寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】お酒に飲まれた妻2【体験談】

今回はAさんに聞いた妻の痴態の内容を抜かずに詳しく書きます基本的な事は同じですが宜しく御願いします。

結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。



私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。



顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市内に一人で買い物に行くと何時も街中で「中年や初老風な男」に

ナンパされると言っています。



そんな文句の付け所の無い妻ですが…正直言うと妻のアソコは緩めの感じです。

…私の物が悪いと思いますが…日本人平均サイズだと思います。

妻はアソコが緩いとは気が付いていませんそれより自分の脚が太いと少し「コンプレックス?」が有ります。

外出時は何時もズボンやジーパンを履いて出かけています。



逆に家の中ではホットパンツ姿やパンティのみの生脚姿でうろうろしています。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月23日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】教職の現場で【体験談】

 妻は中学校の教員をしています。お見合いで結婚したのが妻が27歳の時。顔は人並みですがスタイルが良く、何よりも穏やかでまじめそうだったので決めました。

 子供にも恵まれて幸せに暮らしていたのですが、昨年、妻が独身だった時に同僚だった人と私がたまたま同じ職場になりました。その人から、あの頃同僚の教師と何かあったようだという話を聞きました。その時は、流して聞いたのですが、何となく気になっていました。悪趣味かと思ったんですが、さりげなく職員録を調べ、たぶんこの人だろうという名前を確認し、セックスの最中についつい我慢できなくて聞いてしまいました。妻は一瞬固まって「バレちゃったね。」とだけ言いました。

 数日後、「 あなたにもう嘘はつきたくないから。」と、あるウエブサイト名を告げました。当時悩んでいた妻は女性主体のこのサイトに書き込みをし、いろんな人からアドバイスをもらっていたようです。そこにはその男性とのなれそめから何からすべて書いてありました。以下は抜粋です。

『最初の晩、確かに私にも隙があったのかもしれません。彼が一人で来たとわかった時点で部屋に入れなければ・・・。その晩の事が私にとっての初めての体験でした。このことについて特別な感慨はありません。

 それよりも痛さと最後に私のおなかの上に出された彼の液体がとてつもなくショックで、汚されたような気がして泣いてしまったのです。

 その後で二人は裸で抱き合ったまま話をしました。「おまえは前の彼女に似たところがある。好きだ。仕事以外の時間をおまえと過ごしたいんだ。」と告げる彼の言葉にすがろうとする私の気持ち。一方ではいけないことだと思う理性がまぜこぜになった時でした。

 ・・・ところが話をしながらも彼は胸や背中そしてあそこを微妙にさわりながら巧みに私を高めてきます。私が何か反問しようとするとキスで口を塞がれ、何にも考えられなくなって・・・2度目のセックスが始まっていました。やっぱり痛いだけでしたが彼の存在を私に刻みつけるのには十分な出来事でした。

 その晩の3時頃彼は自分のアパートに帰りました。

 次の日学校で部活動をしながら「これは早めに切らなくては・・。」と心に決めて強い気持ちで部屋に帰りました。夕方の5時頃ドアがノックされました。彼でした。鍵を開けずに帰ってもらうはずでした。でも「話だけだから。」という彼の言葉に、嘘だとわかっていながらドアをあけてしまったのです。

 玄関先で抱きしめられ壁に押しつけられて激しいキスをされ耳元で「好きだ。」と言われたときには、もうスカートは足下に落ちて彼の手は直に私に触れていました。

 私は身体を堅くして「だめよ・・。」とつぶやくだけでした。抱え上げられて寝室に・・。

裸にされた私の身体を、彼の唇というか舌がなぞります。唇から首筋へ胸にそして・・・私あそこを舐められたのは初めてでした。「汚いからやめて。」と強く拒みましたが「いいから静かに!」と一喝され後はなされるがままでした。

 触れるか触れないかぐらいで上下に動き続ける彼の舌。なんだかとってももどかしくなって・・・と思った瞬間前の部分に舌先がザラリとやって来て、すごく大きな声が出ました。後はもう夢中でなんか声を出してて、ふっと楽になったら彼が「今、いけたね。」って。

 大きく広げた足と、なんかすごい格好の自分に気がついてとっても恥ずかしかったことを覚えています。それから彼が入ってきて。痛いんだけどなんか昨日よりとっても優しい感じがしました。

 次の日は3学期の始業式。結構遅く帰ったのですがアパートの前に彼の車が止まっていて。・・


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年2月23日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】離婚【体験談】

妻(41歳)が今年の9月に離婚したいと言い出しました。

妻の浮気が発覚したのが原因でした。

相手は私の会社に勤めるD社員(26歳)でした。

周りへの体裁を考えて、離婚はしませんでしたが

とうとうD社員を我家へ住ませることにまでなってしまいました。

妻はほとんど毎日その男の部屋で寝ています。

妻の希望で私の寝室と彼らの寝室を家の端と端にしました。

昨日、妻は彼と喧嘩をしたようで夜遅くに私の部屋に来ました。ほとんど裸に近い寝着でした。

私の布団にもぐりこんできた妻を私は抱こうとしましたが

「待って、今日はもう勘弁して。他の男の精液が入った女を抱きたくないでしょ」と拒みました。

「今、やってきたのか?」

「うん、あの子ほんとにすごいんだから、昨日も今日も2回づつも立て続けにされたら体がもたないわ」

「いつも中に出させているのか?」

「そのほうが男は気持ち良いんでしょ」

「そんなにいいのか?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年2月23日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】若い男の子の厭らしい視線が私に…【体験談】

今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。

パートから帰りシャワーを浴び…黒いショーツを履き…ノーブラで黄色のキャミを着て…白いタイトミニを履き…裸足にサンダルという格好で出かけました。

近所の人に見られないようすばやく車に乗りショッピングモールに向かいました。駐車場に着き車から降りた瞬間から

”ああ…私…これから知らない男性達に視姦されるんだ…”

と勝手に思い込みドキドキし始めました。

ノーブラで体のラインが分かる格好で私は店内に入っていきます。

平日のせいか空いていました。歩いていても男性客をほとんど見ませんでした。でもすれ違う男性の視線は感じました(自意識過剰かな?)

エスカレーターに乗ればスカートを覗かれるかなと思い乗りますが…タイミングよく男性は乗ってきません、少し歩くとブティックに大学生風の若いカップルの姿が見えました。おまけに男の子は私の好みのタイプです。

”デート中のあの若い男の子に少しいじわるしちゃお…”

私はカップルに近づきました。

私は男の子の視界に入るように屈んだりして、胸元が見られるよう期待していました。

最初は男の子は彼女の手前、私をちらりと見ていただけでした。しかし彼女が試着室に入ったとたん、私の方に視線を向ける回数が増えてきました。

私は調子にのり商品を屈んで見るふりをして、彼の方にパンティラインの浮き出たお尻を突き出しました。彼の厭らしい視線を感じます。

”わあ…見てる見てる…若い男の子が私のお尻を…彼女とデート中なのに…”

私は変な快感を覚えました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年2月22日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】母親と電話中のウ妻にいたずらを【体験談】

先日の日曜日、早めに夕食を済ませ、お風呂に入り、ベットに入っているとベット脇の電話が鳴った。出ると妻の母親からだった。俺は27歳、妻は24歳、結婚して9か月。母親の住む町と俺達の住む所とはかなり離れており、お互いに結構電話連絡をしている様子。たわいもない話をしている様子。その時俺は妻にいたずらをしたくなって、電話をしている妻の胸を触ったり、舐めたり、幸いにも俺達夫婦はベットに入った時というより

お風呂からあがってから朝起きるまでは下着はつけないことにしているので、電話をしている妻の後ろから、妻に挿入した。妻は電話相手の母親に気つかれないように、必至で絶えているのがみてとれる。それが愉快でますます妻を気持ちよくさせてやりたくなった。夫婦生活の時、戯れで使うバイブレーターをベットの宮から取り出して、ペニスを抜いてバイブを差し入れた。もちろんバイブの振動音がする。電話機から「なにか音がするよ。なに?」と母親が聞いている。妻はなんでもないと答えている。再度俺は妻にペニスを挿入して、思いきり腰を動かせた。ベットのきしむ音も次第に大きくなり、妻も我慢できなくなっ手、母親との会話もすくなくなっている。もう妻も我慢の限界が来ているのがわかる。俺は射精した。妻の口からついに漏れた「ああ・・いい」と。

母親は「なにしているの?どうしたの?」と言っている。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||

2014年2月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】不妊治療【体験談】

妻は不妊治療に通っていたのですが、私も精子検査の為、何度か同行したことがあります。これからの話は、その時の恥ずかしくも興奮する話です。



病院での妻は、更衣室で超ミニのワンピースのような検査着姿に着替えます。妻はいつも検査着の裾が短い事を気にして、しきりに下方ばかりを押えていましたが、私は、大きくV字に開いた胸元の白い乳房が、普段は無い深い谷間を作る方に目を奪われてました。



私と妻は容器を渡され、別室に向かいます。私と妻は渡された容器に出来るだけ多くの精子を出さなければなりません。妻は口と手を使って手伝ってくれました。(ある時妻の顎が外れ、慌てた事もありました)容器に入れた精子は検査直前まで体温で温存させなければなりません。妻は容器をお腹に当てたまま、私と共に待合場所で順番を待ちます。待合場所には他の夫婦も居合わせます。他の夫達は男好きする容姿を持った私の妻だけを視姦します。妻はこの待ち時間が嫌いで、いつも顔を上気させ、泣きそうな顔で壁に寄りかかって立っています。妻の羞恥に群がる男達。このひとときを私は結構愉しんでました。



やがて順番が来て、私と妻は診察室へ行きます。精子の入った容器を提出し、医師が精子検査をしている間に妻は検診台に乗ります。やがて医師が妻に対して問診と触診をおこないます。妻に訊いたところでは、この検診台に乗っただけで乳首が立ち、Hな妄想をしてしまうそうです。



医師の問診に声を上ずらせながら応える妻。それだけでも愛液を溢れさせているそうです。医師は触診前、当然のように妻の愛液を試験管に採取します。触診が始まると妻は半開きの唇で息を乱し、潤ませた大きな瞳で私を見ます。暫くすると医師は「後半の採取まで続けます。付添いますか?退室しますか?」と必ず訊きます。妻がイッタ状態の愛液を採取するという意味で、妻は毎回この医師の手淫でイかされています。当然私は毎回最後まで付き添いましたし、妻もそれを望んでいました。



因みに私が同行しない時は、確認なしで始めるそうで、その時は会話しながらすることもあるそうです。医師は挿入した長い指の動きを止めず、無言で妻の恍惚の表情を眺めながら妻の身体に最高の快楽を与えようとします。片方の手では、医師が知り尽くし、開拓した妻の性感帯(耳朶、うなじ、乳首)を弄ります。時にはその最中に検査着の前紐が外れて、ピンクの乳首を立てた、たわわな白い美乳が激しく揺れるのが露わになります。やがて妻がエクスタシに到達すると、医師が私に確認の目配せをします。私がうなずき、妻のオーガズムを認めると、医師は大量の愛液を試験管に採取します。以上が最低月1回は行なっていた診察です。



この治療期間中は勝手なセックスとオナニーは禁止され、セックス日時と回数は医師によって指定されていました。そのおかげか、1年後には子供が誕生しました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年2月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻が肉壷扱いされて…【体験談】

4月3日の書き込み時、友人に散々嵌められ中出しされてしまった後

妻の美幸は「グッタリ」してそのまま寝てしまいました。

私の許可無しに中出しした友人には少し腹が立ちましたが私が貸し出し許可したので仕方が無いです。

朝に美幸に声をかけると以外に普通でした。

私の貸し出し行為に美幸は余り怒っていない様子でした。

其れ以来私は美幸とはSEXレスです…

友人の立派な男性部分を味わった美幸を満足させてやる自身が無くなったからです。

続きは無いのですか貸し出し行為に至る経緯とプレイ内容を詳しく書かして頂きます。

妻美幸は私よりも8歳年下の28歳です少しM系で強引な男に弱い所が有りました。

身長152cmの小柄ながらバスト90cmでウエスト65cmヒップ85cmのエロいボディで顔はまあまあです。

夫婦の間に子供はまだです美幸が30歳に成るまでは作らない予定です。

4月3日の経緯ですが3人で私の自宅で飲んでいた時話しが下ネタに成り友人が余りにも武勇伝を語るので

私も美幸も笑いながら「嘘だ~」とか言っていると友人が「お前の奥さんも俺の一物の虜に成るか試してみる?」

と聞かれて私も酔っていた勢いで貸し出したのでした美幸は少し嫌そうでした…

4月3日の夜に3人ともほろ酔い以上に成った時友人と美幸のSEXが始まりました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】野外露出が癖になった私(追加①)【体験談】

<山中で…②>

前からよく通っていた山中で、久々におじさんに出会った。車を止め辺りを見回したが、人の気配は無かった。私は車で全裸に

なり、首輪を付けアナルには尻尾に見立てたバイブを入れ所々ロープで縛った。マンコにはバイブを入れ固定するとリモコンを口に

咥えた。そんな格好で四つん這いになると頂上を目指した。見られるかもと思うだけで、マンコからはダラダラとエロ液が垂れてきた。

誰に会う事も無く、現地到着した。私はロープを木に結び、バイブでオナニーを開始した。街中の人に見られていると想像しながら

必死に動かした。絶頂を迎えようとした瞬間、ガサガサっと音が聞こえた。”マズイ!”そう思って体を低くした。音のする方を見たが

誰もいなかった。風?と思い冷めた感情をまた、吹き上がらせた。オナニーしながら、音のする方を見ると人影が見えた。

おじさんだ!!!私は確信した。ロープを解きおじさんのいる方へ四つん這いで向かった。近くに行くと、おじさんも隠れていた。

私は、いつもの様におじさんの方へおしっこをした。そして、その場で、オナニーを始め絶頂を迎えた。いつも以上に盛り上がり

一度では満足出来なかった。おじさん見てと心で叫びながら、アナルオナニーも見せた。彼も我慢できなかったんでしょう?

隠れながらオナニーをしていた。”うっ”小さな声が聞こえた。

何度逝ったでしょう?いつも以上に疲れ下山する事にした。途中、犬を連れた男(40代)が見えた。私は、草むらに身を隠し行くのを

待った。犬が近寄って来た時は、ダメかと思ったが、気づかれる事無く下山した。車に戻ると急いで着替え自宅に向かった。

<神社で…>

隣町にある神社がちょっと有名で、暇を弄んでいたので行ってみる事にした。下着は付けず薄手のワンピース(膝上15cm位)


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】お酒に飲まれた妻!【体験談】

結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。

私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。

顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市内に一人で買い物に行くと何時も街中で「中年や初老風な男」に

ナンパされると言っています。

そんな文句の付け所の無い妻ですが…正直言うと妻のアソコは緩めの感じです…私の物が悪いと思いますが…

日本人平均サイズだと思います。

妻はアソコの事は気が付いていませんそれより自分の脚が太いと少し「コンプレックス」が有り何時もズボンやジーパン

を履いて外に出かけています。

家の中ではホットパンツ姿やパンティのみの生脚姿でうろうろしています。

其の白いムチムチ生脚を見るだけで私は勃起してしまいます。

現在は夜の夫婦生活は年に数回程度に成ってしまいましたが…

私が妻に「今度サークルの飲み会にミニスカート姿で私と一緒に出て欲しい」と申し出ました。

妻が「嫌よ~脚太いし・恥ずかしい」と言うので、

私は「全然太くないよ丁度良い太さだよ…綺麗な脚だし俺見てるだけでもうチンポがビンビンだよ」

と証拠に勃起したチンポを妻に見せると妻は嬉しそうな顔をして今回だけということでOKして貰いました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年2月20日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】ノーブラな・・・・・【体験談】

 僕の妻は、幼稚園の先生をしています。年は39歳で子供が二人ですが、困った事に妻は、下の子を出産したのを期に

ブラジャーを付けなくなってしまいました。B98のHカップでかなりの巨乳だと思いますが、幼稚園に行く時も

ノーブラでTシャツの上にエプロンを付けて乳首が目立たないようにして通っています。園長先生も60歳位の女性の

方で同僚の先生も二人とも45歳と22歳の女性です。園児達も全部で40人位と少なめで、送迎もお母さんが多くあまり

男性と関わる事の少ない職場なので僕も妻のノーブラについては、放置していました。妻いわくブラジャーの肩紐で

1日子供の相手をして走りまわると肩から血が滲んでひどく痛いそうです。実際 何年か前に見た時も真っ赤になり

とてもかわいそうな状況でした。運動会の時とか父兄参観日には、イヤイヤながらブラを着け出勤していましたが、

今年の夏に事がおきてしまいました。夏休みの間にお泊り会と言うのがあり子供達と先生そして4,5人の保護者が

一泊で山間の宿に行き花火をしたり夕飯を作ってワイワイ騒ぎながら一泊し次の日の昼ごろ帰宅する企画で毎年やって

いましたが、今年の保護者は、4人とも30歳前後の男性ばかりで、朝の集合の時に園長先生もビックリしていました。

この日は、僕の方が出社が遅くなり戸締りをしていて驚いた。妻の1枚しかない巨大なブラが家に放置してあるのだ。

やっちまった~普段の癖で今日は、着けて行かなかったんだ~と心の中で叫んだ。しかし例年とおりお母さん方しか

いないからいいやと思い出社したのだった。しかし実際は、ノーブラで行った妻 知ってか知らずか、バスで現地に

向かった。ここからは、妻から聞いた話だ。現地に到着して妻もブラを着けないで来た事に気付いたが、きにしない

でいたようだった。到着後まもなくお遊戯が始まり園児達と輪になって踊りだした妻は、いつも以上に子供達の元気


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年2月20日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ