寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【乱交・王様ゲーム】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      浮気編【体験談】

妻に睡眠薬を飲ませ友人に抱かせてからと言うもの、私はあの興奮を忘れられずに、

友人に何度か妻を抱かせていました。

その影響なのか?最近妻のエッチ感度が上昇し、妻から誘って来る事が増えました。

パジャマを脱がせると既にアソコはダラダラに濡れているんです。

そんな話を友人にすると

「じゃ、睡眠薬なしでもイケるんじゃないか?」

「バレたらヤバいって・・・」

「案外知ってたりして!」

「そんな訳ないだろ!」

「今度!媚薬でも飲ませれば案外OKだったりして」

「媚薬って・・・お前持ってるのか?」

「この間、妻に試してみたら凄い効き目だったよ。お前も試してみるか?.」

「ん~」

週末になり、友人が家を訪れて来たんですが、手には媚薬を持っていたんです。

「これ差入です。」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【修羅場】トラック屋のヤクザ【体験談】

昨年の年末、知り合いのマサオミ(かなり電波)は「年明けにマンションを買いたい、入籍していないと買えない」って理由(本当にそんな事あるのか?)で付き合ってるB子にプロポーズをした。



B子は性急過ぎる申し出と「今のアパートの契約がもうちょっとで切れる」というマサオミの手前勝手な言い分にも何故か従って正月に入籍、その1週間後に不動産屋との契約という、ちょっと普通の感覚を持つ人間には理解できないスケジュールで契約を進めたそうだ。

そしてそのマンションはサツ駅徒歩10分と聞くと好条件に聞こえるけど、マサオミの職場、札幌支店には5分。でもB子の職場には1時間の距離w B子が住んでた実家から倍の時間が掛かる。



 マサオミ、自分が先に転居を済ます。と、当初雪下ろしが要らなくなる時期を待ってって話をしていたそうだが、早くやりまくりたいw

実家の親を見ているB子に「何時まで一人で住んでなきゃいけのないの?」とB子の荷物を引き取りに行き、強制的に転居させて同居を始めた。それでもB子は楽しそうだったそうだ。



ところが同居翌日、B子が実家にマンションの鍵を預けた(病気で起きられない−なんかの緊急時なんかを想定したんだろうねー。女性は着替えを他人に見られたくないとかあるだろうしね)話をした時、マサオミが

「不在時に上がり込まれてくつろがれてたりしたらどうするべ?」

「俺の実家は購入時に金を貸してくれたのに鍵預けてないんだぞ」

「お前のやった事は俺に対する裏切りだべ」

と、いうと彼女は何も云わなくなってしまったそうだ。

「お前答えろよ、俺の云ってる事おかしいか?」

(沈黙)


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年3月13日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【人妻】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      友人妻編【体験談】

私の妻を友人に抱かせてから2週間が過ぎようとしている時です。

巨乳の奥さんを持つ友人から飲みの誘いがきたんです。私はもう一人の友人と彼の家に向かいました。

玄関を開けると、奥さんが立って迎えてくれたんです。

相変わらずの巨乳です。服を着ている上からでも十分に大きさが分かる位です。

何年振りに見る彼女は、若干老けたでしょうか?リビングに入ると、友人が幼い子供を抱き座っていました。

「よく来たな!まぁ座れよ」

「あ~子供か!随分大きくなったなぁ。何才だっけ?」

「もう3歳になるよ」そんな中、奥さんがキッチンで夕食の準備を進めていた。

「本当にいいのか?今日抱かせてくれるんだろ」

「あ~いいよ!そのつもりで来たんだろ!」

「奥さんいくつだっけ?」

「もう34になった。大分体の張が無くなって来たけどなぁ」

「でも相変わらずデカいなぁ・・・何カップだっけ?」

「Gだったけど、最近Hになったとか言ってたなぁ」

「Hカップ!!!パイズリ出来るなぁ」そんな事を考えているだけで、股間がMAX状態だった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2013年10月24日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い【体験談】

年齢36歳になるサラリーマン、10年前に妻と結婚、2児の父親でもあります。

妻(美沙子)33歳、子供9歳と7歳。数か月前に大きな仕事を任され、毎日遅くまで働いていました。

その影響なのか?夜眠れない日々が続き、友人(医者)に相談を持ちかけていました。

「ストレスだよ!少し休んでリフレッシュすれば良くなるよ!」

「今、休める状態じゃないんだ」

「それがいけないんだ!本当に病気になるぞ」

「ん~もう少しで、終わるからさぁ・・・何か薬処方してくれよ」

「そうだな、じゃ良く寝れる様に睡眠薬と安定剤でも出してやるよ」

「すまない」

そうして私は友人から貰った薬を飲み始めたんです。

しかし、夜薬を飲んでも直ぐに目が覚めてしまい、もう一度友人に相談しました。

結果、もっと強い睡眠薬をもらい飲んでみると、朝までぐっすり!

友人曰く、6時間は眠りに付くから気を付けろ!と言うのだ。

友人のお蔭で、朝スッキリ!!!(ちょっと大げさですが)で仕事も何とか無事に終了。

ストレスって怖い物です。役目が終わると気分良好!薬なくてもぐっすり寝れる様になっていました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年10月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻と実弟(実話)【体験談】

私40歳

妻35歳

弟37歳

現在同居中の母親と5歳になったばかりの息子との4人暮らしの家に海外事業に失敗し借金を抱えた弟が帰国してきました。

四年前に身辺整理をし、アメリカへ渡った弟から去年11月に電話があり、帰国したいが住む家もなけりゃあ生活するお金もない…ルームメイトにお金借りて帰国はできるが少しの間、兄貴ん家に置いてくれないか(泣)と…

2LDKの我が家に、もう1人大人が同居する…

これはかなり無茶な状態ではありましたが、実の弟の事でもあり、母親が長男の私と同居している以上、うちが実家みたいなものでもあったので、とりあえず安い借家が見つかるまでという事で弟を居候させる事にしました。

それから約2ヶ月半…

弟は就職活動+借家探し

夜は私たち夫婦と子供の部屋で寝泊まりする日々が続きました。

寝る順番は、私、妻、チビ、弟の並びで布団は三組。

チビは毎日遊んでくれる叔父さんの横で眠るのが当たり前になっていました。

そして先週土曜日…仕事も決まり、その仕事場付近でマンションも見つけた弟が(月)にはでていくとなった夜、ささやからお祝いをしました。

これはその夜~朝方にかけての出来事です…

いつもより少し奮発して、ビールとすき焼きでお祝いをしました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2013年7月20日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜①)」【体験談】

何かで見たが 「初夜は 合意の強姦だ」と云う言葉がある。確かに初夜には 肉体的のみならず、精神的にも当事者‥特に 花嫁の心の問題を無視して、コトが 運ばれる傾向が強い。それは時に 花婿の恣意でも無く、時の権力者とか 村やその一族の権力の維持のために行なわれる。あるいは権威の事大主義で 形式を維持・厳守したり、権威の統制力を高めたり、性的妄想を 閉鎖社会の享楽に供することもある。

それは多く 性と言う非公開の個人的な秘事に、その手続きがあることで 第三者が公然と介入する根拠にされる。つまり‥極まりだから 悪いけど‥堂々と形式を執り行わせてもらうよ‥と云う訳である。考えれば このブログで私が書いた記事の中にも「新規参入者の 一族との和合」「特殊な血統の 濃縮維持」「媾合可能年齢(初潮・精通)の 通過儀礼」「血族の俸禄継承のための 嫁姦」「夜這い対策の 女通し」等があった。

その場では 花嫁や女通しを受ける娘の側には、全くと云って良いほど 発言する余地は無い。それも‥ 肉体的に侵されるだけで無く、その行為を一般に公知することが 付帯で無く‥本来の目的のように段取られている。花嫁はその初めてその局面に遭遇し、未知だった意外な情況を 肉体的な苦痛と精神的な衝撃を克服して、とにかく消化し‥止まらずに、恥ずかしくてもそれを凌ぎ切って 先へ進まなければなら無いのである。

            

前に書いた「女通し」の場合でも 無垢で清純な生娘は、親戚の叔母が 待ち女郎になって介添してくれるとは云え、始めて会った年配の男の前で いきなり丸裸にされ、男と叔母との媾合の仕方を見せられる。そして男に抑え込まれ叔母に拘束されて 脚を割られ180度に拡げられ、これも始めて目にする巨大なマラを オメコに割り挿れられる。そしてオメコに熱い子種を浴びせ掛けられ 男と女のスル‥一通りを教え込まれるのだ。

更に娘は その余韻も覚めぬ内に、広間で酒盛りをして待つ 親戚の連中に、髪を梳き流しの(今‥ヤラれて来ましたと 言わんばかりの)姿で、股の間のマラの異物感を感じたまま、ガニ股で這い出して 報告とお礼の挨拶をさせられる。場合によってはその場に 破瓜の鮮血に染まった敷布が披露されるのである。その姿を見て 宴会は大いに盛り上がり、一同はその嗜虐的な刺激を基に 家に戻って銘々に媾合に励むのだろう。

この場合でも肉体的な破瓜と 精神的な被虐的な露出の強姦性を比べるなら、明らかに 精神的なトラウマの方が遙に大きいことが想定される。このことの連想から 私は、(恐らく そう云う形式が色濃く残っているであろう)皇室などの事情は どうなっているのか?が気になり、ネットで 調べてみた。もちろんネットで‥ 全くの真実が得られるとも思わなかったが、取り敢えず手掛かりくらいは 得られるのでは無いかと考えたのだ。

その結果‥判ったことは 果たして次のような 大変な形式に満ちた手続だった。もちろんこれは 真実であるか否かは保証の限りでは無いが、如何にもそれは 〝在りそうなこと〟である。そしてその行事の 精神的な拷問性は、生まれてからズッとそんな感覚に馴れている皇室育ちの人間よりも、新たに民間から皇室に這入った人間への 衝撃が大きく、その心中は察するに余りがあり 私などは想像しただけで昂奮してしまった。

資料は 「皇族ってセックスの知識どこで入手するの?」2006-02-08T⑩:28:05+09:00 《VIPOIR:vip板観測所(a view point of VIew Point より)》である。興味のある方には 是非とも原文のご一覧をお奨めする。以下の説明は 私が多少ともアレンジしたり、一部‥表現を 変えている処があるからである。皇族の結婚式は もちろん昼間の、宮中三殿での行事には 何の不思議も問題も無く、違和感は その後の行事である。

『皇族の初夜の儀式は 「入浴潔斎の儀」から始まる。昼間の儀式は 宮中三殿の賢所で行う「賢所大前の儀」や、親と子の杯を交わす「朝見の儀」など、正式な束帯と十二単の衣装を纏うのが 大変だが、間違え無いように 試行も行なうだろうし、間違えたら付き添いが直してくれるから 問題は無い。』

まぁ‥ここまでは 肉体的な疲労ぐらいで、馴れてい無いと 地髪を鬢付け油で固めるのが‥固めるのも落とすのも 大変だと云うくらいいの事である。

『それらの一連の結婚の儀を 滞り無く終えると、いよいよ初夜を迎えるための 準備の行事になるが その最初が「入浴潔斎の儀」である。簡単に云えば 風呂に這入って身を清めるのだが、その入浴たるや 昼の疲れを洗い流す‥ようなものでは無い。

それはその日 結婚の式を終えたばかりの男女が、その意志に関わらず 執り行われる、神聖な初夜を迎えるための 儀式を超えた‥実質的には検証の入浴なのだ。

女‥花嫁は 巫女と呼ばれる女官(正式には 神社の処女の娘とされるが、実際に行われるのは 大概‥皇族に仕える中高年の女性だと云う。(そりゃぁそうだろう‥ 未通の処女では、これから入浴を兼ねて行う‥ 女が処女か?媾合に耐え得るか?の検査など‥出来はし無いのだから‥)

巫女は 女(花嫁)と一緒に入浴する。浴室に入ると女は (少し‥股が透き弛むくらいの 足の間隔で)仁王立ちに立たされ、それからはそのままの形で、一切‥自分では 自分の身体に手を触れてはなら無いのだと云う。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2013年6月6日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】お堅い妻の寝姿【体験談】

自分で云うのも変だが、結構スレンダーな美人妻…

そんな妻を愛している

ところが夫にとって一つ不満は、

嫁さんは淡白でセックスがあまり好きではないらしいし、

教育関係の公務員という職業柄か、プライドが高く、

男が喜ぶようなことはほとんどしてくれないという現実でした

寄り添っていくと「またぁ…、イヤぁ…」と云って拒むし、

キスはおろか、乳首も長い間舐めたりすると不機嫌に、

クンニすらも嫌がってほとんどさせてくれません

そんな淡白な嫁さんに対して、自分は精力旺盛で、Hなこともしてみたい

もちろん、嫁さんの柔肌のすべてをくまなく覗き見たいと

常日ごろからしてみたいと思っていました

こんな願望を嫁さんにぶつけたところで理解されるはずもありません

以前、冗談ぽく下着姿を撮影させて…と云ったときも、

「ばかじゃない…!」「ヘンタイ…」と、まったくとりつくしまもありませんでした


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2013年5月27日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】友達の妹に夜這いされたんだが、興味ある?【体験談】

504 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/30(水) 03:50:05 ID:RQjGnbbE0 [1/4]

大学の時、友達の家に泊まりに行って夜に友達の妹にパンツを下ろされたことがある。夜中12時過ぎで、酒が入っていてウトウトしてた時に友達がコンビニに行くと言って出て行った。俺は良く覚えてないが返事をしたような気がする。部屋で1人で眠っていると友達の妹が入ってきて俺に話しかけたり足を蹴ったりしてたようだ。このあたりは全然記憶に無いが、そうらしい。





505 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/30(水) 03:51:08 ID:RQjGnbbE0 [2/4]

その妹はJKで凄いギャルっぽくていかにもやりまくってる感じの女の子だった。で、兄が外出中に勝手に部屋に入ってきて寝ている俺のズボンとパンツを下ろしたようだった。俺は酒が弱くて、飲むとすぐ真っ赤になり、肌も少し斑状に赤くなる。それを見て全部見たくなったと後であっけらかんと言っていた。話しかけながら脱がしてうんうん言うから起きてると思ったけど起きないんだものと笑いながら言っていた。俺が目を覚ましたのは脱がされてからしばらく経ってからのようだった。シャツはめくり上げられ万歳した手首の所に手錠のようにからまっていた。ズボンとパンツも足首の所まで下ろされてほぼ全裸の状態だった。



506 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/30(水) 03:51:40 ID:RQjGnbbE0 [3/4]

あまりに俺が起きないのでギャル妹が笑いながら俺の体を揺すって俺を起こした。目を覚ました瞬間はどういう状態なのか理解できなかった。俺は両手足を縛られてると勘違いして逆に体を硬直させてしまった。ビックリして「ハッ!」という声を出して目をぎゅうっと瞑り寝たふりをした。「・・・・。何してるの?おかしくない?声がするから来てあげたら裸になってるし。変態なの?」ケラケラ笑いながらギャル妹が俺の体をじろじろ見ながら言っているのを感じた。俺は目を閉じたまま寝たふりを続けた。顔は真っ赤になり体が小刻みに震えた。「・・・・・。何で起きないの?起きてんのばれてるんだから起きれば?」俺は手足が縛られてると思っていたので目を瞑ったまま「知らない知らない」と呟いた。顔を見れなかったのでよく分からないが凄い嬉しそうな顔をしてたような気がする。



507 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/30(水) 03:52:02 ID:RQjGnbbE0 [4/4]

「小っちゃい人こそ見せたがるよね。」ギャル妹がチンコをガン見してるのを感じた。「ダメダメ・・・。」俺は仰け反り許しを請うような声を出していた。ギャル妹は「何で~、何で~いいじゃん。」とあっけらかんと落ち着いた様子で裸の俺を見ていた。俺は目をギュッと瞑ったままプルプル震えるだけだった。「・・・・・・。○○さん、彼女いないんでしたっけ?ね?」「・・・・・。」「・・・・ふ~ん。じゃぁ自分でしてるの?ねっ?ていうか今恥ずかしい?」目を瞑った俺の顔をギャル妹が覗き込む。キスしてもらえるのかと思った。



508 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/30(水) 04:31:10 ID:tmjxtpw90

>>504-507いつしかこんな展開に・・・


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年5月25日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】デブ罵倒スレより 【体験談】

1名前:スリムななし(仮)さん投稿日:01/08/2710:21ID:iT1nefSU

1名前:スリムななし(仮)さん投稿日:2001/04/27(金)21:55

まわりに「やせなきゃヤバイよ」といってくれる人はなかなかいません。

自分でも「まあこれでも別にいいか」と思ってしまうことが多いですよね。

というわけで率直な2チャンネラーの皆さんにビシビシ本音をいってもらっ

て何が何でもヤセテヤル!」という意欲をかきたてられるようなスレにしま

しょう。



というわけで大好評の

デブ公認!デブを容赦なく叩くスレ パート9 です。



前スレ:

※過去スレ・趣旨・その他は2-9です。



497名前:スリムななし(仮)さん投稿日:01/09/0323:37ID:a3g6xQ2c


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||

2013年5月6日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【人妻】バスガイド【体験談】

今年29歳になる妻は、20歳の時にバスガイドとして就職したことが

あるそうです。結構、大手だったみたい・・・といっても親戚のコネで

年度途中に欠員補充のようなかんじでもぐり込んだみたいですが。

バスガイドは、かなり離職率が高いようで3,4年で大部分辞めてしまうようです。

不規則な時間とか友達と遊べないとか言う理由もあるようですが、職場環境が悪くて

と言う理由が一番多いみたいですね。

よく聞く話ですが、ドライバー(しかもベテラン)に、関係を迫られることが多いみ

たいです。特に可愛い子は狙われて、拒めば嫌がらせを受けるので、みんな受け入れて

いるそうです。



妻も研修後、初めての宿泊業務の時にもう、45歳のドライバーに迫られたそうです。

お客と別の旅館に泊まっていたので、ドライバーと食事をして、その後ゆっくりと温泉に

浸かり部屋に戻っていたら部屋に電話が掛かってきて「反省会と明日の打ち合わせ」を

するからこっちの部屋に来てくれと言われたそうです。

「風呂に入ったんだったら浴衣でいいから」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年5月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談
1 / 212

このページの先頭へ