寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】誕生日に【体験談】

俺が中3の頃、当時付き合っていたロリ系の美少女がいました。

彼女の誕生日にプレゼント(何か忘れた)をあげたら、ものすごく喜んでくれた。

で、俺の誕生日に彼女に

「お前とSEXしたい」

と、言ったら、OKしてくれた。

学校のトイレで初めにキスして、そのままディープキスすると彼女はいやらしい声を出しました。

そして制服を脱がしてまんこを舐めてそのまま勃起したちんこを挿入して、そのまま出しました。

その後は、ほぼ毎日のようにSEXをしていました。

今ではその彼女と結婚して、2人の子を持ってます。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年4月17日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】痴漢に感じる妻【体験談】

平日を利用して妻M(42歳)と旅行へ。

新幹線へ乗るべく在来線にて移動中の出来事です。

時間帯悪く結構混雑しているなか、或る駅にてさらに乗車客多く、一人二人挟んで少々離れる立ち位置となりました。

妻は背中を向ける格好となり私は後姿を見る体勢。

程なく妻がうつむいてモジモジしている様子が後姿から伺えます。

よく見ると後ろ二人前二人の年配男性4人に囲まれるなか痴漢行為にさらされている様子。

ですが、いまひとつ確信持てない状態がしばらく続きました。

しかし、その後妻がどうにか首だけ振り返り、何事も無いようにニコッと笑顔で大丈夫?と逆に私を気使うサインを口パクにて送ってきます。

 気のせいだと安心しつつ満員電車に身を委ねつつ、

更に込み合う車内で妻をチラチラと確認いたしておりました。

すると、また妻がモジモジ動いております。

どうも気に掛かり僅かな隙間に肩を入れ態勢立て直すと、

妻は4人に尻を揉まれ、上着の後ろ横から胸を鷲掴みされ、手はお互いの指を絡めるように繋がれています。

妻は天井を仰ぎ見る格好で成すがままにされています。

後姿にて表情は判りませんが完全に受け入れている事は間違いなさそうです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||

2014年4月17日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻と他人のセックスを見ながら1【体験談】

私はしがない会社員で、妻(32歳)と平凡に暮らしております。

妻も取り立てて「美人」であるとか、「芸能人のだれだれに似ている」とかいうこともない、十人並みの容姿です。

私も妻もお互い、三十路になってから出会い、結婚したのでそれなりにセックスの体験もありました。

妻は過去5人ほどの男性と身体を重ねていたようですし、私もそれほど多くないにしろ、それなりに女性と身体を

重ねていました。

「お互い、セックスはあっさりしたもの」と思い込んでいたのでしたが、ある事件をきっかけに私は、愛する妻が

「他人の性の対象」となっていることに強い性的興奮を覚える事に気が付いてしまいました。

今から1年ほど前の冬のことです。

私の弟で、大学生になったばかりの佑(ゆう)が、都内の大学に通うためのアパート探しの間だけ、私の家にやっ

かいになることとなり、約ひと月半ほど同居することとなったのでした。

弟がほしかった妻は、佑を「自分の弟」のように可愛がっていたため、この話に乗り気でしたが、私は妻とのセッ

クスが唯一の楽しみであったので、その邪魔をされるという思いからあまり乗り気ではありませんでした。

佑が家に来て2週間ほどしたころでしょうか。

家事、特に洗濯が私の主な仕事なのですが、妻が「洗濯物がきちんとたたまれてしまって無かったわよ!」といっ

てきたので、まぁそんなこともあるかと軽く受け流していたのでしたが、今までそのようなことを妻に指摘された


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年4月16日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】ハメ撮りを見られて【体験談】

私には高校時代から付き合っている美佳という彼女がいます。私が大学に行ったため、

1年前から遠距離恋愛という状態なのですが、特に問題もなく普通に付き合ってきました。

ただ年に数回しか会えないとやはり寂しいものですので、私が引っ越す時に彼女に写真を撮らせてもらっていました。

普通の写真は勿論ですが、彼女の胸やマンコ、そして尻の穴と、彼女の全てを納めたもので

した。

私はその裸の写真を毎日オナニーのおかずにしていましたので、PCのデスクトップにフォル

ダを作り、そこに保存していたのですが、それが間違いでした・・。

私の家は家賃の関係で学校からかなり離れていますので、人が尋ねてくることはほとんどな

いのですが、ある時突然サークルの先輩が押しかけてきました。なんでも友達と飲んで帰ろ

うとしたらしいのですが、飲みすぎて上手く車が運転できず、近くに住んでいる私のところ

に来たということでした。

その先輩はずうずうしい性格で、あまり好きではなかったので入れたくなかったのですが、

入部してまだ日は浅いし、何よりも私のせいで事故でも起こされたらたまらないと、

しぶしぶ先輩を部屋に入れました。

先輩はかなり酔っているにもかかわらず、私の部屋の酒を飲み始め、仕方なく私も付き合う


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年4月16日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】講師【体験談】

自慢じゃないが俺は有名塾の売れっ子講師。

毎年有名私立中・高に多くの合格者を出している。俺の発言力は今や塾長以

上になっている。

でも、できの悪いガキの母親は自分の子供だけはなんとか一流校にと必死に

なって俺に接触したがる。

その中に美恵子という小6のガキの母親がいる…。たしか38才だ!

彼女は子供を塾の玄関まで連れて帰る毎日だ。

もっとも、息子は心配ないくらいの偏差値でどこでもOKというタイプ・・・

先日の個人面談では、美恵子が俺の正面にすわり黒のハードブーツと濃いサ

ポートタイプの厚めの濃いブラウンのストッキングのナイロン布が俺の大脳

辺縁系を刺激し、抑制してもつい太ももとブーツに目がいってしまう。この

日は色々と深刻に相談を受けた。

そして、俺がそういう方向に誘導したのだが、親切心を装い俺は後日美恵子

の自宅におも向いて相談の続きを聞くことになった。

俺はマンションを訪れた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2014年4月16日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】別れさせ屋のお仕事【体験談】

こんにちは、僕は27才の男です。

僕は探偵事務所に勤めています。

最初は探偵事務所の仕事は尾行とか、調査とかスパイみたいでカッコいいと思って入ったんですけど、ほとんどが浮気調査ばっかりでした。

でも、浮気調査と同時にやっている「別れさせ屋」っていう仕事もあります。

別れさせ屋の仕事って言うのは、例えば彼女や彼氏と別れたいけど、言い出せなかったり、しつこくて別れてくれない相手に対して、こっちで用意した人間が近付いて恋人関係に持ち込むように仕向けます。

そして恋人になるフリをして、「彼女(彼氏)と別れてよ!」って言います。

そうすれば、依頼主が言い出さなくても、逆に相手から別れ話を切り出してくれます。

そうして平和に終わったところで、こっちが連絡を絶ち、そのままフェードアウトします!

まぁひどい話ですけど、やってるとどんどんのめり込んでしまいます。

正直依頼されて口説きに行って、仕方なく恋人になるんですけど、相手によっては本気になりかねません。

性交渉は禁止されていますが、全部を監視出来ませんし、プライベートとわけが分らなくなる仕事なので何とも言えません。

これは僕が本気になってしまった時の話です。

依頼主は24才のホストです。

色グロでマッチョで誰が見ても遊んでる感じのイケメンです。

態度もデカくてエラそーなのがムカつきました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月16日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】帰省【体験談】

私と妻は同郷です。盆休みに帰省しています。

ぶらりと出掛けた居酒屋で 一番 会いたくない奴と会ってしまいました。

当時不良で 嫌な事に妻の初体験の相手なんです、十七歳の時です。今、妻は36歳です。

奴も気がつき、よ~と声を掛けられ 見ると 奴だったんです。

仕方なしに やあ久し振りですと挨拶すると こっちで一緒に飲もうやと呼ばれ 仕方なく相席です。

妻の話では十数回抱かれたと聞いていました。

奴はもう酔っており 妻の顔を覗き込みながら意味深な笑いを浮かべます。

一時間くらいでカラオケに行こうと誘われ 断ると 凄まれ嫌々ながらも行くことにしました。腕力では 到底かなわない相手です。

カラオケでは 奴の独壇場で、妻の腰を抱き寄せながら 尻を撫で回しながら 一人いい気分で歌っていました。

私にも歌えとマイクを渡すと 奴は妻の身体をいいように持て遊びだしました、止めてを繰り返す妻の言葉も無視で スカートの中に手を入れていました。

調子に乗った奴は なんとチャックを引き下ろし イチモツを出すんです、まだグニャリとはしてましたが なんとも重量感のある巨根なんです これで妻の処女膜を破ったんです。

妻の手を導き奴は握らせ上下にしごかせるんです、妻は もう目が巨根に釘付けです。

妻の手で完全勃起です 私の愚息では太刀打ち出来る物が違います、奴は妻の頭をイチモツに押し付けると 黙ってフェラります。 あごが外れそうなくらいの巨根です。

私は監視カメラをバックで隠し妻のフェラチオを見ていました。

奴が妻に どうだ欲しいだろうと言うと 欲しい欲しい あんたが忘れられなかったと 私の目の前で奴に言うんです、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月16日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】年賀状がきっかけで・・・【体験談】

正月はテレビ番組もどこも似通った内容でほとほと退屈になる。

妻と二人コタツに入りながらみかんをつまみ、酒を飲みつつ、届けられた年賀状の束に目をやる。

おおよそ、百通ほどの束を自分宛と妻宛に分けてみるが、ほぼ五分五分で、今年は勝ったの負けたのと

つまらぬ勝負にも決着が付かないような緩い昼下がりだった。

何気なく妻宛の年賀状を見ているうちに何のコメントも無い家族たちの写った年賀状が目に入った。

「なにこれ?ノーコメント?」、そう言いながら妻にその年賀状を差し出した。

一瞬ではあったが、妻がなんとも表現しがたい表情になったので、気になってしまい、聞いてみた。

「あなた、聞いて気分悪くしない?」とほろ酔い気味の妻が、やや艶っぽい笑みを浮かべたので直感的に

「関係」の有った男だなと感ずいた。

「結婚して10年以上だぜ、いまさら過去の男の事を聞いても腹は立てないよ。」

「じゃあ、話すね・・・」

やはり、妻の大学時代の彼氏だった。

「彼氏ってことは、当然セックスしたんだろ?」

「当然よ、お互いセックスに興味大有りの頃だったから。」

「何年くらい付き合ったの?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年4月15日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】情報網【体験談】

俺は夜の仕事が多い。妻も働いていて、幼稚園の子供の行事やお迎えは俺の仕事になる事が多い。

そこで人妻達と会う機会が多いと思う。

ある日友達と飲みに行っていて、偶然隣の席に子供の母親達がいた。

向こうは4人で来ていて、結構飲んでいたみたいで、すぐに同席するように言われてしまった。他の3人も同じ幼稚園の子供がいるみたいで、そう言われてみれば顔を見た事があるなと思っていた。向こうは俺の事を知っていた。男親が迎えに来たり、行事に出たりするのは目立つらしい。

その中で、Y子が俺にやたらとくっついてきたり、話しに割り込んできていた。今思うと俺を見る目も誘うような色っぽい目をしていた。

母親と言ってもみんな30歳前の女。それも人妻の色気をプンプンさせた女たち。

俺も友達も乗せられていた。帰ることになって、それぞれ別れて、しばらく歩いていると、後ろから自転車でY子が追いかけてきた。

「途中まで同じ方向ですよね、一緒に帰っていい?」

「いいですよ、一人じゃ危ないよね」

「もう私なんかじゃ大丈夫だろうけど、やっぱり怖いから」

自転車を降りて俺の隣を歩いていた。

話しながらY子を観察すると、胸元が谷間が見えるくらいの服でワンピースがミニ。下にスパッツみたいなのを履いてたけど、かなりそそった。

「○○さんって若いよね」

俺はY子と目があって、観察してるのがばれたかと思って言った。実際若く見えていた。

「えっ~、それって服装のこと?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月15日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】用事【体験談】

夜中に自分の部屋のPCで、昔ふざけて撮った嫁のヌード写真見ながらチソコ触ってたら、突然嫁がドアを開けて入ってきた。

左手で慌ててシャツでチソコを隠したが、右手は間に合わず嫁の写真がモニタに写ったままだった。 orz

しばらく沈黙したけど、「私見てしてくれてたの?続きしよっ手伝ってあげる」

ってな感じでモニタの前に立たされ後ろから、チソコを握ってもらった。

はじめから触ってたし、恥ずかしいのもあってヌルヌルのビンビンだった。

嫁も嬉しかったのかサービスで、後ろで吐息たてながらモジモジしてるので

あそこに手をやると、嫁の手がすでにマソコを触っている!

恥ずかしかったのか嫁もガクッと腰を引いたが、スウェットの上から嫁の手の動きを確認しながら触った。

それが効いたのか、声を出して喘いできた。

チソコをこするスピードも上がってきて出そうになる。

「おいっ、そんなにしちゃ出ちゃうよ」

すると嫁も、「ああっ私もイクッ、そのまま出してぇーっ」

二人でひざガクガクなりながら果てました。

その後、キーボードにかかった精子と、床についた嫁のおもらしは二人で掃除しました。

片付けしながら、「ところで何か用事だった?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年4月15日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ