寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】元彼の腹癒せに兄と…【体験談】

「このチケット慰謝料代わりに貰っておくわねっ!」そう言って浮気していた彼氏に別れを告げたのが今から丁度一年前…

その時半ば奪い取る様に貰って来た、某リゾートホテルの宿泊ペアチケット…

私は女友達と行ってやろうと思っていたのですが、チケットの注意事項には男女カップルに限る…の文字が…

私は直接問い合わせてみましたが、やはり返答は注意事項に書いてある通りでカップルの為に用意した部屋だから女性同士は遠慮して欲しいとの事でした…

そうなるとタダ捨てるのでは元彼の懐が痛むだけで私の煮えくりかえった腸は鎮まるどころか余計に沸き立つばかりで、どうしてやろうと思い立ったのが、一緒に行く相手を見つける事でした…

けど3年間一途に付き合った私が直ぐに別の彼氏(候補)を見つけるなんて事は出来ず、けど悔しいままなのは嫌なので、そこで3歳上の兄(25歳)と一緒に行こうと思ったのです。

「お兄ちゃん…」「ん?」「今度の週末って何か用事ある?」と私は少し甘えた感じに聞いてみると、私の事が好きな兄は絶対嫌がらずに聞いてくれると分かっていたので「いや、何も無いよ…」と予想通りの答えが返って来ました♪

そこで事情を話すと案の定、一緒に行ってくれる事になりました。

当日、兄の運転する車でホテルのある所へ行き、チェックインには少し早かったので、周辺の観光スポットをプラプラして時間を潰しました。

そして、そろそろ時間になったのでホテルへ向かい私は後で元彼に見せつける為にホテルの写メを撮りました。

チェックインの時、予約者が変わっているので誤魔化すのにちょっと戸惑いましたが、何とかチェックイン出来、部屋へ案内されました。

部屋はそこそこ広くベッドルームとリビングルームの2部屋と、内風呂から続く露天風呂があり、露天風呂は源泉かけ流しの24時間いつでも直ぐに入れる温泉風呂がありました。

ベッドはダブルベットで部屋の色調はブラウンを基調に落ち着いた大人な雰囲気でとてもリラックス出来る部屋でした。

取り合えず夕食までの時間、大浴場へそれぞれ入浴しに行きました。

夕食は豪華でこれも写メをしっかり撮り美味しい料理に美味しいお酒で満足した私達は部屋に戻ろうとしたら、兄が「部屋でもう少し飲もうぜ♪」と売店でおつまみと缶ビールと缶チューハイを数本買って戻りました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2014年4月7日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】夫は嫉妬好きなので【体験談】

何といいますか、この夏はホントに色々な出来事が起きて戸惑っています。

自分でも何をしているのか信じられない。

ボーッとしてる間に、まるで映画のシーンのように自分のまわりが動いているみたいで。

はじまりは、元彼との一泊旅行でした。

いえ、その前にはじまりはありますが、ホントは・・・。

元彼との旅行なんて、夫にナイショというのが普通だと思いますが、積極的に行ってこいと行ったのは夫の方でした。

そんなバカなことってあるの、と友だちにも言われてしまいました。

私はそんなに気が進みませんでしたが、こういうことって夫婦の間じゃないと分からないと思います。

いつだったか、夫も私もかなり酔っていてセックスしたとき、私、かなり前彼のこと喋っちゃったみたいでした。

夫も聞き上手だったし、アルコールとセックスで朦朧として「前彼とのセックスがすごく気持ち良くて忘れられない」、みたいなこと言っちゃったんです。

その時の夫のセックスってすごく男らしくて激しくてびっくりしちゃいました。

それからセックスの度に夫は前彼とのことをしつこく聞くようになってしまいました。

わたしは、バカだったから夫に聞かれるまま数えられないくらいセックスしてたこととか。

ミニはいてノーパンで歩かされて、スースーしちゃって、とか・・・。

公園のベンチで、人が見てるのにセックスしちゃった、とか・・。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年4月6日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】結婚式の初夜【体験談】

結婚式の後の初夜でした。当時私24歳主人31歳。

見合いで、交際期間も短かったため

主人には気の毒でしたが結婚するまでお預けでした。

結納後最初に誘われた時に、主人には私は未経験であると

告白し、優しい主人も納得してくれた上に大丈夫だよ

大切にすると言ってくれたのを今でも覚えています。

初夜は最初本当に緊張しました。

真面目で優しい主人に全てを任せようと思い、ほとんどマグロ状態でした。

ただ主人も最初はものすごく緊張しているのが私にも伝わってくるほどでした。

しかしながらそれも誠実さがにじみ出てくるようで、この人と結婚してヨカッタと

幸せを実感するものでした。

後でよく話をすると、実は主人も初めてだったらしいんですが

なかなか男性は童貞だったって言いませんね・・。

当日は途中で主人のものが元気でなくなってきたり

なかなか入らなかったのでもう今日は無理かなって思って


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年4月4日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】おにいとイケナイ関係【体験談】

おにいと買い物に行きました。いろいろ見た後おにいのお友達(後輩)さんから1時間後ライブあるから暇やったら見に来て下さいよ!と言うことで

兄「オレ行ってくるから彩どうする?来るか?」私「ぅん♪行く!」兄「妹も一緒におるんやけどええ?」友達「~~~~~~~~~。」

OKもらったので私も行くことにそれまで近くのお店でアイスクリーム買ってもらってお話ししてました。

兄「そういえば彩大学の友達と会うん初めてやったけ?」私「うん。でもおにいの友達って音楽好き多そうだよね!?」兄「まぁ、そんなこともないけど大学って人多いからなぁ」~

すぐ1時間経ってライブハウスに行きました。

私「中ってけっこう寒いね。」兄「ここはちょい寒いな、てか彩の服装がなぁ。上着貸すから着ときな。」

この頃いきなり暑くなったのでこのときの服装はニーソにショートパンツと服1枚の薄着でした。他大生「あのー、○○○○

さんじゃないですよね?」兄「違いますよ。残念ながら!笑っ」他大生「似てたものですみませんでした。」兄「本人さんに失礼っすよ笑っありがとうございます。」~

おにいはの三○翔○にけっこう似ていて斜めからみたらほんとにそっくりです。間違えられることもけっこうあります。私「おにい何イチャイチャしとん!!?彼女さんに言い付けるで」兄「不可抗力やて!ゴメンゴメン」初ライブで始まると周りがごちゃごに幸いおにいに手を繋いでもらっていたので離れずにすみました。でも後ろの人が触ってる?痴漢!??当たってるだけかもでわかりませんでした。

そうこうしている間に次の曲に曲に合わせてガターが引っ張られている!?気がしました。

おにいの後輩さんらが出てきて始まってサビのところで大きくなったものを私のお尻に押し付けたり、体を触られたり、スーハースーハーと鼻息がかかって気持ち悪くて、手を強く握るとおにいがどうした?ごちゃごちゃで狭いなあ!と私をおにいの前に抱き寄せてもらいました。私が痴漢にあってたのは分かってないみたいでした。

このあとは楽しくライブ観戦できました♪

終わって~友達「オレらどうでした?」兄「まだ数回目やのにうまかったやん♪」私「カッコイいかったです♪」友達「先輩たちに比べたらまだまだですよ♪てか、その子めっちゃ可愛いじゃないですか先輩のセフレっすか。彼女さんに言い付けますよ!笑っ」兄「お前らもか!?さっき電話した時言ったやろ!!妹や妹!」友達「似てないっすね!めっちゃ可愛いじゃないですか!?てか兄貴イケメンで妹可愛いってせこすぎでしょ!」恥ずかしくなってきておにいの少し後ろに移動しました。友達「今何歳なん?てか俺と付き合って下さい!笑っ」私「高2です////おにいぃ~」兄「お前はロリか笑っ 妹は渡さん。てか彩付き合ってるし笑っ」~面白話して遅くなったのでおにいの家お泊まりしました。私「おにい今日楽しかったね♪ソファー買ったんだ!」兄「そうやな。うん昨日届いた♪」

少しした事故が起きました。トイレにいきたかったので行ってソファーに寝転んでるおにいにダイブするとおにいが痛てー!といって10分ほどしゃべらなくなりました。私「おにいどうしたん?」「・・・大丈夫?」「ゴメンね!許して」「・・・グスン」10分後兄「お前なぁ・・・勃○しとる上にダイブしてくるやつがおるか。涙」「一瞬周りが白くなってタヒぬかと思ったぞ。」「あーまだヤバイ。」私「・・・」30分後兄「彩?どうしたん?」私「半泣き」兄「ぇ・・・なんで泣いてるん?」私「怒っとる?」抱き寄せられて。兄「ふー。怒ってないよ!ただ痛くて悶絶してただけやから。」ショートパンツに手をかけられて、




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年4月4日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】やっと女の悦びを…【体験談】

結婚して3年、主人とは32回しかセックスしてません。

昼間は暇なので、1年ほど前から事務のパートを始めました。

半年前に大学生のアルバイトが入ってきて一緒に仕事をするようになりました。

彼はとても可愛くて、素直ないい子なんですが、私に気があるような感じでした。

そして、この3ヶ月、毎日のようにデートに誘われました。

「何で私ばかり誘うの?私、人妻だよ。もっと若い子が幾らでもいるでしょ」

彼を窘めると、彼は事故で亡くなった姉に私がそっくりだと告白しました。

その話を聞いて、私は断ってばかりでは悪いと思って、彼の誘いを受けました。

そして、二人で夜逢って食事しました。

「ねぇ、お姉さんて、どんな人だったの?」

「和美さんと何もかも瓜二つです。僕、和美さんのことをもっと知りたいんです」

「そんなに似てたの? そんなに私のこと知りたい? なんだか恥かしいわ・・・」

「それじゃぁ、僕の部屋でもっと和美さんのことを教えてくれませんか」

「遅くならなければ、いいわ」

彼の住まいは新築のワンルームマンションで、ご両親が借りてくれたそうです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年4月3日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】ふとしたきっかけで【体験談】

結婚して十年、初めてあなた以外の人を受け入れました、

宴会が終わって帰るとき、いつの間にか二人だけになって歩いていました

あなたも知っているあの方と…

あなたに悪いと思いつつ

あの方の後ろについて行きました

初めて入ったラブホテル…

目眩く一夜を過ごしてしまいました、

強く抱きしめられたときの胸の温もり…

服を一枚ずつ脱がされる時のトキメキ…、

胸に触られ、太腿に触られて愛撫されるとき…、

処女のような恥ずかしさと期待感が入り交じり…

そして私の最も大切なあそこにあの方の手が…

濡れているのが恥ずかしかった…

そしてついに

あなた以外の物が入ってくる時の恥ずかしさ…


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年4月3日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】会社の上司と【体験談】

会社の上司とセックスして帰ってきました。お互い既婚、私24、彼は40。



上司とは去年の秋辺りからちょっとずつ親密になってました。

きっかけは二人きりの日帰り出張。

そのときはエロ話に花が咲いて、お互い若干興奮気味の状態で「今度時間が会ったら会いましょう」

と約束しました。仕事が終わったのが遅かったこともあってその日は何もせず終わり。



それから、年末に初めてデート>エッチして、今回が二回目のデート。



頭からつま先まで服も下着も新調して、準備万端で仕事後に待ち合わせ場所へ。



彼の車に乗り込んで、これから御飯かな?と思ったら

「腹減ってないだろ?飯より先ホテル行くぞ〜」

と、そのままラブホへ直行。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年4月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】言い訳です。寂しかった【体験談】

高校3年生の一人息子の家庭教師とのことです。私は50目前の仕事をしている人妻です。彼は25歳の社会人の独身です。勉強はもっぱら彼のお休みの日に教えてもらっています。彼の家は近く、先冬、彼がインフルエンザになった時など彼の家に行きお掃除などをしてあげたこともあります。その時、いわゆる「熟女AV」があったことがありました。彼女もいないと言っていましたし、若い男の子だから当然だろうな、とその時は思っていました。

ここ何ヶ月前から彼が家庭教師に来る日ちょっとおしゃれをしたりと心待ちにしている自分に気がつきました。時々私の家で食事をしていく時などは腕によりをかけて料理しました。息子も「先生がいる時はちがうね」。主人は「先生は一人暮らしだからいっぱい食べて行きなよ」と私の気持ちは悟られませんでした。ただ、主人は単身赴任をしており最近はかまってくれず寂しい思いはしていました。

私が彼を意識しだした頃、彼にも変化が感じられました。私の背中に彼の視線を感じたり、かがんだ時、胸元に視線を感じたりしました。またある時、「結婚するならお母さんのような女性がいいな」なんて言ったりしました。

私の仕事は日祝と隔週木曜がお休み、彼の職場は7月からお休みが木金となったところです。

最初の木曜日、私はお休みで一人家にいると彼がやってきました。「今日はちょっとご相談が」というのであがってもらいお話を聞きました。

突然ですが来月早々子会社に出向する。遠くだからもう家庭教師はできない。せっかくとっても親切にしていただいたのに残念です。結婚するなら恵子さん(私の名前)のような女性がいいです。お世話になりました。息子さんには私から伝えますので。と彼は話しました。私は寂しくなり彼の膝に泣き崩れました。仕方ないよね、ありがとう。でも本当に私みたいな女性が好きなの?彼は「はい」と言い「ごめんなさい」と言った瞬間抱き上げられ彼の唇が私の唇と触れ合いました。私は何の抵抗もなく唇のみならず舌までも受け入れてしまいました。「とんでもないことしちゃいました、本当にごめんなさい」「いいの、気にしないで、私はあなたの事最近気になっていたんだ」「ホンと!」「そうよ、でも私は人妻だからこれ以上はダメ、そういえば部屋にあった熟女AV、あれ何、おばさんが好きなの」「恵子さんとダブらせてたんだ」「そうなの、ありがとう」

その日はそれ以上の事はありませんでした。それから数日後、息子は夏休みの合宿に出掛け主人は相変わらず単身赴任中。そんな水曜日の事です。私は彼に家に来るように連絡しました。最後にお食事しようと

私は仕事の帰りに彼の好きそうな食材と少しのお酒を買い、今まで以上に腕によりをかけて調理していました。20時頃彼は来ました。「今日はお招きありがとうございます」と、どことなくよそよそしい態度、今までとは明らかに違っていました。「明日はお休みでしょ、ゆっくりしていってね。私も明日はお休みだから。あっそう、今日は2人だけだからね。それと先日のこと気にしないでね」

「今日はお仕事疲れたでしょ、お風呂入ってきなさいよ。着替えは買っておいてあげたから」彼は私の言いなりにお風呂に入りお酒で乾杯し食事をしました。お酒が入るにつれちょっとエッチなお話も出てきました。食事も大方終わり「私もお風呂に入ってくるわ」と入浴。

彼は一人TVを見ています。そこに私はバスタオル一枚で行きました。驚く彼、私は彼の掛けているソファーに行き膝に乗りました。「この間は期待だけさせてごめんね、キスして」と積極的に振るました。優しくキスをしてくれました。彼のモノは大きくなっているのがジャージ越しに分かります。私は更に大胆になり「見たい」無言の彼に私は前にかしずき下着ごと一気き下げました。大きく硬い彼のモノが現れました。「いい、含んでも」含んだり舐めたりしているとき彼は「恵子さんのこと、本当に好きです。なんか夢みたい」そんなことを言っている時も彼のモノはだんだん張りが出てきました。「いきそうです、ごめんなさい」「「いいよ、いっぱいって。飲んであげるから」

私の口の中は彼の体液でいっぱいです。それをゆっくり飲み干しました。

「今夜はあなたの好きなように私を愛して頂戴。今夜だけ、それで最後だよ」

私は彼を寝室へと導きました。主人との寝室にほかの男性を招きいれるなんて当然初めて。また、結婚して以来主人以外の男性とも初めてなんです。でも今日は‥

タオルを剥がされお互い一糸まとわぬ姿で愛し合いました。彼は私の中に侵入してきました。少し大きすぎるのか初めは痛かったけどすぐにいかされてしまいました。若いだけありとってもタフ、そういえば一度放出したからかも。

「もう腰がたたない、一緒にいこ」「はい」と彼は猛ダッシュしてきます。「いくときはどこですか?」「あなたが熟女AVで一番刺激的は最後はどこでいくの?」「中です」「そう、じゃそうしましょ。今日は妊娠の心配ないから大丈夫よ」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月2日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】女だって出会い系くらいする【体験談】

<>1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/14(火) 00:17:42.50 ID:UOePGIZs0 <>

たったらね

<>2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/14(火) 00:18:00.39 ID:RiC7gPKj0 <>

本当に女なら証拠うp

>>2

おっぱいでもうpればいいのか?

だが断る



<>7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/14(火) 00:19:31.43 ID:RiC7gPKj0 <>

>>4

割り切り女か?

とりあえずパンツは脱いだぞ

<>10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/14(火) 00:20:08.75 ID:gi2q+xybO <>

俺もパンツ脱いだ

>>7


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月31日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】山道のトイレ【体験談】

6年前の事です。今は結婚して子供もいますが今でもあの野外でのエッチは凄かったです。

卒業をして某会社に就職をして5月の終わりに歓迎会をしてもらった後でした。

その部署に既婚の人ですが格好良くて人目惚れしちゃってのですが同じ会社だし既婚男性だから、毎日会社行っては見てるだけでした。

歓迎会も終わり、偶然にもその彼に送ってもらう事になり、帰りの車の中で話してると、私の彼氏の事を聞かれて、2年ほどいない事を話したら、じゃ~~彼氏ができたら素敵な夜景の場所を教えてあげるから来るといいから行こうか???

片思思いで適う事ができない彼に言われて、私はうなずき、山道を走り、夜景スポットに着きました。

街街の明かりが綺麗でした。

そのときトイレに行きたくなり、彼に言うと、車で数分の所に公園があり私は慌ててトイレに行きましたが、電灯が切れてて真っ暗だったので、彼にライターを借りてトイレで用を終えました。

用を終えて出たとき、何かが私に触った感じがして驚いて叫んじゃたの、そしたら彼が着てくれて、私は彼に抱きついたの。

優しくガードしてくれて、彼は周りを見たけど何もありませんでした。

でも、怖いって言い、彼に抱きつくと、彼は私を抱き寄せてキスされたのです。

期待してたから、キスを受け入れて彼にしがみついてたのです。

それから彼は私をさらに抱き寄せて耳から首筋に舌を這わせて来たら、ああ~~ん 声でちゃったの。

もう彼に愛撫されたくて彼の体に自分から押し付けて要求するようにしました。

彼の手が胸にきて、ブラウスのボタンを外されてから背中に手が来てブラのホックを外されて直に乳房を揉まれて、乳首をいじられて、私はああ~~~エッチまでしちゃうのかな????

感じて荒い息と一緒に喘ぎ声まで出てました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年3月30日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

このページの先頭へ