寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【修羅場】女の戦い(戦国版) 【体験談】

402名前:1/2[sage]投稿日:2009/08/14(金)17:42:49ID:/Er+7Lu1

直虎と椿姫



遠江井伊家当主、井伊直盛の「娘」は、その名を次郎法師と言った。

直盛には男子が無く、彼はこの次郎法師と、従兄弟の井伊直親を許婚とした。

彼を婿養子として迎えるつもりであったのだ。



ところが、井伊家の家臣小野道高の讒言により、井伊直親の父直満は謀反の疑いをかけられ

今川義元により自害を命ぜられ、直親はこれにより信州へと逃亡した。



しかし2年後、井伊直親は小野道高の死により今川家に復帰した。

だが、ここで大変な事態が発覚する。この井伊直親、信州にいる間に、奥山親朝の娘を

正妻として迎えていたのだ。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||

2013年4月10日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

このページの先頭へ