寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【人妻】昔の思いで【体験談】

俺の田舎の昔話だが、中学生の頃大好きだった佐智子と言う女子がいた。小学生の時からの幼馴染で頭は良く運動神経も良く運動会のリレーなんかでは、毎年スターターだった。おとなしい子で顔は普通で俺は、小学生の時から好きだった。只 その当時では、ありえない位胸が大きく(当時は、巨乳なんて言葉はない)男子からの注目の的だった。学校行事以外の日は、体育着での通学・授業を許可されていて学生服を着ている生徒は、ほとんどいない状態だった。佐智子も例外ではなく体育着で学校生活を送っていたが、その体育着から突き出た胸は体育の授業で使うハンドボール位の大きさがあり、体育(男女一緒)でハンドボールを行う際に佐智子がボールを手にすると男子からクスクスと笑いが漏れ出し、まるでハンドボールが3つあるような感じになり運動神経の良い佐智子だから動きも俊敏でそれに合わせて胸の揺れ具合も比例している。俺のクラスにチビまる子ちゃんに出てくるヤマダを少し不良にしたようなテツって奴がいる。コイツとも小学校の時からの友達だが、中学に入ると2コ上の田舎では、どうしようもない不良達の子分になり、しかも前からエロい奴で1年の時から、女子のスカート捲り・着替え覗き・お尻タッチを毎日繰り返していたエロエロ星人だったが、ヤマダのような性格だったので、中々憎めなく心から嫌がるクラスメートは、いなかった。テツの中3になってからのターゲットは、クラスで一番可愛いミキちゃんだった。毎日お尻タッチしていると

ある日ミキちゃんがキレた。

ミキ 『どうして私ばっかり触るのよ サッちゃん(佐智子)は、何もされないじゃない』と怒りだしたのだ。

言われてみれば、クラス38人中17人が女子だが、佐智子は、殆ど被害を受けていなかったのだ。言われたテツは、廊下に逃げて行き佐智子は下を向いていた。

次の日からテツの佐智子に対する乳揉みが始まった。中3の二学期からテツは、佐智子の後ろの席に替わり絶好のポジションに位置し後ろから手を佐智子の脇から入れて数回揉んで放すという風に休み時間(休み時間終了間際 席に着いた時)の度に行っていた。胸を揉まれている間の佐智子は、下を向いているだけで何もしないし言わない。もともとおとなしい性格だったが、運動能力と学習能力からは、想像も出来ないくらい静かな子だった。佐智子は、ノーマル(スポーツブラではない)ブラを使用していたみたいだが、学校の身体測定の時に隣の教室から声が聞こえてきて

保険の先生 『○○さんブラジャーのサイズあっていないんじゃないの?きつそうよ』

佐智子 『私に合うサイズがないので、とりあえずEカップをしてるんですけど体育で走ったりすると胸が飛び出ちゃうんです。』

保険の先生 『う~ん アンダーが70でトップが98だから・・・・Hカップ位あるようね 国産では、ないかもね』と言う会話が聞こえてきた。

この声に俺は興奮を覚えると伴に次の体育の時間から佐智子が走るたびに胸がこぼれやしないか凝視していたのだった。

テツも気付いたかもしれないが、たまに佐智子の胸にポッチのような物がある気がする。もしかしたらブラがきつい為に下着をはずしてノーブラになっているのかもしれない テツも揉んでいる時に『んっ』と首をかしげながらやっている時があり まあ他の女子も小さい時からの友達だからノーブラで授業を受けている子も多かったし、俺達も特に気にはしていなかったが、佐智子のハンドボールだけは特別だった。夏の暑い日になると女子は皆 名前入りのTシャツ姿で授業をうけるが、佐智子の胸は、Tシャツの上からみてもブラからはみ出ていてブラから出てる乳肉の丸みを帯びた部分が異常に俺の興奮をかきたてた。テツは相変わらずその胸を揉みしだいていて、休み時間に廊下を歩いている佐智子の背面から揉んだり、水を飲んでいて胸が下を向いた状態でいる際も下から持ち上げるようにタプンタプンと弄んでいた。

廊下をノーブラで歩く時のまるでプルンプルンと音が出ていそうな感じに俺の愚息も汁が出るほど勃起し、合わせて運動(陸上)で鍛えたお尻もプリプリと左右に揺れ子供心に色々な事がしたいと言う欲望を覚えて、友達から教えて貰ったマスターベーションをする日々だった。

夏の暑い日の放課後、陸上の部活を終えた佐智子にテツが声を掛けていた。俺も部活(野球)を終えてふたりの会話を聞いていた。

テツ 『俺ん家に遊びにこないか?新しいレコード買ったんだ 田原○○のやつ』と誘っていた。この当時はマッ○とか○シちゃんとかが流行っていたが、田舎のレコード店にはなかなかレコードが入らなくて1ヶ月遅れくらいの入荷だったが、テツの家は、母子家庭で母親が昼間は、工場で働き夜は、となり街のスナックに勤めていた事から新製品とかわりと新しい物が早く手に入る環境にあった。俺は、心で断れと祈ったが

佐智子 『本当に わ~聞きたいな~』と言って快諾してしまったのだ。俺は居てもたってもいられず二人の後を尾行したのだ。しばらくしてテツの家に到着すると二階のテツの部屋に二人で入った。俺は、テツの部屋が見える裏の空き家の二階に忍び込み見張っていた。二人を観察していたが、本当にレコードを聞いているだけで何も起こらなかった。学校では、拒否もしないで、乳を揉みしだかれ、もしかしたらテツの事が好きなのではと勘違いしていた。夕方5時半頃になるとテツの母親が帰ってきて部屋に行き挨拶すると化粧して出ていった。

それと入れ替わりに2コ上の不良達が三人テツの家にやって来た。こいつらは本当に嫌なやつらで強い相手には、歯向かわず弱いヤツばかり相手にするような俺の嫌いなヤツらだった。部屋に着くなりタバコを吸い始めたらテツはダッシュで灰皿の用意をしてヘイコラしていた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2013年6月26日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】1回も100回も罪は罪【体験談】

初めて投稿します。

去年の秋に起こった事件を書きたいと思います。(実話の為にハードな内容ではありません。)

私、山本順(仮名)29歳と妻、由里子29歳は結婚2年半の夫婦です。

同じメーカー勤務の同期で現在も共働きです。

由里子は超難関の国立大卒の才女で経営本部の課長補佐です。

私は中堅私大卒の営業部勤務で平社員です。

入社当時から、由里子は一目置かれる存在でした。

頭脳明晰で可愛く、私には高嶺の花でしたが、4年前の本店の同期会で偶然、私の席の隣に由里子が座り由里子が好きなサッカーの話題で盛り上がりました。

ダメ元で、今度一緒に見に行かない?と誘ったところ、以外にもokの返事が返って来ました。

由里子は才女ですがガリ勉タイプではなく、おしゃれやブランド物も普通に興味のある女性でした。

初めて私服を見た時、白いミニスカートにドキッとしました。

薄いストッキング越しに見える由里子の脚が気になりサッカーの試合に集中出来なかったのを覚えてます。

その後、何度かデートを重ね付き合うようになり、結婚しました。

社内では世紀の番狂わせと言われ有名になりました。

経営本部は将来の幹部候補生が集まる部署で由里子の方が、私より出世も早く、それに比例して年収も多い状態です。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年6月23日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】こんな奴に4【体験談】

Bはそっと立ち上がり寝た振りをしている私の方を窺いながら脱衣室の方に行きまし

た。カーテンの隙間から中を覗いています。「あれ、トイレ、ここだよね」だらし

なく酔った口調で呟いてカーテンをさっと開けました。妻のパンティー1枚まとっ

ただけの裸身がガラスケースに写りました。

「あら、ごめんなさい、だらしない格好で」謝ったのは妻の方でした。片腕で乳房

を隠しています。「すいません、トイレを」「あ、どうぞ、どうぞ」狭い脱衣室の

中で二人が向かい合わせですれ違うのです、Bは身長は低いのですがかなりの肥満体

です。その巨体をわざとらしく妻の裸に擦り付けて入っていったのです。半袖の腕

を胸の前に上げ、指先で妻の乳房を嬲ったのです。「狭くて、ごめんなさいね」ま

た妻が謝りました、「いえいえ、僕がデブなんで」Bがトイレに消え妻が一人立って

います。そして脱衣室からそっと顔を覗かせ私の様子を窺いました。私は憮然とし

ながらも寝た振りを続けました。どうなるんだろうか。妻は裸の上に何かを着る様

子は有りません。Bがトイレから出て来ました。

 妻は洗面台の鏡に向かって妻が髪を直しています。「手、洗います?」妻が聞い

ています。「ああ、すみません」場所を譲るときに妻の手がずれたように動いてBに


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||

2013年6月22日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】こんな奴に【体験談】

夏の、ものすごく暑い夜のことでした。

仕事で遅くなり、会社の後輩Bを連れて家に帰りました。

後輩の家は電車と徒歩で2時間近くかかるのです。

私の都合で遅くまで付き合わせてしまったので泊まってもらうことにしたのです。

翌日は休日でした。

 私は自宅にあらかじめ電話を入れておいたので妻が食事と酒を用意していまし

た。

 6畳の部屋に夏物の座布団が布かれBの座る所の風が良く行くように扇風機が回っ

ています。エアコンは不調で停まっていました。

この後輩Bはデブでガサツで使えない奴です、私は3才年下の27才になるこの男を

はっきり言って嫌いです。

「悪かったな」私は謝りながら食事とビールを勧めねぎらいました。

2dkの狭くて古い賃貸マンションです。妻が広々したいといって和室のふすまを

外して籐の衝立を仕切にしていました。部屋の奥の方まで丸見えになります。

 Bは無遠慮な目で家の中を見回していました「けっこう古い家ですね」とか「西向


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2013年6月21日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】姉さん女房を寝取らせて2 【体験談】

嫁の瞳と、後輩のアキラとのセックスを見た俺は、自分の寝取られ性癖が想像以上に重傷だった気がついた。



あの時の、目の前で他の男にキスをして、セックスをして、おそらくは何度もイカされた瞳、、、 嫉妬で狂いそうな気持ちになりながら、頭に雷が落ちたような強烈な興奮があった。そして、抱かれている瞳のことが、何よりとても美しく思えた。





瞳は、また次もアキラとしてくれると言っている。

ただし、アキラとそういうことをする期間は、俺は瞳とのセックスを禁じられた。

瞳とは、結婚後も週に最低一回はセックスをしていたので、セックスを禁じられるのは相当こたえるのだが、寝取られセックスには替えられない、、、





そして、次の日会社でアキラと話をすると、早速金曜日に第2回のプレイを行うことになった。

「マジですか!先輩!いや、お兄さん!どこまでもついて行きます!!」

確かに、兄弟になったが、、、  このノリはマネできないから、ある意味うらやましい。



それからの毎日は、家では嫁に色々と誘惑されていじめられた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||

2013年6月20日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】主人以外の初めての挿入受け入れ【体験談】

一寸過激なタイトルになってしまいました。私は50才の主婦兼会社員です。子供のようにかわいがっている部下(20代独身)と先日出張に行った時のことです。彼はとても頑張ってくれ契約は大成功。彼は一ヶ月後には本社に転勤、とっても良い業績が出来ました。その夜は、居酒屋で二人で祝杯です。お酒も入り話題は彼の彼女の話へ、しかし、はぐらかしてばかり。「実はだいぶ前に別れてからはいないんですよ」

「そう、寂しいね」「でも、今は好きな人がいるから大丈夫」「そうなんだ」

そんな話も続かずお店を出ましたが彼はまだ飲みたそう、「ホテルのラウンジで飲むか?」「高いから悪いですよ」私は上司として奢る約束でした。「生意気なこと言って、でもそうね。部屋で飲もうか」「じゃあ僕の部屋で」私も彼にこれ以上負担掛けまいとつい、気軽に言ってしまいました。途中、彼はコンビニでお酒を買い隠すように持込しました。

私は一旦部屋に戻り一日の汗を流し、スーツ姿からラフな服装に着替え私は彼の部屋に行きました。彼もラフな服装でした。

お互いシングルルームの狭い部屋、彼はイス、私はベットに腰掛け再び乾杯。話も弾み何故か彼も私の横に座りました。その時はその行為は何とも思いませんでした。「ところでさっきの話、好きな人いるっていってたよね。どんな人、良かったら教えて」少し酔った勢いもあり、また、私は大学時代今の主人と知り合い浮気もなく一人の男性しか知りません。おばさんの興味本位ですね。

「とても尊敬できる人」「素敵な人」「いつもそばにいる人」

「そう、きっとあなたが好きになる人だから素敵な女性だね」

「同じ会社の人」「年上の人」「その人にはご主人がいるから」

「誰かしら」でも、もしかしてもしかして何て思いもありました。その時、彼の手が私の手の上に来ました。

「もしかしてその人って」その時突然抱きしめられ彼は大声で言いました「〇〇さん(私の名前)が好きなんだよ~。ずっと言えなかったんだよ~」

私は大変な動揺していましたが「そう、有難う。でもね、私は結婚してるの。あなたにはこれからふさわしい女性が必ず現れるよ。ねっ」

彼はまだ私を離そうとはしません、それどころか「最後に、最後の思い出に〇〇さんを抱きたい」

努めて冷静さを保ちながら「今こうして私を抱いているじゃない」

「違うんだよ」「何が」「‥‥」「さあ‥」

彼は振り絞るように「Hしたい」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年6月19日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】大笑い【体験談】

 俺の妻は、身長168㎝ B112(Kカップ)W63H95とダイナマイトなボディーをしている。結婚前(16歳から付き合い)から

その体を堪能してきたが、結婚後 子供を1人産んでもくずれない体を今も変わらず愛し続けている。今年で31歳になり子供

も2歳になったが、趣味のヨガの効果か張りのある まったくもっていやらしい体をしている。

俺達の住んでいる所は地方の田舎町で夏には小さな祭りがある。まだ31歳と若い俺達は、男神輿 女神輿を担いでいる。

俺は、褌に半被姿 妻は、ノーブラの上にサラシを巻き下は、短パンそして半被を着て3日間 昼1時から夜10時まで

町中を練り歩いている。子供は、俺の実家に預けて夜迎えに行くパターンだ。今年の夏は、1日2日目と俺だけが神輿を

担ぎ終わったあと友達と呑みにいき妻は、子供と家に帰ると言った具合だったが、3日目には、夜10時に終わる予定が

町内が盛り上がってしまい12時まで担ぎ捲くった。二人ともヘトヘトになり実家に帰り子供を迎えに行ったが、俺の友達

から連絡が来て居酒屋で軽く飲む事にした。妻と子供を連れて行くと友達も家族で来ていて呑み始めていた。俺も妻も

遅ればせながら参加してビールをガバガバと飲んだ。深夜2時前に解散となったが、運転出来る訳もなく近くの健康ランド

にいく事にした。部屋を取り(24時間営業)布団を敷いて寝る体制を整えてから風呂に向かった。子供は、俺が面倒を

見る事にして、妻は、女風呂へ行ったが、勿論二人とも着替えもなにもなく祭りの時の汗で半被は、びしょびしょで風呂

上がりは、健康ランドのパジャマを着るつもりでいた。俺が風呂に入ると俺達と同じく祭りで盛り上がり留まっている客が、

何人もいて(部屋の他にリラックスルーム20人位収容)風呂にも中年オヤジが3人,刺青の入ったチンピラ風の若い男が2人

いた。子供の体を洗っていると後ろから声を掛けられた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2013年6月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の変化【体験談】

私もこのサイトで刺激を受けた40歳のサラリーマンです。妻は37歳になりますけど私とは違って淡白で清楚な女です。

私の友人達からも一応はモテるルックスなのですが、しもネタは禁句といったイメージを持たせる女です。

そんなある晩に妻を抱きながら「お前、俺以外の男に抱かれるのなら誰がいい?」と質問をしてみました。

妻は「バカなこと言わないでよ!」の返答でした。

そこで私は「何か刺激が欲しいから誰でもいいから俺以外の男のことを想像してオナってくれないか?」と続けました。

妻は淡白とはいっても私の前でオナニーした経験は何度かありましたから玩具を手にとっていつものように一人でやり始めました。

そこで私は、「他の男の誰かを思い浮かべてしてくれ!」と、お願いしました。

すると妻は「怒らない?だったら、貴方の言うとおりにするわ。」と、その気になりました。

「いいとも!誰だろうと、これは架空のことだからね。」と、妻の気持ちを楽にさせてあげました。

その後、妻は「貴方、ごめんなさい。私は会社のW君が気になっているの。W君に抱かれることを想像させて・・・」

と、お酒の酔いも助けて本音らしいことを言ったのです。

私は「いいよ。W君なら俺も良く知っているから安心だよ。」と、妻をリラックスさせて上げました。

妻は、そこから集中して「W君・・・アァー!・・・

気持ちいい!」などと絶頂に達するかの勢いでした。

私は、そこでこっそりビデオカメラを手にして撮影しました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年6月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】農家の嫁としてⅣ【体験談】

 農家の嫁として色んな体験をしてきた嫁は、最近では風呂上りに良夫さんが居ても平気でデカパイをブルンブルン揺らして

居間を通り過ぎるようになっていた。始めは興奮していた良夫さんも今ではハエか虫が飛んでいったように気にも留めない。

俺は、お爺と親父が築いてきた実績を1.5倍まで拡大し満足感と更なる飛躍に向け思考錯誤の日々を送っていたが、夜の生活は、

週1回程度こなし夫としての勤めも十分にこなしていた。残暑が厳しく残ったある日 地区の農家で集まり(大体がリタイヤして

いる老人)があり俺はもちろん両親も叔父も仕事でクタクタになりお爺が行く事になった。

お爺「ユキコ せっかくだから勉強につれていこう」と嫁をさそった。

嫁「でも夕飯の支度もありますんで」と断ったが

母「たまには、ご近所さんと話をしてくるのもいいから行っておいで」と促した。

嫁「あなた良いかしら?」

俺「いいよ 言っておいで」と了承した。

嫁「じゃあ着替えて来ます」と言い寝室に向かった。嫁の格好は、ノースリーブにハーフパンツで勿論ブラを付けている。

いつもよりデカパイの揺れは少ないが、服が若干小さい為、胸を強調するような感じだった。

お爺「じゃあ 行こうか」と一緒に集会場に向かった。集会には、お爺と同じ70後半の老人が5名 女40後半1名(前での女①)

47歳位の独身男 ヒロさん とで合計9名だった。

お爺「ヒロ マツさんはどした?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2013年6月16日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】妻を普通のマッサージから性感マッサージ【体験談】

 今から7~8年前の私と妻の初めての勇気ある体験談をお話します。

 勇気あるといっても私独りの勇気ある挑戦であったかもしれません。私が、貞淑な妻の裸を他の男性に、見せたり触らせたりてみたいという願望に駆られ、ある日、「妻を性感マッサージに」で検索したところ、自分の妻に性感マッサージを受けさせ、そのマッサージ師に、自分意外に触られたこと無いお尻どころか、大切なアソコや、もしかしたら最も人には見られたく無い小さなお尻の蕾を呈してしまったその男性の妻の体験談を見たのです。

 私も、その体験談を見て、いてもたってもいられなくなり、その体験談に出ていた、M先生(性感マッサジ師)に連絡を取り、小心者の私が、貞淑な妻を気取る妻に性感マッサージを受けさせる計画を立て実行に移したのです。

 私の勤め先の保養所が大阪にあり、M先生にその保養所に来ていただくよう事前にお願いしました。

 マッサージがしやすいように和室を予約しました。妻と食事をするときには、普段お酒を飲まない妻にお酒を進め、飲ませましたが、妻はそれほど酔いません。妻に普通のマッサージから性感マッサージを受けさせる自然な雰囲気が作りたかったのですが。

 でも、M先生には、名古屋から来てもらっていますので、なんとか性感マッサージを受けさせなければなりません。

 食事が終わる前に、妻に「今日は疲れたので、マッサージを呼ぶからな」というと、「そうなの、良いわよ、楽になったら良いね」といってくれたので、M先生との約束どおり、M先生に携帯で「OK」の連絡を入れました。

 妻と部屋に帰ったときには、私は、部屋でシャワーを浴び、浴衣姿、妻は、いかにマッサージ師とはいえ初対面の男性が来るという事で、浴衣姿ではなく、旅行の延長の服装をしていた。

 そうして、妻とくつろいでいるとき、部屋のインターホンが鳴った。当然の事であるものの、私の胸の鼓動は、これから起こる展開に、鼓動が大きく高鳴ったのです。

 M先生は、ごく自然な形で、私のマッサージを始めました。そして、事前の打ち合わせどおり、「さあ、次は奥さんですね」というと、妻が、「え、私はお願いをしていませんけど」というではありませんか。私は、そこで、「ああ、お前に言ってなかったけど、お前も疲れていると思って、夫婦二人だと割安になると聞いていたので、お願いをしていたんだよ。お前もしてもらえば良い」というと、「私はそんなに疲れてないから良いですよ」というので、ここで、妻に断られたら、これまでの計画が台無しなると思い「このマッサージの先生は、その予定で来てくださっているのに、予定が狂ってしまうじゃないか。やってもらえば良いよ。こんな上手な先生にはなかなかやってもらえないよ」というと、妻の「まあ、そしたらせっかくだからやってもらおうかな」というので、M先生が、そしたら、「浴衣に着替えてください。そして、できるだけ身体を締め付けるようなものははずしてください」と。

 私と、先生が、たばこをすって待っていると、妻が、風呂場から、浴衣に着替えて出てきました。私は思いました。妻は、浴衣を脱がされる事になるがどんな下着を着けているのかな。と。

 M先生は、妻をうつぶせに寝させて、背中から下半身、そして、ごく自然に妻のお尻もさりげなくマッサージをしていきます。

 そして、先生は、妻に、「奥さん、どうですか。痛くありませんか」と聞くと、「ええ、気持ちよくて、寝てしまいそうです」と、お世辞か本気か、応えています。

 すると、先生は、「奥さん、今日は、特別に通常料金で、オイルマッサージをさせていただけますが、どうされますか。」と、聞かれたたので、妻は「どうしよう、そんな気持ちの準備もしていないし。オイルマッサージがどんなものかも分からないし」と、私に聴くように言うので、「せっかくの機会だし、お前もオイルマッサージなんて経験が無いだろうしやってもらったら」というと、「そうね、せっかくだからお願いしようかな」と言って、やってもらうことになりました。

 私は内心、旅の中で、開放的な気分になっているとはいえ、性感マッサージ+オイルマッサージがどんなものか分かっているのかと思いましたが、この成り行きにさらに期待は膨らみました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2013年6月16日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ