末にいつもチャットでいつものメッセで待機していると「熟女」とのHNで這入ってきたのがけい子46歳であった。何とも味気ないやり取りであったが、「私が後悔させない性技で・・・」と言う意味を「本当に満足させてくれる?」と執拗に確認してきた。「だから試してみたらいいよ」と答えると、「分かりました。明日午後いい?」と自ら出会いを切り出したので、「良いよ。では13時にマルビルで会いましょう」と告げると、「分かったわ。メルアド教えて」と言うので、ちょっと躊躇ったけれど、チャットの雰囲気や会話の内容から、携帯メルアドを教えた。早速彼女から携帯からメールが来た。これで逢えると確信した。

 当日約束の時間にフロント前の椅子で待っていると「フロント前にお座りの紺のスーツの方ですか」とメールが来た。「そうです」と早速返信すると、グレー系のジャケットに綺麗なピンクのブラウス、紺系のフレアースカートのけい子が側にそっと寄ってきた。「けい子さん?」と声を掛けると軽く頷く。「ここだと人目が気になるわ」と小声で言うので、「では、部屋に行きますか?」と尋ねると、これにも軽く頷く。早速28階にデイユースで予約した部屋へ向かった。椅子に座ってたわいもない会話を暫く続けたけれど、どことなくぎこちないので、私はそっと彼女の横に行き、手を引いてベットに並んで座るよう促した。

 少し緊張して堅くなったが、素直に従った。こちらが躊躇するのはどうかと思い、そのままキスをすると、抵抗なく受け入れたので、ディープキスに移り、彼女に体重を掛けるようにしてベットへ押し倒した。暫く抱き合いつつ、互いに舌を入れ合い唾液の交換をして、ブラウスの上から豊満な乳房を揉み、さらにボタンを外し、ブラを押し下げて直接柔らかい乳房を直接揉みし抱いた。私は耳たぶ、首筋から胸へとキスをし、舌を這わせて愛撫すると、「ああ、ア〜」と喘ぎ声が漏れ始めた。胸を露わにさせ、乳首を舐め吸いながら、スカートの中に手を入れると、パンストでなくストッキングを履いていた。秘部を覆う布は滑りの良いシルクで、その手触りの心地よさと、割れ目からは期待の愛液が溢れて温かい湿り気を感じ、一気に自慢のイチモツが勃起した。



 きっと彼女はそれを察知したと思う。スカートを捲り上げると、薄いピンクの紐パンが目に飛び込んできた。そこの顔を埋めると、モワ〜と女の独特の香が鼻をくすぐった。紐を解きオマンコを露わにすると、手入れをせずそのままの陰毛に覆われた秘部が現れ、少し肥大はしているも、余り黒ずみもない陰唇を拡げると薄いピンクの陰部が見え、その付け根にはクリがもう膨れ上がって大きくなっていた。私は躊躇無くそこに吸い付き舐め吸いを開始した。「ああ、いや〜汚いよ。シャワーさせて」という声を制して、クリを舐め吸いつつオマンコの中に人差し指と中指を突き入れた。ヌチャっと言う卑猥な音と共に吸い込まれた。もう中はグシュグシュであった。「いや〜」という声はしたものの、腰がうごめいて、指を求めてきた。クリへ舌バイブを加えながら指腹で膣内の変化を敏感に察知しながら、快感スポットを巧みに探り当て刺激を与えると、「ああ、いい、イイワー。ああ、イイ、イイワー。イヤ、変よ。変。止めて。お願い止めテー。出る。出るわー、イヤー」という叫び声と共に一気に潮が吹き出た。「イヤー。何、ヱ、何が出たノー。ああ、気持ちいいー」と混乱を漏らしつつ、腰は厭らしく蠢き、私の愛撫を貪って、その後も潮吹きを何度も繰り返し、アクメを楽しんだ。

 暫くして、「服がシワになるし、汚れるよ。脱ごう」と促すと、気だるそうに上体を起こした。私は素早く全裸になった。気だるそうに急げずにゆっくり脱ぐ、彼女は、私のいきり立つ極太をしっかりと見ていたそうだ。「言ってた通りだわ。想像以上に大きいし太い。でも綺麗だわ。入るかしら。痛いだろうな」と思ったそうだ。後でそっと素直な気持を吐露した。私は彼女を全裸にするのを手伝い、再び押し倒して覆い被さり、股を拡げて滴り落ちるほど濡れた淫口に極太を宛がった。「ネェ、今日はそれは入れないで。愛撫だけじゃダメ?」と弱々しく懇願した。「ダメ。もうこんなに欲しがっているじゃない」と突き入れようとしたら「お願い。着けて」と言うので、コンドームをいかにも窮屈そうに装着して、再び両膝を持って一段と拡げ、前に押し込むようにしてオマンコを全開させて、一気に突き入れた。ズブッズブッと音がしたように思う感じで極太は呑み込まれていった。キツイ、きっと相当レスだったようだ。ゆっくりと出し入れをしながら、その擦れ感と感触を楽しみつつ奥へ奥へと突き入れていった。「ワァー、おお、大きいー。スゴイー。ああ、イイ。気持ちイイワー」と彼女の口からは素直に喜びの声が上がり、リズミカルに緩急と深浅を付けながらの突き擦りに、「イイ、イイワー。アア、アア、変、変よ。アア、おかしくなりそうー.アア、アア、アアアアアア・・・・」と声が詰まるようになったかと思うと、身体を仰け反らせ、ビクッ、ビクッ、ビクッと身体を震わせたかた思うと、「イヤー」と鋭く叫んだ次の瞬間全身がワナワナと痙攣して果てていった。



 私はまだいきり立ったままの極太を突き入れたままで、彼女を抱きながら顔を覗き込んでいた。暫くして目を開けた彼女は「凄い。気持ちいい。こんなの初めてよ。これがイクなのね」と確認するように言った。「初めてなの?」と尋ねると、「うん。中でイッタの初めて。でも今まで逝ったつもりだったけど、本当のイクはこれなんだと今分かったわ」と嬉しそうに言い、「まだ大きいまま。逝かないの?私のが良くないの?」と心配そうな顔をした。「違うよ。貴女にもっともっと悦んで欲しいから、我慢しているんだよ」と言って、ピストンを開始すると、「アウ、アア、イイ、モウー。アア、スゴイー、イイ、イイワー。モウ、モウダメー、イクワ、イッテいい。いっていいい、イクー」と身体を激しく痙攣させて果てていった。その後は息絶え絶えの彼女を四つん這いにしてバックから得意の背面臥位に移った時、「アア、スゴイ、これすごく感じる。イヤー」とバウンドするように連続のアクメを楽しませ、シーツ一杯に大きな染みを付ける失禁をしてしまった。

 また暫く休んでから、彼女はようやく私のチンポを銜えてくれた。「大きい。顎が外れそうよ」と苦笑いしながら、丁寧にしゃぶってくれ、新しいゴムを着けることなく私に跨り、自ら極太を飲み込むように腰を落として、騎乗位で前後左右上下に思うがままに腰を振って、今までの不満を一気に解消するようにアクメを楽しみ、最後は正常位で私の精を膣奥で受け止めてくれた。

 二人で心地よい快感に浸りながら暫く抱き合っていると、チェックアウト時間を告げるフロントの電話で我に返り、30分ほどの余裕をもらって、慌てて二人でシャワーをし身支度を調えた。帰り際、「ねえ、私で良いの?また逢ってくれますか」とおねだりするような目で見詰めつつ抱き付いてきたので、「ああ、いいよ。また逢おうね」と抱きしめキスをすると。自分から舌を突き入れてきた。「嬉しい」と素直に微笑んでくれた。「では、それまで覚えているように」と私は彼女を壁に手をつかせて尻を突き出させ、スカートを捲り上げ、パンティを膝下まで降ろして、尻を抱え、極太を引きずり出して、まだ濡れて光る淫穴に突き入れて、立ちバックで責めた。「アア、モウ。ダメよ。折角綺麗にしたのに。また欲しくなるじゃない」とすねるように言ったが、しっかりと極太を楽しんでくれた。5分ほど突く間に2度ほど逝った。逝くのも早くなった。二人で顔を見合わせて笑った。「さあ、フロントからまた催促が来るよ。今日は5時間楽しんだね。どうだった?」と抱きしめつつ言うと、それに答えずにディープキスを楽しんできた。ようやく唇を離すと「もう貴方のがないとダメな女になったわ。どうしてくれます?責任とってよ」と可愛らしく睨んできた。「本当に有り難う。来て良かった」と言いつつ。私より一足先に部屋を名残惜しそうに出て行った。明日またけい子と会う。オマンコの周りの毛を処理して来るように言いつけて、なおかつノーパンで家から来るように指示している。最初は嫌がっていたが、昨夜のメールでは指示に従って行くと書いてあった。思い切り楽しませてやろうと思っている。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月26日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】酒を利用して寝取った【体験談】

まず初めに、これはネタじゃなくてマジ話ね。

同じ部署に前から狙ってる女が居た。

俺だけじゃなくて、かなり多くの男が狙ってた。

そいつが、かなりの美形だから。

沖縄出身で、ウェーブのかかったセミロングの髪に目鼻のくっきりした顔立ち

ちょうど比嘉愛未という女優のような顔してた。

だけど、そいつは外資系の証券マンと結婚して幸せそうだった。

だから、飲みに誘っても誰も成功しなかった。

ところが先日、2人で残業しながら、冗談っぽく

「疲れたから、飯行かない?」と誘うと、なんとOKだった。

速攻でイタ飯屋予約した。

ワイン片手に仕事の話で花を咲かせていると

夫が鬱病で会社を辞めたと愚痴を言い始めた。



この後は案外簡単だった。愚痴を真剣に聞きながら、適度に頷いたり


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年3月25日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】旦那には内緒ですが出会い系サイトで出会った人に女の喜びを感じさせてもらってます・・・【体験談】

私は37才のごくごく普通の主婦です。

優しい主人と3人の子供たちに囲まれて平凡ですが幸せな毎日を過ごしていました。

結婚して16年・・主人とのSEXは今でも 週1ペース。

でも そのSEXで私が絶頂に達することはほとんどなくそれどころか濡れることさえ困難な状態です。

なのに 求めていくのは いつも 私。

そんな女として満たされない思いを 隠しながら過ごしていました。

自分が求めている物が 何か・・それに気がついているのに。



そして子供たちもそれなりに大きくなり 自分の時間がもてるようになった今・・私は 『全国妻の肉体関係掲示板』  という出逢い系サイトに足を踏み入れてしまいました。



そこで 知り合った彼は 私の住んでいるところから目と鼻の先。

近所というだけで恐怖を感じた私・・でも“単身赴任”という文字にためらう気持ちよりも“彼がここにいる間だけ何もかも忘れて女の喜びを感じたい”そんな気持ちで彼とメールのやりとりがはじまりました。



私がずっと長い間、抑えていた欲情は 二人の距離を縮めるスピードをどんどんどんどん早くしていきました。

まずは 彼の姿を見てみたくて・・。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年3月24日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

このページの先頭へ