寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】真夏の夜の浴衣の妻と【体験談】

午後十時三分七月二十五日土曜日 暑い一日だった。

それでも午後十時ともなると、田んぼに囲まれた田舎の家は、涼しい風が窓から部屋に舞い込んでくる。

寝室は、街灯で薄明かりとなっている。

その薄明かりの中に熟した女の色艶い三十八歳の肢体が浮ぶ。

薄く透けて見える夏の浴衣姿で横たわる妻の寝姿に、僕の欲情が芽生えた。

 

「ねぇ、したい…!」

「またぁ…?、今夜はおとなしく寝たら…」

「でも、おさまらないよ…」

「………」

さりげなく妻の躯により添うと、妻は抵抗もなくじっとしている。

今夜も受け入れる用意が出来ているようだ。

僕は、妻の浴衣の裾を拡げ、太腿を擦りながら、パンティの上から膨らみの丘を愛撫し続けた。妻は次第に腰を慎ましやかに捩ってくる。

妻が感じはじめたと知った僕は、パンティの中に手を忍び込ませた。

恥丘の上に手をのせ、揉みながら陰毛を手繰り分けて指を更に下げていくと、そこはもう、濡れていた。妻はもどかしさを感じたのか次第に太腿を絞り込み捩っている。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】清楚で良妻賢母の美魔女妻とKさん【体験談】

この間、ついに・・・。

いろいろあったので、ちょっと話させてもらいます。私たちは結婚17年目の夫婦です。

他の多数の夫婦と同様 私たちも倦怠期気味でして、

最近ではHの回数も減ってきてました。

1年ほど前、ここのサイトに来るようになり、

妻が他の男に抱かれてるのを想像するようになりました。妻は私と付き合う以前に1人だけ経験があります。

その男とのHの内容はたいして聞いた事がなかったのですが、

ちょっと前 Hの最中にそのことを尋ねると、

異常に興奮してすぐにイってしまいました。私も、妻も・・・。しかし、私以前にどうも1人だけというのが嫌でした。

なんだかその男と比較されるみたいで・・・。

そういう事情もあり、想像だけではいつしか収まりがきかなくなり、清楚でお堅い

妻を説得すること5年以上・・ついに3Pなら、という条件でOKが出ました。早速、掲示板などで単独男性を募集しました。

いろいろ条件で限定しましたが・・。

まず、ちゃんとルールが守れる人。当然です。

ちょっと離れたところに住んでいる人。Hした後ちょくちょく顔合わすのは嫌ですからね。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻を説得して【体験談】

私も妻が他人の男に弄ばれる事に興味をもつ30代後半の者です。

長い間妻を説得してようやく妻がしぶしぶ承諾したので先日決行しました。

妻は地味な感じの真面目な女で32歳、小柄、細身です。

妻が自宅近くでは嫌だと言ったので休日を利用して子供を祖母に預けて1泊2日で四国へ小旅行がてら出かけました。

事前にネットで見つけておいた方との待ち合わせ場所に行きました。

ところが、いざ現地について見ると相手の妻の想像より男性が若く3人もいた事から妻は土壇場で嫌がってしまいました。

暫く説得しましたが妻はどうしても恥ずかしいからと言うので相手の方達に説明してキャンセルになってしまいました。

その後、観光しながら予約してあった旅館に行きましたが、妻も私も気まずく無言の状態でした。

温泉に入り夕食を終えると気まずさも無くなっていました。

結局その日は何もせずに寝ました。

翌日、朝食を済ませた後ドライブしながら帰宅の途につきました。

私は欲求不満状態だったので助手席の妻にローターを使わせてオナさせながら車を走らせました。

3時間ほど走り予約してあったフェリー乗り場につきました。

妻は車内で何度かイっていたのですがフェリーに乗り込んだ時はかなりエロモードでした。

客室で妻は日本酒、私はビールを飲んで時間をつぶしていました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】単身赴任中に開発され尽くした妻【体験談】

自宅の妻 投稿者:GAT 投稿日:2001/02/23(Fri) 02:39

単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと2年前転勤しました。

表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には

現場採用の男女が二人づつ、それも妻帯者なので、時間になるとかっきり

と退社、とはいえ、別に残業も無いのですが。私もプロジェクトの終了と

共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で、予定が大幅に変わ

り、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長

となってしまいました。私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、

事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。

田舎の事とて、夜は何もなく、飲みに出るにも遠すぎてついつい出不精に

なりがちなのですが、唯一、使い放題のインターネットが社会への窓口に

なってしまいました。

そんな中、ある写真サイトで、気にかかる写真を見つけました。

体の特徴が妻に似ているのです。特にどこがどうとは決めつけられないの

ですが、気になってしまったのです。私は投稿者に応援に似せたメールを


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年5月10日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】帰省【体験談】

私と妻は同郷です。盆休みに帰省しています。

ぶらりと出掛けた居酒屋で 一番 会いたくない奴と会ってしまいました。

当時不良で 嫌な事に妻の初体験の相手なんです、十七歳の時です。今、妻は36歳です。

奴も気がつき、よ~と声を掛けられ 見ると 奴だったんです。

仕方なしに やあ久し振りですと挨拶すると こっちで一緒に飲もうやと呼ばれ 仕方なく相席です。

妻の話では十数回抱かれたと聞いていました。

奴はもう酔っており 妻の顔を覗き込みながら意味深な笑いを浮かべます。

一時間くらいでカラオケに行こうと誘われ 断ると 凄まれ嫌々ながらも行くことにしました。腕力では 到底かなわない相手です。

カラオケでは 奴の独壇場で、妻の腰を抱き寄せながら 尻を撫で回しながら 一人いい気分で歌っていました。

私にも歌えとマイクを渡すと 奴は妻の身体をいいように持て遊びだしました、止めてを繰り返す妻の言葉も無視で スカートの中に手を入れていました。

調子に乗った奴は なんとチャックを引き下ろし イチモツを出すんです、まだグニャリとはしてましたが なんとも重量感のある巨根なんです これで妻の処女膜を破ったんです。

妻の手を導き奴は握らせ上下にしごかせるんです、妻は もう目が巨根に釘付けです。

妻の手で完全勃起です 私の愚息では太刀打ち出来る物が違います、奴は妻の頭をイチモツに押し付けると 黙ってフェラります。 あごが外れそうなくらいの巨根です。

私は監視カメラをバックで隠し妻のフェラチオを見ていました。

奴が妻に どうだ欲しいだろうと言うと 欲しい欲しい あんたが忘れられなかったと 私の目の前で奴に言うんです、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年5月9日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻と他人のセックスを見ながら1【体験談】

私はしがない会社員で、妻(32歳)と平凡に暮らしております。

妻も取り立てて「美人」であるとか、「芸能人のだれだれに似ている」とかいうこともない、十人並みの容姿です。

私も妻もお互い、三十路になってから出会い、結婚したのでそれなりにセックスの体験もありました。

妻は過去5人ほどの男性と身体を重ねていたようですし、私もそれほど多くないにしろ、それなりに女性と身体を

重ねていました。

「お互い、セックスはあっさりしたもの」と思い込んでいたのでしたが、ある事件をきっかけに私は、愛する妻が

「他人の性の対象」となっていることに強い性的興奮を覚える事に気が付いてしまいました。

今から1年ほど前の冬のことです。

私の弟で、大学生になったばかりの佑(ゆう)が、都内の大学に通うためのアパート探しの間だけ、私の家にやっ

かいになることとなり、約ひと月半ほど同居することとなったのでした。

弟がほしかった妻は、佑を「自分の弟」のように可愛がっていたため、この話に乗り気でしたが、私は妻とのセッ

クスが唯一の楽しみであったので、その邪魔をされるという思いからあまり乗り気ではありませんでした。

佑が家に来て2週間ほどしたころでしょうか。

家事、特に洗濯が私の主な仕事なのですが、妻が「洗濯物がきちんとたたまれてしまって無かったわよ!」といっ

てきたので、まぁそんなこともあるかと軽く受け流していたのでしたが、今までそのようなことを妻に指摘された


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年5月9日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】単身赴任中に開発され尽くした妻【体験談】

自宅の妻 投稿者:GAT 投稿日:2001/02/23(Fri) 02:39

単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと2年前転勤しました。

表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には

現場採用の男女が二人づつ、それも妻帯者なので、時間になるとかっきり

と退社、とはいえ、別に残業も無いのですが。私もプロジェクトの終了と

共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で、予定が大幅に変わ

り、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長

となってしまいました。私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、

事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。

田舎の事とて、夜は何もなく、飲みに出るにも遠すぎてついつい出不精に

なりがちなのですが、唯一、使い放題のインターネットが社会への窓口に

なってしまいました。

そんな中、ある写真サイトで、気にかかる写真を見つけました。

体の特徴が妻に似ているのです。特にどこがどうとは決めつけられないの

ですが、気になってしまったのです。私は投稿者に応援に似せたメールを


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年4月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の魅力は・・・【体験談】

僕(26)妻(29)結婚して1年、知り合って2年、子供はいません。

妻は、男性へのガードが堅く、スカートは履かないし、下ネタなどの話はNGです。

ですが、そんな妻にも大きな弱点があります。それは、胸のサイズがAカップなんです。

いいえ、Aカップは何の問題もないのです。問題はブラにあるみたいです。

サイズが合っていないせいか、いつも乳首までくっきり見えているのです。いわゆる浮きブラ状態です。

本人は全く気付いていません。僕は浮きブラから見える妻の乳首が大好きでたまりません。

今まで何百回と見ています。それなのに全く飽きが来ないのです。

妻は僕に下着姿すら見せてくれないのです。妻のおっぱいを見ることができるのは、

月に一度の夫婦の営みの時くらいです。だからこそ妻の浮きブラは、超お宝映像なんです。

以前友人が我が家に来た時はMAXに興奮してしまいました。

3人で競馬新聞を見て予想をしている時、ふと友人を見ると、視線の先は新聞ではなく

妻の胸だったのです。さりげなく友人のそばに行って妻の胸元を見ると・・・予想的中!

浮きブラからコリコリとした乳首があらわになっています。まさに鼻血もんでした。

友人の本命は文句なしに妻の乳首です。気付かない妻、落ち着かない友人、壊れそうな僕。まさに大波乱!

鼓動は高鳴り、足は震え、経験したことの無い興奮と嫉妬感を覚えました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年4月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の悩ましい顔がみたくて【体験談】

去年の夏の話。

私40歳、と妻38歳は車で九州に旅行に行こうと、神戸からフェリーに乗ったのです。

それがそもそもの間違いでした。ところで妻は、男性経験は私ひとりであり、

テレビのラブシーンも消してしまうような堅物で貞淑な女性です。それでもこんなことが

起きてしまい、驚きつつ妻の一面を知り今でも思い出しては興奮します。

妻の性のドロドロした深さを知ったものです。

ところで妻の容姿ですが、子供が出来ない為か、スレンダーで髪も長く

よく20代に見られて、色んな友人からも

「おまえの奥さんはいいな。

美人ですごく色気があって。一度、デートしたいなあ。」

と同じようなことをよく言われます。そういうことを聞いても、妻は笑って相手にしません。

それなのに・・・・

さて夜から乗り朝早くには九州に着くのですが、2等しか取れず、

しかも車に乗っての乗船だったので先に歩いて乗って来た人たちで一杯でした。

何とか隅のほうをキープしたものの、トラックの運転手さんたちの溜まり場になっていました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年4月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻は双子【体験談】

裕也27歳です、同じ年の由希とは大学時代からの付合いで結婚して2年になります。

まだ子供は無く共稼ぎですが、幸せな新婚生活を過ごしています。・・と思っていました。

妻には沙希という双子の姉妹がいますが、これまで妻の実家で会うくらいであまり付合いはありません。 

一卵性で体型や顔は瓜二つなのですが、性格やファッションの好みは違っています。 控えめで女らしい妻に対し、沙希は行動的でラフな格好を好んでいました。 一人暮しで、彼もいるし他にも男がいて結構遊んでいるようでしたが、私は沙希に興味を持ったことはありませんでした。 というより私は妻以外の経験が無かったし、充分幸せでした。

2週間くらい前に妻が自転車で車と接触事故を起こし、足と腰を骨折しました。 命には別状無くほっとしましたが、3~4週間の入院とリハビリが必要と医者から言われました。

入院して何日かした土曜日に、沙希が連絡も無く私の家に来ました。 一人で困っているだろうから助けてあげると言って家に上がり込み、洗濯や掃除をテキパキやってくれました。 私の家に来るは初めてですが、勝手知ったる自分の家のように次々と片付けてくれて感心しました。

食事の用意もしてくれましたが、私の好物のマーボ豆腐を作ってくれて味も妻と同じで感激しました。 沙希は食事が済むと今日は泊まるねと言って勝手に風呂に入ってしまいました。 

風呂から沙希が出て来た時、私は声が出ませんでした、妻のパジャマを着た沙希は妻そのものでした。

沙希は私に近づき、どう?と言ってきました。 そのまま私に抱きついてきたので、沙希には彼氏がいるんだろうと押し返しましたが、私が一番好きなのはずっと前から裕也だよと言われました。 更に、もう何度も裕也に抱かれているんだよと言われ訳が分からなくなりました。  

暫く振りだったこともあり、私は沙希を激しく抱いてしまいました。 私の経験が少ないからかも知れませんが、沙希と由希の違いが分かりませんでした、本当に全てが同じように気持が良かった。

少し落ち着いてから沙希に色々聞きましたが、私のことを結婚前から好きだったこと、由希との秘密で時々入れ替っていたこと。

それは結婚前からで、今は多い時で月に数回も入れ替っているとのことでした。 今回は由希が入院しているので、仕方なく内緒で来たようです。

私は由希が二人いるようで一瞬幸せを感じましたが、ハッとしました。 沙希と入れ替ったとき由希はどうしているのか聞かずにはいられませんでした。  当然のことかも知れませんが、沙希の替わりに彼氏や他の男に抱かれていたのです。

由希にとっては浮気という気持は全く無く、沙希として他の男に抱かれているので後ろめたいところは無いはずとのこと。

私は最愛の由希が他の男に抱かれていることを聞き、ショックを受けるとともに、身体の芯から熱いものが込み上げてきました。 


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年4月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ