寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【修羅場】婚約中の出来事 【体験談】

52:恋人は名無しさん:2012/01/11(水)02:02:11.03ID:JlwONWMk0

初投下なので、読みにくかったらすみません。ありがちな修羅場ですが。



私子:OL 20代半ば  

彼男:会社員 20代半ば 

浮子:彼男の同僚、同期 20代半ば



私子と彼男は高校時代の同級生。社会人になってからメアド変更の連絡をきっかけに急接近し、付き合うことに。

その後2年近く付き合った時に、彼男が他の支店へ異動することになった。それまでも隣県にお互い住んでいたものの、電車で一時間もあれば会える距離。

しかし今回の異動に伴い彼は引っ越しをすることになったので、距離的にかなり離れてしまう。



結構離れてしまうな〜なんて思っていたら、彼男から「色々考えたけれど、これを機に結婚しよう。ついてきて欲しい。ずっと一緒にいよう」とプロポーズ。

「いつか結婚したいね」なんて世間話程度に話したことはあったけれど、真剣に考えていてくれたことに感激し、私子はもちろんOK。



両家の顔合わせなど、とんとん拍子に進み、まさに幸せの絶頂ww


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年5月30日 | 体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】寝取られ日記 【体験談】

■はじめまして 20XX年XX月XX日



ネット上の変態のみなさま初めまして、神奈川県在住の22歳の人妻、さくらと言います。このブログでは、わたしさくらがグズで低収入の寝取られM夫を裏切って、とってもお金持ちで巨チンのご主人様「S様」に身も心も寝取っていただく過程をみなさまにご報告していきたいと思います。このブログはもちろん大好きなご主人様のご命令で作成しております。さくらのすけべな写真や動画もどんどんUPしていくそうなので、さくらでいっぱいザーメン抜き抜きしてくださいね♪



【コメント:23件 トラックバック:0件】







■寝取られ変態妻♪ 20XX年XX月XX日



 みなさま、いつも沢山のえっちなコメントありがとうございます♪ さくらをもっと惨めな変態扱いして、いっぱいいじめてくださいね。



 今日もご主人様と夫の留守中に3回もバックでハメハメしていただきました〜。場所はもちろんわたしたち夫婦のお部屋です♪ 家主の夫があくせく会社で働いているときに、その寝床でゆっくり不倫相手とラブラブセックスをするのはほんとに快楽中の快楽って感じ。今日はチンカス掃除のやり方をたっぷり2時間仕込んでいただきましたぁ。



 ご主人様の命令で、今日はコメントで頂いた質問にお答えをすることにします。一番多かった「さくらはどうして夫を裏切ったのか?」というご質問ですが、答えは「夫が低収入で包茎で早漏でグズだから」「S様がとってもオチンポがおっきくてイケメンで、何でも頼めば買ってくれるお金持ちで、Mのさくらを沢山調教してくださるから」です。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年3月31日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】調教人妻【体験談】

Kについてカキコします。

Kはお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。

今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。

結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。

そういうKも35歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになりました。

どこにでも腰の軽い女はいるもので、義理の妹にネットナンパを教えられスリルを楽しむようになりました。

そこでおもしろそうな男、そうです私にひっかかったのです。

メールのやり取りをしているうちにどうやら勤めているところは近いことがわかってきました。

ある日、仕事と家庭の両方で落ち込むことがあり、思いがけず飲みに誘うことができたのでした。

私がKに会ったときの最初の印象は「暗い女だな」ということでした。そこを明るく楽しい話題で時間をつぶし、そろそろ帰ろうかというところで道路を歩いていました。なんとなく手をつなぐと「暖かい手」といいます。すかさず「抱いたらもっと暖かいよ」といいすかさず抱きしめました。(まあ、私も気に入ってたわけですね)

道路の真中でしたが、彼女は抵抗せずあっけにとられていたようです。後になってしばしば聞かされるのですが、私ほど強引な男は今までいなかったといいます。

次の瞬間、私は彼女の唇を奪いました。Kははっと身を硬くしましたが、逃げなかったのです。この瞬間、彼女は私の肉奴隷となることが決まったのでした。

もう夜11時をまわっていることに気づくと、彼女はハッとしてあわててタクシーで帰ったのでした。

次のケータイメールを一番私は緊張して待っていました。彼女が普通の生活に戻っていった時、違っていた自分を認めるか認めないか、「ごめんなさい」というメールがきてしまうか、「楽しかった」というメールがくるのか、それほど力のあるわけじゃない私はいつもドキドキして待っています。

Kの場合は、こうしてカキコをしているのでおわかりのとおり「楽しかった。今度は○○○○を教えて」というメールでした。
この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年3月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ