寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【浮気・不倫】結婚前ですが・・・【体験談】

三十歳半ばの女です。

体験談ではないですが経験したいです。

私は結婚前なのですが、結婚の前にどうしても経験したい事があります。

結婚相手には口が裂けても言えません。

私はなんというか、他の人に比べて好奇心や性欲が凄く強くSEXも好きだと思います。

今までの付き合ってきた人の経験で一通りのプレイも経験したつもりです。

AFとかもあります。

でも経験した事が無いことがあります。

一度に大人数の男の人に次々と挿入されてみたい…という願望があります。

AFの経験もあるので、口やあそこやお尻も同時にされてみたいです。

何人もの男の人の精子を口の中に射精されてみたいです。

どんな気持ちになるだろう、とか考えたりするだけで凄くドキドキします。

凄くアブノーマルな事だとは分かっています。

でも結婚したらそんな事はできないので悔いが残ると思うんです。

ですので一度で良いから経験してみたい。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年4月9日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】妻と野球拳【体験談】

私と妻は社内結婚です。この前職場の飲み会の時のこと。二次会はカラオケパブで行われましたが、ふとした流れで野球拳がはじまりました。初めは男同士で盛り上がってましたが、当然の流れかもしれませんが女子社員も参加を促されました。既に酔いが回っている女子もノリノリです。妻は完全に引いていましたが、場の雰囲気的に参加せざるを得ませんでした。男女対抗戦のはじまりです。女性は二回負けたら一枚脱ぐというハンデもあり、ブラまで見せた娘はいましたがそれ以上負けることはありませんでした。そしていよいよ妻の番。最初の一回勝っただけで6連敗。靴下とセーターとブラウスが取り上げられました。妻はブラにGパンの状態です。そして次も負けました。薄手のパンティが晒されました。陰毛が透けてみえます。10人いる男は大喜び。止めようとする私を羽交い締め。女子も酔いのためか止めもしません。さすがに妻はギブアップしましたが受け入れられず、更なるハンデをつけて貰うこととなりました。そのハンデとはジャンケン10番勝負で3回勝ったら何も脱がず、8回負けたらすべてを晒すというものでした。また、一回負けるごとにビール一気飲みという補足もつきました。結果は妻の負け。一気飲みで朦朧としていたせいか、あとは素直なものでした。すっぽんぽんコールの中でまずブラを取りました。妻はやや大きめの胸をはじめは隠していましたが、観念したように腕を降ろしました。悲しいことに乳首は完全にたってました。あと一枚コールで妻はゆっくりとパンティを降ろしました。薄いヘアが完全に晒されました。撮影タイムとなり様々なポーズを要求されました。四つん這いの姿、開脚姿、すべての穴が他人に見られました。しかも汁で濡れ濡れの状態で。極めつけはビールのせいか、おしっこをその場で漏らしてしまいました。こうして妻は夫にもみせたことのない痴態を晒しました。現在同僚には写真の削除を依頼してまわっています。ただ噂はすぐ広まってしまいました。妻は酔いがさめて現実を知って以降、ひきこもりです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年4月8日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】身も心も奪われて、ついには先生の愛人に…その後の妻は【体験談】

それからと言う物、私は妻に先生とのSEXや内容や変態行為の内容を詳しく聞きながら妻を抱くのが癖になっています。

妻が先生と外泊して帰った時などは、「あなた!昨夜は先生と食事を済ませた後、ラブホテルに行って3回もSEXされちゃったの♪またたくさんイカされちゃった」と自慢げに私に話してきます。

私も聞かなくても分かっているのに、つい「私のチンコよりも先生のチンコの方がいいのか?」と尋ねてしまいます。

妻は即答で「ごめんね…あなたのよりも先生の方が断然いいわ♪あなただって、もう分かってるでしょ?」とキッパリ。

更には先生に受けた変態行為も話してきました。

妻は「毎回SEXの前に、先生の目の前でパンティを脱ぎ、それを先生に手渡さなきゃいけない屈辱感がいいの!!

そして中出しSEXの後、強制的にオムツを装着されて帰らなきゃいけない屈辱感も最高に快感なの」と言い、変態妻に変わり果ててしまった妻にビックリしましたが、喜びながら話す妻を呆然と見つめました。

内容を話し続ける妻は「次は私…先生の目の前に立たされたまま、アソコをパイパンにされちゃうみたいなの!!想像するだけで濡れてきちゃう♪ねえ、あなたはどう思う?」と心境を聞かれました。

すぐにそのイメージが沸き、徐々にイヤらしい女に開発されていく妻に興奮してしまい

「パイパンにされて帰ってくるお前が見たい」と言いました。

そしてその言葉通りに、先生に抱かれて帰ってきた妻のアソコの毛は、見事な程ツルツルに剃られていました。

本当にまだ毛も生えていない子供も様なアソコを見せている妻をみて我慢汁が溢れ出るほど興奮しました。

「今回はこれだけじゃなくて、オムツを穿かされた状態でオシッコもさせられちゃって……そしてお漏らしした赤ん坊の様に先生とオムツの交換プレーしちゃった」とまたしてもエスカレートしていく2人。

そして今度は先生に、私も入れたことの無いアナルSEXと受けると妻に宣言されました。

土曜日の今夜、今頃妻は先生にアナルを犯されていると思うと居ても立ってもいられません。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2014年4月1日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】彼女が寝取られたから全部話しさせて浮気相手に電話させながら愛撫した【体験談】

[人物]

俺(又はK)当時25歳

E 当時28歳・某大手デパ−トにて化粧販売員・顔、瀬戸朝香(本人曰くよく言われるらしい)

 髪は薄っすら茶色でロング・身長160㎝ 胸E 体、色白細め 見た目綺麗なお姉様って感じ。

前回(結婚を意識したMの彼女は他の男(複数あり)とヤリまくっていたエッチな体験談)の鬼畜キャバ女の後、一夜のみの女含めて4人程関係持ったが特に浮気も無く終わり久々の鬱勃起相手とのめぐり合い。

Eとは友人行き付けの小さな居酒屋で。Eも常連客で仕事帰り仕事仲間と飲みに来ていて

お店で顔見知りだった友人と俺らと急遽合コン開始。その後、Eに告白されつき合い始めた。

因みに、その居酒屋はマスターの人柄から小さいながらもいつも常連客でいっぱいで

客同士の出会いの場でもあった。結婚までいった人も何組かいて写真も飾られてた。

Eは職業柄、体すべてに手入れが行き届いている感じで綺麗。下着も良さそうなのばかり着けていて

巻き髪とマッチしていてすごくエロイ。しかも巨乳で濡れやすく積極的でいつもEのぺースだった。

つき合って3ヶ月目の夏、Eは仕事仲間と2人で一泊二日で海へ行くと言ってきた。Eは仕事熱心で

職業柄ストレスも凄い溜まっていたのも知っていたので二つ返事でOK。宿泊先のTEL番も教えてくれ

宿もどうやら2人で取ってある。で、当日の昼過ぎ仕事中に、飲んだ奴とは別の友人Tから何度も

着信があり夜仕事終わりに電話してみると


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年3月31日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】山道のトイレ【体験談】

6年前の事です。今は結婚して子供もいますが今でもあの野外でのエッチは凄かったです。

卒業をして某会社に就職をして5月の終わりに歓迎会をしてもらった後でした。

その部署に既婚の人ですが格好良くて人目惚れしちゃってのですが同じ会社だし既婚男性だから、毎日会社行っては見てるだけでした。

歓迎会も終わり、偶然にもその彼に送ってもらう事になり、帰りの車の中で話してると、私の彼氏の事を聞かれて、2年ほどいない事を話したら、じゃ~~彼氏ができたら素敵な夜景の場所を教えてあげるから来るといいから行こうか???

片思思いで適う事ができない彼に言われて、私はうなずき、山道を走り、夜景スポットに着きました。

街街の明かりが綺麗でした。

そのときトイレに行きたくなり、彼に言うと、車で数分の所に公園があり私は慌ててトイレに行きましたが、電灯が切れてて真っ暗だったので、彼にライターを借りてトイレで用を終えました。

用を終えて出たとき、何かが私に触った感じがして驚いて叫んじゃたの、そしたら彼が着てくれて、私は彼に抱きついたの。

優しくガードしてくれて、彼は周りを見たけど何もありませんでした。

でも、怖いって言い、彼に抱きつくと、彼は私を抱き寄せてキスされたのです。

期待してたから、キスを受け入れて彼にしがみついてたのです。

それから彼は私をさらに抱き寄せて耳から首筋に舌を這わせて来たら、ああ~~ん 声でちゃったの。

もう彼に愛撫されたくて彼の体に自分から押し付けて要求するようにしました。

彼の手が胸にきて、ブラウスのボタンを外されてから背中に手が来てブラのホックを外されて直に乳房を揉まれて、乳首をいじられて、私はああ~~~エッチまでしちゃうのかな????

感じて荒い息と一緒に喘ぎ声まで出てました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2014年3月30日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】サークルで【体験談】

彼女の真美と社会人のサークルに入って1年以上になる。みんな自由な組み合わせでバトミントンをします。

 毎週金曜夜の3時間なので半分参加して、後半はしゃべっているカップルも多い。

 最後はみんなでファミレスなどへ行き晩ゴハンを一緒に食べる。

 最近気になるのは真美が後輩の男とよくしゃべること・・・。

 真美とバトミントンをして「あ〜、今日は試合これくらいにしようよ」と言われ、真美はトイレに。

 戻ってきて他の人たちの試合を見ていると真美の携帯にメールが・・・。

 真美は慌ててリュックに携帯を入れて「ジュース飲みすぎてオナカが痛い・・・またトイレ・・・」と体育館のコート外の通路へ。

 リュックは着替えも入っていて持ち歩くのだが僕に預けたまま手ぶらでトイレに行った。

 真美の携帯が気になりメールを覗くと「3階で先に」と入っていた。「(メアドから)相手はもしかして・・・」イヤな予感が走り、スポーツタオルを首にかけたまま僕は3階へ・・・。

 1階は玄関とトレーニング室、2階はバトミントンやバスケ、3階は多目的コートとなっている。

 いつも夜に3階は使われていないはず・・・。

 重い扉を開き3階のコートに入ると暗く、誰もいないが奥の方で電気が点いていて光が漏れている・・・。器具庫の中か。近づいてスライドのドアから覗くと・・・やはりいた。

 真美はクルクルまかれ倒れている体操マットにチョコンと座り(真美は細身で150cmくらい)、後輩に白のTシャツをまくられ、ブラを上にズラされ乳首を舌で愛撫されている最中だった。

「先輩・・・」

「たっくん(後輩の名前からのアダ名)気持ちいい・・・」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月30日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】祭りで【体験談】

こんにちは。『Yu男』という者です。

一夫一妻制は、つい最近出来上がった夫婦の形で、昔は契りあうのは必ずしも生涯1人と言う事は無く、いろいろな夫婦の形があったようです。そんな男女の出会いの場と農村の楽しみの一つとして、祭りが有り、その時は無礼講となって未婚・既婚に関わらず性欲が欲するままに活動をしていました。

そんな訳で古来祭礼には、性的な部分が含まれ、明治時代に入っても一部の地域では、性的祭礼が行われていたようです。

そうは言っても昔は子供の生存率が極端に低くて、生む事が大切だった事もあるのかもしれませんね。ここも、近年まで、そんな慣習がまだ残っていました。

去年の夏、私達夫婦がはまってしまった・・はめられた・・そんな祭りでの話です。私の祖父の田舎から少し離れたある地域では、毎年、夏祭が行われます。神輿を担いだり、露天が出ていたり、一見普通のどこにでもあるような祭りです。

その祭りは、私が学生の頃、たまたま祖父の家に行った時、その地区の遠縁の親戚に臨時で神輿の担ぎ手をしてくれないかと、頼まれた事が始まりでした。実はこの祭りこそ、私が童貞を卒業した思い出がある物でした。この地区の祭り衣装は、キリリと締め込んだ褌姿と決まっていました。私も当然のことですが、褌にさせられました。

都会育ちの私の事、長くて白い布を渡され、どうするのか判らず、年配者から褌を締める指導を受けて自分も全裸になってから褌を締めましたのですがその時は、ユルフンだったようで、揉み合っている最中に褌が解けてしまい、全裸になってしまった経験があります。

お尻は丸見えですし、前袋もかろうじて局部を覆うだけで、毛深くない私の陰毛もはみ出し、全裸に近い状態で、恥ずかしかったのですが今は、幅を半分にしてよじる様に巻いていくと褌の出来上がり、この姿が一番格良く見えると思ってます。ハレの舞台・・神様の前では、何も着けない姿での奉仕が必要でした。昔は男も女もそうだったのでしょう。

だからこの日だけは特別。普通だったら猥褻物陳列罪なんて罰則があるのでしょうが、こんな姿で町中のうろうろしていてもOKなのです。暑い盛り、裸のほうがとても気持ちよく、また肛門にくい込む締め込んだ褌が男の機能を高めている様にも思います。

祭りの興奮も重なり、力水をかけられ、濡れて透けた褌の布越しに勃起しているのが丸分かり状態となっていました。

この祭りでは、そんな男衆が名物なのか、町内以外の人達も見に来ていて、女性達も男のそんな姿形を見るのが楽しみのようでした。

そんな訳かどうか、この祭りは女に許された男のストリップと言ってもいいのかも知れません。そんな状況なので、いったん外に出てから帰るまで褌姿です。2回目か3回目かの祭りの時、御神酒の酔いも手伝い、町中を抜けておじさんの家に帰ろうと歩いていたときでした。「あっ、Yu男ちゃん・・よね〜」と言う女の声でした。

年齢が近く、おじさんの家で遊んだ記憶がある女の子がいました。その声は、すっかり大きくなったその子でした。

大人の女に変身し、浴衣姿の彼女は、ほんのりと石鹸の良い香りがしています。その時も濡れた褌に亀頭の形を浮かび上がらせている状態でした。そんな私の股間をちらちら見ながら

「帰るの〜」と言う彼女に「うん」と頷く私でした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月30日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻妾同衿【体験談】

妻妾同衿という言葉ををご存知ですか?妻ともう一人の愛人と暮らすことです。

本来、衿という字は少し違う字を使うのですが、諸事情により同じ意味を持つこの衿で代用します。

さて、早速書き出しますが、それはもう1、2年前のことです。

その頃仲の良かった同い年の女子のAとB(それぞれ仮)のAに告られました。

本当に悩みました。結局悩んだ末に、Bに相談する事にしました。

ここでタイトルから分かるように、そうです、Bからの返事のメールは告白の内容でした。

まさか救いのための一手がさらに苦しみを増やすとも思わず、さらに悩みました。

もう疲れて、二人に判断を任せようと思い、私の家に集まってもらいました。

・・・1時間経過・・・

結論が出ました。そう、妻妾同衿です。

先に告白したしたAが正式な妻になりました。

今では毎日とは行きませんが、3Pで楽しんでいます。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年3月29日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】彼女の本性【体験談】

2年前インターネットであるサイトを見つけた。

『あなたの彼女の本性暴きます』

何だろうと検索していくと、自分の彼女が浮気しないか試しませんかというような内容だった。

自分としてはすごく気になる内容、自分は少し緊張しながらも掲載されていたメールアドレス

にメールを送った。

数時間後返信。

「お問い合わせありがとうございます。こちらはあなた様の彼女、大事な方があなた様への

裏切り行為をしないか調査するサイトでございます。(中省略)以下の内容にご同意して

頂ける方のみ応募下さいますようお願い致します」

1.彼女様の情報を虚偽なく提供して頂きます。

2.彼氏様のご協力(一部)をお願いします。

3.彼女様とのやりとりは全て報告させて頂きます。

4.この調査によってお二人の関係など、何が起きても責任は取りません。

5.彼女様の同意があった場合のみ、性行為を行う可能性があります。

6.途中で計画の中止、阻止はお受けしません。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月22日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】結婚式場で仕事中にお客様と寝た【体験談】

結婚式場で働いています。この前、結婚式場を婚約者と探しているお客様のKさんと寝てしまいました。

うちの式場はスライドの写りと編集器具が自慢の会場で、必ずお客様に見せます。

3ヶ月打ち合わせを続けているKさんカップルにも見せようと、会場を二人だけにして暗くしました。

私は上の編集器具室へ・・・上映中に器具室から二人を見てたらKさんだけが席を立って「トイレかな?」と思っていたら、さっき私が案内した薄暗い器具室へ入ってきて「佐野さんのこと、前から好きだった・・」と抱きつき告白されました。

「必ずここで契約するからさ・・・」

3月は私の成約成績が良くなかったので、うちの式場でしていただけるという条件で体を許してしまいました・・・「Kさん、私・・・困ります・・・」

黒のパンツスーツのズボンとパンティを太ももの所まで脱がされてお尻が丸出し。

私はお尻が大きいし、汚い所なので恥ずかしいのにお尻の穴まで舐められて・・・

アソコがすぐにグチョグチョになってしまい、そのまま立ちバックの体勢に・・・

黒のスーツの上着・白のブラウス(式場の制服)は着たままでお尻と性交するのに必要な部分だけを私はKさんに差し出して(提供して)Kさんに激しく出し入れされました・・・

Kさんのモノは私の彼氏よりも太くて熱くて印象的でした・・・

スライドを真剣に見ているKさんの婚約者の美奈さんが編集室からガラス越しに見えていました。

二人で美奈さんを見ながら「ほら、美奈が見えるだろ・・美奈の前でオレ達、

隠れてこんな所でナマでセックスしてる・・・ああ、気持ちいいよっ・・・オレ、このまま佐野さんの中に出したい・・・」

Kさんの出し入れするスピードが上がり、明らかに私の中に出そうとしているのが分かりました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年3月15日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
3 / 1812345...10...最後 »

このページの先頭へ