寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】本当の妻【体験談】

2年間、幼稚園の先生と不倫関係にありました。

先生といっても年は僕より3つ下です。

最初、年少のクラス担任で先生の子供らしい服装とか仕草が

「可愛いな〜」

なんて思っていました。

積極的に先生と子供の話などしていたある花火大会の夜に偶然出会い、なにげに

「先生、少し飲みに行きませんか?」

などと冗談ぽく言うと

「いいですね。」

幼稚園と違い化粧も服装もビビッとしていて一瞬見たくらいでは分からない程の変身ぶりに僕は惚れてしまいました。

無論、地元では先生も一緒にいるのが世間体的に恐いとの事で隣町まで出かけシットリとしたショットバーで

飲み始めました。



アルコールが進むに連れて徐々に彼氏の話やHな話に成って行き淫靡ムードばっちり!

先生の乳首が立ってるのを確認後、送りオオカミに変身しました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年3月14日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】お嫁さんごっこ【体験談】

私もうすぐ結婚します。特別好きな人でもありませんが、父の仕事の関係で決まりました。もちろん大好きな人がいて、その人と別れるのはつらいです。でも、将来を思えば。結婚が一番安定しているし、もう決めました。今は、その大好きな彼とお別れの練習やお嫁さんごっこをしています。

 お嫁さんごっこというのは、彼とあれをしているときに、彼が婚約者(ヒロキさん)をするみたいなものです。

「結婚したらヒロキさんと性交するのよ、いやだけどお嫁さんの義務なのよ」

「きっと毎晩させられるよ」

「ああ、いやだわ。ヒロキさんのおちんちんが私に入るんでしょ」

「そうだよ、こうやってニュルニュルになったここへ、ほらこんなおちんちんがね」

「いやあ、あん、ねえ、かたいのね。ヒロキさんのもこんなにかたいの?」

「そうだよ、カチカチのおちんこだよ。それに背が高いからきっと長いよ」

「ええっ、長いの。いやあ。」

「ほらっ、入れるよ。なにしてるか言ってごらん」

「あっ、入ってる。いやあ、いまね、おちんちんが入ってるの、長いのが」

「誰のおちんちん?」

「…ううん、ひ…ひろ…ひろきさんの おち…んちん」

「お嫁さんの中に精液入れられるんだよ」

「そうよ、白くてどろどろのよ。ヒロキさんの精液入れられるのよ」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||

2014年3月14日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】ど変態レズを縛って…【体験談】

(レズ出会い系で知り合ったあきさんと初めて逢う事になり、指定されたホテルの部屋に)

えっ!ここは…

(怪しげな部屋に戸惑いながらも、ノックして)

あの…優子です…

(扉が開き、あきさんが…)

初めまして…今日は宜しくお願いします…

(ムッチリした身体を微かに震わせながら挨拶する)



そう、早く入りなさい。

(女王様の格好になっている)

あそこにかかっている縄取って

(壁にかかっている縄を指差して)

あなたを気持ちよくしてくれる縄だから、大事に持ってきなさいよ。

ど変態だから、もうその縄気にいった?

縄を渡して、服を早く脱ぎなさい。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月13日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】身も心も奪われて、ついには先生の愛人に【体験談】

私は35歳になる既婚者で28歳になる、かなりエッチな妻と暮らしています。

私の一風変わった願望が原因で、本当に妻を他の男に寝取られてしまった体験を話そうと思います。

以前から私は、自分の妻が性感マッサージを施され、快感に悶える姿を見てみたいという願望がありました。

ある晩、その願望をどうしても実現させてみたくなり、妻を抱きSEXの最中に 「お前は他の男に気持ちよくされてみたいとかエッチな事されてみたいとか思ったことある?」と冗談っぽく妻を探る様に尋ねてみました。

もともとかなりエッチな事に対して積極的な妻は、素直に「絶対怒らないでね?そんな風に思ったり、他の男にそうされてみたい願望はあるわ!!でも、どうしてそんな事聞くの?」と言い私に聞き返してきました。

私も以前から抱いていた願望を妻に話すと、「本当に絶対にあなたが怒らないと約束してくれたら、一度性感マッサージを受けていたい」 とあっさりOKしてくれたのです。

私は早速パソコンを開き、某性感マッサージ診療所を探し手早く予約も済ませ、当日が来るのを楽しみに待ちました。

そして当日、出掛ける準備をしている妻は、乗り気のせいかノーブラに肌の露出度の高い薄手のミニワンピースを着ています。

下着フェチでもある私は、妻のワンピースを捲り穿いているパンティを確認してみると

布面積の少ない、サイドは食い込む位細い紐で、お尻の割れ目も半分出てしまうような白くてイヤらしいパンティです。

私は、色気をムンムンに放出させている妻を車に乗せ、先生の待つ診療所に向かいました。

しばらく車を走らせようやく到着、私も妻も緊張と妙な興奮を抑えながら診療所の中へ入りました。

早速先生が出迎えてくれて簡単な挨拶を済ませると、妻は先生に奥の部屋へと案内されドアの向こうへと消えました。

今度は私も先生に案内され、妻の隣の小部屋へ入ると、まずその小部屋の仕掛けにビックリしました。

小部屋には、バスタオル大のマジックミラーが装備されていて、こちらから妻の様子がはっきり見れる様になっているのです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月13日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】彼女の横で巨尻の生倉裕子ちゃんとセックス【体験談】

僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。今は保育園の先生をしている。

身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。

顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。

彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。

里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。

結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。

夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。

僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」

「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」

「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」

「えっ、どうやって?」

「ふふっ」

いきなり里香と僕のベットの布団に手を入れてきて

アソコを触り始めました。

「だめだよ。里香いるし・・・。」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年3月12日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】女友達のお願い 完結【体験談】

あの事以来、俺はA美の事で頭の中が一杯だった。

日曜日はA美を送り仕事場に行き書類の整理をしていた。

しかし全く集中なんか出来ない。

2chに投稿すればだいぶ気が紛れるのではないかと思い、

事実を少しずつ書き始めて行った。

そしてその日の夜は妻と電話で普通の会話をし、

映画を観ながら大量の酒を飲み寝てしまった。

月曜日は書き貯めておいたものを2chに投稿しながら

仕事を何とかやりこなしていく。

しかしやはりA美の事ばかり思ってしまう。

俺はこのままじゃいけない、ある意味結論を出したい。

A美と直接会って話をしたいと思っていたのだ。

その夜、連絡をしようとしていた矢先にA美からの着信メール。

「こんばんは。調子はどう?この間はありがとう。

約束の食事を御馳走したいので会えないかな?」という内容。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】息抜きは公園のホームレスと【体験談】

私は43歳専業主婦(仮名:真木)をしています。夫は53歳サラリーマンです。

私達は結婚20年になりますが、子供に恵まれず、今も2人で暮らしています。

夫は40歳を過ぎた頃には子供を諦めた様で、もう10年以上もSEXレスです。

私はまだ、当時30過ぎたばかりで、遣りたい盛りだったので、1人でオナニーで我慢していました。

(顔も普通・体系も最近はちょっとポッチャリで若干童顔なので、若くは見られます)

そんな暮らしが続いて、それが普通なのかと思っていました。インターネットが普及し、昼間暇な私はネットで色々

調べていると、ついエッチな事も…。そこで知ったのです。40過ぎてもみんなエッチする事を…。

そんな中で、外でオナニーすると開放感から凄く気持ちいいと言う書き込みをみました。

私は、出会い系なんて出来る度胸も無く、野外で隠れてオナニーする位なら…と実行してみる事にしました。

夫の帰りはいつも11時過ぎと遅く、しかもご飯は食べて来るので私は寝ています。

(つまらない毎日の息抜きのつもりで初めたのです。)

その日の夜、20時過ぎにバックにバイブとローターを入れ、直ぐに出来る様にとフレアスカートを着て近くの公園

に出かけました。その公園は結構広く木も多く植えてあるので、道路からは、中の様子は見えません。

私は、植木に囲まれたベンチ(周りからは暗く、植木があるので見えない)でオナニーする事にしました。

スカートを捲り上げパンツを下げると、もうアソコはびっしょりです。ローターをクリトリスに当て、それだけでもう


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】仕事が出来ない同僚【体験談】

最近の不景気で、私の会社も人員整理が行なわれている。

そんな中、1人の男が私の部署に配属されてきた。まぁそんなに大きな会社ではないので、見た事はあったし

ちょっと有名な人物だった。彼は、35歳でちょっとデブな不衛生な感じ。しかも仕事も出来ないみたいで、いつも

怒られていた。

実際、一緒に仕事した事も無かったので、噂話で聞く程度だった。(彼の名は、阿部)



阿部「今日から、こちらに配属なりました。阿部です。ヨロシクお願いします」  かなりスローテンポな話しっぷり・・

課長「そんな訳だから、みんなヨロシク頼むよ。教育は佐藤さんヨロシク!」  佐藤は私です。

私 「私ですか!え~」

課長「そんな事、言わず頼むよ」

阿部「佐藤さん、よろしくお願いします」



そんな訳で、彼と一緒に仕事をする事となった。初日早々、噂どうりの人だった。何と言っても、仕事が遅い!

普通10分で終わる仕事も30分はかかる。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月7日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】錆1【体験談】

32歳、子供のいない夫婦です。

高校時代、同級生の妻と初体験、妻も処女でした。

大学時代に同棲して毎日やりまくった末、卒業と同時に結婚。

私は高校の教諭に、妻はエレクトーン教室で生徒を教えています。

妻とは同棲3年に結婚10年、最近は少々マンネリ気味で、月に1~2回状態でした。

というのも、高校には若い教員が少ないため、30代はバリバリ若手、

私は講師を除けば最年少ということもあって、女生徒からの誘いも多く、

充実した性生活を送っておりました。

在学中はもちろん、卒業してからも関係が続くため、

常に5~6人の相手がいたのです。

その中にひときわ美形で、胸も大きい奈々がおりました。

彼女は今年の春に卒業したのですが、2年生の夏に一緒に海に行って、

帰りにホテルで初物をいただきました。

その後、色々なプレーをしました。

「えーっ、これちょっと恥ずかしいよ」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月5日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】ヤリマンのセフレのお姉ちゃんを雑に犯して中出し【体験談】

この前も少し話した、元カノのヤリマンセフレ「優子」とそのおねーちゃんのお話です。

優子はお姉さんと一緒に住んでいて、私は普段、優子の家に行く事は有りませんでした。

この前話は、お姉さんが旅行中に内緒で忍び込んだのですが、今回はお姉さん公認で泊まる事が出来たのです。

なぜかと言いますと、私が優子の家の近くで友人と飲んでいて、帰るのが面倒になって泊めてもらおうと考えたのですが、「ねーちゃんが許さないよなー」と思い、終電が無くなるまで飲み続けて、「泊まる所が有りません!」って事で、半ば強引に泊めてもらったのです。

優子の家に行くと二人ともパジャマ姿で迎えてくれました。

ねーちゃんも「今回だけ!」と言う事で気持ちを切り替えて、すごく優しく接してくれました。

ただ、気になったのは、ねーちゃんのパジャマが、下はグレーのスウェットで、上はピッチピチのミッキーマウスのノースリーブだったのですが、推定Fカップはありそうなおっぱいが、完全にノーブラでぶら下がっていました。

釣り鐘型のおっぱいは、ノースリーブとミッキーマウスがはち切れんばかりに膨らんでいました。

優子と同じくデカ乳首なのか、乳首の形はクッキリ出ていました。

すごくサバサバした感じのねーちゃんは、そんなエロい格好をあまり気にしていませんでした。

泊めてくれと頼んだ時は全然考えてなかったが、「この姉貴をゼッテー犯してやる」と思いました。

ねーちゃんは名前が「宏子」で当時29才でした。

優子の話によると、年上の彼氏がいて、付き合いがかなり長いようでセックスもほとんどしていないらしい。

姉貴も優子に負けず、昔はケッコー遊んでいたらしいので、今は物足りないのか、電マをこっそり買ってオナニーにふけっていると優子からちょくちょく聞いていた。

私は姉貴の方とはほとんど面識もなく、挨拶程度の関係だったが、この話を聞いて、「いつでもやれるな」と勝手に思っていたのは事実でした。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月5日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

このページの先頭へ