寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】寝取られに興奮・・・【体験談】

2人の子持ちで47歳になる妻の話です。

妻が、ある日突然、夜のバイトをしたいと言い出しました。

話を聞いてみると、週末限定でスナックで勤めてみたいとの事でした。

週末だけなら、まぁ取り合えず行ってみたら?と軽い気持ちでOKしました。

結婚前は、証券会社に勤める普通のOLで、夜の仕事とは全く縁遠かったのですが、持ち前の明るさで、面接もクリアし、早速勤め出しました。

勤めてみると、非常に楽しいようで、毎週末を楽しみにしていました。

客層は悪くなく、サラリーマンや自営業者が多いとの事で、私も安心していました。

3ヶ月くらいたった頃、「どう?相変わらず楽しい?」と聞くと、妻は、「むちゃくちゃ楽しい!!」と。

「お客に誘われたりするの?」

「何人かに食事に誘われてるけど、断ってる」

「なんで?」

「だって、あなた、そういうのO.K.しないでしょ?」

「・・・・・」

以前から、妻が他の男とHする場面を想像すると、興奮するようになっていた私は、

「好きなタイプの男がいたら、アフターOKだよ。」と言ってしまいました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】美しい母と男【体験談】

以前わかったのだが、タンスの中を覗くといろいろな下着があった。

ふつうのブラジャーとパンティのほかにかなりエロいTバックとかガーターもあった。どんなとき使うのだろう。

色も黒や紫、ピンクなど様々あってびっくりした。

母由美子は、背も高くスレンダーだがボインでプロポーションもいい。

でもこういう下着をつけることがあるなんて全く知らなかった。

39歳だが若々しくて姉と間違われてしまうこともある。少し派手目な感じが男を引き付けるみたいだ。

一緒に歩いてても男に声をかけられるときもある。背も高いしモデル並みのスタイルなんだ。

ブティックを経営していていつもお洒落な服装で店に行ってた。23歳の時俺を産んだのだが、子供は俺だけだ。

父親は、海外出張が長いので母はかなり自由に過ごしている感じだ。

取引先の社員(若い男)をうちに連れてきたりする。楽しく飲んだり何人か仲のいい男もいる。

その中で25歳の谷川というヤツは妙に馴れ馴れしい感じがする。あやしい・・

もう2年くらいの付き合いになるかなぁ。たぶん、深い仲なんだろう。

あるとき、休日に遊びに来た。背が高くガッチリしたマッチョな男なので何かスポーツしているのか聞いたところ

エアロビクスをしていると言っていた。

母由美子も体型を維持するために週に2度通っているのでそのことを言うと同じフィットネスクラブでペアを


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年4月19日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】やっと女の悦びを…【体験談】

結婚して3年、主人とは32回しかセックスしてません。

昼間は暇なので、1年ほど前から事務のパートを始めました。

半年前に大学生のアルバイトが入ってきて一緒に仕事をするようになりました。

彼はとても可愛くて、素直ないい子なんですが、私に気があるような感じでした。

そして、この3ヶ月、毎日のようにデートに誘われました。

「何で私ばかり誘うの?私、人妻だよ。もっと若い子が幾らでもいるでしょ」

彼を窘めると、彼は事故で亡くなった姉に私がそっくりだと告白しました。

その話を聞いて、私は断ってばかりでは悪いと思って、彼の誘いを受けました。

そして、二人で夜逢って食事しました。

「ねぇ、お姉さんて、どんな人だったの?」

「和美さんと何もかも瓜二つです。僕、和美さんのことをもっと知りたいんです」

「そんなに似てたの? そんなに私のこと知りたい? なんだか恥かしいわ・・・」

「それじゃぁ、僕の部屋でもっと和美さんのことを教えてくれませんか」

「遅くならなければ、いいわ」

彼の住まいは新築のワンルームマンションで、ご両親が借りてくれたそうです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年4月3日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】言い訳です。寂しかった【体験談】

高校3年生の一人息子の家庭教師とのことです。私は50目前の仕事をしている人妻です。彼は25歳の社会人の独身です。勉強はもっぱら彼のお休みの日に教えてもらっています。彼の家は近く、先冬、彼がインフルエンザになった時など彼の家に行きお掃除などをしてあげたこともあります。その時、いわゆる「熟女AV」があったことがありました。彼女もいないと言っていましたし、若い男の子だから当然だろうな、とその時は思っていました。

ここ何ヶ月前から彼が家庭教師に来る日ちょっとおしゃれをしたりと心待ちにしている自分に気がつきました。時々私の家で食事をしていく時などは腕によりをかけて料理しました。息子も「先生がいる時はちがうね」。主人は「先生は一人暮らしだからいっぱい食べて行きなよ」と私の気持ちは悟られませんでした。ただ、主人は単身赴任をしており最近はかまってくれず寂しい思いはしていました。

私が彼を意識しだした頃、彼にも変化が感じられました。私の背中に彼の視線を感じたり、かがんだ時、胸元に視線を感じたりしました。またある時、「結婚するならお母さんのような女性がいいな」なんて言ったりしました。

私の仕事は日祝と隔週木曜がお休み、彼の職場は7月からお休みが木金となったところです。

最初の木曜日、私はお休みで一人家にいると彼がやってきました。「今日はちょっとご相談が」というのであがってもらいお話を聞きました。

突然ですが来月早々子会社に出向する。遠くだからもう家庭教師はできない。せっかくとっても親切にしていただいたのに残念です。結婚するなら恵子さん(私の名前)のような女性がいいです。お世話になりました。息子さんには私から伝えますので。と彼は話しました。私は寂しくなり彼の膝に泣き崩れました。仕方ないよね、ありがとう。でも本当に私みたいな女性が好きなの?彼は「はい」と言い「ごめんなさい」と言った瞬間抱き上げられ彼の唇が私の唇と触れ合いました。私は何の抵抗もなく唇のみならず舌までも受け入れてしまいました。「とんでもないことしちゃいました、本当にごめんなさい」「いいの、気にしないで、私はあなたの事最近気になっていたんだ」「ホンと!」「そうよ、でも私は人妻だからこれ以上はダメ、そういえば部屋にあった熟女AV、あれ何、おばさんが好きなの」「恵子さんとダブらせてたんだ」「そうなの、ありがとう」

その日はそれ以上の事はありませんでした。それから数日後、息子は夏休みの合宿に出掛け主人は相変わらず単身赴任中。そんな水曜日の事です。私は彼に家に来るように連絡しました。最後にお食事しようと

私は仕事の帰りに彼の好きそうな食材と少しのお酒を買い、今まで以上に腕によりをかけて調理していました。20時頃彼は来ました。「今日はお招きありがとうございます」と、どことなくよそよそしい態度、今までとは明らかに違っていました。「明日はお休みでしょ、ゆっくりしていってね。私も明日はお休みだから。あっそう、今日は2人だけだからね。それと先日のこと気にしないでね」

「今日はお仕事疲れたでしょ、お風呂入ってきなさいよ。着替えは買っておいてあげたから」彼は私の言いなりにお風呂に入りお酒で乾杯し食事をしました。お酒が入るにつれちょっとエッチなお話も出てきました。食事も大方終わり「私もお風呂に入ってくるわ」と入浴。

彼は一人TVを見ています。そこに私はバスタオル一枚で行きました。驚く彼、私は彼の掛けているソファーに行き膝に乗りました。「この間は期待だけさせてごめんね、キスして」と積極的に振るました。優しくキスをしてくれました。彼のモノは大きくなっているのがジャージ越しに分かります。私は更に大胆になり「見たい」無言の彼に私は前にかしずき下着ごと一気き下げました。大きく硬い彼のモノが現れました。「いい、含んでも」含んだり舐めたりしているとき彼は「恵子さんのこと、本当に好きです。なんか夢みたい」そんなことを言っている時も彼のモノはだんだん張りが出てきました。「いきそうです、ごめんなさい」「「いいよ、いっぱいって。飲んであげるから」

私の口の中は彼の体液でいっぱいです。それをゆっくり飲み干しました。

「今夜はあなたの好きなように私を愛して頂戴。今夜だけ、それで最後だよ」

私は彼を寝室へと導きました。主人との寝室にほかの男性を招きいれるなんて当然初めて。また、結婚して以来主人以外の男性とも初めてなんです。でも今日は‥

タオルを剥がされお互い一糸まとわぬ姿で愛し合いました。彼は私の中に侵入してきました。少し大きすぎるのか初めは痛かったけどすぐにいかされてしまいました。若いだけありとってもタフ、そういえば一度放出したからかも。

「もう腰がたたない、一緒にいこ」「はい」と彼は猛ダッシュしてきます。「いくときはどこですか?」「あなたが熟女AVで一番刺激的は最後はどこでいくの?」「中です」「そう、じゃそうしましょ。今日は妊娠の心配ないから大丈夫よ」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月2日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】その後は……  【体験談】

新年おめでとうございま〜す。年末野外Hしちゃったriekoです。その後、その年下の彼とも、何事もなかったかのように、普通に仕事して、気持ちも落ち着きました。

 でも、やっぱりそれだけでは終わらなかったみたい・・。

 ごめんなさい、ここから、ちょっと長くなります。

 彼とは仕事上電話でよく話しをします。あの時の話は全くせず、つとめて冷静に振舞っていました。でも今年に入って、話の途中で明るく、”何か、僕のこと避けてませんか〜?”って聞いてきたんです。

 ちょっと焦った私は、”そんなことないですよ”って言ったんだけどやっぱり気づかれていたのね。

 すると、”それじゃ〜、今度飯、つきあってもらえますか?”って。私ったら、すぐにHのこと考えちゃって、”いいですよ〜”って返事してしまったっ。

 当日、ドキドキしながら食事したものの、彼はいたって普通。仕事の話中心に時間が過ぎていきました。もともと彼は、家庭も大事にしているし、仕事も出来る、お堅いまじめタイプ。(顔は綺麗です)

 やっぱり、前回のことはなしにしたくて、、それでも仕事は気まずいから今日誘ってきたんだ〜って感じ。私も冷静になり、ホッとした気持ちと、残念な気持ちとで複雑なまま時間はどんどん経っていきました。

 んじゃ、帰りましょうか? って店(地下)を出て、階段を登りかけたら、いきなり抱きしめられました。びっくりしたけど、体がすぐに反応しちゃって、その場で熱いキス・・。

”会いたかった”って言われ、そのまま、ホテルへ・・。

 シャワーに入った後、また抱きしめられて、キス。”ごめんね〜。またこんなことになっちゃって。今日はそのまま帰ろうと思ってたんだけど・・”と言われたので、”今は、何も考えないで。”って言っちゃった。

 すぐにベッドへ。裸で抱き合うと、それだけで気持ちいい。

 体中優しく撫でられて、キスされて、乳首はソフトにソフトに責められました。私だけかもしれないけど、激しくされるより、特に最初はソフトにされた方が感じるみたい。もう、あそこがどんどん濡れていくのがわかりました。

 彼の手が、パンティーへ。布の上から割れ目をゆっくりトレース。もどかしさで”はぁ〜”ってため息が。

”もう濡れてるでしょ”って言われて、恥ずかしくて小さく”いや”って言ったら”嫌なの?”といいながらパンティーを脱がし、直接指で、触られた。濡れ濡れのあそこから、クチュクチュいやらしい音が。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年3月27日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】友達の息子と、【体験談】

私は42才の専業主婦です。

子供は中学3年生の娘と小学6年生の娘がおります。

子供も手が離れる歳になり、自由な時間がふえたので1年程前から近所のテニススクールに通いだしました。

幸い、主人が会社を経営しているので家計を気にする事無く、今はセレブ生活を満喫しております。

彼と出会ったのは、半年程前でした。

テニススクールで仲良くなったB子さんの家にちょくちょくスクールの終わった後、遊びにいく事が多くなり、B子さんの息子(20才)とたまに顔を合わせるようになりました。

長身で顔も良く「もてるだろうなぁ~」なんて思ってました。

ある日、月に2回程通っている自由が丘のエステに行った時です。

エステが終わり、喫茶店でお茶をしていたら「こんにちわ~」と声をかけられ顔をあげると、彼がニコニコしてがいました。

「あら!○○クン。どうしたの?」

「僕、この近くの美容室で働いてるんですよ」彼はいかにも美容師という身なりで今は休憩時間だからと言って私の前に座りました。

間近で見る彼は本当に美形で、私はドキドキしていました。

とりとめのない会話を交わし、休憩時間が終わる頃、彼が「香さん。パスタとか好きですか?この近くに美味しいお店があるんですけど今度行きませんか」と誘ってきました。

私は時間があったらねと言い、それならと彼が連絡先を教えてほしいと云うのでメールアドレスを交換いたしました。

彼からは次の日にメールがあり、今度の火曜日にランチをいかがですかと誘われました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年3月20日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】女友達のお願い 完結【体験談】

あの事以来、俺はA美の事で頭の中が一杯だった。

日曜日はA美を送り仕事場に行き書類の整理をしていた。

しかし全く集中なんか出来ない。

2chに投稿すればだいぶ気が紛れるのではないかと思い、

事実を少しずつ書き始めて行った。

そしてその日の夜は妻と電話で普通の会話をし、

映画を観ながら大量の酒を飲み寝てしまった。

月曜日は書き貯めておいたものを2chに投稿しながら

仕事を何とかやりこなしていく。

しかしやはりA美の事ばかり思ってしまう。

俺はこのままじゃいけない、ある意味結論を出したい。

A美と直接会って話をしたいと思っていたのだ。

その夜、連絡をしようとしていた矢先にA美からの着信メール。

「こんばんは。調子はどう?この間はありがとう。

約束の食事を御馳走したいので会えないかな?」という内容。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】芋蔓【体験談】

28歳の社会人、彼女有りです。

かなり美味しい思いをしちゃいましたので投稿します。

彼女とのデート(H無し)からの帰りに、久々にDVDでも買おうかとアダルトショップに。いろいろ物色した結果、軽い気持ちで『地元で会える』とか謳っている2ショットカードを購入。

早速、帰りの車内からコールしてみたらすぐに繋がった。

なんか、喘ぎ声だけが聞こえ、話しかけても返答せず。テレHも面白いかと思ったけど、話せないなら意味無しとスルー。ポイントがもったいないなと思いながら待ってたら、すぐに次のコールが。

俺『もしもし?』

?「…もしもし」

OK、今度はちゃんと話せる。

まみ22歳でキャバ嬢。最初は割り希望と言ってたが、話してみたら、仕事から帰ると家の鍵を忘れて来たのか家に入れない。もう電車も無い。どうしようかと思い、暇だし電話したとの事。ちなみに場所は俺のウチから第2最寄の駅付近だとさ。ほんとに地元だ…。

もうポイントが無いことをまみに話し、とりあえず会ってみる事に。番号を交換して電話を掛けながら待ち合わせ場所に向かった。

ホットコーヒーとミルクティーを買って、待ち合わせのバス停に着くとベンチにポツンと一人座っている。良かった、見た感じチョイぽちゃ位かも知れないが普通だ。よく考えれば体型とかも何も聞いてなかった。

俺『こんばんわ~、まみちゃん?』

ま「こんばんわぁ、ホントに来た^^」

俺『寒いやろ?はよ乗って。』

ま「うん」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月8日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】主人以外の初めての挿入受け入れ【体験談】

一寸過激なタイトルになってしまいました。私は50才の主婦兼会社員です。子供のようにかわいがっている部下(20代独身)と先日出張に行った時のことです。彼はとても頑張ってくれ契約は大成功。彼は一ヶ月後には本社に転勤、とっても良い業績が出来ました。その夜は、居酒屋で二人で祝杯です。お酒も入り話題は彼の彼女の話へ、しかし、はぐらかしてばかり。「実はだいぶ前に別れてからはいないんですよ」

「そう、寂しいね」「でも、今は好きな人がいるから大丈夫」「そうなんだ」

そんな話も続かずお店を出ましたが彼はまだ飲みたそう、「ホテルのラウンジで飲むか?」「高いから悪いですよ」私は上司として奢る約束でした。「生意気なこと言って、でもそうね。部屋で飲もうか」「じゃあ僕の部屋で」私も彼にこれ以上負担掛けまいとつい、気軽に言ってしまいました。途中、彼はコンビニでお酒を買い隠すように持込しました。

私は一旦部屋に戻り一日の汗を流し、スーツ姿からラフな服装に着替え私は彼の部屋に行きました。彼もラフな服装でした。

お互いシングルルームの狭い部屋、彼はイス、私はベットに腰掛け再び乾杯。話も弾み何故か彼も私の横に座りました。その時はその行為は何とも思いませんでした。「ところでさっきの話、好きな人いるっていってたよね。どんな人、良かったら教えて」少し酔った勢いもあり、また、私は大学時代今の主人と知り合い浮気もなく一人の男性しか知りません。おばさんの興味本位ですね。

「とても尊敬できる人」「素敵な人」「いつもそばにいる人」

「そう、きっとあなたが好きになる人だから素敵な女性だね」

「同じ会社の人」「年上の人」「その人にはご主人がいるから」

「誰かしら」でも、もしかしてもしかして何て思いもありました。その時、彼の手が私の手の上に来ました。

「もしかしてその人って」その時突然抱きしめられ彼は大声で言いました「〇〇さん(私の名前)が好きなんだよ~。ずっと言えなかったんだよ~」

私は大変な動揺していましたが「そう、有難う。でもね、私は結婚してるの。あなたにはこれからふさわしい女性が必ず現れるよ。ねっ」

彼はまだ私を離そうとはしません、それどころか「最後に、最後の思い出に〇〇さんを抱きたい」

努めて冷静さを保ちながら「今こうして私を抱いているじゃない」

「違うんだよ」「何が」「‥‥」「さあ‥」

彼は振り絞るように「Hしたい」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年3月6日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】五〇みどりと大学生ゴルファー・・・【体験談】

昔、五〇みどりさんファンの知人に聞いた話なのですが1982、3年頃にみどりさんは若者向けの月刊誌で、「奥様はお熱い男のコがお好き?」という今もっとも輝いてる大学生達と対談するという企画をやっていたそうです。ある回の時、その年の関東の大学対抗の大きなゴルフの大会に二年連続で優勝した某大学のゴルフ部の主将がゲストで来たそうです。彼はみどりさんの大ファンだという事や彼がみどりさん好みのハンサムな男性だった事もあり対談は大いに盛り上がり、対談終了後にお互いの連絡先を交換するほどだったそうです。そして対談から一週間程たった頃にみどりさんの元にその彼から「今度長野でゴルフ部の

数人とミニ合宿をするので息子さんと遊びにきませんか?」という誘いがあったそうです。彼は対談の時みどりさんから「息子の哲が最近ゴルフを習い始めている」と聞いた事を覚えていて、哲の事も、込みで誘ってくれたのでした。みどりさんは丁度スケジュールが空いている時だったので即オーケーし、哲と二人で長野に向かったそうです。そして夕方まで彼らのトレーニングを見学したり、彼らが宿泊所代わりにしている小さなホテルで話をしたりして、さぁ帰ろうとした時「みどりさんと哲君に部屋を用意したので泊まっていって下さい」と主将が言ったそうです。みどりさんは躊躇したそうなのですが、大学ゴルフ部のレベルの高いトレーニングや彼らのプレーに魅了された哲は泊まっていこうとみどりさんを説得し、結局泊まっていくことにしたそうです。そして次の日、練習が休みだった部員達は「一緒にコースをまわろう」とホテルから望めるミニコースに哲を誘いました。みどりさんと主将は残り、みどりさんの部屋の窓から皆がプレーしている所を二人でお喋りしながら見ていたそうです。そのうち彼がみどりさんの後ろから両手を回し、後ろから抱きしめるような体勢になってきたのでみどりさんは「だめよ・・・」といったそうなのですが彼はやめずそのうち、キレイにウェーブがかかったみどりさんの髪や首すじに口唇を這わせてきたのでみどりさんは慌ててレースのカーテンを閉めたのですがその後も彼はエスカレートし、結局ワンピースを脱がされ上半身は腰まで下ろされたキャミソール、下半身は右の足首にだけ引っかかった状態で脱がされたショーツという姿で、みどりさんは後ろから彼にたっぷりと愛されてしまったそうです。みどりさんはレースのカーテン越しに息子の姿、首もとには彼の腰の動きに呼応する様に上下に揺れている、当時のご主人である面〇氏から貰ったゴールドのネックレスを見ながら背徳的な気持ちを抱きつつも、ご主人とのセックスでは得られない位の悦びを不覚にも感じてしまったそうです。みどりさんが彼に、白濁したゼリー状になる程に濃い孕ませ液をたっぷり放たれてしまった後、哲や部員達がホテルに帰って来る様子が見えたので慌てて床に滴った二人の愛の液体をティッシュペーパーで拭き取ったそうです。

この話も昔の週刊誌の芸能人マル秘エピソード的な記事にあったそうです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年2月25日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ