寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】中学生に寝取られた_2 【体験談】

熱さにうだった昼下がりの住宅街を、日傘で顔を覆った朱美が歩いていた。その周りには三人の少年が貼りついている。

 夫から引き離されてはや十分、朱美の不安は心臓が破裂するほど肥大していた。見知らぬ街で、見知らぬ少年たちに連れ回される恐怖。すれ違う善良そうな住人たちは、だれ一人として救いの手を差し伸べてくれないのだ。

「あ、そうだ」

 先頭を歩く邦夫が振り返った。

「あのさあ、奥さんを呼ぶとき、奥さんでいい? それとも名前で呼ぼうか? 朱美って」

「す、好きにすればいいわ」

「じゃあ、朱美。歳いくつ?」

「せ、先月で三十三よ」

「えっ! まじかよ? おれの母ちゃんも三十三だぜ! 世の中不公平だよな」

 そう嘆いてみせたのは長躯の康二だ。短躯の雄太も驚きを隠さない。

「三組の村田先生って二十六だっけ? 村田先生に楽勝だよね、朱美さんてさ」

「へえ、ズリネタ女教師・村田より七歳も年上なのか……。ま、村田はただ単にむちむちしてるだけだろ。その点朱美はさ、まろやかっていうか、ほんわかっていうか、なんか暑苦しくないていいよな」

「うん、清楚ってやつ? でも、意外とお尻でかくない? おっぱいは小さそうだけど」

 朱美の背筋に冷や汗が噴き出した。二十も歳の離れた少年たちに品評されることの屈辱は、恥ずかしさを通り越して怒りさえ感じる。

 ふと、長躯の康二が思い出したように、日傘の中を覗き込んできた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2013年6月21日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】身も心も奪われて、ついには先生の愛人に【体験談】

私は35歳になる既婚者で28歳になる、かなりエッチな妻と暮らしています。

私の一風変わった願望が原因で、本当に妻を他の男に寝取られてしまった体験を話そうと思います。

以前から私は、自分の妻が性感マッサージを施され、快感に悶える姿を見てみたいという願望がありました。

ある晩、その願望をどうしても実現させてみたくなり、妻を抱きSEXの最中に 「お前は他の男に気持ちよくされてみたいとかエッチな事されてみたいとか思ったことある?」と冗談っぽく妻を探る様に尋ねてみました。

もともとかなりエッチな事に対して積極的な妻は、素直に「絶対怒らないでね?そんな風に思ったり、他の男にそうされてみたい願望はあるわ!!でも、どうしてそんな事聞くの?」と言い私に聞き返してきました。

私も以前から抱いていた願望を妻に話すと、「本当に絶対にあなたが怒らないと約束してくれたら、一度性感マッサージを受けていたい」 とあっさりOKしてくれたのです。

私は早速パソコンを開き、某性感マッサージ診療所を探し手早く予約も済ませ、当日が来るのを楽しみに待ちました。

そして当日、出掛ける準備をしている妻は、乗り気のせいかノーブラに肌の露出度の高い薄手のミニワンピースを着ています。

下着フェチでもある私は、妻のワンピースを捲り穿いているパンティを確認してみると

布面積の少ない、サイドは食い込む位細い紐で、お尻の割れ目も半分出てしまうような白くてイヤらしいパンティです。

私は、色気をムンムンに放出させている妻を車に乗せ、先生の待つ診療所に向かいました。

しばらく車を走らせようやく到着、私も妻も緊張と妙な興奮を抑えながら診療所の中へ入りました。

早速先生が出迎えてくれて簡単な挨拶を済ませると、妻は先生に奥の部屋へと案内されドアの向こうへと消えました。

今度は私も先生に案内され、妻の隣の小部屋へ入ると、まずその小部屋の仕掛けにビックリしました。

小部屋には、バスタオル大のマジックミラーが装備されていて、こちらから妻の様子がはっきり見れる様になっているのです。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年6月20日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】大笑い【体験談】

 俺の妻は、身長168㎝ B112(Kカップ)W63H95とダイナマイトなボディーをしている。結婚前(16歳から付き合い)から

その体を堪能してきたが、結婚後 子供を1人産んでもくずれない体を今も変わらず愛し続けている。今年で31歳になり子供

も2歳になったが、趣味のヨガの効果か張りのある まったくもっていやらしい体をしている。

俺達の住んでいる所は地方の田舎町で夏には小さな祭りがある。まだ31歳と若い俺達は、男神輿 女神輿を担いでいる。

俺は、褌に半被姿 妻は、ノーブラの上にサラシを巻き下は、短パンそして半被を着て3日間 昼1時から夜10時まで

町中を練り歩いている。子供は、俺の実家に預けて夜迎えに行くパターンだ。今年の夏は、1日2日目と俺だけが神輿を

担ぎ終わったあと友達と呑みにいき妻は、子供と家に帰ると言った具合だったが、3日目には、夜10時に終わる予定が

町内が盛り上がってしまい12時まで担ぎ捲くった。二人ともヘトヘトになり実家に帰り子供を迎えに行ったが、俺の友達

から連絡が来て居酒屋で軽く飲む事にした。妻と子供を連れて行くと友達も家族で来ていて呑み始めていた。俺も妻も

遅ればせながら参加してビールをガバガバと飲んだ。深夜2時前に解散となったが、運転出来る訳もなく近くの健康ランド

にいく事にした。部屋を取り(24時間営業)布団を敷いて寝る体制を整えてから風呂に向かった。子供は、俺が面倒を

見る事にして、妻は、女風呂へ行ったが、勿論二人とも着替えもなにもなく祭りの時の汗で半被は、びしょびしょで風呂

上がりは、健康ランドのパジャマを着るつもりでいた。俺が風呂に入ると俺達と同じく祭りで盛り上がり留まっている客が、

何人もいて(部屋の他にリラックスルーム20人位収容)風呂にも中年オヤジが3人,刺青の入ったチンピラ風の若い男が2人

いた。子供の体を洗っていると後ろから声を掛けられた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||

2013年6月19日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】妻の変化【体験談】

私もこのサイトで刺激を受けた40歳のサラリーマンです。妻は37歳になりますけど私とは違って淡白で清楚な女です。

私の友人達からも一応はモテるルックスなのですが、しもネタは禁句といったイメージを持たせる女です。

そんなある晩に妻を抱きながら「お前、俺以外の男に抱かれるのなら誰がいい?」と質問をしてみました。

妻は「バカなこと言わないでよ!」の返答でした。

そこで私は「何か刺激が欲しいから誰でもいいから俺以外の男のことを想像してオナってくれないか?」と続けました。

妻は淡白とはいっても私の前でオナニーした経験は何度かありましたから玩具を手にとっていつものように一人でやり始めました。

そこで私は、「他の男の誰かを思い浮かべてしてくれ!」と、お願いしました。

すると妻は「怒らない?だったら、貴方の言うとおりにするわ。」と、その気になりました。

「いいとも!誰だろうと、これは架空のことだからね。」と、妻の気持ちを楽にさせてあげました。

その後、妻は「貴方、ごめんなさい。私は会社のW君が気になっているの。W君に抱かれることを想像させて・・・」

と、お酒の酔いも助けて本音らしいことを言ったのです。

私は「いいよ。W君なら俺も良く知っているから安心だよ。」と、妻をリラックスさせて上げました。

妻は、そこから集中して「W君・・・アァー!・・・

気持ちいい!」などと絶頂に達するかの勢いでした。

私は、そこでこっそりビデオカメラを手にして撮影しました。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年6月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】続 農家の嫁として エピソード(ファイナル)【体験談】

 月日が経つのは、早いもので長男が生まれてから3年が経とうとしていた。嫁は、あいかわらず

露出が激しく風呂上りの定番となったデカパイの展覧会も一双エスカレートして行き、俺がいない

時には、良夫さんと叔父を替わる替わる相手をしてデカパイを揉むばかりかフェラの奉仕活動も

するようになっていた。デカパイは、ついに120㎝のKカップとなり今までのブラが一切使用不可に

なってしまい、出掛ける時でさえノーブラで外出するようになってしまった。俺も安定してきた

経営に一段落の限りを付け 農業の発展と地域の活性化に力を入れるようになり家を留守にする事が

多くなっていた。淫乱になってしまった嫁は、俺の留守中に良夫さんと叔父を咥え込んでは、欲求

を満たしていたのだろう、しかし不思議と中での放出は避けて妊娠とかはなかったのだ。

淫乱な話もあった。トモ(同級生)の家にフィリピンからきた研修生にデカパイを見せびらかし

誘っておいて、自分の股に咥え込んで楽しんだり、65歳位の一人暮らしの初老の家に行きデカパイを

半分以上見せて誘惑しやっとの思いで勃起した初老のマラを口で弄んだりして、毎日 日課のように

この初老の家に通いフェラ三昧 最終的に股に引き込んでその気にさせて後は、知らんふりとまるで

人が変わってしまったように、SEXをする日々だった。俺も廻りから聞かされたが、そんな事は、

ないだろうと聞く耳を持たなかった。一番ショックだった話は、隣町に通う高校生(農作業時と家と

畑の行ったり来たりでは、すれ違う事さえない)に目を付け 誘惑していたとの話だ。ある日自転車


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2013年6月18日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】好きだった子がトイレで会社の同僚にパイズリしてた【体験談】

762:760[]:2013/01/01(火) 18:37:08.20 ID:PPDKAzy+0

新入社員の時の出来事です。

泊まり込みの合同研修で出会った子が好きでした。例えるならグラドルののような顔と体。

誰に対しても明るくて元気な子でした。

(なので、仮で「まいちゃん」と呼ぶようにしますね)

研修時に同じテーブルで、隣の席になってから話す機会が多くて、新入社員同士ということもあり連絡先を交換して、宿泊部屋で携帯で連絡したり仲良くなりました。

そのうち恋愛感情が芽生えて、付き合えたらいいなと思うようになりました。

研修の休憩時間は二人でお茶したり、大学時代にどんな人と付き合ったり、とかプライベートなことまで聞いて、彼氏がいないことも把握。

週1で研修お疲れみたいな飲みがあるときは、ほろ酔い加減なまいちゃんの表情がエロくて、たまに谷間が見えたりと、ドキッとすることもあり、早く付き合いたいと思ったので、今度デートに誘ってみようと思いました。 メール麻衣ちゃんに「今度、買い物にいかない?」って連絡、「いいよー、どこいこっか?」と返信、その日に告白しようと決めました。

研修がない週末土曜日にデート設定。メール後の金曜日は毎週恒例の週末飲み会。

同期同士で10名くらいが安い居酒屋に集まるんですが、男子6名、女子4名といったところ。

男子の中に、話が面白くてイケメンの部類に入るOがいて、たまに下ネタ入れ込んだりで、盛り上がっていた。

酒も入ってきて、男女ともにボディタッチが多くなってきた気がした。

麻衣ちゃんも隣の男子の腕触ったり、「ぷにぷにだね」って隣の男子にまいちゃんの二の腕触られて、軽く嫉妬。酔いもかなりまわり、麻衣ちゃんが「トイレ行く」と離席。

俺は目の前の別の子と結婚だ、仕事だ、など人生相談みたいなどうでもいいことを聞き入っていた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||

2013年6月15日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】佐山愛似の女を公務員から寝とった【体験談】

198:えっちな18禁さん[sage]:2010/05/27(木) 00:50:39 ID:k7mUgAwH0

ゼミで仲良くなって

映画とかそこらへんのカップルがしてるようなデートするようになった女の子がいた。めんどいからここでは綾とする。綾は彼氏持ちだけど、

彼氏が公務員の勉強だかで忙しいらしく

あんまり会えなくて淋しい、みたいなことをいっていた。四回目くらいのデートで、おれのバイクでどこか行こうって話になった。

とはいっても片道一時間くらいの距離だけど。

季節が夏だったから、お互い肌の露出が多かった。

最初は意識してなかったけど、ブレーキのたび触れ合う感じがなんかエロかった。 適当にぶらぶらして映画観て、出たらもう夕飯時。

で、おれん家の近くの飲み放題格安店にて飲みまくって綾がなぜか泥酔。

終電までに酔いをさますため、ひとまずおれん家に。

ふたりがけソファに座って、TV観てたら、綾がおれの膝の上に倒れてきた。

酔ってるから仕方ないかと、適当に放置。

トイレ行きたくなって、トイレ行って帰ってくると、綾はソファに座ってる。

んで、再びおれが座ると綾がおれの膝に倒れてくる。

なんで?「落ち着く」だそうだ。そのまま寝入った綾を起こそうと体を揺らすと、綾が腕をにぎってきた。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||

2013年6月14日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】3pしたがる友人に誘われて彼女が…【体験談】

俺(中村) 32歳 フツメン ちょっと最近太め 176センチ

友人(永井) 28歳 結構イケメン(永井大に似てる) 筋肉質 178センチ

俺の彼女(美香) 26歳 色白 Dカップ 可愛い感じ 顔はアナウンサーの加藤綾子に似ている 体型も普通 161センチ

永井の彼女(希美) 24歳 色黒可愛い Eカップぐらい 痩せで巨乳 芸能人だとちょっと不細工な佐々木希 156センチ

俺は会社のしがない事務員。多少実績があったので、今は中小企業の係長的な役職。でも事務員みたいなもん。(笑)

永井はバリバリの営業。イケメン、さわやか。

永井とは前の会社からの仲間。前の会社が潰れてしまったので、2人で路頭に迷っていると、今の会社の社長と飲み屋で意気投合。なぜか働くことにw

それがもう6年ぐらい前の話。永井は女にモテるが、あまり興味がない。

彼女の希美ちゃんとももう2年ぐらいになるが、セックスがめんどくさいらしい。

俺は美香とは3年目。美香は違う会社で事務職。特別美人というわけではないが、色が白くて可愛かった。

永井から強引に誘われた合コンで美香と出会う。お互いにあまりしゃべらなかったが、なぜかお互いに好印象。(笑)

なんか知らないがトントン拍子に付き合うことに。

合コンには希美ちゃんもいた。希美ちゃんと美香も同じ会社。まあ紆余曲折あって美香ちゃんと永井が付き合うことに。

先日、永井の彼女の希美ちゃんから連絡があった。

「中村君、最近彼女とどうなの?」みたいな話から始まって、話も長くなりそうなのでじゃあ、喫茶店で合おうか・・・ということになった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||

2013年6月12日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女の友達の女の子がまだ逝ったことが無いらしい【体験談】

俺、彼女(香)、彼女の友人(ゆみ)、ゆみの彼(名前忘れた)、この4人の話。

付き合って2年、既に半同棲状態になっていた香は、その低めの身長にはアンバランスなほどでかい乳の女。

最初見たときは驚きもしたし興奮もしたけど、最近はゲップが出るくらい。

早い話倦怠期ってやつだったかもしれない。

性格は、少し陰があるけど自分で馬鹿だと自覚していて、それをネタに笑うことのできる明るい奴。

でも、当時、俺には他に好きな女がいた。

それを最初から知った上で、香は俺といてくれていた。

つらかったと思うけど、俺にはどうしようもなかった。

もちろん何度も別れようと言った。

でもその度に泣かれて、意思の弱かった俺は、まぁ現状維持でも…なんて思ってしまった。

そんな俺と別れる決意ができない香を気遣ってか、香の友人であり相談相手だった「ゆみ」はよく俺のいない時に香の遊び相手になってくれていた。

ゆみの気遣いに気付くほど、敏感じゃなかった俺は、

(女の子がうちに遊びに来てくれるなんて…いやぁ…いいねぇ…)なんて能天気なことを考えていたくらい。

ゆみは、ぼこーん!の香とは違い、細身で足首もいい感じで締まってるのがいい感じ。

けっして美人じゃないけど、軽くいじめて反応みたりしてかまいたくなるような可愛い感じのコ。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||

2013年6月12日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】ゲテモノ食い専門店 【体験談】

私が中学の時親父に連れられて北新地のゲテモノ食い専門の店に連れて

行かれ、親父はコオロギの佃煮や芋虫の唐揚げなんかを注文していたん

ですが(すでに食い気0)隣に座っていた30代ぐらいのおっさん2人

がその日に馬で勝ったらしくその店の時価って言う「猿の脳みそ」を注

文しました。するとしばらくしてカウンターに小さな椅子に拘束された

猿が置かれました。その猿の頭は頭蓋骨が切り取られ所々に血は付いて

いるものの、うすいピンク色の脳が露出していてその猿はわめきもせず

ただ両目を左右に動かしていただけでした。

 私は怖くなって親父に店出ようと泣きながら言ってたんですが「ちょ

っとオモロイから見てよーや」とおっさん2人が食べるのを見たがって

いたので私も渋々座っていた座布団を盾に片目で見てました。おっさん

2人もさすがにビビッタらしく10分ぐらい「お前行けや!」となすり

合いをしていました。結局注文したおっさんが食べる事になりフォーク

をその猿の脳みそに刺しました。刺したら絶対暴れだすと思ったのです

が刺しても目は左右に動いたままで、なんの変化もなかったので私もち


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||

2013年6月11日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

このページの先頭へ