寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2015年4月8日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】ネトラレに関する一考察 【体験談】

ネトラレという言葉が市民権を得て、

エロ分野におけるひとつのジャンルを形成したのはここ数年のことである。

比較的新しい、このネトラレというジャンルについて私は以前から大きく二つの分野に分けられるということについて、

大衆がもっと留意すべきであると考えていた。

この場を借りてその考えを披露したい。



まず、言葉どおりのベーシックなネトラレは、

自分の妻ないし、恋人が、他の男に陵辱されるというパターンである。

これはネトラレの基本形と言って良いだろう。



そしてもうひとつのネトラレは、

自分の物では無いが、ずっと自分が憧れていた意中の女性が他の男に陵辱されるというパターンである。

自分の妻でも恋人でもないので、原義的にはネトラレとは言えないはずだが、

これもネトラレのジャンルに含めて考えるべきだろう。

特に、自分など相手にしてくれそうにない、いわゆる高嶺の花である女性が、


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|

2014年10月16日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】旦那を守りのために【体験談】

<>311:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:34:13.55ID:q1SMdRJP0<>

12月に転職したばかりなんですが、本日職場の方々を自宅に招待しているのです。

1か月経っても、なんとなく職場に溶け込めてなくて、思い切って上司や同僚を招待して軽く飲もうという企画を立てました。

今から緊張しています。

転職サロンの先輩方、何かアドバイスなどあればお教えくださいませ。



<>316:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:46:07.31ID:q1SMdRJP0<>

314

確かに、そうなのですが

実は今までは仕事が終わった後で思い切って飲みに誘ったこともあったのですが断られていまして

本日、やっと誘いにのってもらったのですよ^^

やっぱり職場の人間関係は大切なので、うまく仲良くなれたらいいなと

312さんのおっしゃるように、飲み二ケーションで乗り切ろうと思っていま。

休みなのに、今から心臓バクバクで、他人には馬鹿みたいかもしれませんが

ちょっと妻とデパートへ買い出しに行ってきます。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||

2014年4月12日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻の強姦DVD【体験談】

私は41歳の借金男です。



全ての預貯金等を解約し返済しても260万円の借金が残りました。

これも早期に完済しないとあっという間に利子で元の木阿弥です。



そんなある日、36歳の妻が離婚届と完済証を私に差し出しました。



「どうやって完済したんだ?」

「聞かないでください。黙って別れてください。」



離婚届は私が預かりました。そして、妻に完済理由を問い詰めました。妻は黙って紙袋を私に渡して家を出て行きました。紙袋の中身は4本のDVD-ROMでした。



DVD1には妻が5人の中高年男によってたかって強姦される映像が映っていました。



どう見ても私より年上の50代60代のジジイ達に約1時間30分の間、両足を拡げられて組み敷かれ、一人ずつ中出しされていました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||

2014年3月27日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_8【体験談】

「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」

 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。

「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」

「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」

「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」

 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。

 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。

「おまたせ。あ、家に電話した?」

「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」

「康二くんも?」

 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。

「おれも言われたぜ。お礼しとけって」

「あはは、どこの親も言うことは同じだね」

 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。

「朱美さんもお腹空いたでしょ?」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】奈落の底へ【体験談】

私は東京の農機具会社に勤務している33歳の会社員です。

妻は今年で28歳になり会社の受付をしていましたが2年前に社内結婚し退職しました。

自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。

これまでは何とか一番出世でエリートとして認められてきましたが、ある失敗をきっかけに北海道の営業支店に転勤となり、今はトラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。

ここでがんばらないと、東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、何としても実績を残す必要がありました。

しかし、優等生で育ってきた私には、粗暴な言葉遣いの若い農家の人たちが怖く、なかなか馴染めず、また買ってほしいばかりに卑屈になるため、ほとんど舐められまくりの毎日です。

年下の農家の人たちに、呼び捨てにされて、ほとんど小間使いのように農業の手伝いまでさせられている始末です。

また会社の中でも、現場を知らないという気後れと、みんなとうまくやらなければならないとの思いから必要以上に気を使い、結局は高卒の若い社員にまであごで使われるようになってしまいました。



そんな中、会社が企画した農家のお客様たちを招いての焼肉パーティーが開催されることになりました。その接待パーティーの接待に会社の女子社員だけでは満足してもらえない(女子社員は19歳と20歳のコギャルみたいのと45から50歳くらいの太ったおばさんが3人)と考えた支店長が、営業マンの妻を応援に出せといってきたのです。私は会社での惨めな姿を妻に見られたくないという思いから、なんとか許してもらおうと支店長に頼みましたが、支店長に睨まれると東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、結局は承諾せざるを得ませんでした。



私は妻に恵美に会社の行事なので出席をたのみました。

素直な性格の妻は「会社の行事なら私もがんばらなきゃね。」と承諾してくれましたが、不安そうな顔をしていました。そしてその不安そうな顔は私をも不安にし、その不安が私たちの予想をはるかに超えて的中してしまうということを、私たちはまだ知りませんでした。



当日は快晴で、夜6時からの焼肉パーティーのため4時くらいから、準備をはじめました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_4【体験談】

(この子も脅えているのね……)

 雄太の肌は青ざめており、薄い脂肪にあばら骨が浮き出ていた。朱美はその一本一本を確かめるように指先を滑らせてゆく。

「あっ……」

 雄太の背筋がしなり、衰えを知らない男根が大きく揺れた。朱美の乳房も腕の動きにつれてたぷたぷと震え、その先では乳首はゆっくり回っている。

「ね、ねえ……。雄太くんも触っていいのよ」

 揺れる男根を見据えたまま促すと、雄太は回る乳首を凝視して応えた。

「ど、どこを触ればいいの?」

「どこでもいいのよ。好きなところを……」

「ど、どこでも?」

「ええ、どこでも……」

 手を伸ばそうとして、雄太が目を瞬いた。眼前の乳首がぷくっとふくれたのだ。ほんのわずかな膨張だったが、瞬きを忘れるほど凝視していたので見間違いではない。

「あ、朱美さんも気持ちいいの?」

「え?」

「朱美さんの乳首、ふくらんだよ」

 朱美の頬が引きつった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年3月6日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_3【体験談】

「よ、よーし。最後はおれだな」

 邦夫はしならせた男根で太腿を叩きながら浴槽を出た。朱美と向き合い、睨みを利かせる。だが、たじろいだのは邦夫の方だ。

 朱美の潤んだ瞳は妖しく輝き、一心にこちらを見詰めている。それは他でもない。挑発する女の顔だった。

「ど、どうした? のぼせたのか?」

「ええ、なんだか雲の上にいるみたい……。ふふ、さっきからふらふらしているのよ」

 朱美の目尻が下がっている。ここにきて初めての笑顔だった。羞恥や恐怖が消え去ったわけではない。それを覆うほどの高揚感に支配されているのだ。いまや、あの夏の日を喚起させる精液臭が朱美を突き動かしている。

「そ、そうか。それじゃあ、ぶっ倒れないうちに頼むぜ」

「ええ、そうね……」

 そう笑った矢先、ボディソープを掴もうとして足を滑らせた。

「あっ!」

「わっ!」

 巻き添えを食った邦夫が最初に転び、そこへ朱美が倒れ込んだ。朱美の巨尻が邦夫の腹を押しつぶす。

「ぐっ!」

「え? やだ!」

「い、いててっ! は、はやくどけろ!」


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月4日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_2【体験談】

熱さにうだった昼下がりの住宅街を、日傘で顔を覆った朱美が歩いていた。その周りには三人の少年が貼りついている。

 夫から引き離されてはや十分、朱美の不安は心臓が破裂するほど肥大していた。見知らぬ街で、見知らぬ少年たちに連れ回される恐怖。すれ違う善良そうな住人たちは、だれ一人として救いの手を差し伸べてくれないのだ。

「あ、そうだ」

 先頭を歩く邦夫が振り返った。

「あのさあ、奥さんを呼ぶとき、奥さんでいい? それとも名前で呼ぼうか? 朱美って」

「す、好きにすればいいわ」

「じゃあ、朱美。歳いくつ?」

「せ、先月で三十三よ」

「えっ! まじかよ? おれの母ちゃんも三十三だぜ! 世の中不公平だよな」

 そう嘆いてみせたのは長躯の康二だ。短躯の雄太も驚きを隠さない。

「三組の村田先生って二十六だっけ? 村田先生に楽勝だよね、朱美さんてさ」

「へえ、ズリネタ女教師・村田より七歳も年上なのか……。ま、村田はただ単にむちむちしてるだけだろ。その点朱美はさ、まろやかっていうか、ほんわかっていうか、なんか暑苦しくないていいよな」

「うん、清楚ってやつ? でも、意外とお尻でかくない? おっぱいは小さそうだけど」

 朱美の背筋に冷や汗が噴き出した。二十も歳の離れた少年たちに品評されることの屈辱は、恥ずかしさを通り越して怒りさえ感じる。

 ふと、長躯の康二が思い出したように、日傘の中を覗き込んできた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月3日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】親友の彼女に【体験談】

さきの連休期間中、親友の草津とその彼女が俺の家にきた。

草津の彼女は27歳のOLで、AV女優の大堀K奈に激似の女だ。

草津には申し訳ないとは思うのだが、オナペットにさせてもらっている。

この日のきっかけは、まあよくある話なんだが、3人で行楽地に行った帰りに駅近くの

俺の家で飲み明かしているうちに全員が寝入ってしまったというパターンだ。

そもそも、その行楽地に行こうという事になったのは、俺には彼女ができず、連休期間中

もどこへも行く予定すらないという、俺の愚痴を草津が真に受けてくれたことから始まった

ものだ。

現地では何かと草津が気を使ってくれ、例えば乗り物に乗るときでさえ、彼女と俺を座らせ 

てくれたりなど、かえって恐縮するくらいだった。

そんな彼女、仮に大堀とするがこれがまた、俺好みの肉感で、隣に座って楽しんだ絶叫系

ライドでも身体を寄せてくるので、正直勃起してしまい、しかも俺の大好きな「黒系タイツ」着用ときては、興奮するなというほうが無理な相談だった。

この日は、閉園近くまで3人でわいわいと楽しんだわけだが、大堀がたまには3人で居酒屋

でも行きたいねと言い出したことから、繁華街に居酒屋のある俺の家近くに下車する事とな

ったことから、この話は始まる。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||

2014年3月2日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ