寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 6 【体験談】

前回↓





最初から読みたい方は↓









「天野部長の秘書?」





「……うん、近藤さんに頼まれちゃって……」





夜、天野部長の秘書になる事を頼まれたと菜穂が伝えると、夫の智明は当然驚いていた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2015年7月1日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【体験談】

前回↓









早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。



そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。





「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」





食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||

2015年6月23日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(3) 【体験談】

「はあ・・・」

自然とため息が漏れる。



今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。

ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。



おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、

夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。



村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。

明らかに冗談だと分かってはいたが、それでも彼の下品な台詞は、いつまでも頭から離れなかった。



「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」



私はビジネスのことは良く分からない。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年10月22日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(2) 【体験談】

「はあ・・・」

自然とため息が漏れる。



今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。

ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。



おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、

夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。



村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。



彼の下品な台詞が、いつまでも頭から離れなかった。



「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」




この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年10月21日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】【微改変】リストラ代妻【体験談】

 つづき(全編載せてます)



昨年リストラされて転職活動してきたが

箸にも棒にもかからず

OA機器の営業で15年やってきたけどどうにも潰しがきかない

他業種の営業にもチャレンジしてみたがやはり畑違いとのことで

門前払い受けることも多々あった

家族は妻と5歳の娘の三人暮らし

妻には失業してることも転職活動してることも内緒だった

今夜は妻の得意料理「ロールキャベツのボルシチ」が夕食

家族みんなで箸をつつきながらいつもの団らんを過ごしていたが

もう限界だった 俺は食事中泣いてしまいとうとう妻に打ち明けてしまった

でも妻は既に察していたというか気付かれていた

ここしばらく銀行口座に入金が無いからと

そして妻は来週から夜の仕事を始めるからとあまり思い詰めないでくれと言ってくれた


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年4月1日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】会社内でのいじめ【体験談】

<>231:恋人は名無しさん:2010/08/13(金)01:01:43ID:6If6pabgO<>

まあいいか書くよー



私子私開発部

美男美男営業トップ

美女美女秘書

乳子グラビア体型巨乳受け付け



全員同じ会社だが、私子(開発部の連中)は研究室に引きこもり、出勤時刻がずれていて、

受け付けの乳子以外とは挨拶することはなかったので、美男美女のことはよく知らなかった。

営業部に俳優みたいなイケメンがいるぞとか、

秘書課は美人揃いとか乳子の乳はHカップだとか噂を聞く程度。



開発部は全員根は陰気だが、モヤシ体型と無駄にマッチョ体型かに別れていた。

女子率低いからか丁寧に接して貰えてたけど、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2014年3月30日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【浮気・不倫】元秘書と上司【体験談】

私33歳、元上司の彼はは23歳年上の56歳。

私たちは一年半前まで秘書と上司の関係でした。

わたしが彼のいる部署に転属してから彼が転勤になる半年間だけ

私は彼の秘書をしていました。

 その半年間、私は紳士的な笑顔の彼にずっと惹かれてた。

彼に抱かれる事を想像しながら夫とSEXすると燃えた。

初めての接近は、個別で企画した送別会の帰り。

タクシーの中で「応援してます。」と言って私から手を握った。

そして転勤から1ヶ月ほどして帰省した彼と飲みに行き、初めてのディープキス。

私は、こんなに年上でしかも元自分の上司となんて!!と自分でも驚いたが

止められなかった。。

それからというもの、彼が出張でこちらに来るたびに

わたしは理由をつけて出て行き、逢った。

いつも決まったホテル。

部屋に入るとたん、彼は我慢できずに私を強く抱きしめ、ディープキス。。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月23日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】憧れの彼女は今は妻【体験談】

某有名国立大学を卒業して、大手商社の秘書課に配属された由里は男性のみならず、同僚の同性からも注目の的であった。身長も165cm、バストも当時86cm、ウエスト69cm、ヒップ90cmと出るべきところは出て、くびれるところはくびれている。はっきりとした顔立ちは天は二物を与えずという言葉は彼女には例外であった。

当然のように、周りの男性たちはそんな彼女をほっておくはずがない。あの手、この手でアタックしているが、

彼女は決して特定の男性との付き合いはしていなかった。制服の淡いピンクのツーピースに包まれた彼女の身体からはいやらしさのない清楚で汚れのない雰囲気を身体中で醸し出している。じっと観察しているとわずかに身をかがめたり、なにかのしぐさでお尻を突き出した時、パンティーのクロッチの線がわずかに浮き出して見えると気がある。たぶんそれを目撃した男性はそれをおかずに夜な夜なマスをかいているのは間違いないだろう。

会社の仕事が終わると彼女はシルバーメタリックのスポーツカータイプの2ドアの愛車に颯爽と乗ってどこかへ

消えてしまう。人伝に聞くとプールに泳ぎに行っているとのこと。その情報を聞いた男性たちの中には、同じ

プールの会員になってまで、彼女の水着姿を拝みに行っているとのこと。そこには白いワンピース姿の彼女が50mコースをまるでイルカのように水を切り泳いでいた。会社での制服姿とはうって変って、これ以上のプレゼントはないと言い切れるほどに男性たちは喉を鳴らし、なかにはいろんな妄想をして股間を膨らませていることだろう。はちきれんばかりの水着に包まれた彼女の身体は・・・両方の胸は丸く、水着の上から見てもやわらかそうで思わず、揉みたくなる衝動を抑えるのにどれだけ苦労しているか。くびれた腰、そしてそこからゆるやかに

丘を作ったお尻、その中央を分けるお尻の割れ目、前に回るとぷっくらと膨らんだ恥骨。誰もが彼女を裸にした

妄想をしているのは仕方がないことだろう。脇の下もいつ手入れをするのか綺麗に無駄毛の処理も出来、ほどよい太ももとビキニラインからも無駄毛は一本も見ることは出来ない。そんな絶賛していた当時の彼女は今、

私の妻になっている。世の中捨てたものではない。たぶん私の人生においてこのような青天の霹靂は二度とないと確証するほどだ。そんな高値の花だった彼女だから、結婚するまでキス以上の関係などもちろんなかった。というより出来なかった。とここまで書けば新婚初夜がどれだけ待ちどうしかったかは容易に想像できるだろう。

部屋に入り、一息ついて、まるで壊れモノを扱うかのごとく、彼女を抱きキスをする。決してディープキスではない。リラックスするため、先に私がお風呂に入った。そのあと、妻にお風呂を促す。長い待ち時間だった。

お風呂から出てきた彼女は淡いピンクの膝まであるレースのナイティーウエアを着ていた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2014年2月25日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【修羅場】冷麺(つ)【体験談】

<>887:恋人は名無しさん[sage]:2010/09/25(土)08:49:56ID:2hzUG7bVO<>

離婚まぎわに元旦那から冷麺を食べさせられかけた

蕎麦アレルギーの私が通りますよ。

そうか、あれはやはり殺人未遂だったか…orz

元旦那、私がアレルギーってことも、過去に中発作おこしてるの知ってたし。

職業医師だしw



もっと慰謝料ふっかけてやればよかったな。



<>893:887[sage]:2010/09/25(土)10:58:35ID:2hzUG7bVO<>

「冷麺と冷やし中華(?)を勘違いしただけ」

「蕎麦が入っていると知っていたらすすめるわけがない」

で、周囲も両親も言いくるめられてたよ…orz

その時私は、過去にあったこといろいろ思い出して

(喘息発作起こして苦しんでいるのになにもせずじっと観察されたこととか、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2014年2月7日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【人妻】海外単身赴任中の夫を持つ美人妻(10)【体験談】

元大商社の秘書室勤務の彼女。同社のエリート社員と結婚したが、米国勤務に。でも彼女は7歳の子供の教育の為に日本に。

とある都内のホテルのパーテイーの後で彼女と会話する機会があり、その後肉体関係になった。

スレンダーなスラリとした上品で気品の漂う彼女。いい女だ。僕はよくもこんな良い女をモノにしたものだ。昨日の土曜日、彼女は僕の恵比寿のマンションに昼の11時に来た。今日はよそ行きの洋装で、彼女が眩しく見えた。

僕は玄関に入った彼女を抱きしめて抱擁とキスを繰り返した。彼女は僕の首に手をまわして応じた。

彼女の全身に漂う香りが僕を興奮させる。「ねえッお風呂沸かしてッ。今日は夕方魔でゆっくりでいいわよ」

コーヒーを沸かして一緒に飲んだ。お風呂が沸いた。彼女は洋服を脱ぎ始めた。そしてブラジャーも外してパンテイ―姿になった。

白し眩しい見事な裸体が隣の部屋に見える。これが今まで5人の男を通り過ぎた女の体なんだ。

僕も彼女と一緒にお風呂に入った。お風呂の中で抱き合った。

張りのある豊かな乳房が僕の肌に吸い付く。暫くお風呂の中で抱き合った。何度も唇を奪った。「ねえ、舐めってよ」僕が促した。彼女は風呂中で僕の肉棒を咥えてくれた。一生懸命、口に出し入れしてる彼女。

「気持ちいい?」「うん最高だよ。ベットに行こうか?」バスタオルでお互いの裸体を拭き、ベットにそのまま寝ころんだ。

激しく抱き合った。獣のようなセックスを望む彼女。

彼女の全身に僕の口が這い回る。首筋、胸、乳房、脇腹、花心、美脚の内股、コブラはぎ、背中。

彼女はそのたびに大きく仰け反った。「欲しいわッ」彼女が囁いた。僕はいきり立った肉棒を正常位でゆっくり挿入した。

「あああああッ――――――感じるわッ―――ゆっくり突いてッーーーー」彼女は僕の腰を抱え込んだ。しっかりと結合した。

気持ち良さそうに腰を揺らす彼女。「後ろからさせてよ」彼女が後ろ向きになって腰を上げた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||

2013年10月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談
1 / 512345

このページの先頭へ