寝取られ修羅場体験談 最新更新情報!

【寝取られ】男に妻を寝取られ、たっぷり子宮に射精されたあと、その男達の精液をすすりながらオナニーする俺【体験談】

「オラ、オラ、もう少しだ。あとちょっとで、亀頭がスッポリ嵌まるから、そうすれば後は一気に一突きだっ。」

男は妻の足を両肩に乗せ、弟の様に腰の力ではなく、勃起した魔羅に己の全体重を掛け、重力の力で妻のマンコに嵌める気だ。

勿論、80キロ近くもあろう大男の重みで男根を突かれれば、狭い妻のマンコでも容易に貫く事が出来る。

「アア~、クウ~ッ、入る、入ってくる、貴方の大きなオチンポが~。私のオマンコを分け入ってくる~。アア~、私のオマンコが太い杭で打ち抜かれていくよう~よ。ウウ~、もう、そこまでで許して、これ以上入れたら本当に私のオマンコ、壊れちゃう~。イヤ~、イヤ~、もう入れなで、もう一杯よ~。そんな大きいオチンポ私のオマンコには入らない~。ア~、ア~、お願い、お願い、それ以上堪忍して~。イヤ~・・・・・・・・・」

男根の半分近くを外界に残したまま、妻のマンコは既に満たされた様だ。残りの半分を弟の様に、一突きで子宮に突き入れるつもりか。

こんなバカデカイ男根を子宮の中で抜き差しさえたら、本当に妻のマンコ、いや子宮は二度と使い物にならなくなってしまうかも知れない。

しかし、それも自業自得と言ざるを得ない。

そう仕掛けたのは私自身なのだから。

すでに後戻りはできない。

ここで奴らに止めてくれと言ったところで、一笑に臥されるのが関の山だ。

私はただ、じっと奴らの犯る事を見ているしかないのだ。そう、手淫をしながら。

徐々に男の体重にマンコが、いや子宮が耐えきれず、突き刺さった男根にその入り口を押し広げられ、メリメリと亀頭の頭が食い込んでいく。

「ウ~ッ、きついぜ、奥さんの子宮は。さすが子供を生んでいない子宮は締まりがいいぜ。子宮の口がまるで初体験のアナルみて~にしっかりその口を閉めやがって、俺の亀頭を中々銜えようとしね~。あんたの子宮と俺の魔羅と、どっちが勝つか勝負だ。オラ、オラ、遠慮せずに一気にイカせえ貰うぜ。」

「イヤよ、イヤイヤ。これ以上、あなたのオチンコ、もう入らない。今もあなたのオチンコで私のオマンコが、子宮が奥に突き上げられて、口から内臓が出てしまいそう。お願い、お願いよ、もうこれ以上、私をいじめないで、もう責めないで。イッ、イヤ~・・・・・・・。・・・・・・・・・・ギャ~・・・・・・・ッ ・・・・・・。」

妻の最後の悲鳴を聞いて、男の勝利を確信した。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月27日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】今、木田と妻がホテル情愛に陥っている。【体験談】

今、木田と妻がホテル情愛に陥っている。

私は木田が今どんな事をしているのだろうと、、、、、、、、、嫉妬し、、、、、、、、、

散々弄ばれ、、、、、、、、、、、、、、、

妻は何度も絶頂を木田に告げ、、、、、、、、、、、、、、、、

木田の射精を膣内に欲して、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

懇願しつづけているのか、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

私は1人自宅で嫉妬と興奮で、自虐的な雰囲気の中で40男の手淫をしている。

私は色々な想像で頭がおかしなって、興奮で手が震え、この年の自慰にもかかわらずすぐに絶頂近くにまで到達してしまう。

こんな嫉妬と興奮でする時は、自分で自分を焦らしながらする自慰は異常に興奮します。

しかし、耐え切れず、妻のショーツの中へピューッピューツと精を放ったのです。

私はその晩、興奮がおさまらず、妻が帰宅する朝まで3回も自慰をしてしまいました。こんな事になったのは、私と妻との再婚に起因しているのです。

妻は離婚暦4回と言うつわもので、離婚原因はすべて妻の浮気だったそうです。

他方、私は40過ぎまで独身で、ひたすら自慰による性欲処理をしてきた男です。

さらに仮性包茎でセックスには自信がなく、長い間自慰のみで生活していると自慰でないと立たなくなってしまう傾向があります。

ソープランドへ行き、どうしても立たないので自慰をさせてもらった事もあります。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||

2017年12月25日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】単身赴任の間に妻が・・【体験談】

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。

妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。

最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、

妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。

仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。しかししばらくして妻から自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。

妻からは毎日LINEで報告があり、息子も明るくなったとか、学校が楽しいようだということで安心していたのです。

AくんBくんはイケメンだとか少し嫉妬しそうな情報も送ってくるようになりました。(笑)

毎月とはいきませんが私も有給とか取りながら妻や息子の待つ家に帰るようにしていました。ところが昨年の秋頃からだったでしょうか、息子の友達たちが遊びに来てくれるのは良いのですが

我が家が溜まり場のようになってきてると心配するような内容になってきました。

でも私は友達が多いことは良いことだからとあまり気にしてなかったのです。

それに進学校ですし、不良みたいな生徒がいない学校でしたから余計に油断したのです。しばらくして突然、妻からのLINEやメールが来なくなったのです。

こちらからしても『大丈夫』『何も変わったことはない』との短い内容でした。

心配で気になっていたのですが、10日もしたら普通になってきたので、そんなことは忘れていたのです。我が家に帰っても特別変わったこともありませんでした。

ただ私が帰ると息子の友達は全く我が家に来ないのです。

妻は私が帰る時には息子の友達に『主人が帰ってくるから』と言ってるので気をつかって来ないのでは?


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【寝取られ】妻の浮気~公認するまで【体験談】

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。

14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。

と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。かくいう私も浮気相手の1人だった。

私の友人の彼女だったのだ。

初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、

帰りに私が彼女を送ることになったその日、「N君、最近いつエッチした?」「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、

セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」「せんずりしてるの?」「はっきりいうなぁ~、まあそうだけど」「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」「あははは」「中に出させてあげようか?」「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」「内緒でエッチしようよ」「ほんとに?」「N君のエッチどんなのかなぁ~?」「普通だと思うよ」

そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。「一緒にお風呂入る?」「いいの?」「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」

彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。

こんなに乱れる女は初めて見た。

キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め

ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、

射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から

アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を

トロトロと流し込んだ。それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】人妻調教2【体験談】

だいぶ前に投稿した。

http://www.moedb.net/articles/1308328956.html

続きを。

玩具扱いにしてるのに、健気にメールをくれる。

相当なM女だったのか、年下ちんこに捨てられるのが嫌なのかわからないが

相変わらず便利に使わせてもらってる。

埼玉在住なのに、呼び出せばほいほい出てくる。

最初こまめにしていた優しいメールもほとんどしなくなり・・・

したいからいつ会えるとか、今度バイブで遊ぶね、とか直接的なエロメールか呼び出しメールのみ。

便利な穴壺化してきた。

この間は、名古屋に出張だったから、岐阜羽島駅に呼び出してトイレでハメてやった。

一時間前に到着して待っている様子だったから、駅でパンツを脱がせてノーパンで待つようにメール。

私が車で駅に到着後ビデオカメラとデジカメ持って、岐阜羽島駅の身障者用トイレに入り、ドアを開けて待つ。

「すぐハメルからここに入ってこい」とメールをしたらのこのこ入ってきた。

新幹線駅で身障者トイレでのハメ撮り。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【人妻】先輩の巨根に惚れた妻【体験談】

 今から数年前の本当に起きた話です。

私は、妻と結婚し(私23歳・妻20歳)10年が経ちました。私達は、子供も出来ず病院で調べ

てもらったのですが、妻の卵子が生殖しずらいと言われました。妻も自分が原因と分かると

かなり落ち込んでいました。それからと言うもの、妻は私が求めるSEXを全て受け入れる様に

なりました。(多分、申し訳ない気持ちからだったと思います)

初めの数年は、玩具を使った行為やロープで縛ったりして楽しんでいました。妻も元々M系で

今では、ノーマルでは楽しめない感じでした。アナルも出来る様になり、前後ろと私は代わる代わる

挿していました。

 ある日、私の会社の人達と飲んで勢いから我が家に数人が来ました。妻は、酒の用意をして

くれたんですが、そのうち会社の人が”お前の奥さん可愛いな”と言われました。

その中、2つ上の先輩(先輩ではあるんですが、凄いドジで鈍感な人で見た目もブサイク)が

じっと妻を見つめていました。特に妻が屈んだ時はお尻の辺りを舐め回す様に見ていました。

私は、気持ち悪いと言うより、何故か興奮を覚えました。

同僚も”大ちゃん見過ぎでしょ!変態だな!”と言われ”そ・そんな事無いよ!見てないし”と

酒を口にしてしていた。彼は酒も弱く、もうかなり酔っていた。妻が”大丈夫ですか?”と言うと


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||

2014年3月24日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】ど変態レズを縛って…【体験談】

(レズ出会い系で知り合ったあきさんと初めて逢う事になり、指定されたホテルの部屋に)

えっ!ここは…

(怪しげな部屋に戸惑いながらも、ノックして)

あの…優子です…

(扉が開き、あきさんが…)

初めまして…今日は宜しくお願いします…

(ムッチリした身体を微かに震わせながら挨拶する)



そう、早く入りなさい。

(女王様の格好になっている)

あそこにかかっている縄取って

(壁にかかっている縄を指差して)

あなたを気持ちよくしてくれる縄だから、大事に持ってきなさいよ。

ど変態だから、もうその縄気にいった?

縄を渡して、服を早く脱ぎなさい。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月13日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】女友達のお願い 完結【体験談】

あの事以来、俺はA美の事で頭の中が一杯だった。

日曜日はA美を送り仕事場に行き書類の整理をしていた。

しかし全く集中なんか出来ない。

2chに投稿すればだいぶ気が紛れるのではないかと思い、

事実を少しずつ書き始めて行った。

そしてその日の夜は妻と電話で普通の会話をし、

映画を観ながら大量の酒を飲み寝てしまった。

月曜日は書き貯めておいたものを2chに投稿しながら

仕事を何とかやりこなしていく。

しかしやはりA美の事ばかり思ってしまう。

俺はこのままじゃいけない、ある意味結論を出したい。

A美と直接会って話をしたいと思っていたのだ。

その夜、連絡をしようとしていた矢先にA美からの着信メール。

「こんばんは。調子はどう?この間はありがとう。

約束の食事を御馳走したいので会えないかな?」という内容。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】人妻調教【体験談】

19で学生してた時に38の人妻と掲示板経由で知り合う。

年上だったけど失恋直後だったのもあり、特に会うつもりなくメールしてた。

色々話しているうちに、旦那の浮気で酒浸りということが判明。

冷やかしがてらちょこちょこ話を聞いていたら、

男は上司のエリート写真の旦那しか知らない、30の頃まで痴漢にあっていた、ということがわかった。

程良く良い女の気配がしたから、つかず離れずで彼女が出来てもなんとなくメールを続ける。

そのうち一度会ってみたいという連絡があったので「セックス無しでわざわざ遠くに会いに行くなんて無理」

とふざけて言ってみた。

本人まさか年下男に実際にセックスの相手にされるなんて思ってなかったようで

「どうせ会ったらセックスしたくなくなるだろう」とたかをくくって会ってみる事にしたそうな。

待ち合わせの場所に先回りして、遠くから容姿を確認してみたら

細身で清楚なまずまずな主婦登場。

チンコに相談してみたところOKだったので、会うなりタクシー呼んで乗り込む。

訝しがる運ちゃんに「一番近くのラブホテルまで」と人妻さんにメモ渡して言わせる。

真っ赤な表情で、うつむいて。パニック顔のままホテルに到着。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

||||||||||||||

2014年3月6日 | 体験談カテゴリー:人妻の体験談

【浮気・不倫】後輩の彼女【体験談】

「先輩!週末時間有りますか?」

仕事を切り上げて、帰り仕度を始めようとした時に、マサアキが声を掛けてきた。

「おう!また飲みに行くか?」

マサアキは俺の八つ下だが、毎週一緒に飲みに行くほど親しかったので、誘いかと思いそう返事をした。

するとマサアキは、彼女が出来たので紹介したい、彼女の友人も来るのだが、4人で飲みに行きましょうという事だった。

当時俺は38歳でバツいち、遊んではいたが特定の女も居なかったので、早速週末予定を立てて飲みに行く事にした。

当日、俺は飛び込みの仕事が入り、1時間程遅れて店に着いた。

1時間で大分飲んだらしく、マサアキと女の子2人は結構盛り上がっていた。

取り合えず自己紹介すると、髪が長く目鼻立ちのハッキリした子がユキ、髪がショートで大人し目の子がユウコ。

ユキがマサアキの彼女だった。

ユキとユウコは同じ地元で幼馴染、歳は二人とも25歳。

マサアキのアパートとユキの実家が近所で、しょっちゅう顔を合わすうちに話しをするようになったらしい。

ユキは、付き合い始めてまだ1ヶ月、週に一度マサアキの部屋にユキが泊まりに行くと、結構オープンに話してた。

店は照明が暗めで、座ったテーブルは半円形でマサアキ側が壁になっており、マサアキ、ユキ、ユウコ、俺の順番で座っていた。

ユキがトイレに行くというので、テーブルとユウコと俺の前の狭い間を通り、トイレに行き戻って来ると、また奥に入るのは悪いからと、ユキは俺の隣に座った。


この体験談の続きを読む »

体験談検索タグ

|||||||||||||||||

2014年2月26日 | 体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ