寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【浮気・不倫】ど変態レズを縛って…【体験談】

(レズ出会い系で知り合ったあきさんと初めて逢う事になり、指定されたホテルの部屋に)

えっ!ここは…

(怪しげな部屋に戸惑いながらも、ノックして)

あの…優子です…

(扉が開き、あきさんが…)

初めまして…今日は宜しくお願いします…

(ムッチリした身体を微かに震わせながら挨拶する)



そう、早く入りなさい。

(女王様の格好になっている)

あそこにかかっている縄取って

(壁にかかっている縄を指差して)

あなたを気持ちよくしてくれる縄だから、大事に持ってきなさいよ。

ど変態だから、もうその縄気にいった?

縄を渡して、服を早く脱ぎなさい。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月13日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】何か、複雑で! 2【体験談】

先日は、妻とご近所の熟女とのレズ覗きの投稿をご覧頂き有難うございました。

皆さんのコメントの多さにビックリしました。

その後の進展についてですが、後日「一緒に食事でも」と誘われました。

今回は「食事のお誘い」の話です。

昨日、私の仕事中に妻から携帯にメールがありました。

「今晩、Kさんの家に行きましょう。Kさんからのお誘いです。」

私は「了解です。なるべく早く帰るようにします。」と返信しました。

私は先日の事を思い出し「ひょっとすると、Kさんとナニが出来るかも。妻の公認で。」

そんな事を思っていると午後からの仕事が手につかなくなりそうでした。

「でも、そんなに急に進展はしないか。ご近所だし、世間体もあるし。」

そんな、こんなで仕事を6:30には終わらせました。

会社から自宅までは車で30分程です。

会社を出る時に妻に「これから帰る」とメールしました。

「今、Kさんの家にいる。自宅に着いたらメールして。」と返事がありました。

私は「Kさんの家で一緒に料理でもしているんだな。」と思い、多少の期待しながら


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の下着を狩る熟女②【体験談】

そしてまた10日ほど経って、私はこの日も仕事が早く終わったのでが家へ帰り音を発てない様に玄関を開けた。

すると、またしてもリビングの方から同じアパートに住むデブスの熟女の声が聞こえた。

この間と同じ様にして覗いて見ると、妻は既におばさんに服を脱がされていてパンティ1枚の姿で立たされていました。

妻は前回同様、同じ女に変態行為を受けた事により恥ずかしさのあまり顔を紅潮させている。

おばさんはリビングのソファーに座り、妻はその目の前に立たされた状態で話をしていました。

この日の妻は前回おばさんに剥ぎ取られたパンティと色違いの、セクシーな黒いパンティを着けていました。

おばさんは妻に「今日は全部脱いだ後は、一緒におばさんの家に行って気持ちいい事しようね!!」

なんとおばさんは妻の身に着けている物を奪うだけでは飽き足らず、妻を自分の住む部屋に連れ込もうとしているのだ。

妻はしばらく絶句して「そ…そんな…そんな事なら私、脱ぎません」と拒絶した。

それを聞いたおばさんは「うふふ、もう今更遅いよ!!あなたの身に着けている物を奪うだけじゃ物足りなくなったの。」

「今日はおばさんの部屋であなたを抱いてあげるから覚悟しなさいね」と妻に告げたのです。

次の瞬間「いやぁ~」と叫び恐怖に駆られた妻は、その場から逃げ出そうとおばさんに背を向け走り出したのだが…

逃げ出す妻の背後から、おばさんの手が伸びてきて妻は腕を掴まれてしまい、あっさりと捕まってしまった。

妻は捕まえられたと同時に、素早い手付きでおばさんにパンティの横紐部分に手を掛けられ……「あっ…」と小声を出した。

そしておばさんは、後ろ向きで無防備な体勢になった妻のパンティに手を掛けると…


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年1月27日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・智子編【体験談】

私達夫婦(智・33歳、愛・36歳)  私の願いから妻・愛を清楚な女から淫乱な女に変えていった現実の話を聞いていただきました。今回は友達夫婦(直樹・33歳、智子31歳)の話しをさせて下さい。

直樹は私以外の男を知らなかった妻を罠に嵌めた協力者です。

直樹と智ちゃん夫婦には子供がいません。

子供が出来ないのを理由にレス状態になっていました。

しかし、愛が間に入って二人で話し合った結果、子作りに努力していましたが1年経った時点でも妊娠の兆候はありませんでした。

直樹は変わっていく妻のように智ちゃんも一緒にセックスを楽しんで欲しいと洩らしていました。

直樹は智ちゃんとのセックスのたびに『他の男とセックスしてみないか?』とか、『誰か他の男と3Pしよう?』などと言ったりバイブやローターを智ちゃんに使ったりするようになったらしいのです。

心配になった智ちゃんは、普段から姉と慕っている愛に相談してきました。

「愛さん・・・相談したい事があって・・・」

「いいわよ。どうしたの?」

「電話では話しにくい事なんです。週末、直樹さんは出張でいませんのでお邪魔してもいいですか?」

「あら、いいわよ。うちの人も土曜日はゴルフだし、そのまま飲みに行くって言ってたからお泊りにくる?一緒にご飯を食べてお酒でも飲みながらゆっくりと話しを聞いてあげるわよ」

「じゃあ、5時頃にお邪魔します」

「ええ、いらっしゃい。待ってるわ」

電話を切った愛は私と直樹に連絡してきました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2013年9月25日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の下着を狩る熟女②【体験談】

そしてまた10日ほど経って、私はこの日も仕事が早く終わったのでが家へ帰り音を発てない様に玄関を開けた。

すると、またしてもリビングの方から同じアパートに住むデブスの熟女の声が聞こえた。

この間と同じ様にして覗いて見ると、妻は既におばさんに服を脱がされていてパンティ1枚の姿で立たされていました。

妻は前回同様、同じ女に変態行為を受けた事により恥ずかしさのあまり顔を紅潮させている。

おばさんはリビングのソファーに座り、妻はその目の前に立たされた状態で話をしていました。

この日の妻は前回おばさんに剥ぎ取られたパンティと色違いの、セクシーな黒いパンティを着けていました。

おばさんは妻に「今日は全部脱いだ後は、一緒におばさんの家に行って気持ちいい事しようね!!」

なんとおばさんは妻の身に着けている物を奪うだけでは飽き足らず、妻を自分の住む部屋に連れ込もうとしているのだ。

妻はしばらく絶句して「そ…そんな…そんな事なら私、脱ぎません」と拒絶した。

それを聞いたおばさんは「うふふ、もう今更遅いよ!!あなたの身に着けている物を奪うだけじゃ物足りなくなったの。」

「今日はおばさんの部屋であなたを抱いてあげるから覚悟しなさいね」と妻に告げたのです。

次の瞬間「いやぁ~」と叫び恐怖に駆られた妻は、その場から逃げ出そうとおばさんに背を向け走り出したのだが…

逃げ出す妻の背後から、おばさんの手が伸びてきて妻は腕を掴まれてしまい、あっさりと捕まってしまった。

妻は捕まえられたと同時に、素早い手付きでおばさんにパンティの横紐部分に手を掛けられ……「あっ…」と小声を出した。

そしておばさんは、後ろ向きで無防備な体勢になった妻のパンティに手を掛けると…


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2013年7月1日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の下着を狩る熟女【体験談】

最近、結婚して2年になる私の妻(26歳)は同じアパートに住むおばさん(50歳過ぎ)に

日中、私が仕事で外出している時間帯を見計らい、我が家に押しかけては妻に強制的なレズ行為や変態行為をしている。

私の妻は結婚する前、某化粧品メーカーで化粧品などを販売する仕事をしていて

性格は少し勝気ですが顔は色白でスタイルも抜群、そしてかなりのの美人なので今でも私の自慢の妻です。

そんな妻が最近同じアパートに住む50歳過ぎのおばさんに、強制的なレズ行為、変態行為を受けていたのです。

この驚きの事実が分かったのは、ある日私は仕事が速く終わりお昼過ぎに妻に電話はせずに家に帰宅した時でした。

我が家の玄関の鍵を空け、ドアを開けると見知らぬ女物のサンダルが。

私は誰か妻の知り合いでも来ているのかなと思いました。

私は来客に挨拶しようとリビングに向かおうとした時、ドアの向こうのリビングから妙な言葉が聞こえました。

それは妻の声ではなく、明らかなおばさんっぽい様な声で「…いいから脱ぎなさい!!」と確かに聞こえたのです。

そしてすぐに妻の声がしました「い、いやです。許してください。」と怯えた感じの声なのです。

私は何か変な会話だなと思い、とりあえずリビングに入らずガラス付のドアから中の様子を見る事に。

すると、そこには同じアパートに住む正確な歳は不明ですが明らかに50歳は過ぎているおばさんと妻が見えました。

そのおばさんは、目つきの悪いの背の低いずんぐりと太った、いつもふてぶてしい態度のおばさんなのですが

どういう訳か我が家にいるのです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2013年7月1日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】ど変態レズを縛って…【体験談】

(レズ出会い系で知り合ったあきさんと初めて逢う事になり、指定されたホテルの部屋に)

えっ!ここは…

(怪しげな部屋に戸惑いながらも、ノックして)

あの…優子です…

(扉が開き、あきさんが…)

初めまして…今日は宜しくお願いします…

(ムッチリした身体を微かに震わせながら挨拶する)



そう、早く入りなさい。

(女王様の格好になっている)

あそこにかかっている縄取って

(壁にかかっている縄を指差して)

あなたを気持ちよくしてくれる縄だから、大事に持ってきなさいよ。

ど変態だから、もうその縄気にいった?

縄を渡して、服を早く脱ぎなさい。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2013年6月30日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】妻の唇が 【体験談】

妻の唇が奪われる

群馬県K温泉での出来事です。

私42歳、妻M子40歳。

我々夫婦と同僚夫婦(A氏とK美)と奥様の双子の妹、部下男性二人に女性一人の計8名。

部下の男女は兄妹です。

不景気も有り社員旅行がなくなった為、気の合う仲間だけでの小旅行です。

露天風呂付きの和洋2間ある大きな部屋を3つ借りましたが、

食事はその内の一部屋にまとめ宴会スタートです。

メンバー皆さん酒豪揃いであり、特に双子の妹さんT子は物凄い勢いで飲んでいました。

T子は付き合っていた男性に振られその話で盛り上がりを見せていました。

食後、持ち込んだブランデーでよいも絶頂となり、軽くお風呂に入りそのまま自室へ退散していきました。

残った5名で飲みなおそうとビールやワインを追加注文。

ブランデーの後だった為、軽く感じて飲める事飲める事。

その後、私と同僚は交互に露天風呂へ入りました。

ソレがいけなかったのですが、二人とも一気に酔いが廻り酩酊状態へ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2013年5月7日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】何か、複雑で! 2【体験談】

先日は、妻とご近所の熟女とのレズ覗きの投稿をご覧頂き有難うございました。

皆さんのコメントの多さにビックリしました。

その後の進展についてですが、後日「一緒に食事でも」と誘われました。

今回は「食事のお誘い」の話です。

昨日、私の仕事中に妻から携帯にメールがありました。

「今晩、Kさんの家に行きましょう。Kさんからのお誘いです。」

私は「了解です。なるべく早く帰るようにします。」と返信しました。

私は先日の事を思い出し「ひょっとすると、Kさんとナニが出来るかも。妻の公認で。」

そんな事を思っていると午後からの仕事が手につかなくなりそうでした。

「でも、そんなに急に進展はしないか。ご近所だし、世間体もあるし。」

そんな、こんなで仕事を6:30には終わらせました。

会社から自宅までは車で30分程です。

会社を出る時に妻に「これから帰る」とメールしました。

「今、Kさんの家にいる。自宅に着いたらメールして。」と返事がありました。

私は「Kさんの家で一緒に料理でもしているんだな。」と思い、多少の期待しながら


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年4月26日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】優子と純ちゃん【体験談】

俺の元カノの優子は幼稚園の先生で、寮に入ってました。

寮と言っても園長の持ち家で一軒家。

そこに同僚の純ちゃんと二人で住んでたんです。

二人は短大時代からのつきあいで仲が良かったんで、

結構上手くやってるみたいでした。

俺は純ちゃんとも仲が良かったので結構三人で遊びに逝ったりしてましたし、

当然ながら男子禁制の寮にこっそり泊まったりしてました。

優子と純ちゃんは普段から手をつないだりしてたし、

膝枕でテレビを見たりしてましたが、俺は特に不審には思いませんでした。

高校生の頃とかそんな女の子結構居ましたから。

当時俺は大学出たばっかりで、優子と純ちゃんは短大出て2年目でした。

優子は小柄で色白の華奢な女の子で、純ちゃんはボーイッシュで背の高い

スリムな子で、細身のジーンズがよく似合ってました。

ちょっとSっ気がある俺は、華奢な優子をいじめるのが好きでした。

本格的なSMってわけじゃないけど、恥ずかしがる優子にエッチな


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年4月22日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ