寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【浮気・不倫】芋蔓【体験談】

28歳の社会人、彼女有りです。

かなり美味しい思いをしちゃいましたので投稿します。

彼女とのデート(H無し)からの帰りに、久々にDVDでも買おうかとアダルトショップに。いろいろ物色した結果、軽い気持ちで『地元で会える』とか謳っている2ショットカードを購入。

早速、帰りの車内からコールしてみたらすぐに繋がった。

なんか、喘ぎ声だけが聞こえ、話しかけても返答せず。テレHも面白いかと思ったけど、話せないなら意味無しとスルー。ポイントがもったいないなと思いながら待ってたら、すぐに次のコールが。

俺『もしもし?』

?「…もしもし」

OK、今度はちゃんと話せる。

まみ22歳でキャバ嬢。最初は割り希望と言ってたが、話してみたら、仕事から帰ると家の鍵を忘れて来たのか家に入れない。もう電車も無い。どうしようかと思い、暇だし電話したとの事。ちなみに場所は俺のウチから第2最寄の駅付近だとさ。ほんとに地元だ…。

もうポイントが無いことをまみに話し、とりあえず会ってみる事に。番号を交換して電話を掛けながら待ち合わせ場所に向かった。

ホットコーヒーとミルクティーを買って、待ち合わせのバス停に着くとベンチにポツンと一人座っている。良かった、見た感じチョイぽちゃ位かも知れないが普通だ。よく考えれば体型とかも何も聞いてなかった。

俺『こんばんわ~、まみちゃん?』

ま「こんばんわぁ、ホントに来た^^」

俺『寒いやろ?はよ乗って。』

ま「うん」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月8日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】コンパニオンの元彼女【体験談】

私が会社の関係で出席した会合で懇親会の時にナンパしてゲットした

コンパニオンの元彼女の話です。

出会いはそんな感じ。

彼女は30で私は21だった。

彼女は童顔なのだが妙にセクシーさも兼ね備えていた。

胸はEカップでスタイルは抜群に良かった。顔も。

私は一目惚れでぞっこんだった。

初めてのデートの時に私は「コンパニオンのバイトよくやるの?」

と尋ねた。

彼女「うん、たまにねえ。」(この時はあまり気にならなかった)

ちなみに彼女の本職は病院での老人介護だ。

彼女と出会って3週間ぐらいでセックスをするようになった。

こんなにハマッた事は過去にないぐらいだった。

彼女のルックス、テクニック、癒される精神。

心技体すべてがあった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2014年3月4日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】漁師の町での輪姦話【体験談】

数十年昔の話だが、本当の話。

俺は漁師の町で産まれたんだが、

そこは本当に田舎で漁業組合の組合長を網元、

組合長は地元の漁師を網子って呼ぶような古い体質の田舎だった。

 

 

俺も家が漁師だったんで中学出て漁師になって船に乗るようになった。

冗談で漁師の町にはヤクザがいねえ。何故なら漁師がヤクザだからだ。

なんて事を言う事があったけど昔の事だから学のある奴も少ないし、皆気が荒くて喧嘩早かった。

ちなみに今も昔も漁師の町でやっちゃいけないのは密漁なんだが、

漁師のリンチってのはマジで凄い。

大の大人どころか40代50代の分別盛りの大人が

マジで怒声を上げながら殴る蹴るのは本気で怖い。

しかもヤクザが怒鳴りながら囲むのとは訳が違う。

皆筋骨隆々な奴が我も我も殴らせろつって本気で殴る蹴るしにくるからとんでもなく怖い。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2014年3月4日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】893【体験談】

この前、私は妻から衝撃的な告白を受けました。私の妻がヤクザの情婦にされてしま

たのです。妻は31歳168センチ 肉感的な体をしています。内容は、ある日マン

ションの回覧を届けに5軒隣の部屋に行った時、その部屋の男に犯されてしまったの

です。その男は、お茶でもどうぞと部屋に招き入れ、妻も毎日の挨拶で顔は知って

いたので安心して、近所づきあいと思い部屋に上がってしまったそうです。

お茶を飲みながら30分くらい世間話をして油断した所で、ソ\ファーに押し倒された

そうです。その頃、私は何も知らずに会社で仕事をしていて、8時間近くも犯され続

けていたそうです。その日以来、真面目な妻は誰にも相談できず、平日は殆ど毎日その

男の要求にこたえ、半年も抱かれ続けていたのでした。間抜けな私は半年もの間、妻が

その男に抱かれ続けていたことに気づかなかったのです。自分と妻がこんな災難に逢う

とは夢にも思っていなかったのです。

私がもっと注意して居れば気が付いた筈なのに・・・。

妻の顔立ちは、整っていて、年より若く見えのですが、私と同じでお洒落には余り気

を使わないので目立ちません。ましてや服装や性格も地味で、化粧もろくにしないので

尚更です。髪をヘアマニキュアで栗色にしている程度で、髪はいかにも主婦と言う感じ


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年3月4日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】夫には言えない私の秘密【体験談】

携帯のベルが鳴った。

朝、夫と子供を見送ると決まってこの時間に呼び出しベル。

私は、急いで携帯電話を取った。

そして、着替えると指定された場所に向かうんです。

私:29歳 専業主婦/夫:35歳 外資系の営業マン/子供6歳 小学生

私は、8年前に夫と営業先で知り合い、夫の猛烈アタックで結婚した。

夫は外資系の営業マンで収入も良く、3年前に念願のマイホームを購入した。

夫婦仲も良く、SEXも程よくする何不自由なく毎日を送っていました。

ある日、私は暇を持て余し車で街が一望できる丘に出掛けた。

駐車場に車を止め、歩いて散歩コースを歩いていました。

天気も良く、気持ちのいい日で、暇を見つけては息抜きにドライブしながらここに来るんです。

そろそろ帰ろうと駐車場に戻ると、5人位の暴走族が私の車を物色していました。

私は怖くて、物陰に隠れて見ていました。

その内に、男2人がこっちに歩いて来て、私は見つかってしまいました。

男「ここで何してんのかな?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2014年3月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】何か、複雑で! 2【体験談】

先日は、妻とご近所の熟女とのレズ覗きの投稿をご覧頂き有難うございました。

皆さんのコメントの多さにビックリしました。

その後の進展についてですが、後日「一緒に食事でも」と誘われました。

今回は「食事のお誘い」の話です。

昨日、私の仕事中に妻から携帯にメールがありました。

「今晩、Kさんの家に行きましょう。Kさんからのお誘いです。」

私は「了解です。なるべく早く帰るようにします。」と返信しました。

私は先日の事を思い出し「ひょっとすると、Kさんとナニが出来るかも。妻の公認で。」

そんな事を思っていると午後からの仕事が手につかなくなりそうでした。

「でも、そんなに急に進展はしないか。ご近所だし、世間体もあるし。」

そんな、こんなで仕事を6:30には終わらせました。

会社から自宅までは車で30分程です。

会社を出る時に妻に「これから帰る」とメールしました。

「今、Kさんの家にいる。自宅に着いたらメールして。」と返事がありました。

私は「Kさんの家で一緒に料理でもしているんだな。」と思い、多少の期待しながら


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】農家の嫁【体験談】

私の家は、田舎で農家をやっている。

近所も隣の家が1km近く離れている位で、周辺は山と田んぼばかりです。

そんな私も2年前に、可愛いお嫁さんを貰いました。

私37歳、妻26歳、子供1歳、父64歳、母60歳、祖父88歳

私は、農家を継ぐと女っ気も無く、気づけば30半ばになっていた。

近所のおばさんに紹介され(お見合い)、今の奥さんと知り合ったんですが、年の差11歳!

顔も結構可愛く(井上和香 風)、胸も大きく(Gカップ)ちょっとぽっちゃりでモテモテタイプだったので、

私など相手にもされないと思っていたが、彼女から連絡が来るようになった。

結果、意気投合し結婚する事になった。

結婚はいいのだが、もう一つ気になる事があった。

それは、農家の嫁と言う事…。農家は力仕事も多く、汚い・キツイ・ダサいの汚点ばかり

それを彼女が出来るだろうか?と言う事だった。

そんな心配をよそに、彼女は一所懸命覚えようとしていた。

家族とも仲良くしてくれて、文句一つ言わなかった。

そんな時、待望の男の子が生まれた。家族も大喜びで、特に祖父は可愛がった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年3月2日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】好色淫熟妻・眞澄(Age51)〜1【体験談】

「結婚記念の旅行で…」で実際の寝取られ体験談を報告した夫です。その続きを報告させていただきます。大学の夏休みがそろそろ終わる9月の上旬に妻は、やっと若者たちから解放され、およそ1ヶ月半振りに戻ってきました。久しぶりに見る妻は、若者達との経験を経て一層艶かしくなった感じがします。肌のツヤ、表情、発するフェロモン……夫の私から見てもぞクッとする程、女としての魅力を増していました。元々、165cm、B96.W75.H110のムッチリ豊満な肉体は、さらに胸は膨らみ、お尻は大きくなった感じがします。体重は3kgほど増えたのではないでしょうか。おそらく、若者達のさらに好みの肉体にされたのでしょう…。妻「本当に長い間ごめんなさい…許してくださいね、あなた…」私は、この1ヶ月半、怒りや嫉妬、恨み、憎しみ…などいろんな感情が湧き出てきましたが、どうせたった1度の事と達観し、眞澄が無事に戻って来てくれた事に安堵していました。私「一体何があったのか話してくれるか?」暫くじっと俯いたままで居た妻がやっと口を開きました。妻「どうしても言わなきゃいけないかしら……ちょっとそういう気分になれないわ…ごめんなさい…」私「分かった、分かったよ。もう過ぎた事だから…いい。」妻「………」

この日から、何事もなかったように、穏やかな生活が始まりました。そんなある日、妻が札幌の街に買い物に出かけた日の事でした。私が整髪料の買置きを探して、妻のドレッサーの引出しを覗いていると、奥の方に見た事のないDVDが10本ほど隠すように閉まってあるのです。何か嫌な予感がしてそれらを引っ張り出して見てみると、それぞれにタイトルが記されていました。映画館、プール、大学、電車、カラオケボックス……などのそれぞれ場所のタイトルが記されており、(一体これはなんだろう…?)私は、得も知れぬ胸騒ぎを覚え、思い切って見てみることにしました。「映画館」というタイトルのDVDを手に取り、私は自分の部屋のTVにセットしました。

そこは、札幌のアダルト専門上映館です。妻が3人の若者達と一緒に中に入って行く様子が映し出されています。上映作品のタイトルは、「淫乱熟女、真昼の輪姦」。まるで妻のこれからを暗示しているかのようなタイトルです…。薄暗い場内には、サラリーマン風や大学生風の男性達が、およそ15人程座っています。妻は若者達に連れられ一番前の席に座らされました。大柄で超豊満な妻が若い男達に連れられて、このような映画館に来ることはおそらく他の客には奇異に映ったのではないでしょうか。しかも、今日の眞澄の服装は、体にピッタリとした紫のミニのワンピースに黒のレースのストッキングにパンプスで、いかにも好きモノ熟女といったフェロモンを醸し出しており、豊満熟女が好きな男性にとっては堪らないタイプでしょう。妻達は座ってから暫くは、大人しく映画を鑑賞しているようです。そうしているうちに若者達は我慢が出来なくなったのか、ついに本性を表し始めました。一人の若者が妻のスカートに手を突っ込み、大きなお尻やムッチリとした太腿を撫で回し始めました。もう一人の若者は、その両手でワンピースの中から大きく膨らんだ巨乳を揉みしだいています。後ろからもう一人の若者は、妻の頭を後ろから引き寄せ、舌と舌をベッチョリ絡ませあいディープキスを始めました。3人の若者達にいいように嬲られながら、苦しそうにそして気持ちよさそうに必死に声を出すのを我慢しているようです。

そのうち、若者の手によって眞澄の紫のレースのパンティーと黒い柄物のストッキングは膝下まで引き摺りおろされました。ワンピースも後ろのファスナーを開かれ、下腹部までおろされて、その瞬間プルンと96cmの大きく垂れ下がった巨乳が露わになり、鷲掴みにされて思う存分にペッティングされています。妻の眞澄はもう限界です。とうとう我慢しきれずに、「ハァァァー、イイー、イイワー、…ちょうだい…もうちょうだいよー、この大きいオチンポ、欲しい…入れて欲しいのよー…」喘ぎながら妻の手は若者のその大きくいきり立ったぺニスをしっかりと握り締めています。近くの席に座っていた5.6人の客がいつの間にか周りに群らがり、妻と若者達の行為を食い入るように覗いています。若者達はそれに気付くとニヤリと笑い、妻への行為を止めて席を離れてしまいました。一人投げ出された妻の肉体が露わになっています。膝下まで引き摺りおろされたパンティとストッキング、下腹部までおろされたワンピースからたっぷり顔を出した豊かな乳房。そのハレンチな姿を見た男たちはもう堪りません。すかさず男たちは妻に群らがり、そのうちの一人がいきなり妻を自分の腰に座らせ、その濡れ濡れのオマンコに挿入したのです。妻「オオーウ、アァー、イイ…イイーワン、気持ちイイ、硬いチンポが入ってるぅぅ、もっと、もっと点いて、突き上げて〜〜ん…」妻の絶叫は館内一杯に響き渡っています。他の客ももう映画どころではありません。何故ならそこで繰り広げられている光景は、映像など比べものにならないほど卑猥であり、普通の五十路の人妻がAV女優よりも淫らに激しく、次から次と若い男たちに姦られまくっているのですから…妻は男の上に跨がり、タップリと肉のついた肉体を全裸で見知らぬ男に預け、よがり狂っている…目の前で行われているその光景は、夫の私にとっては、正しく阿鼻叫喚の図です。しかし、怒りよりも嫉妬よりも、今まで経験したことのない異常な興奮を覚えているのです…二人の激しい動きが止まりました。どうやら、男はやっと逝ったようです。妻の膣内から大量の白いザーメンが流れ出ています。休む間も無く、次は隣りに座っている男に即され、妻はその男の上に跨がり、さっき以上に激しく肉体を揺さぶり、男根をしっかりと咥え込んでいるのです。残りの男達が列を成して今か今かとばかり座っています。おそらく妻は、残りの全員に嬲られ続けるのでしょう…映像はさらに延々と続きます。ようやく最後の一人が終わったようです。なんと5時間にも及ぶ妻への輪姦ショーがやっと終わりました。周りには、無数のティッシュの屑、飛び散った男達の精液や妻の愛液、妻や彼らの唾液で座席のシートが光っています。床には妻の下着とストッキングが脱ぎ捨てられています。最後の男がそれを鞄に入れて持ち帰りました。自分の妻が見知らぬ男に犯され、身に付けていた下着やストッキングまでもが持ち去られていく。夫の私にとっては堪らなく惨めな光景です。皆さん考えてもみてください。30代や40代の女盛りの人妻ならまだしも、普通の50代の主婦であれば、当然、夫との営みはあれど、きちんと家事をこなし、家族のために普通の平穏な毎日を送っているのが、ほとんどなのではないでしょうか。ところが、私の妻眞澄は、ある日を境に一切家庭に関わることなく、一日のほとんどの時間を自分の息子ほど歳の違う子達と毎日、毎日輪姦され性欲の限りを尽くしているのです。全裸でぐったりシートに座り込む妻を、最初に妻を連れてきた若者達に服を着せられ、再び一緒に映画館を後にしました…おそらくまた彼らのアパートに連れ込まれるのでしょう…残りのDVDの内容は、また改めて報告します…


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月1日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【修羅場】変態紳士【体験談】

<>365:恋人は名無しさん:2010/10/03(日)20:03:37ID:vZpqsTC70<>

俺男…会社員。営業。26歳

彼女…俺の務める会社の取引先の事務員。24歳

彼女兄…31歳



俺が営業回りをよくする会社の一つに、彼女の勤める会社があった。

もともと俺の同僚(こいつも営業)と彼女の先輩子が仲良くて

お互いの会社の若手何人か同士でランチをしようという話になった。

そこで知り合ったのが彼女。



ぱっと見に目立つ顔じゃなくて地味で、悪く言えばモサいんだけど

絶対に人の悪口言わないし、ぼーっとしてそうなわりに

天然じゃない狙ったギャグが言える子だった。

頭の回転が良くてしゃべると楽しい子だったから

すぐ気に入ってメール交換し、しばらくは色気抜きで雑談メールのやり取りをしていた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年2月27日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【人妻】夏祭りで【体験談】

静岡市に住んでいる大学生です。

祭りがありました。町内会のもので、役員は近所の父母だったのです。

僕は19歳で、大学でお祭り関連ののサークルにはいっており、そのお祭りのお手伝いをする依頼をうけて参加したのです。

太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。

僕はカキ氷屋の手伝いをしていました。

機材の運び出しなどです。

店番をしていたのは、主婦二人組みでした。

年は三十代後半だったと思います。

僕はその二人に「名前はなんていうの?」「童顔なのねー」とか話しかけられました。

祭りも終盤にさしかかり、ひと段落着くと僕はおばさんとずっとお喋りをしていました。

二人は「彼女はいるのー?」と聞いてきました。

僕は「いませんよ〜」と答えました。

そして、僕は年上の女性が好きだという事を話すと、

「じゃあ、私たちくらいの年は?」と聞かれたので、

「全然OKですよ。」と答えました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年2月27日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ